Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ライブづいてます

つい先週ドリカムのライブに行ってきたばかりだというのに・・・

今日も行ってきちゃいました

いやー、本当に急だったんですけどね。

つい一昨日、ちっちゃな新聞広告を見つけまして。

とあるアーティスト(バンドかな?)のライブの当日券予約が行われるって書いてあったんです。

ふぃんしゅんは特別好きって訳ではないのですが、シングル曲ぐらいは知っているし、なにせライブはめちゃくちゃおもしろいと聞いていたので、一度観に行ってみたかったんですよ。

Jたんも結構好きなアーティストだし、実は妹まりりんが昔結構ハマってたんですよね。

ということで、ダメモトで電話してみたらあっさりとチケットがあると言われたので、3枚確保。

急遽3人でライブ鑑賞とあいなったのでした。


今日のアーティストは・・・

米米CLUB!


しばらく活動休止していたのを復活させたのが去年のこと。

実はその復活祭もちょっと行きたかったんですけど、チケット取れなかったんですよね。

今日の参加は急だったので、全く予習はナシ

一応、色々ネットで調べて、当日みんなで使うらしい小道具だけは用意しました(笑)

ボンボン


ご覧の通りの金色と銀色のポンポンなんですが。

飾り付け用のモールを巻いてしばり、なわとびの取っ手に固定させたものです。

簡単に書いてますが、振ってもばらけないようにするとか、形を整えたりするのに結構苦労しました

3人分だったので、夜なべです。

っていうか、ほんと我ながら好きというか熱心ですよねぇ。こういうことだけ

でも、ゆーとりんも「キレー、キレー」と気に入っていたようなので、ライブ後にはゆーとりんのおもちゃにしてあげます。


ライブはというと、噂どおりめちゃくちゃおもしろかったです。

“おもしろかった”なんて、アーティストのライブの感想で言う言葉じゃない気はしますが(笑)

『歌を聴きに行った』というよりは、『喜劇かショーを見に行った』という感じでしたね。

正直、アンコールに至るまでにほとんど石井さんは歌ってないんじゃないか、というほどで(笑)

でも、逆に歌をよく知らなくても十分に楽しめました。

とにかく米米のライブではみんな踊りまくるので、踊ってる人たちを見てるのもおもしろかったし、ついていけそうなところは見よう見まねで一緒に踊ってみました

そうそう。米米のファンはふぃんしゅんよりもちょっと上の世代も多いみたいで、それこそ家族連れや子連れの姿が目立ちました。

子どもの入場年齢の制限も全くなかったし、5歳以下はタダですしね。

会場内はアットホームな雰囲気で、結構意外でしたね。

今回ゆーとりんは家でJたん両親とお留守番でしたが、これなら連れて行っても大丈夫だったかも。


なんか立て続けにライブに参加しましたが、すっごく楽しかったので、結構クセになっちゃいそうです


スポンサーサイト

ゆーとりんの好きな人

全く記憶にはないのですが、ふぃんしゅんは幼児期“桜田淳子さん”が好きだったらしい

家にはポスターが貼ってあり、に彼女が映ると大喜びだったとか・・・


そういえば、つい最近までゆーとりんにはそんな人物がいなかったんですよね。

強いて言えば、教育テレビのキャラクターのワンワンうーたんぐらいで。

でも“人”じゃないし。

ワンワン達と出ている女の子“ことちゃん”は眼中になし。

名前も言いません

キャラクターものじゃない人には、あんまり興味を持っていない。そんな感じでした。


ところが!


最近、そんなゆーとりんの心を捉えて離さない人物が現れたのです

その名は・・・


小島 よしお!!(笑)

(あ、想像ついちゃいました?

そう、あの『そんなの関係ねぇ』 『おっぱっぴー』アノ人です。


まぁ、よくありがちなPTAは眉をひそめるけど、子ども達はマネしまくり、みたいな王道ネタの人ですが。

ご多分にもれず、まんまとゆーとりんもハマってしまいました。


彼がテレビ画面に登場するやいなや、満面の笑みを浮かべ

「ぴーぴー(おっぱっぴーの人だ)」

とふぃんしゅん達にアピール。

ネタが始まると一緒になって片足で地団太を踏み、決めゼリフ(?)の

「(おっぱっ)ぴー!!」

と叫んでおります


しかし、一番最初にゆーとりんの心を捉えた人物が小島よしおとは・・・

まぁ、ふぃんしゅんはお笑い好きなんで、特に『マネなんかしてやだわ』とも思わず、おもしろがって見てるんですけどね。


十五夜

そんなに遅く起きた訳でもないのに、お昼になっても全く眠い気配を見せないゆーとりん。

お昼寝後に出かけようかと思っていたのですが、思い切って先に出かけることに。

用事を済ませて、お昼ご飯も外で食べちゃいました

それでもゆーとりんは元気いっぱいなので、ついでに公園でひと遊び。

今日行ったのは、今までにも時々行っていた(通称)鹿の公園

先客で、4,5歳ぐらいのお兄ちゃんと、1歳ぐらいの弟くんがいました。

お兄ちゃんはとても人なつっこくて、ふぃんしゅんにもしきりに話しかけてくるし、まだ歩けない弟よりは動き回るゆーとりんの方がおもしろいのか、色々と構ってくれました。

ゆーとりんも、ちょっと大きい子が好きなので、ずーっとそのお兄ちゃんの後をついて走り回ってました


すべり台、シーソー、ブランコなどなどひとしきり遊んでいたゆーとりんですが、そのお兄ちゃんが半円形のうんていに上るとマネして上り始めました。

うんていなので、細い鉄の棒だけで出来ているのですが、思いのほかスイスイと上ってしまうゆーとりん。

でも、一番高いところまでは怖くて行けないらしく立ち往生

「そこまで上っちゃって、あとはどうするの?

