Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


女装!?

今日のゆーとりんの格好。

女装!?

『いやん』

ワンピース着せちゃいました

と言っても、むかーしやっちゃったみたいに、女装をさせたかった訳じゃぁありません。

ただ、このお洋服がかわいかったので、チュニック風に着せようかなー?と思ったので。

でも、やっぱり男の子ですよねぇ。

いくらポーズを取らせて、何枚写真を撮ってもどうしてもガニマタ風になっちゃうんですよね

ついでにブルマも履かせてみました。

ブルマも


本人は「パンツ、パンツ」と結構お気に召した様子。

まぁ、このまんまお出かけもできないので、結局こんな風に落ち着きました。

どう?

『やっぱりおまたスースーは落ち着かないよ・・・』


スポンサーサイト

ロングサイクリング

今日はお天気もよかったので、いつも行くショッピングモールに自転車で行ってきました

ただ読んだだけではお分かりにならないとは思いますが・・・きっと知ってる人から見ると結構な距離なんです

なにせ、片道50分

学生時代から自転車漕ぎ力(なんじゃそりゃ)には自信のあるふぃんしゅんですが、今の私ではとても無理だろうとJたんなんかはタカをくくっていました。

でも、まだまだイケる

結構私にとってはなんでもない距離でした。

ただ道路が狭かったり、ダンプカーがガンガン通るような道路だったので、ゆーとりんを乗せてると怖かったですね

わき道を見つけてなんとか無事にたどりつけましたが。

もう少し道路状況がよければ、もっと早く着けましたね

帰りは帰りでゆーとりんが自転車に乗ったまま寝てしまい、これまたゆっくりと漕いだので1時間近くかかってしまいましたが・・・

これからもお天気がよければチャレンジしたいところですが(交通費も浮くし)寒くなるので、ゆーとりんがかわいそうかも

****************************

さて、つい先日いよいよイヤイヤ期に突入したゆーとりんですが、本人の名誉の為に書き添えておきます。

ブロックで叱られたのが応えたのか、元々いろんな感情を長引かせない性格のせいか、結局そんなにひどいイヤイヤにはなっていません。

あの次の日からは、寝かせようとする気配を察すると、自ら

「ゆうと、ねんね。プッター(英語で習ったお片づけ)」

と言いながら率先してお片づけをして、電気も消しておとなしく眠ります。

「○○してちょうだい」「○○しちゃダメだよ」

などと言うと

「はーい」

と、とってもいい返事をします。

もちろん、湯船からあがりたくなくて「まーだ」というのは相変わらずだし、時折(こっちが)訳も分からずかんしゃく起こすこともありますが、そんなに困ったことにはなっていません。

****************************

そして、ゆーとりんの英語成長記。

この間キッズカフェでの英語体験をした時に教わったCD。

それをかけ流していたら、音楽を流していない時に突然歌いだしました

と言ってもABC~の後は曖昧で飛んでしまうのですが、QRSから先はほぼ完璧に歌います

アルファベットも最初に教わった「Y」がよっぽど印象的だったのか、いつでもどこでも見つけては

「ゆうと『Y』

と叫んでおります。

ただ、「お名前は?」と聞いても「ゆうと『Y』とYが付くようになっちゃいました・・・

自分の名前の他のアルファベットはなかなか覚えようとしなかったのですが、最近急に「T」「O」も覚えて、言い出したので驚かされました。

でも、まだひらがなは全然覚えてもいないのですが・・・

形的にアルファベットの方が記号みたいで覚えやすいんでしょうね。

まぁ、日本人なんだし、自然にひらがな・日本語は身についていくだろうから、いっかと思ってます。

(と言いつつ、ちょっと焦ってサボっていた絵本読み聞かせを日課にしようと思ってます)


予防接種&ブロックに夢中

行こう、行こうと思いつつも、いざ行こうとすると鼻たれ小僧に変身してしまい、なかなか行けなかった予防接種

今まで大きな病気ひとつしたことのないゆーとりんなので、なんとなく今年も乗り切りそうな気もするのですが・・・

裏をかいてドドーンと重いインフルエンザにかかっちゃうのもかわいそうなので、一応受けておくことにしました。

いつも行く小児科は、他の予防接種は予約ナシでいつ行ってもいいのですが、インフルエンザだけは予約制。

事前に問診表を取りに行き、日付も決められちゃうので、思いつき派のふぃんしゅんとしてはちょいとイマイチ。

ためしに家から一番近い病院に電話してみたら、今年から11月中までは予約はいらなくなった、ということなのでそのまま直行

ここは小児科ではないのですが、結構ちゃんとしたキッズスペースがあるので、ゆーとりんはもう夢中

他に子どもがいなかったこともあり、独占状態ですべり台やおもちゃで遊びまくっておりました。

そして、なんとここに例の英語体験でゆーとりんが夢中になった積み木まであったのです

でも、今日の反応はイマイチ・・・

クリスマスに買ってあげようと思って、高いんだろうなーと思いつつも調べたら、思った以上に高かったので(1万5千円)今日のこの反応なら買わなくてもいいかな・・・


待ち時間は長かったものの、ずっと遊べていたので、ゆーとりんが不機嫌になることはありませんでした。

いよいよ名前を呼ばれると(苗字なのに)

「はーい

と元気よく返事をして、靴もはかずに1人でパーッと診察室に向かうゆーとりん。

うーん、これから何が待ち受けているか知りもせずに・・・

まぁ、元々今までの予防接種や診察でも、ほとんど泣いたこともなかったので、たぶん大丈夫かな?

