Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パソコンお絵描き

まーだ梅雨が明けません

それどころか、今日はものすごい雷雨

おうち遊びとして、今日はパソコンでお絵描きしました。

と言っても、そんな高度なものなんかじゃありません。


いつもゆーとりんが見ている教育テレビの番組が集まってるキッズワールドというHPがあるのですが、その中の『いないいないばぁっ!』で番組と同じようなお絵描き遊びができるんです。

キャラクターのワンワンがお絵描きすると、その描いたものが飛び出してくる・・・というものなんですが、これが疑似体験できるんですね。

お絵描き


実際に描いたものが、本当に飛び出してきてくるくる回ったり、伸びたり縮んだりするんです。

これにはゆーとりんも大喜びで、何度も「描け!描け!」とリクエストされました。

マウスで描くので非常につたない絵なのですが、ゆーとりんはちゃんと

「ばー」 (バナナ)
「ブー」 (ぶた)
「きー」 (ひこうき)

と次々と言い当ててくれました。

ちゃんと分かってくれるのね


でも、一番のリクエストは「ブーブで、何度も何度も描かされました

お気に召したのはよかったけど、気に入ったことは際限なく繰り返させられるので、疲れます


というか、ほんと梅雨明けが遅すぎ

早く外で思いっきり遊べるようになってほしいです。

(でも、そしたらそしたで暑すぎてイヤになるんだろうけど・・・


スポンサーサイト

花火大会

なんでも、今日は全国で一番花火大会の多い日だそうで。

有名どころでは隅田川の花火大会も今日ですが、とてもじゃないけどそんなところにとっこんではいけないので、地元の花火大会に行ってきました。

じんべい姿


ゆーとりんも、Jたんと共に甚平姿でお祭り気分


今年は、屋台のある方に行ってみようと中心地に行ってみたのですが、やはりすごい混雑

屋台通りなんて、とてもじゃないけど入れない


普通の焼き鳥屋さんで並んでいる内に、花火大会はスタート。

っていうか、待ち時間が長すぎて見られやしないし
(花火は建物の陰)


ようやく焼き鳥をGETして花火を見始めたものの、どうもゆーとりんが不機嫌。

花火が怖いわけではなさそうなんだけど「あっちに行け!」「違う!今度はこっちだ!」と散々振り回されました。

花火よりも人の多さにビビッてたみたいです。


とりあえずこの中心地から離れようとしたものの、実は今日の移動手段は自転車。

そして自転車置き場は中心地。

来た時には余裕で道があったのに、道路がみんな人でふさがれていて、自転車で通る隙間がほとんどなくなってる

でも、どうしようもないので果敢につっこんでいき、なんとか脱出を図りました。

ところがJたんは進みきれなかったようで、はぐれてしまったのです

おまけにJたんは携帯も置いてきてるし


迂回してくるかな?と混雑を抜けたところでしばらく待っていたのですが来る気配はなし。

ちょうどその場所が花火も見やすく、人もそんなにいなかったので、しばらくゆーとりんと2人で花火を見ていました。


でも、あまり遅くなってもしょうがないので、帰ってお風呂にでも入ろうと自転車を走らせるとようやくJたんから電話が。

Jたんも仕方ないのでいったん家に戻って、携帯からかけてきたのです。

また合流したものの、みんな疲れきってしまったので、そのままおうちに帰りました。

正直、花火の印象がまったくないんですけど・・・


教訓:来年は中心地にはいかない・・・


ついに傷害事件!

ついに恐れていたことが起きてしまいました

ゆーとりん、お友達にケガを負わせてしまいました!!


昨日ゆうたろうくんママからをもらい、みんなで児童館に集まってお昼を食べるというので、お邪魔したんです。

ゆうたろうくんには、3月にはるちゃんという妹が生まれていたので
(ふぃんしゅんと同じ誕生日

会えるのが楽しみだったんですよね


間近に見る赤ちゃんに、ゆーとりんは興味津々。

「いい子いい子してあげるんだよ」

と言うと、しつこいぐらい頭をなで回していました。

はるちゃんと初対面

『あかちゃん、かわいい~

叩いたりはしなかったからよかったものの、いい加減しつこすぎて、さすがにはるちゃんもフンフン言っちゃって、泣きそうでした


その後、職員の方に誘われて20分程度のおはなし会を見て、おもちゃの部屋にまたみんなが集合。

今日は、結構久しぶりのメンバーで、ゆいちゃん・ゆめちゃん・びんちゃん・たかくんが来てました。

そして、ゆいちゃん・ゆめちゃん・ゆーとりんでままごとの台所で遊んでいた時、3人並んでる姿なんて珍しいからとふぃんしゅんは写真撮影

するとカメラが好きらしいゆめちゃんがすかさず近寄ってきて、いろんなポージングを取ってくれました。

それがかわいくて目を奪われていると、後ろでゆいちゃんのすさまじい泣き声

ちょうど2人はゆめちゃんの影になっていて、ふぃんしゅんからは何が起こっていたか見えていなかったのですが、とっさに

「またゆーとりんが何かやったに違いないっ」

と思ってゆいちゃんに近づくと・・・

なんと、ゆいちゃんの腕にくっきりと歯形

というよりも、もう紫になって血がにじむほど・・・

それは大泣きするのも当たり前の痛々しさ


おもちゃを取ったんだろうとは思っていたものの、まさかそんなことをしていたなんて

もちろん目を離したふぃんしゅんが悪いのですが・・・

今まで噛もうとする気配はあったものの、止めるふぃんしゅんの手だったり、おもちゃ自身だったりして、お友達に噛み付いたことはなかったので、本当に愕然としちゃいました。

何しろ女の子にくっきりとした傷跡を残しちゃってるのですから

ゆいちゃんとママにはひたすら平謝りして、もちろんゆーとりんにも謝らせようとしたのですが、いつものごとくふぃんしゅんの声色だけで泣き出してしまい、聞く耳を持ちません。

声を荒げれば泣くだけだし、穏やかに言い聞かせようとしても結局その真剣な声色で泣き出す始末。

どっちにしても泣くだけで、全く聞いてくれません

今までニアミスやおもちゃの取り合いの度に言い聞かせてきたことも、何一つゆーとりんの心には届いてないんだ、と改めて悲しくなっちゃいました


これ以上いてみんなに迷惑かけるのも嫌だったし、ゆーとりんも反省の色はない上に眠そうだったので遊びは切り上げ、そのまま帰ることにしました。


帰宅するとちょうど『こどもちゃれんじ』が届いていました。

親用の冊子の特集は『叱るときに子どもを叩くか否か』というような内容のものでした。

その中で『お友達に乱暴した時の対処法』が書いてあり、

①(お友達に)何をしたのか

②それがどんな結果を招いたのか

③結果に対してどう行動するべきだったのか


という3点を分かりやすく説いてあげること、と書いてありました。

ふぃんしゅんは偶然というか、知らず知らずのうちに今回も全く同じ事を言い聞かせていたんですね。

なので、自分がやっていることは間違ってはいないようなのですが・・・

でも、いつまで経ってもゆーとりんは分かってくれる気配がないし

すると、冊子には

『1・2歳は言葉はもちろんのこと、理解力も判断力もまだ未熟』

『言葉で言い聞かせるのは無理だと思っても、繰り返し言い聞かせることで、やがて言葉に対する認識が深まった時に認識していくもの』


とも書かれていました。


保育士さんに相談とかもしてみたのですが、結構意外な対処をしていました。

もちろん保育園などでも、そういったトラブルはあるのですが、そういう時は「やられた子」ではなく、「やった子」の気持ちの方を汲み取ってあげるようにするんだそうです。

頭ごなしに叱っても、「怖い」「よく分かんないけど、怒られてる」としか、まだ思えないので

「それが欲しかったんだね。でも、ガブってしちゃだめだよ」

という風に、気持ちを汲み取ってあげてから、だめなことを伝えるんだそうです。


ちょうどゆーとりんは「自我が芽生えてきたのに、それを言葉で表せないから、行動に出しちゃう時期なんでしょう」と言われました。
(同じせりふはあちこちで何度も聞いていますが・・・)