と聞いても、結局いい知恵は浮かばなかったらしく・・・

「あっこ(抱っこ)」

と助けを求め、飛びついてきました。


でも、前はぶら下がって遊んではいたものの、上ることはなかったので、それがひとつ成長ですね。

その内、きっといつの間にか一番上まで上れて、自分で下りてこられるようになってるんでしょうねぇ。

そういえば、ここには鹿やくじゃくがいるのは知っていたのですが、今日カメを発見

しかも、お父さんカメ・お母さんカメに赤ちゃんカメまでいました

でも、池も小さいし、全然柵らしい柵もないし、逃げ放題な気がするんですけど、その辺を徘徊しないのかしら


公園で遊んだ後は、スーパーでお買い物をして帰宅。

すでに3時になっていたので、さすがに眠くなっただろうと思いきや、やっぱり眠る気配はナシ

でも、下手にこんな時間に眠られても夜困っちゃうし・・・

と、台所に連れて行って夕飯の支度を済ませてしまい、お風呂にも入れちゃいました。

よーし、これでいつ寝ちゃってもとりあえずOK


・・・が、それでも寝ない。

その内、珍しく「ごっはーん、ごっはーん」と食事を要求してきたので、用意をすると、ペロリとたいらげちゃいました。

ご飯を食べて部屋でのんびりしていたのですが、そこでハッとあることに気づきました。

今日は十五夜だー

慌ててカーテンを開けると、ゆーとりんも

「まー(お月様)キレー、キレー」

と。でも、三日月でも半月でもなんでもゆーとりんにとっては“キレー”なんですけどね

十五夜のことを忘れてたぐらいなので、お団子を用意するのも忘れてました

まぁ、ゆーとりんはまだお団子食べられませんけどね。

十五夜

どこ指してるの?
(ちっちゃーく映ってるのがお月様です)

その後も、届きたてのしまじろうのDVDを観たりして過ごし、そのままふぃんしゅんの膝の上でスーッと眠りに落ちた時には、結局7時過ぎになっていました。

まぁ、そんなに早く寝過ぎなくてちょうどよかったかも。

明日は何時に起きちゃうのかな?


記念写真?

夕べふぃんしゅんが帰ってきた時にはすでに眠っていたゆーとりん。

朝起きての第一声は

「はなー、りゅうちゃーん」

でした

おかーさん、淋しいわ


実は、こっそり2人も泊まっていたので、朝から現れた2人にゆーとりんは大喜び

でも、ばぁばが朝から用事があったので、じぃじとりゅうくんで車で送りに行き、ふぃんしゅん・はなちゃん・ゆーとりんでお留守番。


しかし、このはなちゃん(小学3年生)本当に面倒見がいいんですよ。

よく遊んでくれるし、大助かり。

睡眠時間が短かったふぃんしゅん、寝起きにも関わらず睡魔に襲われ、ついうとうとと・・・

ハッと起きると、はなちゃんがゆーとりんにもご飯を食べさせてくれてました

すばらしい


ご飯を食べたところで、ゆーとりんもお昼寝タイム。

起きたところで、じぃじ達も帰ってきたのでみんなでアカチャンホンポにお買い物に行きました。

今月はゆーとりんのお誕生月ということで、500円引券があるのでオムツのまとめ買いです。

買い物を済ませて移動しようとしたら、なぜかおもちゃ売り場に巨大なアンパンマンが2人いました。

ビニール製とぬいぐるみ。

思わず記念写真を撮っちゃいました。

20070925104031



アカチャンホンポで妹夫婦とも合流したので、一度みんなで実家に帰り、一休み。

その後またみんなで外にご飯を食べに行きました。

最近ゆーとりんのブームはエ ビ !!

「えびえび

と言い続けるんですよねぇ。

そしてエビの天ぷらを2本ペロリ。

が、なぜか衣がついていないエビはエビと認めないらしく、食べないんですよね

卵もそうで、ゆでたまごとオムライスの卵は食べるけど、目玉焼きや卵焼きだと食べないんです。

同じものでも形が変わると食べない・・・

うーん、不思議だ。


行って来ましたよ♪

今日はふぃんしゅんの野望の為に、午前中から大荷物とゆーとりんを抱えて実家近くの駅へ。

2泊3日分の荷物を持ちながらの

「あっこ、あっこ(抱っこ)」

攻撃には参ります・・・

今日ばかりは本当に物理的にムリなので、一生懸命歩かせました。

ふぃんしゅんは後ろ向きで、ゆーとりんに追いつかれそうになったらまたそのまま後ろに小走り。

もう、ゆーとりんは大泣きですよ

涙も鼻水もだだもれしながら、必死に走ってました。

結構足速いんですよね。

通りすがりの人たちも笑いながら

「ほれ、がんばれ、がんばれ」とか「元気な泣き声だねぇ。元気なのはいいことだ」

と励ましのお言葉をかけてくれたりして(笑)


そしてなんとか自宅最寄り駅に着き、電車に乗って母との待ち合わせ駅へ。

お互い時間がないので、改札越しに荷物とゆーとりんの引渡し。

最初は泣いていたゆーとりん。

ふぃんしゅんも後ろ髪を引かれる思いだったのですが、後で来たメールには

「3,4歩歩いたらケロっとしてました」

とあり、ホッとしたようなガッカリしたような・・・

ゆーとりんはそのまま従兄弟のはなちゃん・りゅうくんの運動会の応援へと向かい、ふぃんしゅんは友達との待ち合わせへ。


大学時代の友人と合流して向かった先は・・・

国立競技場!!


と言ってもスポーツ観戦ではありません。

今日行われたのは、

ドリカムワンダーランド2007!!


(注:ドリームズカムトゥルーっていう歌手だよ、おばあちゃん)

なんと、4年に1度しか行われないライブツアーなんです。

学生時代からドリカム好きのふぃんしゅんですが、ライブに行ったのは1度だけ

このワンダーランドは初参戦

ワンダーランドというのは、今までに出した曲の中からファンの投票で歌う曲を決めるので、懐かしい曲もてんこもりのライブなんですね。

育児に追われて、すっかり音楽鑑賞から遠ざかっていて最近の曲を知らない私にとっては、うれしい限り


開場2:30。開演が5時だというのに、開場2時間前から始まる会場限定グッズ販売の為に、張り切って12時には会場に到着。

が、すでに長蛇の列。

やはり凄まじいドリカム人気

それでも、1時間かけてなんとかお目当てのグッズも買えてご満悦。

その後は新宿に戻り、お昼を食べたりして開演まで時間をつぶしました。

久しぶりに会う友人との話も弾んで、待ち時間もあっという間でした。

(途中で紅茶をぶちまけてしまい、着替えの洋服を買うというハプニングも含め)


肝心のライブの方ですが・・・

いやー、とにかく感 動でしたー。

スタンドのかなり後ろの席だったのですが、ちょうど真後ろが通路になっているところでした。

お陰で座席の一段上に立っても後ろの人に気兼ねしなくて済み、前の人に視界をさえぎられることもなくて、すっごく快適

ふぃんしゅんの大好きな曲もいっぱい流れたし、6万人で1曲をコーラスしたりととにかく3時間半もの時間があっという間に過ぎてしまいました。

こんなに長時間預けっぱなしにしたのは初めてでしたが、妹一家もずっと一緒に過ごしていてくれたので、ゆーとりんも楽しんで待っていてくれたようです。

というか、はなちゃんとりゅうくんがいればふぃんしゅんがいなくても平気なのかも

いい子でお留守番をしていてくれたゆーとりん。

一緒に遊んでくれたはなちゃん・りゅうくん。

そして暴れん坊のご飯の世話から、オムツ・お風呂までぜーんぶやってくれた両親と妹夫婦に感謝です

お陰ですっごく楽しい時間を過ごすことができましたー。

また次回、4年後に行くぞー

その時は、ゆーとりんも一緒に行けるな。楽しみ、楽しみ
(子連れ専用席があるので)