ゆーとりんの場合は“めばえ”なんてかわいいもんじゃなく、自我の乱立・ジャングルって感じな気がしますが


ふぃんしゅんにとっては、ゆーとりんがそういう行動を起こすたびに諭しているつもりで、もうそろそろ分かってくれてもいいんじゃないか、的な気持ちがあるのですが、やっぱりそう簡単には理解してもらえないものだと思っておかないといけないようです。

とにかく根気よく繰り返していくしかないようなので、しばらくゆーとりんの自我との戦いは続きそうです。

そして、今まで以上に本当に目を離さないようにせねば。


ゆいちゃんの傷跡、残らないといいのですが・・・

本当にごめんなさい


おいしさに目覚めた!?

ふぃんしゅんはのスイカ好きです。

でも、ゆーとりんは去年も食べさせてみたものの、あまりお気に召さないようで。

今年の初スイカの時も、口元に持っていってもぷいっとして、食べようともしなかったのですが・・・


今日になって急にスイカのおいしさに目覚めたようなんです。

どうせ食べないだろうと、ふぃんしゅんがこっそり1人で食べたスイカの残りを見つけ「よこせ」と催促。

口に入れると、今までなら出していたところが、ちゃんと味わって「おいしい」ポーズを連発。

もうほとんど食べるところは残っていなかったので、ゆーとりんの分を新たに出してあげました。

あーんぐっ


ふぃんしゅんがスプーンですくうのももどかしいようで、自らかぶりつきっ

おいし~

『こんなにおいしいものだったなんて~』

これがスイカのおいしさに目覚めた瞬間です


これからふぃんしゅんとのスイカ争奪戦が激化しそうです

でも、子ども相手でも容赦しないわよ
(それほどスイカ好き)


大ショック!

この間、かえでちゃんちに遊びに行った時に

「もうすぐ異動の辞令が出るの。もしかしたら、うちになるかも・・・」

とは聞いていたのですが・・・


本当にお引越しすることになっちゃいました(ToT)


かえでちゃんを妊娠中に、縁もゆかりもないこの関東圏にお引越しをしてきて、実家も遠い中初めての育児に奮闘していたというのに・・・

まだこっちに来てたった2年でまたお引越しだなんて


最初に話を聞いていた時には、

「でも、まぁまさかかえでちゃんちがなるわけないよね」

ぐらいに思っていたのに、本当になっちゃうとは


しかも、今日辞令が出て、お引越しはもう8月の4,5日・・・

えーっ、そんなに早く

これでも本来なら、その週末に引っ越さなきゃならない所、1週間余裕ができたんだそうです。

それにしても、急すぎますよね。

恐るべし、サラリーマン


正直呆然としてしまうというか、そんなに早くお別れが来ることに実感が持てずにいるのですが、ボーっとしてる間にお引越しの日が来てしまうので、速攻お別れ会をすることにしました。

かえでちゃんママもお引越し準備で忙しいとは思うのですが、このままいつの間にかお引越し・・・じゃ悲しすぎるので

本当についこの間遊んでケーキとかをごちそうになっていたのに、次に会う時が最後だなんて・・・

お引越し先は、ここからかなり遠い西日本なので、そうおいそれとはもう会えません。

こう書いていても、まだなんとなく実感がわきません。

実際にお引越ししてしまって、遊べなくなってじわじわと押し寄せてくるんでしょうね

とにかくせめてお別れ会は、盛大に、にぎやかにしてたくさんの思い出作りをしたいと思います。



どこで覚えた!

とっても暑がりのふぃんしゅん。

夕べはとても部屋が蒸し暑かったので、まぁいいかぁとゆーとりんにスリーパーを着せずに寝かしてしまいました。

スリーパーを着せていると汗ぐっしょりになっていたりして、それはそれで風邪ひいちゃうかな・・・と思っちゃったので。


でも、あまりの暑さに10分ほどエアコン(ドライ)をかけたり、窓を少し開けたりしていたら・・・


朝、鼻たれ小僧に(>_<)


まっ、まずい

でも昼間は暑いし、鼻水以外には症状がないので、このまま治まってくれる・・・ハズ。


それよりも、ゆーとりんったらどこで覚えたのかイヤ~なことするんですよ。

鼻水がたれてくる鼻に指を突っ込み、その鼻水をふぃんしゅんになすりつけてくるんです

「そんなことしないっ

と真剣に怒っても、ニヤニヤして繰り返す。

くーーーっ


絶対にふぃんしゅんはそんなマネしたことないのに、本能で嫌がらせしてるんかー

Jたんに話したら、フッと鼻で笑い、

「男ってそんなもんだよ」

ですって

まぁ、小学生ぐらいの男の子って、そういうこと好きそうだけど・・・

こんな小さいうちから、もうそういうことしちゃうのー


お誕生会

今日は7月の里帰り。

普段は月末なんですけど、親の都合が悪いらしいので、今月はちょっと早めということで。


いつもゆーとりんを連れて行くと、子守がいっぱいいるし、ゆーとりんもいとこのはなちゃん達がいるとご機嫌なので、Jたんと2人でお出かけさせてもらってるのですが。

今回は、妹とはなちゃんの誕生日が近いということで、女3人チームでお出かけし、ゆーとりんはJたんを含め、男チーム+ふぃんしゅん母でお留守番。

駅前のショッピングモールに出かけ、ゆーとりんがいたらゆっくり食べられないような洋食を食べ、お洋服やさんを見て回りました。

はなちゃんにお洋服を買ってあげただけで妹は遠慮してしまったので、妹にはケーキを買って帰りました。


夕飯の後、ゆーとりんを寝かせてからゆっくりケーキタイムにしようと思いきや、大好きなはなちゃん達と遊びたくって眠ろうとしないゆーとりん。

究極眠くなったら勝手に眠るだろうから、と今日は好きにさせてみることにしました。

ケーキ


立ち寄ったデパ地下にあまりホールケーキがなく、人数も多かったのでこのようなロールケーキもどきにしてみました。

1本のお値段もそんなに高くなかったので、7月限定の白桃ケーキと定番のイチゴケーキの2本。


ろうそくを灯すと、主役よりも大興奮してろうそくを触ろうとするゆーとりん。

はなちゃん・りゅうくんと


ゆーとりんが火傷しないように、みんなで大慌てでハッピーバースデーを歌い、ろうそくを吹き消しました。

吹けやしないのに、ゆーとりんも一生懸命マネしてました


次はいよいよゆーとりんのお誕生会かな?