うふふ・・・

今日はゆーとりんのことじゃありませーん。

ふぃんしゅん、実は明日お楽しみが待ってるのです

もう今からドキドキワクワクです

ゆーとりんを朝から実家の両親に託して、お出かけです。

明日は従兄弟のはなちゃん・りゅうくんの運動会なので、ゆーとりんも期せずして応援団です。

うーん、大丈夫なんだろうか・・・


ふぃんしゅんがどこに行くかは、またのちのち・・・

くふふ


おバカさん(笑)

ついさきほど、ゆーとりんのを捨てに階下に下りた直後、部屋からゆーとりんの泣き声が

後追い泣きだったら、もう部屋のドアも自在に開閉できるので、廊下に出てくるはずなのに

なぜか部屋で泣き続けるゆーとりん。

不思議に思いながらも、トイレの水を流してから部屋に戻ると、そこには・・・

やっちゃった!

『痛いよ~。ボクは線路じゃないよー』


こーんな姿で泣きじゃくるゆーとりん。

電車のスイッチを入れた状態で、頭に当てて髪の毛が巻き込まれちゃってるんです。

前にも一度やったのに、懲りずにまたやったのね~

前回はふぃんしゅんもかわいそうに思って、急いで取ってあげたのですが・・・

さすがに2度目ともなるとあきれて笑っちゃいました。

なので、写真まで撮っちゃう余裕ぶり。

ゆーとりんもずっと泣いていたものの、を構えた途端に

「チーズ

なんて言ってるし


電車が取れるまでは痛がって泣き続けていましたが、取れた途端にケロッとしてまた遊んでおります。


よっぽど楽しかったらしい

早いもので、誕生日記念旅行からもう1週間が経っちゃいました。

でも、ゆーとりんは未だに

「ぞー、ここ」 「がおー(ライオン)、ここ」 「きっ(キリン)、ここ

と言い続けております


帰宅してからの数日間なんて、朝目が覚めたらまず第一声

「ぞー、ここ」 「がおー(ライオン)、ここ」 「きっ(キリン)、ここ


夜中に起きて寝ぼけながらも

「がおー(ライオン)、ここ

なーんて言ってるので、笑っちゃいました。

その場ではあんなに泣いていたのに、よっぽど楽しかったというか、印象強かったんでしょうね


これが大きくなってからも覚えている一番幼い時の記憶になるのかなぁ


誕生日プレゼント第2弾

今日はJたん両親と一緒に、ゆーとりんの誕生日プレゼントを買いに行きました。

前に下見に行った時、木製の電車セットから離れなかったので、そっちには行かないようにしてまっすぐプラレール売り場へ。

しばらくはそこにあるトーマスの見本や、近くにあるトミカ(車)のセットで遊んでいたものの、肝心のプラレールには見向きもせず・・・

そして「っちっちと半泣き。

どうやら、木製の電車セットの存在を思い出してしまったよう・・・

でも、そこに行ってしまうと離れなくなってしまうのは目に見えているので、なんとか阻止。

そんな事情を知らない義両親は「どこに行きたいの?」といぶかしげでしたが・・・


「どれがいいの?」と聞いても、ゆーとりんには分かるはずもなく、結局Jたんが目をつけていた駅セットを買ってもらうことにしました。

プレゼント


その場では全く興味がなさそうだったゆーとりんも、車に乗り込んでいざプレゼントを目の前にすると、急に『自分のもの』という実感がわいたのか、抱え込んだまま。

家に着いた途端に「開けろそして組み立てろと大興奮で要求。

が、そこで重大なことが判明


なんと、駅本体しかない!!

確かによーく見ると、見本が掲載されているところに

『この商品には、レールなどは含まれていません』

と書かれていました

正直、結構なお値段だったので、まさかこの本体だけだとは思いませんでした

まぁ、この本体自体も確かに大物というか、十分すごいんですけどね。

なんとか手持ちのレールを連結させて遊ぶことはできたのですが、やっぱりちょっともの足りない

すっごーい


この状態で遊ばねばならないのか・・・と思いつつ心配ご無用!!

ゆーとりんはもちろんのこと、もーっとハマっているお方がもう1人いらっしゃるので・・・

そう、Jたんもすっかり久々のプラレールに夢中になっているんです。

なので「線路とか、色々買い足さないとなぁ。ずいぶんお金かかっちゃうなぁ

なーんて言いながら、うれしそーにしてます

毎月すこーしずつ買い足していくことになりそうです。


セミナーフォロー会

今日は以前受けたママ向けのセミナーのフォロー会でした。

今回は託児がないとのことで、2時間もの長丁場、ゆーとりんがまともにしている訳がない

それじゃぁ、ふぃんしゅんも落ち着いて話も聞いていられないので、一時保育に預けて行きました。


セミナーを受けたとはいえ、もちろん完璧に生かせている訳でもなく・・・ちょっと肩身の狭い思いで出席したのですが、みなさんも同じような状態でした。

子育てなんて思い通りに行かないのが当たり前。みんなも手探りで頑張ってるんですよね。

ちょっとホッとしました。


ゆーとりんを預けたお陰で、今までは参加できなかったランチ会にも行くことができました。

みなさんとじっくりお話ができて、とても楽しかったです。

そこで、またフォロー会のような勉強会じゃなく、単純に楽しめる交流会もしたいね、という話にもなりました。

意外と地元外の方の参加が多いのと、いつも主催チームの方達にお願いするのも心苦しいので、次はふぃんしゅんが幹事をすることにしました。

出たよ。また仕切りグセが


次は、いつも子連れでランチ会に参加できなかった方達も気兼ねなく参加できるように、和室でクリスマス会でもやろうかなぁって思ってます。

去年一度ママ友達とやったので、それを参考にできるから、少しは手際よくできるかな?