誕生日当日は、またゆーとりんの大好きなものを見にお出かけするつもりなんですけど。

いよいよあと1ヶ月ちょっとかぁ・・・

テレビや本でそれを見かけるたびに「あーあー!」と興奮してるので、内心

「もうすぐそれを見に行くんだよーどんな顔するのかなー?」

とほくそ笑んでおります。

早く連れて行ってあげたいなぁ。


シフォンケーキ♪

実は今日はクラブだけで終わりではなかったんです。

朝一に、かえでちゃんママからお誘いがきました。

「今日は抹茶のシフォンケーキを焼くので、よかったら遊びに来ませんか?

こーんなステキなお誘いを断る理由がない

という事で、お言葉に甘えてお邪魔することにしました。


クラブが終わった後、お昼ごはんとお土産を買い込んでかえでちゃんちに。

すると、5時半起きだったゆーとりん、自転車でウトウトしだしちゃいました。

『お昼が食べられないのは気になるけど、まぁ寝ててくれれば平和でいいかぁ』

と思いながら到着すると、自転車を止めた途端にパッチリと目が開いちゃいました

結局覚醒したままかえでちゃんちにあがらせてもらいました。


かえでちゃんもお昼寝中だったのですが、ちょうど起きたのでみんなで一斉にランチタイム

ゆーとりんは眠かった割にはご機嫌で、珍しく食欲も旺盛

でっかい高級クリームコロッケ(カニ入り)を1つ丸まるペロッとたいらげちゃいました。

ご飯も大きな口を開けて(ゆーとりんにしては)たくさん食べてくれました


しばらくすると、おなじみのこうたんあすかちゃん、そしてママがお仕事をしているので、しばらく会えなかったこうまくんも登場

珍しく今日は男の子率の方が上でした。


お邪魔した時にかえでちゃんのお洋服を見て、また

「かわいいなー、女の子はいいなー」を連発していたふぃんしゅんですが、あすかちゃんもまたもんのすごくかわいい~格好で現れました。

超ぷりちーなあすかちゃん


やっぱり、外遊びだと汚れちゃうので、今日のようなおうち遊びの時だからこそこういうお洋服を着せてあげられるみたいです。

でも、ほんっとーーーにかわいかったなぁ。写真たくさん撮っちゃいました


相変わらず穏やかなこうたんは気配り上手にもなってました。

今日は久々に蒸し暑い日だったのですが、おもちゃ箱に入っていた扇子を見つけ、一生懸命みんなを扇いでくれていました。

本当にこうたんの爪の垢を煎じて、ゆーとりんに飲ませてやりたい。

あおいでくれるこうたん



そして、久々のこうまくんは今朝虫に刺された顔がはれ上がってしまったということで病院に行き、保育園をお休み。

でも診断結果が全然重いものではなかったので、急遽遊びに来てくれたのでした。

こうまくんが来る前にその話を聞いた時には、刺された跡の部分だけがはれちゃってるのかな?と思っていたのですが、実際に会ったらほっぺがおたふく風邪のようにパンパンにはれてしまっていて、とても痛々しかったです。


こうたん達は、ゆーとりんの横暴ぶりを熟知していますが、久しぶりのこうまくん(そしてママ)にとっては驚きの連続だったことでしょう。


こうまくんは背も高くて体もがっちり。

そして、普段は保育園に通っているので、かなり子ども同士でもまれていて、ゆーとりんの暴挙に屈しないでくれるかな?と期待したのですが・・・

体は大きくても、とっても気持ちがやさしいので、やっぱりムリでした

ガンガンゆーとりんの洗礼を受けて、いっぱい泣かされちゃってました。


久しぶりにみんなに会えて遊べるはずだったのに・・・ほんとごめんね

こうまくんに対してやりたい放題しているくせに、何故かとーーーってもこうまくんママを気に入った様子のゆーとりん。

あんまりよそのママ1人に執着する姿は見たことがなかったのですが、めいっぱい遊んでくれる優しいこうまくんママにもう夢中

こうまくんママに遊んでもらっている時は、ふぃんしゅんのことなんて、これっぽっちも振り向きゃぁしませんでしたよ。

やっぱり男はいくつでも、若い美人が好きなのねっ

(こうまくんママは、ふぃんしゅんより8歳も若くて、しかも美人です。かなう訳がありません

そんな大好きなこうまくんママに、飲み物を吹き出すなんて暴挙までやってのけたゆーとりん。

もう、せっかくのお休みで遊びに来てくれてたのに、申し訳なくて仕方ありませんでした

かえでちゃんとこうまくん

妖艶なポーズを決めるかえでちゃんと、ほっぺが痛々しいこうまくん


さて、そうこうする内にお待ちかねのかえでちゃんママお手製シフォンケーキが登場

シフォンケーキ


切り分ける前の写真も撮っておけばよかったと悔やんだのですが・・・

小豆の入った抹茶シフォンケーキで、生地は甘すぎず、でも小豆の甘さがポイントで、しかもふんわり

ほんっとーーーに、おいしいケーキでした

なんてステキなママなんでしょう

ごちそうさまでした


おいしいケーキをごちそうになりながら、優雅なティータイムでおしゃべりを楽しみたいところですが・・・暴挙にいとまがないゆーとりん

一生懸命言い聞かせるものの、相変わらず10のうち1も耳に届かない様子・・・

しかもお昼寝をしていないため、だんだん訳が分からない状態になりつつあったので、先においとますることにしました。

もう夕方だったので、わずかな時間だったとは思いますが、ゆーとりんがいなくなった後は平和が訪れていたことでしょう

今日もむちゃくちゃ大王と遊んでくれて、みんなどうもありがとう

そして、せっかくのお休みだったのに、散々な目に遭わされたこうまくんとママ、本当にごめんね


幼児教室・前期終了

今日はクラブの日でした。

先週のこともあって、なんともちょっと行きづらいなぁ・・・と思ってたのですが、今日で前期が最後。

先生も熱心に「来て下さいね」と言ってくれたし、何よりも行かなかったら逆に相手のおかあさんが気にしちゃうかも・・・と思いきって行ってきました。

みんなも何事もなかったのかのように普通に話しかけてくれ、先生も「ゆうちゃん、来てくれたんだねー」と喜んでくれました。

前回、代表者の先生がお休みだったのですが、話は伝わっているらしく、その先生が一生懸命

「ゆうちゃーん、一緒に遊ぼうか」

と声をかけながら、さりげなく様子を見てくれている感じでした。


やはりいつもながら、人のおもちゃを取り上げるのは変わりないのですが、とりあえず今日はまだおとなしい方でホッとしました。


今日は前期最後ということで、内容は夏祭り

前回そう言っていたので、張り切ってゆーとりんは甚平で参上

でも、そんな張り切ってたのはゆーとりん(というかふぃんしゅん)だけでした(^^ゞ


最初にぞうさんのヨーヨーを作ったのですが・・・

・・・ぞう?


・・・えーとっ


いんちきコアラにしか見えないんですけどっ

先生の見本はもちろん、みんなちゃーんとかわいいぞうさんになってるのに・・・

何が違うのか・・・おそらく耳の位置がまずかったのではないかと

それでもゆーとりんは一生懸命「ぞー」と言ってくれました。


そんなコアラ、もといぞうさんに我ながら苦笑していると、今度は花火大会が始まりました。

先生が2人とも真っ赤なはっぴを着て、キラキラ光るモールをくっつけたカサを開いたり閉じたり、くるくる回したり。

単純ではありますが、子ども達は大喜び

先生方は「染之助・染太郎でございま~す」と叫びながら、部屋中をくるくるしていました。

・・・先生。若いおかあさんは知らないかもしれませんよ

もちろんふぃんしゅんは分かっちゃいましたが。


その後は、とってをつけて持てるようにしてくれたカッパえびせんのおやつタイムで終了。

今日は幼稚園も終業式ということで、おにいちゃん・おねえちゃんがいるお友達は早く帰らないといけないので、早めに解散になりました。


とりあえず今日は無事に終わって、本当に安堵しました

夏休み明けには、おにいちゃんになってるお友達もいるし、ゆーとりんも2歳になります。

果たして、みんなに成長した姿を見せられるのでしょうか?