せっかくセミナーで知り合った縁なので、これでまたもう少し深められたらいいなぁと思ってます。


英語教室

前にちらっと書きましたが、ゆーとりんついに英語教室に通い始めました。

いってきまーす

『いってきまーす』

今日は2回目。

向かいながら「今日はABCだよ。ABCに行くんだよ」と教えると、一生懸命

「えいびちー。えいびちー

ととっても楽しそう

でも何故か教室に入るとぐずりだす


なんとかなだめて最初の『Hello Song』を先生と一緒に歌おうとしても、拒否して大暴れ

ここで普通だったら、お母さんが一緒にたのしげ~に歌って盛り上げると子どももつられて歌いだす・・・という図式なのでしょうが・・・

元々ゆーとりん、童謡だろうがCMソングだろうが、なんでもふぃんしゅんが歌うと首を激しく横に振って拒否るんですよねぇ

もちろんこの時も、ふぃんしゅんが歌うと逆に大泣き

のちのち慣れていってくれるのでしょうか・・・


そしてレッスンが始まっても、先生が言ったりやったりするものじゃなく、他の貼ってあるものや、置いてあるおもちゃの方が気になって仕方ない様子。

リピートなんてしやしません。

まぁ、もちろん最初っからちゃんとできる訳はないんでしょうけどね。

でも、先生のやり方を見ていると「リピートして当たり前」って感じなんですよ。

そして「息子さんが言わないなら、お母さんどうぞ~」ってな感じで、とんだとばっちり

期せずして、ふぃんしゅんまで発音のレッスンに。

英語の発音なんて、何十年ぶりはずかし~


しかし、他の2歳児はちゃーんとやってるんだろうか

ちなみに本当はもう1人女の子と一緒のレッスンのはずなのですが、ゆーとりんが慣れるまでは授業の邪魔になるのでは・・・とふぃんしゅんが心配していたら、教室のご好意で最初の2ヶ月はマンツーマンでやってくれることになったんです。

なんとか2ヶ月で慣れてくれて、女の子と一緒になったら相乗効果で頑張ってくれるといいなぁ。


教室ではほとんど授業になっていないゆーとりんですが、帰り道や家でふぃんしゅんが授業でやった単語を話しかけてみるとつたないながらも一生懸命リピートしてます。

やっぱり英語学習は家でのフォローというか、がんばりが大切なんですね。

英語苦手のふぃんしゅんとしては、大変な限りです

そして、油断していたらガンガンレッスンに参加させられているので、あせって辞書で予復習。

辞書を広げていたら、ゆーとりんも寄ってきて、また

「えいびちー、えいびちー」

と言ってました。

とりあえず、英語やアルファベットを見ると「えいびちー」なようです。

辞書


やっぱり子どもの頭はやわらかいんですねぇ。

うらやましい。


身体測定

1歳6ヶ月検診の時、体重が少ないということで、

「2歳になったら、もう一度測定に来てください」

と言われてしまっていたんです。

今日はその測定の日。

が、朝からものすごいどしゃぶりの雨

ぶっちゃけ、こんな雨の中行きたくなーい

・・・とは思ったものの、予約は入れてしまっているし、家から近い公民館でなので、思い切って出かけることにしました。

ゆーとりんも完全装備です。

完全装備

っていうか、カッパ太郎ですね


2人で雨の中一生懸命会場に行ってみると・・・

全くそれらしい気配がない

不思議に思って公民館の人に聞いてみても、やはりそんな予定は入っていないとのこと。

慌てて保健センターに確認を入れてみたら・・・やっぱり会場は保健センターの方でした

保健センターは電車とバスに乗っていかなければ行けません。

うげぇ~と思ったものの、もういったん外に出てしまっていたので、しょうがなく向かうことにしました。


保健センターに着いて、しばらく待った後、順番が回ってきました。

が、部屋に入ったとたんに泣き出すゆーとりん。

すぐに計測はできないだろうということで、最初は保健婦さんとのお話をすることにしました。

積み木を積んでみたり、いろんな物が描いてある絵を見て名前を言ったりもしました。

単語を一文字で済ませてしまうのは相変わらずでしたが、こっちの言ってる事も分かってるみたいなので、言葉の問題は大丈夫と言われました。


そしていよいよ計測。

やっぱり体重計に乗せるとぐずって動いてしまうので、正確ではありませんでしたが・・・

でも、明らかに10kgいってない

正直、少なからずショックでした

1歳半の時よりは重くなったように感じていたし、さすがに半年経っていれば増えていて当たり前だろうと思っていたので・・・

しかも、1歳6ヶ月検診の時より減ってました

ついに成長曲線の一番下、線上に点がついてしまいました。

でも保健婦さんは優しく

「これで身長も停滞しているとちょっと心配ですけど、身長は伸びているので大丈夫ですよ。よく動いて元気だし、新陳代謝も活発だから増えがゆっくりなんだと思いますよ」

と言ってくれました。

まぁ、確かに体重は軽くても元気いっぱいなので、そんなに心配はいらないのかな?

抱っこしていても軽くて楽ですしね


実はゆーとりん、誕生日に旅行に出たのをきっかけに、きっぱり哺乳瓶&ミルクを卒業したのです。

元々外出先ではミルクはねだらなくなっていたので、3日間家を空けたのは正解でした。

家に戻ってからは、朝だけちょっとねだることもありましたが、そんなに大泣きもしなかったので、根負けすることもなくやめることができました。

が、ミルクを飲まなくなっても食事量は増えないんですよね。

だから今までのミルク分の栄養すら摂らなくなって痩せちゃったのかも・・・

ご飯を食べないのは両親譲りだし、子どもの頃細かったのも同じ。

そんな両親も今ではすっかりメタボ夫婦なので、ゆーとりんもきっと問題なし(笑)


でも、腑に落ちないのは会場のこと。

1歳6ヶ月検診で今回の予約を入れた時、担当の人が確かに台帳を広げ「公民館で出来ます」と言われ、家から近いのでそこでお願いしたはずなんですよねぇ

その場で母子手帳にもメモしておいたので、勘違いじゃないと思うんですけど・・・

でも、それもそのやさしい保健婦さんが自分が間違えたわけでもないのに

「案内は公民館って言っちゃってたんですね。ほんとごめんなさいね」

と謝ってくれたので、そんなに不快に思わずに済みましたけどね。


変な夫婦

一応このブログは育児以外のことも書いていくつもりだったので、今日はそんな話題をひとつ。

ヒジョーに馬鹿らしい話なんですけど、おもしろかったので書いちゃいます。

夕べ、ふぃんしゅんが寝ようと寝室に入ったら、先に眠っていたJたん、なぜかパジャマのボタンを全部開けていました

もちろん眠る時には全部閉めていたんですよ。

暑かったのか、寝たまま自分で外したみたいなんです。

丸出しになっているメタボなお腹!!