助長した姿じゃないといいんだけど・・・


あぁ、勘違い?

乗り物に次いで、動物シリーズの絵本が好きなゆーとりん。

だいぶ動物の名前(鳴き声?)を覚えてきました。

ちゃんと名前を呼ぶものもあれば、鳴き声で答えるものもあったり、ゼスチャーで答えるものもあります。


が、いまだに「おかあさん」を理解してくれません

一時期「パパ」 「ママ」 「じぃじ」 「ばぁば」と言葉だけは言うようになっていましたが、どうもその言葉と人物は一致していない様子。

でも、ようやく最近「おとうさんは?」などと言うと

「とー」

と言うようになりました。

「おかあさんは?」と聞くと「かー」と。

喜んだのもつかの間、どうも「かー」がふぃんしゅんの事を指しているとは理解していないようなんですよね・・・

なんとなく言葉を真似して発してるだけという感じで。


「おとうさんのところに行っておいで」

と言うと「とー」と言いながら、ちゃんと走り寄っていきます。

そして、昨日から急にアルバムを引っ張り出して写真を見るのがお気に入りになったのですが、写真に写っているJたんを指差すので

「これはだぁれ?」

と聞くと、ちゃんと「とー」と言うんですよねぇ。

ためしに「じゃぁ、これはだぁれ?」とふぃんしゅんを指すと

「びぃやーご

と意味不明の言葉を・・・

なんか、ゆーとりんはよくこの「びぃやーご」という言葉を発するのですが、いまだに何のことを言ってるのかサッパリ分かりません


ちなみに実家に行った時の集合写真にも、ものすごく反応します。

なぜか滅多に会わない妹の夫を真っ先に指差します。

でも、なんて言ったらいいのかは分からないようで、一言も発しないんですけどね

そしてふぃんしゅん父を指して「ばぁば!ばぁば!」と言います。

あとは、やっぱり従兄弟のはなちゃんとりゅうくんも一生懸命指すので、「だぁれ?」と聞くと、どっちも「りゅー」でした。


なんとかふぃんしゅん=おかあさんを理解してもらおうと

「こ・れ・が、おかあさんよ

と一生懸命自分の鼻を指差しながら教えていたのですが、どうもゆーとりん

鼻=おかあさん

と思ってしまったようで・・・


「おかあさんはどこ?」

と聞くと、ゆーとりんは自分の鼻を指しながら「かー」と


ぞうやキリンは完璧に覚えているのに、何故母親を認識してくれないのか・・・

いまだに私を呼ぶ時は、泣くか「あーっ、あーっ」だし。

いつになったら、ちゃんと私を呼んでくれるんでしょう


*****************************

ちなみに新たにゆーとりんが覚えた動物たち

「く ま」 → 「ま ー」
「ひよこ」 → 「ぴ ー」
「り す」 → 「り ー」
「らっこ」 → 「っこ」
「ねずみ」 → 「ちゅー」
「うさぎ」 → 頭に手をやる
「たぬき」 → お腹を叩く。なぜかキツネでもお腹を叩く・・・


本物を見に行く

昨日は地震のことが大きかったので、結局どこに何しに行ったかという記事は書かずじまいでした。

なので改めて昨日の話を。


ゆーとりんが『乗り物好き』ということは度々ここにも書いていますが。

パトカーや消防車などは間近で見る機会がありますが、なかなか見られないのが飛行機

我が家は空港が近いわけでもないのに、なぜかしょっちゅうヘリコプターや飛行機が頭上を飛んでいくのですが、もちろんちっちゃーくしか見えません。

なので、本物の飛行機がいかに大きいか、どんな風に飛んでいくのか見せてあげようと羽田空港まで行ってきました。

飛行機 真剣!



思ったよりもはしゃぎはしなかったのですが、かなり真剣に見ていて、頻繁に離陸する飛行機を一生懸命指差し、ふぃんしゅん達にも「見ろ!見ろ!」と要求していました。


展望スペースには小さな遊び場があり、たくさんある乗り物のおもちゃにゆーとりんは夢中

とりあえず飛行機にも乗ってみました。

乗ってみたよ


って、すべり台なんですけど。


ふぃんしゅんは30ウン年生きてきて、飛行機に乗る旅行というのは2回しか行ったことないので、私にとっても空港はなんだか珍しい楽しいスポットでした。

空港内はたくさんのショップも入っていて、ほとんどデパートみたいな感じでした。

お昼ご飯も飛行機の離陸が見られるお店で食べたので、ゆーとりんは離陸の度に外を指差してとても忙しそうでした


3連休中2日が雨で、ロクに外にも出られなくて、体力をもてあましていたゆーとりんですが、昨日は大好きな飛行機を見られて楽しそうでした

久々にまともにとれた楽しそうな写真をご覧下さい。

わーい!!

『やっぱり外はたのしいな~』


大地震!

今日はかねてから一度ゆーとりんにお気に入りの本物を見せてあげようと、とある場所に向かっておりました。

その途中、で信号待ちをしている時、やけに車が揺れたんです。

先にJたんが気づき

「なんかすごい揺れてない?」

と言うので外を見てみたら、電線がすごく揺れていたので

「あぁ、風じゃない?風であおられてるんだよー」

と話していると、すぐにテレビで地震速報が流れました。

「地震だったんだ

と驚き、情報を見てみると、震源地はふぃんしゅんのよく知っている場所だったのです


実はその震源地、ふぃんしゅんが子どもの頃住んでいた所なので、友達や知り合いがたくさんいるんです。

そして震度6弱と発表された地域には、ふぃんしゅんのおばあちゃんが1人で暮らしているのです

慌てておばあちゃんちにしてみるものの、もちろん回線混雑でつながらない。

実家の母親に電話してみても、やはり連絡は取れていないとのこと。

とりあえず今でも連絡を取り合っている友達と、おばあちゃんにを送ってみると、友達からはすぐさま返信が来ました。

友達は県内の別な所に嫁いでいるのですが

「やっぱり連絡はつかないから、今から現地に向かうとこ」

ということでした。

友達のお母さんは、私もよく知っているおばさんなので、とにかく無事を祈り、今後は大変だろうから返信は不要、と返したのですが、安否が分からないままなので、心配です。

しかも、その友達の嫁ぎ先は前回の中越地震の震源地で、おうちが倒壊してしまい、最近やっと新しいおうちを建てだしたところなのに・・・

今度は実家の方が大変なことになってしまい、本当にかわいそうでなりません

別の友達のおうちとも母親が連絡を取ったところ、やはり家中の物が落ちて散乱したり、冷蔵庫の扉なども勝手に開いたりしたそうです。

テレビでも市内の様子が映し出され、ふぃんしゅんが通っていた小学校が大々的な避難所になっていて、知っている町並みが倒壊しているのを見ると、かなり胸がしめつけられる思いでした。


そして友達からは返信があったのに、おばあちゃんからはないことが心配になり、また実家に電話すると伯父さんがおばあちゃんと連絡が取れ、無事が確認できたと聞き、一安心。

その電話を切った直後におばあちゃんからの返信が入りました。

かなり揺れはしたものの、物も何一つ落ちず無事だったとのこと。

6弱なのに、ちょっと震源地からずれるとこうも違うのか・・・と、ホッとして読み進めると

「ブログいつも楽しく読んでます。ご主人にもよろしくね」

と、なんとものんきな返事

やはりだてに80半ばで1人暮らしをしてる訳じゃぁありません。

なんとも頼もしいおばあちゃんで安心しました


でも、やはり被災地の様子を見るにつれ、胸が痛んでしかたありません。

すぐにでも飛んでいけるような身軽な身なら、何かお手伝いでもしに行きたい所なのですが・・・

とりあえず義援金の募集がかかったら、すぐにでも募金しようと考えているのでした。


問題児!ゆーとりん

今日はクラブの日。

最近雨の降らない日はないんじゃないの?ぐらいな梅雨空ですが、なんとか雨の合間をぬって行くことができました。

雨で家にいることが多いせいか、会場に入った瞬間、クツを脱ぐのももどかしく走っていくゆーとりん。

が、そこからゆーとりんの暴走・暴挙が始まったのです

先週もゆーとりんが髪の毛をつかんで離さなかった女の子Hちゃん。

今日はきりんのぬいぐるみを握り締めておりました。

そしてそれが運悪くゆーとりんスコープにひっかかってしまったのです

「きっぃーんきっぃーん

と叫び、かけよろうとするゆーとりん。

その襟首をはっしと捕まえ、押さえ込み。

もちろんそれでゆーとりんがおとなしくなる訳もなく、暴れる、暴れる

油断するとすぐ抜け出し、またHちゃんの髪の毛をつかもうとしたり、腕をつかもうとしたり・・・

今日はすんでのところで全てふぃんしゅんがゆーとりんの手をつかめたので、なんとかHちゃんには危害を加えずに済みました。

が、ちょっと落ち着いたかな?と思うと、今度は近くでおとなーしく遊んでいる男の子の遊んでいるものを瞬時に奪う

すかさず取り上げ「ごめんね」と言いながら返し、ちょうど先生が隣にいたので

「こうやってすぐ人のものを取るし、でも決してそれが欲しいわけじゃなくて、取ったらすぐ手放すんですよね」

「最近は手を出したり、かもうとまでするんで、困ってるんです・・・」

と相談してみると

「やっぱりまだ言葉が出ないので、そうやって手が出ちゃうんでしょうね」

「でも、お母さんもマメに見ていて、すぐ止めに入っているから、まだ大丈夫ですよ」

と言われ・・・

一時保育の先生にも言われましたが「言葉が出ないから・・・これぐらいのお子さんにはよくあることですよ」

って言われても、本当に周りでそういう子を見たことがないし、その慰めはなんの解決にもなってないんですけど・・・


そして、ちょうどそんな相談をしている時、事件が起きてしまったのです。

またスルリとふぃんしゅんの手を抜け出したゆーとりん。

ちょっと離れた真向かいにいた男の子に突進

また持っていたおもちゃを奪おうと腕をつかみ、引っ張ったんです。

ふぃんしゅんがすぐさま追いかけ、止めようとしましたが、間に合わず・・・

その男の子はゆーとりんよりも小さかったのですが、ぐっとふんばり耐えたんです。

その反動でゆーとりんはものの見事に後ろにひっくり返り、思いっきり廊下に後頭部をぶつけていました。

ゆーとりんが手を離さなかったので、男の子もひっくり返っちゃったのですが、幸いちょうどゆーとりんが下敷きになったので、怪我もせず、泣くこともありませんでした。

それでもふぃんしゅんの怒りはおさまらず、駆け寄りながらゆーとりんに持っていたタオルを投げつけ、頭が痛くて大泣きしているゆーとりんの頭をさすることもなく

「ゆーとりんが悪いんでしょーっあやまりなさーいっ」

と怒鳴りつけちゃいました。

もちろんゆーとりんはワンワン大泣きで、反省することもあやまることもしません。

廊下の隅に連れて行き、腕をつかんで言い聞かせようとしても、全く聞く耳持たず。

その内、その男の子のお母さんが来てくれ

「本当に大丈夫ですよ。気にしないで。うちの子なんにも分かってなくて、けろっとしてますから」

と優しく言ってくれたのですが、もちろんそれでゆーとりんのやったことを許すわけにはいきません。

本当にここのところゆーとりんの乱暴ぶりに頭を悩ませ、ちょうど相談していた矢先の出来事だったので、もう悲しいやら情けないやらで思わず涙が出てきてしまいました。

どうにも気持ちがおさまらず、そのまま何もなかったようにみんなの輪に入って歌遊びなどできる気分ではなく、しばらく部屋の外に出ていました。

そこでも一生懸命にゆーとりんに言い聞かせようとしても、ふぃんしゅんが口を開くだけで「叱られてるっ」と泣いてしまい、全く理解してくれない様子。

どうしてこんなにいつも言い聞かせてるのに分かってくれないんだろう・・・と、もうダダ泣き

そんなふぃんしゅんの様子を見ても、心配そうにするわけでもなく、なぐさめようともしないし、もちろんしょんぼりする気配すらないゆーとりん。

その内、ふぃんしゅんが口を開かないのをいいことに1人でロビーを走り回って遊んでいる始末。


部屋の中からはみんなの楽しそうな声が聞こえてきて、その声の方にいこうとするゆーとりんに

「ゆーとりんは悪いことしたんだから、みんなとは遊べないんだからねっ。今日はもう行かなくていいっ

と言ってみても、全く意に介さず・・・

絶望的な気分でいると、先生が

「あー、よかったー。帰らないでいてくれたんですねー」

と迎えに来てくれました。

ふぃんしゅんももう一度ちゃんとその男の子とお母さんに謝らなくては、と思っていたので帰る気はなく、みんなが帰る時に戻ろうとは思ってたんですけど。

先生もいろいろ・いろいろいっぱいお話して下さり、

「こんなにみんなに迷惑ばかりかけるぐらいなら、やはりもう来ない方がいいのではないだろうか」

と考えていたのを見透かしたように

「絶対にまた来てくださいね。私もゆうちゃんに会いたいし、あのお母さんも分かって下さってて、みんなで「迎えにいこうか」って言ってたんですよ」

と言ってくれました。

「そうやっていろいろしちゃう子でも、ほっておくお母さんもいたりして、そうするとこじれちゃうんですけど、ゆうちゃんのお母さんはちゃんと見ていて、すぐに止めに入ってるっていうのを他のお母さん方も分かってくれてますから、大丈夫ですよ」

とも一生懸命言ってくれました。


ものすごーく部屋に入りづらかったのですが、ちょうどおやつタイムが終わり、わさわさしだした頃を見計らい、部屋に入っていくと周りのみんなが「おかえり~」と迎えてくれました。

帰りにまたその男の子とお母さんに謝りにいくと、

「本当に気にしないでね。うちの子も気にしてないし。また遊んでね。これからもよろしくね」

って言ってくださって、それでまた泣いてしまったふぃんしゅんなのでした。

今も書きながら思い出し泣きをしてしまうぐらい、なんだかショックで気持ちがなかなか落ち着かないのですが・・・


とりあえず次回で前期が終わりになり、1ヶ月以上夏休みになります。

次回は最後ということで、夏祭り風のイベントをやるので、絶対に来て下さいねと言われたので、ちゃんと行ってみようと思います。

夏休み明けにはゆーとりんも2歳になっているので、少しは成長していることを願います。


絵本『ころころころ』

以前参加した“絵本教室”で紹介された本を何冊か手に入れることができました。

今日届いたのは『ころころころ』という本。

ころころころ


小さな玉がひたすらころころ、ころころ転がっていくという至って単純なものなんですが。

絵本教室で紹介されたような本は、ふぃんしゅんが小さい頃読んだものも多かったのですが、この本は存在すら知りませんでした。

相変わらず正規ではなく、オークションで手にいれようともくろんだものの、かなりの競争率

やっぱり絵本教室で紹介されるような本は、人気があるんだーと改めてびっくり。

何度か負けを繰り返し、ようやく手に入れることができたのです。


早速ゆーとりんにも見せてみると・・・

大ウケ!!