思わず笑っちゃいました

(あ、もちろん閉じてあげましたよ)


が、ふぃんしゅん。そんなJたんのことを笑っていられないんです

ついこの間、ふと目を覚ますと・・・

なんと、上半身まっぱだか \(◎o◎)/!

まったく記憶はない

ないんですけど、たぶん暑くてぬいだんでしょうねぇ

なんという、似たもの夫婦

今までにも目を覚ますと自分でパジャマをめくりあげ、おっぴろげー状態の時や、ズボンを脱いでしまってるという前科はあったんですけどね。

とにかくいずれも全く記憶がないもんで、いつどうやってやったのか、さっぱり分かんないんですよねぇ

一度自分のそういう場面をビデオで見てみたいものだと思います。

バカバカしいお話にお付き合いいただき、ありがとうございます


誕生日プレゼント

旅行の流れでJたんは今日もお休み

なので、来週義両親が買ってくれるという誕生日プレゼントの下見に行ってきました

お義母さんは、三輪車を買いたがっているようなのですが、置く場所もないし、ベビーカーもあまり活用しなかったぐらいなので、あまり必要性を感じないんですよね・・・

昔は家の前でも自由にこいで遊べたけど、今はそんな場所もないし。

きっとあっという間に自転車に乗るような年齢になるだろうから、どうせ買うなら自転車にしたいな・・・

ということで、丁重に(?)お断りしちゃいました。

お義父さんはプラレールを買いたかったようなのですが、これまたすでに購入済み

でも、プラレールはその気になれば色々買い足して、すごいものを作り上げられるみたいなので、Jたんは『プラレール買い足し』に惹かれているみたいです。


ところが、ゆーとりんがその場から離れなかったのが、木製の汽車セット

プラレールと同じような感じですが、線路から汽車から全部木製。

それが見本としてセッティングされていたんですね。

もーう、そこから離れない、離れない


違う売り場に移動しようとしても、大号泣でイスにしがみついて離れない勢い。

これだけ気に入ったのなら・・・とも思いますが、もちろんプラレールがあるのに同じようなのを買う訳にもいかず。

おまけに、プラレールよりも格段に高いんですよねぇ

当日はここに寄らないようにせねば・・・


下見だけのつもりでしたが、ふぃんしゅんの両親からもお金をもらっていたので、何か買うことにしました。

ふぃんしゅんの中での候補としては、ゆーとりんが気に入っているレゴブロックの買い足しだったのですが、そんなに同じものの買い足しというのも味気ないかなぁ・・・と思いまして。

1歳の誕生日から買おうかと思いつつも、まだ買っていなかった文字積み木にしました。

文字積み木


今までに見て、買おうと思っていたものはひらがな数字だけでした。

でも、今回見つけたのは更にアルファベットの積み木が加わったものでした。

これだけ入っていて、値段的にもかなりお得だったので、迷わずこれに決定

いやー、あせって買わなくてよかったぁ

ふぃんしゅんは新作とか新商品を買ってしまって、後から改良版が出て後悔するタイプなんですよねぇ


そして、もうひとつ、Jたんとふぃんしゅんからということで、ベネッセの英語セットを買ってあげることにしました。

プレイタイム


そういえば、ブログには書いていなかったような気がするのですが、実はゆーとりん、英語教室を決めて通い始めたんです。

英語苦手なふぃんしゅんは英語で話しかけてあげることもできないし、発音にも自信がないので、おうちで英語に触れられるように・・・ということでこのプレゼントにしました。

家で積み木を広げてあげると、気に入ってくれた様子

気に入ったよ♪


一生懸命描いてある絵柄の名前を言ったり、いきなり「A」「B」とか、「1」「4」とか言いだして驚かされました。
(ちゃんと合っている)

でも何故かまだひらがなは一文字も分かっていないんですけど・・・

この積み木は絵柄もかわいいし、1枚にもりだくさんの情報が入っているので、結構楽しみながら色々覚えられるんじゃないかなぁと期待してます。

いやー、いいのが買えてよかったなぁ。

お父さん・お母さんありがとー


誕生日記念旅行~最終日~

さてさて、楽しかった旅行もいよいよ今日で最後。

ここ飯坂温泉の近くにはフルーツラインなる果物狩りのメッカがあるということで、行ってみることにしました。

ふぃんしゅんは今狩れる果物の中ではが一番好きなんですけど、もう終わりかけ。

なので旬でもあり、Jたんの一番の好物である梨狩りをすることにしました。

Jたんは「梨なら何個でも食える梨だけは自分でむいてでも食べるほど好きだ

と豪語していましたが、子どもの頃梨狩りでお腹を壊すほど食べた経験を踏まえ、控え気味にしてました


ゆーとりんは一面に広がる梨を見て、しきりに

「あーぽあーぽっ(りんご)」

と興奮して言ってました。

うーん、似てるけど惜しいっ


ゆーとりんも梨狩りに初挑戦してみました。

よいしょっ

『うんしょっと』

取ったよ

『取れたー』


去年梨を食べさせた時は、やはりうまくかめないらしく、あんまり食べませんでしたが、今日はよく食べました

梨はやわらかめですからね。

ナシ狩り?


りんごももうなっていて、特別に1コもらいました。


時間は30分とあっという間だったので、自分達で取った梨をお土産にして、後は桃も買って帰ることにしました。

梨狩りが終わった時点で、まだ11時でしたが、すぐに高速には乗らず下道で那須に戻ることにして福島を後にしました。

那須でまたお昼を食べて高速に乗ろうかと思ったのですが、ゆーとりんがお昼寝タイムに突入。

起きたらお昼を食べよう、と言っていたのですがこんこんと眠り続け、時間は早や2時

那須はとっくに過ぎ去り、めぼしい食事処もなかったので、まぁいいかと寝かせていたのですが、さすがにお腹が空いちゃいました

ふぃんしゅんが空腹の限界を迎えた頃、ようやくゆーとりんが起きた時には宇都宮が目の前に迫っていました。

この間宇都宮で餃子を食べたばかりなので、また餃子という気分にもなれず、適当にレストランに飛び込みました。

ところが、これがまた大正解

ふぃんしゅんは、せっかくだから那須牛とかそういうガッツリ肉系が食べたかったのですが「那須は高いからやめておこう」とJたんに言われてあきらめてたんです。

で、前日が和食だったので、パスタとかそういう洋食でいいよ・・・と言っていたのですが。

このお店は、ステーキにパスタがつくセットなどが盛りだくさん

しかも(観光地価格に比べて断然)安い

いやー、空腹を抱えて我慢した甲斐があったなぁ

ちょっとへんぴな所にあったので、一抹の不安はあったのですが、飛び込みで入った割には、味もよくてすごくいいところでした


そして、高速に乗るかどうか悩んでいたJたんですが、

「えぇいっ、ここまで来たら下道で帰ろう

と結局高速には乗らず、福島から自宅まで運転してくれました。

食事や休憩を入れて、合計7時間のロングドライブ

いやー、お疲れ様でした~


ゆーとりんが生まれてから初めての2泊旅行。

あまり予定を詰め込まなかったので、すごく余裕のある楽しい旅となりました。

まだゆーとりんの記憶には残らないかもしれないけど、のちのち写真やビデオを見ながら思い出話をしてあげたいです。

そしてゆーとりんにも

「あぁ、こんな記憶に残らないような頃にでも、こんな風に祝ってくれたんだなぁ」

と思ってもらえたらいいなぁと思うのでした。


~ゆーとりん、2歳の誕生日記念旅行。これにておしまい~


誕生日記念旅行~2日目~

ぐっすり眠って今朝はみんなスッキリお目覚め

お天気のほうも台風一過。

ものすごーくいいお天気で、むしろ暑くなりそうな予感・・・

しまった帽子持ってこなかったよ~。


ペンションで朝食を済ませ、10時ちょっと前にチェックアウト。

オーナーさんに記念に、と頼まれペンション前で写真撮影

そこでゆーとりんが置いてあった昆虫館のちらしを手放さないのを見て、オーナーさんが

「虫好きなの? うちでも夏の間中ずっとカブトムシ飼ってたんだよー。よかったらあげましょうか?」

と言ってくれたので、ありがたくいただくことに。


オーナーさんに別れを告げ、本日の目的地へ。

今日訪れたのは

サファリパーク


那須サファリパークで~す。


自分達の車でも入れるし、レンタルもできるのですが、無難にバスに乗ることにしました。

案内のおじさんがとってもおもしろい上に、動物と話が出来るんです

暑くてぐったりしていたり、夜行性なので朝はのんびりしている動物達に向かって

「ほらっ、こっち来い こっちだよ バスの後ろまでずーっと行け」

などと、独特のなまりで大声を出すのですが、そうすると動物達がちゃーんと言うことを聞くんですよ

さっすが~


キリンゾーンからはエサがあげられるというので、用意して待っていると、こーんな近くまで来ます。

きりん


ぞうもなつっこくて、ちゃーんとエサをくれる人の席に寄って行きます。

ぞう


しかも、鼻の穴2ヶ所ともにエサを入れてもらうまで離れないという(笑)


家では「ぞうっ」「きっ(きりん)」「がお~ぅ(ライオン)」と連呼しているゆーとりん。

さぞかし近くまで来る動物に喜んで、エサをあげるかと思いきや・・・


超・ビビリまくり(^_^;)


大泣きして、座席を逃げ惑うゆーとりん

せっかく連れてきたのに・・・

でも、バスが動き出すと一生懸命動物達に向かって

「ばっばーい、ばっばーい

と手は振っていたんですけどね


バスの乗車は約1時間で終了。

バス前にて


正直園内では他に行くところもすることもなく・・・

サファリパークを後にすることにしました。

いやー、でも滞在時間の割にかなりお金はかかっちゃったなぁ

入場料がペンション割引で結構安くなったものの、それでも1人1900円。(本来は2600円)

バスの乗車賃が1人1000円。

動物へのエサ代が1000円。

そしてバスの乗車前に撮ってくれた記念写真が1枚1000円・・・


うーん、おそるべし観光地


まだ午前中だったものの、今夜の宿泊地は福島なので、お昼ご飯を食べてそのまま移動することにしました。

入ったレストランはテラス席があったので、せっかくなのでそこで食べることにしました。

お天気もよくなっていたし、緑がきれいですごーくいい雰囲気でした。

ロッキングチェア


こーんなロッキングチェアなんかまであったりして。

でも、お金のことばかり言いたくはありませんが、食事もかなりの観光地価格

まぁ、おいしかったし、ゆーとりんも珍しくたくさん食べたのでよしとしますか。


那須を後にして、途中で大きな100円ショップに寄り、カブトムシの飼育道具一式を買い込みました。

なんだかんだ他にもドラッグストアやスーパーに寄ったりして、一般道だけで福島に向かったので、結局着いたのは6時になっちゃいました。

今夜の宿は福島市内の飯坂温泉

宿は本当に昔ながらの・・・という感じのところでしたが、食事はボリュームたっぷりでかなり堪能できました。

そして、お楽しみの温泉

Jたんも普段の疲れを温泉でゆっくり癒してもらおうと思ったのですが・・・


とにかく熱い!!


源泉掛け流し温泉とのことなので、かなり期待していたのですが、熱すぎちゃって入るどころじゃない

その温度、なんと60度

まさに熱湯地獄風呂

えー、みんなどうやって入ってるの

それとも、この熱いのに入るのがいいのかしら?


ゆーとりんは露天風呂の暗さを怖がって大泣きして、お湯の熱さでも大泣き。

結局入れませんでした


気を取り直して、90年前からあるという大理石の家族風呂に行ったのですが、ここも熱いのは一緒。

おまけに、かなり狭い

シャワーは逆にあったかくならないし、水量も少ない・・・

大きな声じゃ言えないけど・・・ちょっとガッカリ。


邪道ではありますが、湯船に水を入れてなんとか入れる温度にして、やっとつかることができました。
(すぐに源泉が流れてくるので、ご心配なく)

でも、ゆーとりんはすっかりお風呂に嫌気がさしてしまったようで、ぐずるのですぐに上がっちゃいました。


お風呂に入る前にJたんがカブトムシの寝床を整えてくれたので、ゆーとりんはじーっと観察

興味津々


まだまだ怖いもの知らずなのか、いきなりつかんで持ったりしてもへっちゃら平気。

カブトムシ


本物が見られてよかったねぇ

ふぃんしゅんも久しぶりに間近に見るカブトムシが珍しくて、一緒になってしばらく眺めていました。


さて、昼間はサファリパークの動物達にビビリまくっていたゆーとりん。

泣いてばっかりであまり楽しくなかったのかな???と思いきや、そうでもなかったようです。

夜になってからも、大興奮で今日見たことを一生懸命話していました。




楽しい珍道中もいよいよ明日で最後。

明日はどんな1日になるのでしょうか?