今まで(紹介されて)買った本は、ストーリー性の高いもので、反応がイマイチだったんですけど。

初めて読んだというのに、一緒になって

「こぉこぉこぉ。こぉこぉこぉ

って言うんですよね

やっぱりゆーとりんは、単純なものの方がいいのかぁ


特に気に入ったのがこのページ。

お気に入りのページ


ほんとは「おちてしまった」って書いてあるんだけど

「おちちゃったー

と大げさに読んでみたら、大笑い

何度も何度もこのページで同じように言えとリクエストされました。

最近とっても絵本好き(でも単純なのだけ)になってきて嬉しい限りですが、同じ本を同じように何度もせがまれると、ちょっとうっとうしい疲れちゃいます

親って勝手なものですね。


雨の中遊びに来てくれました

昨日、いつもながら突然に「おうちに遊びに来ませんかー」とお友達を誘ってみました。

さすがに最近みんな色々と習い事を始めたり、用事があったりして来られなかったり、来るとしてもお昼頃はムリということで、2時過ぎから何人か来てくれることになりました。

でも、お天気までは考えていなかった・・・

朝から見事に

しばらく降ったかと思うとやんでみたり、かと思えばまた降ったりとかなり微妙なお天気。

特にあすかちゃんちはちょっと遠く、雨だと来られないので、なんとかやんでくれーと思っていたのですが。

待っているとあすかちゃんママからが。

お昼寝から起きて用意をしていたら、様子がおかしいので熱を測ったら熱があったとのこと。

あすかちゃんもゆーとりんと同じで滅多に病気をしないので、ママもびっくりしてました。

もちろん来られないことになりましたが、本当に冬でもないのに風邪がはやってるんですね。

早くよくなりますように。


あすかちゃんは来られなくなりましたが、雨の中こうたんびんちゃん、そしてすぐ近所だというのに今まで来たことのなかったななちゃんが遊びに来てくれました。

最初にびんちゃんが来て、しばらくゆーとりんと2人っきりだったのですが・・・この2人

相性最悪 


前にあすかちゃんちで遊んだ時も大変でしたが、今日もゆーとりんがちょっかいを出し、びんちゃんが「いやーっ、やだーっ」と大絶叫。

もうびんちゃんママと2人で

「今日は2人っきりだし、しばらくほっといてみようか。そうすれば2人で解決方法を見出すかもしれないし

なーんて話してたのですが、おもちゃの取り合いでゆーとりんがかみつこうとしたので、レフリーストップ

もちろんゆーとりんはふぃんしゅんにこっぴどく叱られるハメに。


その内ななちゃんとこうたんも来てくれたのですが、とにかくゆーとりんはみんなが持っているものは必ず奪おうとする

そういう時、育児雑誌で見た保育士さんの対処法として

違うおもちゃを渡してあげる

というのがあり、これがとてもいいと書かれていたのですが・・・

ゆーとりんの場合、そのおもちゃが欲しいわけじゃないんですよね。

とにかく人が持っているものを取り上げることに命を燃やしているというか・・・

それが証拠に奪ったもので遊ぶ訳でもなく、それはすぐに手放しちゃうんですよね。

だから代案というのは効かないんですよ。

なので、昨日保育士さんに言われた「貸して」と言い聞かせるというのも、なかなか難しいんですよね。

貸してもらって遊びたい訳じゃないから・・・

でも、あきらめるわけにはいかないので、しつこーく言い聞かせていこうと思います。


そして今日は、取り上げようとするだけでなく、突然噛もうとしだしたのでビックリ

最近(ゆーとりんが)怒った時にふぃんしゅんにかみついたり、叩いてきたりすることが出てきてはいたのですが・・・

今までお友達を噛もうとしたことはなかったのに。

でも、よく見ると相手の手を噛むのではなく、その取り合ってるおもちゃに噛み付いているんですよね。

手だけじゃなくて、噛んで引っ張ろうとする本能なのでしょうか・・・


とにかくせっかく遊びに来てくれたというのに、迷惑千万。

おちおち遊んでもいられない


あまりにも悪い子なのと、お昼寝をしてなくて眠そうだったので、ちょっと部屋で1人にしてみることに。

すると、ゆーとりんのいない場の平和なこと

仲良し

とても平和に遊んでいるこうたんとびんちゃん

つくづくゆーとりん1人で場をかき乱しているんだなぁ・・・と愕然。


究極に眠い時は1人で寝てしまうので、寝ちゃうかなーと思ったのですが、いつまでも泣き止まないので結局またゆーとりん投入。


でも、おもちゃの取り合いを見ても、個性がはっきり現れていました。

びんちゃんはゆーとりんにおもちゃを取られたりすると、泣いて激しく訴えます。


こうたんは男の子だけど、おっとりしているので、取られても取り返そうともせず、泣きもしません。

ただ目で訴えます(笑)