つづきはまた・・・


ついに2歳!~誕生日記念旅行・1日目~

本日、ゆーとりん2 歳の誕生日を迎えました~

1歳のお誕生日にディズニーランドに行ったのが、ついこの間のことのようなのに・・・

全くもって早いものです。


さて、今回は誕生日記念ということで、2泊3日の旅行を計画いたしました~

が、2・3日前から迫りくる台風

結局当日も朝から暴風雨

そういえば、ゆーとりんが生まれた2年前も台風だったっけ。

ここまで雨は降っていなかったけど、風がものすごかったよなぁ。

つくづく9月7日は台風に縁があるのね


結局、急ぐ旅でもなし、暴風雨の中出て行くこともなかろうと家でぐだぐだすることに。

そうこうするうちに、なんとか暴風雨域も過ぎ去り、いつの間にか雨もほとんどやんできました。

もうお昼近い時間でしたが、ようやく遅い出発です。


最近せっかくしゃべるようになったのに、なかなかビデオが撮れない・・・と悩んでいましたが、ハッと思いつき、車中で撮ってみる事にしました。

思惑通り、チャイルドシートに座っているため、ふぃんしゅんに近づいてくることもなく、バッチリ撮ることができました~

せっかくなのでちょっと長めですが、2歳最初のゆーとりん画像をご覧ください。

ふぃんしゅんの声がバリバリ入ってて、かなり恥ずかしいですが

しかも、どうもビデオ本体で再生する時よりも、ゆーとりんの声が小さくて聞きづらい・・・残念。




さて、出発が遅かったものの、平日だからか、はたまた台風直後だからか道路は空いていました。

お陰でものの1時間半ほどで目的地の那須に到着。

今日の行き先は、SLランド

雑誌の広告に載っていたのですが、そのページだけ破って何度も眺めているほど気に入っていたようなので。

思っていたよりちゃちぃ小さい施設でしたが、台風直後にも関わらず、駐車場には結構な車の数。


でも、まずはお昼ご飯

これも併設されている、その名も『蒸気機関車』というところで食べることにしました。

店内に線路が敷かれ、お料理をミニSLが運んできてくれるとの触れ込み。

蒸気機関車


さぞゆーとりんも喜んでくれるだろうとは思っていましたが・・・

興奮しすぎてご飯を食べず!! (>_<)


自分達のご飯だけでなく、他の人のところにも運ばれていくため、SLに釘付け

SLが引っ込んだ後も、線路沿いでずっとスタンバイ。

他にも店内には模型の展示や、動く子ども用のミニ機関車などがあったので、それらに気をとられっぱなしで食事どころではなかったようです。

ゆーとりんにご飯を食べてもらうには、いい環境じゃありませんでした

結局ここにいる限りはご飯も食べないだろうと根負けし、ミニ機関車に乗せてあげました。

ミニ機関車


1度止まった後も「もう1回、もう1回」とせがみ、キリがないので抱えるようにして退散

かなり泣いて抵抗されたのですが、

「もっといっぱい電車が見られるよ」

となだめすかし、隣のSLランドへ。


ところが、入ってみると電車の展示はせまーい1階のほんのちょっと

正直、レストランの方が展示や乗り物は充実してたんじゃないのって感じでした。

それでもたくさんの電車が並ぶパノラマ展示が、ちょうど動き出すところだったので(1時間に1度)見ることができました。

模型の前で


ふぃんしゅんにとっては拍子抜けなところでしたが、ゆーとりんはやはり大興奮。

このパノラマから離れようとしませんでした。


建物の2階はトリックアートなどのふしぎ体験ができるところと、なぜかリカちゃん人形の展示。

3階はもっと不可解なことに、3Dのお化け屋敷でした


そんなに長時間いたわけではなかったのですが、もう夕方になったので、他は回らずそのまま今日の宿へと移動。

今日の宿は、子連れ歓迎のペンションです。

『こっこクラブ』の「子連れ歓迎の宿」特集に載っていたぐらいなのですが、実は父親の勤め先の福利厚生と提携していて、普通より安く泊まれちゃいました

お客さんもあと1組しかいなかったので、貸切風呂も好きな時に入ることができたし、かなりゆったりのんびりできました。

あ、もちろん夕食もおいしかったです

ゆーとりんはどうせ食べないのに料金がかさむから・・・と頼まずにふぃんしゅん達の取り分け。

その代わり、バースデーケーキを丸々用意してもらいました。

ケーキ♪


歌を歌って、いよいよ練習の成果を見せる時が来ました

というよりも、ろうそくに火をつけた瞬間から

「フーッ、フーッ」

と吹き消す気マンマンだったゆーとりん。

歌い終わるまで一生懸命制止して・・・さぁ、どうぞ!!

消せました

『フーッ』

1度では消せなかったものの、見事に自分でろうそくを吹き消すことができました~。

ゆーとりん、お誕生日おめでとー


さて、ゆーとりん、初ケーキのお味は・・・?

初ケーキ

『あーん』

・ ・ ・

微妙・・・

『・・・うーん』


やっぱり甘いものは苦手なようです・・・

珍しいですねぇ。


ふぃんしゅんとJたんで一生懸命ケーキを食べた後は、すぐ横にある遊び場で少し遊び、お部屋でのーんびり。

ロフト付きのお部屋だったので、ゆーとりんはそれが珍しいのか何度も上って遊び、その内疲れたのか眠っちゃいました。

台風のお陰で最初はどうなるかと思われましたが、無事に初日は終了。

ゆーとりんも楽しんでくれたみたいだし、よかった。よかった。

でも、まだまだ旅は続きます。

つづきは、また・・・


虫も好き

乗り物全般に加え、最近ゆーとりんが夢中なのが恐竜昆虫

いや~、男の子街道まっしぐらって感じですね。

100円ショップやコンビニで昆虫のおもちゃを買ってあげたら、もう夢中です。

クワガタ


お風呂上りにも、こんな風に自分の上に乗せて遊んでるし。


調子に乗って、片付け用も兼ねて虫かごまで買っちゃいました

虫かごも


おもちゃなんだけど、なんとなくそれらしく見えるのがおもしろい。


でも、実はふぃんしゅんは虫が大の苦手(>_<)

その内、本物を持ち込まれるかと思うと・・・ゾッとします~


大ピンチ!!

やばい、やばい、やばいっ!!


何がやばいって、今まさに近づいてくる台 風です。

明後日はいよいよゆーとりんの誕生日

実は、何を隠そう誕生日記念の旅行を計画しているんですよね。

台風のことなんて、これっぽっちも頭にありませんでした。

今回のコース取り、どうやら台風と共に移動しそうな気配・・・

あぁ、どうなることやら


確かにゆーとりんが生まれた日も台風だったっけ・・・

まさに嵐を呼ぶ男

でも、はっきりいってはた迷惑~

晴れを望むのはもう無謀なのは分かっているので、せめて外出ができる状況であって欲しいです。


負けたっ!