「ママ、ぼく取られちゃいましたが、取り返してもいいですか?」

「ママ、また取られちゃいましたけど」

「(ゆーとりんの)おばちゃん。お宅の息子さん泣いてますけど?」

って感じで、みんなでこうたんの気持ちをアテレコしながら遊んでました。

子どもながら、本当に「目は口ほどに物を言う」んだなぁって感じでした。


そして、真打ななちゃん登場

ななちゃんはかわいい顔をしていますが、実はこの辺りの影番ではないかと言われてるほどの(ウソウソ)実力者。

びんちゃんママも「ななちゃんがこの辺で一番力が強いんじゃないの?」と言うほどで、確かにゆーとりんとの取り合いでも負けちゃぁいない。

ゆーとりんが奪えないこともしばしば。

そして、もちろん泣かない

うーん、このかわいい顔とその力強さのギャップがすごい。

背もゆーとりんより全然ちっちゃいのに。

ゆーとりんも女の子にピシャッとやられて、思い知ればいいんだ

あくしゅ

一応仲直りの握手
なな『許したわけじゃないわよぉ』

一緒に遊んでいてもふぃんしゅんは恐縮するばっかりですが、みんな

「全然気にしてないよー」

と言って遊んでくれるので、本当にありがたいです。

ゆーとりん、みんなに愛想を尽かされる前に、その性格なんとかしようよ~


乳がん検診で一時保育

市から乳がん検診のお知らせが来たので、一応受けてくることにしました。

えぇ、ふぃんしゅん、そんなお年頃なんですねぇ

なんとなく自分で触ってみても異常はないように思えますが、今回は触診だけじゃなくて、マンモグラフィもやるし、やっぱり市の検診だと安いのかなと思いまして。

検診がどのように行われるかもイマイチ分からないし、時間もどれだけかかるか分からないので、ゆーとりんは一時保育に預けることにしました。

やっぱり離れる時は大泣きしてましたが、最近の託児で慣れてきたらしく、ふぃんしゅんが部屋を出た途端に泣き声がやんでました。

その切り替えの早さはなんなんだ


預けた後、すぐ近くの病院に行ってみると激混み

2~3時間はかかるかも、ということでみんな受付後に外出してるみたいなので、ふぃんしゅんも駅ビルをうろついてました。

特に用事がある訳でもないので、時間つぶすの結構つらかったです

せっかくの自由時間なのに・・・

1時間以上時間をつぶしてから病院に戻ってみても順番はまだのよう。

うろついてる間に買っておいた本を読みながら待つこと40分。

ようやく順番が回ってきました。


なんだか笑っちゃいそうになるぐらいブルンブルンおっぱいを上下左右に振られて、結局は

「異常なし」で終わり。

いやぁ、もちろん何でもないに越したことはないんですけど、2時間近く待ってブルンブルンで終わりかぁ・・・

しかも、マンモグラフィは公民館などで別日程で行われるので、また日を取られるんですよねぇ。

まぁ、健康のためなら時間や手間を惜しんじゃいけませんね。

マンモグラフィは日曜日に近くの公民館で取れたので、次回はJたんに子守を任せていきます。


無事に検診も終わり、ゆーとりんを迎えに行くと絶好調に遊びながら待っていました。

先生に様子を聞いてみると、やはりふぃんしゅんがいなくなった途端に泣き止み、その後も全く泣かないで遊んでいたそう。

お友達とおもちゃを取ったり取られたりしながら遊んでいたと言われたので、ゆーとりんのその乱暴ぶりを相談してみました。

やっぱりまだ言葉が出ないので、そういった行動に出るのは普通のことなんだけど、そういう行動に出る前に止めて「『貸して』って言おうね」って少しずつ言い聞かせてってみては、と言われました。

うーん、ふぃんしゅんもそうやって色々と言い聞かせてはいるんだけどなぁ・・・


でも、基本的にゆーとりんはおもちゃを取ることはあっても取られることはあんまりないので、やっぱりそういう集団の中でもまれてみるのはいいことだなぁと思いました。


そして、今日の驚いたことは

ゆーとりんがご飯を食べないことも相談していて、今回はお昼ご飯もお願いしたのですが・・・なんとっ


おかわりをした

というではありませんかー

お・お・おかわりー

完食という言葉すら縁のなかったゆーとりんが、おかわりをしたとは

もーう、びっくりです。

「家では全然食べないのにー」

と言ったら

「やっぱりお友達の力が大きいってところもありますね」

と言われました。


やっぱり子ども達と一緒で、周りの子も食べてると食べる気になるんですねぇ。

いやー、びっくりした。

毎日ここでご飯を食べたら家でも食べるようになるのかしら?

まぁ、そんなわけにはいきませんが、これをきっかけに家でも食べてくれるようになれば・・・と期待してしまうのでした。

(ちなみに夕飯は食べませんでしたが・・・


1歳10ヶ月になりました

あれよあれよという間に1歳10ヶ月です。

もうすぐ2歳だなんて、いろんな意味で信じらんない

今だって十分悩まされてるのに“魔の2歳児”突入だなんて・・・一体どうなっちゃうんでしょう


今日は七夕でもありますが、今年は特になんにもしませんでした。

去年のお願いも別に叶わなかったし


土曜日でJたんもお休みだったので、またまたお気に入りの子ども服ショップに行き、お洋服を購入。

あとはアカチャンホンポで、おむつやおしり拭きなどを買って帰りました。


最近のゆーとりんを見ていると、ちゃんと色んなことを覚えてきてるんだなぁと思います。

いつの間にか「ぞう」をマスターして、どんな絵でも写真でもちゃーんと「ぞー」と言えるようになりました。

パンパースのパンパくんを見ても「ぞー」って言ってました。


乗り物の絵本やカードも何種類かありますが、絵本で「これとおんなじのは?」と聞くと、何枚かあるカードの中から同じのを選んだりもします。

テレビで船が出てきて「あっ、あっ」と指すので

「じゃぁ、あれとおんなじのは、どこにある?」

と乗り物絵本を見せると、ちゃんと船のページをめくるんですよね。

タッチの違うイラストや写真でも、同じものだと認識できるようになってるようです。


あと、この頃振り真似をしたり、曲に合わせて踊り、最後に決めポーズをするのがお得意です。

決めポーズとは、手を前に突き出してみたり、変身ポーズみたいに手をびしっと斜めに伸ばしたりする格好なんですけど。

ちゃんと曲の盛り上がりや最後でポーズを決めるので、おかしいやらかわいいやら


そして、真似をするお気に入りのCMは

だん、だん、だんだん、熱しゃだーん」

のエコガラス。

成海璃子さんが手をぐるぐる回しながら歌ってるあのCMです。

ひざを屈伸させながら、一緒に手を回して踊ってます。


あともうひとつがインテルのCM。

「朝起きたらこうなってて~

と黒人男性がバレリーナになってるアレです(笑)

ふぃんしゅんもあのシリーズのCMが大好きなんですけど。

男性が回転するとゆーとりんも一緒に回転しようとしてます。


逆にゆーとりんの苦手なもの。

ハゲヅラ、ヒゲ面

コントなどで芸人さん達がハゲヅラをかぶっている姿を異常に怖がります。

その影響でドランクドラゴンの塚地さんを見るだけで泣くようになっちゃいました

加トちゃんもダメです。

そしてリアルハ○の桂 歌丸さんも怖がっちゃいます

なんでだ

外でよその人に失礼がないよう気をつけねば。


久々のクラブで

なんだかんだと風邪のせいで2週連続お休みしていたクラブ。

ようやく今日は参加することができました。

が、来てみるとやけに人が少ない

周りのママに聞いてみると、7月からお休みしちゃう人が多い上に、ちょうど同じ日に幼稚園の親子プールとやらがあるらしく、そっちにみんな行っちゃったらしいです。

どうして7月からお休みするのか・・・ものすごーく疑問だったのですが、そこまでは聞けませんでした

なんでなんだろ?