ゆーとりんがお昼にパンを食べていた時のこと。

パンを持ったままふぃんしゅんにまとわりついてくるので、周り中がパンくずだらけ。

「もーうっ座って食べなさーい散らかってるでしょっ」

と怒るふぃんしゅん、全く気にしないゆーとりん。

ふぃんしゅんが立ち上がると座っていた座椅子もパンだらけ。

となりながらハンドクリーナーを持ってきて、

「もうっ、何これっ

と言った時、ゆーとりんが真顔でひとこと。


「パン!」

と・・・

確かにそりゃそうだ

その淡々とした言い方、そして納得の答えにふぃんしゅんも思わず笑っちゃいました。

いやー、今回は負けましたわ


ちなみにゆーとりんが何かやらかした時、ふぃんしゅんが

「もーうっとか「あーあっと言ってると、そっくりその口調を真似します。

「『あーぁ』って、自分がやったんでしょー

と言いつつ、ついつい笑って脱力です。


だってーん!

最近のふぃんしゅんの朝の仕事。

まだ寝ぼけているうちに「め」とメガネを手渡され、メガネをかけるとお次に手渡されるのがプラレールの箱

寝ぼけまなこでプラレールを組み立てさせられ、ゆーとりんはご機嫌で朝から新幹線を走らせています。

新幹線は3両編成なのですが、それをくっつけて欲しい時には

「がったー、がったー(合体)」

と言います。


そして、プラレールを組み立てるのはカーペットの部屋のせいか、脱線しやすいんですね。

そうすると

「だってーんだってーん(脱線)」

と大声で呼びます。

あぁ、これも字面では伝わらない微妙なイントネーションで面白いんですけど。

文章だと限界がありますね。

そういえば私が子どもの頃は、母親がラジカセでテープに私の声を録音していました。

大きくなってから聞いて結構嬉しかったんですよね。おもしろいし。

もう少し映像や音でも残してあげたいんだけど・・・

というか、問題は本人ですからねぇ


さすがはなちゃん!

今日も午後から両親が用事があって出かけてしまうということなので、子守要員としてはなちゃんも泊まっていってもらいました。
(妹も仕事)

はなちゃん、小学3年生ですが実に面倒見がいい

ゆーとりんも遊んでもらってご機嫌だし、結構安心して任せられて、ふぃんしゅんかなり助かりました


2人が遊んでいる時のひとコマ。(実際はふたコマ(笑))

はっけよーい

はっけよーい


のこった!

のこった!!


お得意のお相撲です。


総ルック

夜はみんなで近くのお寿司屋さん(ただし回ってる)に行きました。

一応、ささやかながらゆーとりんのお誕生日祝いです

主役はいつも通りいくら軍艦を。

そして、今日はエビフライもたいらげていました。


家に帰ったところで、記念写真を

総おそろい


お気づきでしょうか

なにげに全員おそろいのTシャツなんです~(笑)


やっちまったなぁっ!!

って感じですね

半分シャレで揃えちゃったのですが。

あ、もちろんこの格好でお台場に行ったわけではありません。

怖すぎる

でも、Jたんと子ども達はおそろいで行きました。

茶色軍団


ゆーとりんはノリノリでした。

りゅうくんも同じ色だったので、まるで兄弟のよう。

誰が本当の親子か分からない状態でした。


ばぁばがプレゼントに絵本を買ってくれ、あとは一緒に買いにいけないからとプレゼント代をくれました。

プレゼント


どうもありがとうございます


ちなみにこの乗り物絵本はパズルになっています。

たった4~8ピースのパズルではありますが、最初っから上手にはめていったのでビックリ

たぶん、子どもは写真や絵柄にとらわれず、形そのものを見て判断しているんだろうなぁと思いました。

やっぱり子どもの能力は無限大ですねぇ。


激戦の地へ・・・

今日は実家への里帰り。

と言っても昼間は両親とも仕事や用事があっていないので、夜まで妹一家と遊ぶことに。

「で、どこ行くー」

と言ってもなかなか決まらない。

姪甥のはなちゃん・りゅうくんにとっては夏休み最後の週末ということもあったので、なんとか楽しそうなところを探したかったのですが・・・

結局無料で入れる科学館に行くことにしたのですが、その場所はお台場・・・


科学館に着いてみても、なんと付属の駐車場がない

目の前にある駐車場は1日1500円のところ。

普段は1日1000円のところしか停めたことないし、そこから買い物したり遊んだりできるところまでは、ひじょーに遠い。

なので、中間地点になる駐車場を求めてさまよったものの全然なく、思わず飛び込んだところは時間制のところ

まぁ、ここに至るまでふぃんしゅんとJたんとの間で激しいバトルが繰り広げられたのですが・・・(笑)

本気のケンカなんかじゃないんですけど、子ども達はビビり、妹は真剣に「もうやめなよー」って心配してました。

リクリエーションのようなもので、全然大丈夫なのよ~


で、結局その駐車場から科学館は歩ける距離ではなかったので、普通にメガウェブやヴィーナスフォートでウロウロ

うーん、何しにきたんだろう・・・

元々妹一家は『お台場冒険王』の西遊記関係のアトラクションに行きたかったみたいなので、そこに行ってみることにしました。

1200円もの入場料を払ったところで、なんと妹達の目的のアトラクションの整理券は終了したことが判明

外の他のブースもめちゃくちゃ並んでいて、何もできそうにない

せっかくお金を払ったんだから、何もしないのもねぇ・・・とフジテレビの社屋の方に行ってみると・・・

なんと会場の24Fまで行くエレベーターが長蛇の列!!

なんとエレベーターに乗るだけで40分待ち

なんじゃ、こりゃ~

もちろんゆーとりんがおとなしく40分も列に並べるとも思えないので、ここで妹達とは一時別行動に。

かといってふぃんしゅん達が遊べるようなところもなく・・・

ふと見ると、階下に展示ブースがあるというので、せめてそこを見てみることに。

誰がいるわけでもなく、何かができるわけでもなかったのですが・・・

まぁ、とりあえず『笑っていいとも』のゲストになってみました。

いいとも!


その後、下りのエレベーターでも30分待ちだった妹達と無事合流し、へとへとになって家に帰りました。

Jたんがポツリと

「ここ(お台場)はいいことないなぁ・・・」

ともらしてました。

確かに、いっつも混んでいてえらい目に遭ってるのについつい懲りずにきちゃうんですよねぇ

次こそはもっと計画的に、空いてる時に行くぞー

(っていつも言ってる気がする・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。