久々の参加ではありましたが、ゆーとりんも手遊びや歌遊びも覚えていて、しかも前はあんまりやろうとしなかったのに、自分でフリ真似するようになってました。

が、感心したのはそこまで。

あとはいつものようにというか、いつも以上にパワー炸裂

他の子が遊んでいるおもちゃは絶対に取る

テーブルを見れば上る。

すぐに部屋を脱走して、廊下にある茶器セットをいじる。

そして、今日は他の子の名札を引っ張ったり、髪の毛をしばってる女の子の髪をつかんで離さない

確かに気になるのは分かるけど、これは困る

今回は本当につかんで離さなくて、引き離すのに一苦労でした。

幸い相手の女の子があんまり動じない子で、そういう事されても全く泣きもしないし、嫌がりもしないのでまだよかったのですが・・・

それでも、ゆーとりんにちょっかい出される子やママに申し訳ないやら気を遣うやらで、ほんっとーーーーに疲れました。

「すみませんっ、ごめんなさいっ」

と謝りながら、本当に泣きそうになっちゃいました。


昨日もやってましたが、最近やたらと大人の足を叩いてアピールするので、それも困るし、なんだかもう困ったことだらけです。

Jたんにグチっても、最初は

「元気でいいじゃん」

ぐらいで、真剣に乱暴者で困るんだと訴えたら

「ビシッと言って聞かせなきゃ」

って、

「そんなの、毎回毎回言って聞かせてるよー

それでも全く言う事聞かないんじゃないかーーーっ


と発狂しちゃいました。


セミナーでも「怒る」と「叱る」の区別などの話を聞き、なるほどなーと思い、感情的にならず冷静に言って聞かせよう。

って思って、実践してみたってゆーとりんにはまさに

馬の耳に念仏状態


もうすぐ2歳になるというのに、一体いつになったらちゃんと言うことを理解してくれて、他の子にちょっかい出さないようになってくれるんだろう・・・

そういう風にしたってなんの解決にもならないと思いつつ、これ以上他の子やママに迷惑かけるようなら、そういう場に行ったりもしないようにして、他の子と遊ばせないようにした方がいいんじゃないか・・・とまで悩んでしまう今日この頃なのです。


セミナー終了

2週間に一度、4回続いたセミナーも今日で最後。

涙あり、笑いありのとっても素敵なセミナーでした。

“出た”だけじゃなく、これをきっかけに色々と考えてこれからの育児、そして自分の生活に生かせていけたらなと思います。


講師の方(コーチといいます)は、ちょうど最近メディアや新聞などに取り上げられて、とても忙しくなってきたみたいなので、本当に今参加できてラッキーでした。

でも、また近くでやることがあったらリピーターとしてもう一度参加してみたいなーと思います。


さて、今日は最終日ということで、セミナー後にちょっとしたパーティーがありました。

そのまま会場で立食形式で行われ、みんなで持ち寄った品物のバザーをやっていたり、ファイナンシャルプランナーさんの相談会やアロマや占いのブースまであって、なかなか盛況でした。

ハズレなしのお楽しみ抽選があって、1位の人には今月出版されるコーチの本が当たるので、とっても楽しみにしてました。

結果は、もちろん

当たりませんでした~

最初に末等の10名が呼ばれることになり、せめて末等以外が当たればいいな~なんて思ってたのですが、ご想像通りしょっぱな名前呼ばれました

中身が全部違う袋が10こあり、好きなのを選んだのですが、お菓子付のちっちゃなカエルの置物でした。

まぁ、かわいかったからよかったけど。

もうちょっと「どれが当たるのかしら」というドキドキを味わいたかったなぁ。


抽選後も色々食べたり、バザーをゆっくり見たかったのですが、うちの暴れん坊大将がそんなの許しちゃぁくれませんでした

みんなが食事をしているというのに、会場をちょこまかと走り回り、色んなママ達の足を叩いてアピール。

そしてバザーの人形を他の子と取り合い


もう、ふぃんしゅんはおちおちご飯も食べられないし、みんなと名刺交換やおしゃべりもゆっくりできませんでした

ほんっとーーーに困った

何度寝てくれと思ったことか。


でも、9月にまたこのメンバーで集まって復習会みたいなのをやるらしいので、その時こそみんなの名刺をGETするぞー


やっとサッパリ

いい加減伸びてボッサボサの髪の毛のゆーとりん。

切りにいかなきゃと思いつつも、風邪のお陰でなかなか行けませんでしたが、ようやく今日行ってきました。

前に切ってもらった所に行ったら、散髪中の人と待ってる人も1人。

ゆーとりんは待ってられないだろうなーと思い、もう一軒筆を作ってもらった所に行ってみると、そこも同じ状態。

もうあきらめて帰ろうかと思いつつ、この勢いを逃すとまたしばらく行けないかも、と思い買い物したり、ブラブラして時間をつぶしてから再び行ってみました。

結局、待つことにはなってしまいましたが、そこでパンを食べたり、たくさんある絵本を読んで、思ったよりもご機嫌よく待っていてくれました。


前回、おもしろいおじさんが一生懸命切ってくれたので、そのつもりでいたのですが、実はおじさんが小さな子どもを切ったのはほとんど初めてだったそうで

ほんとは奥さんが子ども専門だったらしく、急遽奥さんがやってきました。

で、「ひょっとして、前も来た赤ちゃんってお客さん?

この人が『赤ちゃん来たけど、なんとかやったんだぞー』

って自慢げに言ってたから(笑)」

と言われました。

すごく楽しげに手馴れた調子で切ってくれていたように見えてましたが、実はおじさん必死だったらしいです


さて、ご機嫌で待っていたゆーとりんですが、ふぃんしゅんが抱っこしてイスに座ると途端に泣いて暴れだしちゃいました

ご機嫌を取りつつ、なんとかケープを巻き、切り始めると・・・

あらら?ってぐらいおとなーしくなっちゃいました。

もう、ほんとにこんなにおとなしくじっとしている姿なんて、家でも見たことないぞってぐらい。

お陰で、順調に散髪が続きました。

スプレーをかけられたり、切り始めはなんともいえないビミョーな顔をしていたゆーとりんですが、その内なんだかうっとりした顔になってきちゃって・・・

が、最終段階に突入したあたりで突然我に返り、また泣き出してしまい。

仕方なく、ふぃんしゅんが抱っこして立ったまままた切り始めると・・・

くてんとして眠っちゃいました

奥さんは

「私が切ると大抵の子は寝ちゃうのよねぇ」

と言っていたのですが、本当に気持ちよさそうに眠っちゃってびっくり。

眠っている間に、それっとばかりにあちこち仕上げをして、なんとか切り終えることができました。

しかし眠ったゆーとりんを抱えたまま立ちっぱなし状態は、結構腰にきました


でも、仕上がりはイメージどおりで、いい感じになりました

ゆーとりんは、あんまり短いのは似合わなさそうなので、長めでそろえてもらったんです。

家に帰ってから写真を撮ろうと思ったのですが、やっぱりなかなか撮らせてくれません。

結局こんな写真しか撮れませんでした

なんでこんなとこ撮るんだよー


絵本大好き!

絵本が好き、と言ってもまだまだストーリー性のあるものはちゃんと聞いてはくれません

絵や写真が羅列されてるものがお気に入り。


帰る前に私の両親と駅前に出かけて、本を買ってもらうことになりました。

他の人のブログで、ものすごーくゆーとりんも気に入りそうな乗り物絵本があり、それが欲しいなと思っていたのですが。

まさか、今日買ってもらえるとは思わず、タイトルも出版社も覚えていなかったので、分からないまま探すのは無謀でした

結局、乗り物の絵が描かれてて、ボタンを押すと音が鳴ったり光ったりするという絵本を買ってもらいました。

でも、ゆーとりん。その見本を見ている時点で、ちゃーんとそれぞれの車の絵と音のボタンを一致させて押すんです。

確かに家にある動物と鳴き声が鳴る絵本でも、最近はちゃんと一致させるようにはなっていましたが、初めて見る本でもできるとは

前はやたらめったらボタンだけ押していて、絵と鳴き声なんてお構いなしだったのに。

今回見ていると、ちゃーんと指でどれかなーって探してから押しているんですよね。

その探してる姿がまたおもしろいというか、かわいくって


家に帰ってからも、すごく気に入ったようで、我が家ではずっとパトカーやら救急車のサイレン音が鳴り響いております

絵本



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。