そして、いざ本番。

出がけに会ったななちゃんママに「インフルエンザの注射は痛いんだよー」と言われていた通り、痛いというよりもかなり長い時間針を刺していました。

でも、とっても優しい先生や看護士さんに励まされ、

「いたい~、いたい~

と言いながらも、最後まで泣きませんでしたエライぞ。

ご褒美にシールももらって、ご満悦

あと1回、がんばれ~

**************************

家に帰ってからは、昨日届いたしまじろうのブロックに夢中

遊びたいあまりに、お風呂やご飯も拒否する勢い

なんとかなだめすかしながらお風呂に入り、あがった後は着替える間も惜しんで遊んでおりました。

しまじろうブロック

『できたよー』

教えた訳でもないのに、様々な物に見立てながら

「もっしー」(電話)
「きりん」


などなど作っていました。

中でも一番のお気に入りは・・・

おだんご

おだんご!!

丸いブロックを3つつなげて、

「おだんごー、おいしーねー」

と言いながら食べるマネまでしていました。

ゆーとりん、お団子食べたことないのにねぇ

しかも、お団子といえば3つと分かってるところも不思議です。


まぁ、とにかく今回もまんまと思惑通り、しまじろうの魅力に取りつかれたゆーとりんなのでした。

楽しいよ

『楽しいよー』


ついに到来!

ちょっと前に『ゆーとりんは遊んでいる途中でも、お片づけというとちゃーんとお片づけします

なーんて褒めたばかりだというのに・・・

ついにゆーとりんにイヤイヤ期(反抗期)がやってきてしまったようです


お風呂で湯船につかっていて「そろそろあがるよー」と言っても

「まーだまーだ

夜、遊んでいて「もう寝るからおかたづけだよー」と言っても

「まーだまーだ

夕べは本当に絶叫しながら泣きわめき、とうとう自分でかたづけることはしませんでした

もともとあんまり泣きが長引かないゆーとりんなのですが、この時ばかりはかなり激しく、しまいにはヒックヒックとしゃくりあげてました。

もちろん「かたづけしないんだったら、もうこれでは遊ばせないよっもう明日からはないからねっ

と言って隠してしまいました。

ちなみにブロックだったのですが、今日はもうその存在すら忘れている模様

ブロックの『ブ』の字も言わずに、しれ~っと他の物で遊んでおります


いやはや『魔の2歳児とはよく言ったものです

もともときかん坊というか、困らせん坊だったので、これ以上ひどくなることはあるまい。

イヤイヤともあんまり言わないし、ゆーとりんはこのまんまなんだろうなー。

なーんて思っていたのですが、やっぱり甘かった

みんなと比べるとやや遅めではありましたが、しっかりゆーとりんにもイヤイヤ期は訪れてしまったのでしたー。

・・・これから大変だわ


英語教材体験

今日は、とある英語教材の体験に行ってきました。

これはゆーとりんがやっているこどもちゃれんじの会社が出した、新しい英語教材なんです。

英語教室に通いだしたとはいえ、たった週に一度30分

いくら決して安くない月謝を払っているとはいえ、これで英語がペラペラになるなーんて事は毛頭思っておりません

家でもCDやDVDで英語になるべく触れる機会を作ってあげたいけれども、(英語が苦手な)自分じゃ何を選んでいいもんだかサッパリわかりません

でもゆーとりんは結構テレビの英語番組やDVDも夢中になっているので、この興味はそのまま伸ばしてあげたい

そんな時に舞い込んだこのチラシ。

結構前から見て「いいなー」とは思っていたのですが、いかんせんケタ違いにお高い

さすがに毎月幼児教室と英語教室の月謝を払ってくれているJたんに、この金額をぽーんと出せとは言えません

という事で、実物を見せ、ゆーとりんのくいつきぶりを見せ、懐柔しようという魂胆で・・・


ところがどっこい、ゆーとりんが興味を示すのは一見英語とは関係なさそうな積み木。(これも教材の1つです)

ネフ社の積み木

(画面左のがそうです)

とにかくひたすらこの積み木で遊んでおりました

一応キャラクターの出てくるショーではそちらに一瞬気を取られたものの、やっぱり一番は積み木でした・・・

pipi



でも、中身としてはCDやDVDも充実しているし、しかも一度に届くのではなく、毎月のお届け。

英語が苦手な保護者向けにフォローが万全であることもアピール。

そして、ゆーとりんがくいついたおもちゃなども、教材でたくさんついてきます。

一見英語に関係なさそうでも、遊びながらちゃーんと英単語やセンテンスが身につくように工夫されているとか。


ゆーとりんをいとも簡単に夢中にさせたしまじろうの生みの親ですから、ふぃんしゅんとしても結構信頼している会社なんですよねぇ。

金額的にも、今までにあった有名どころの英語教材に比べれば格段に安いんですよ。

ただ、一括で払うには痛い出費

スポンサーのJたんは、内容云々よりももう金額だけで拒否

「教室に通って、その上教材まで必要ない買うならどれかやめなさい」

ととりつくしまもありません。

まぁ、無理もないですけど・・・

でも必要ないってことはないと思うんですよね。

家で英語に触れることが重要ってことも、だいぶ実感してますし。

あぁ、これぐらいへそくっといてポンと出せる甲斐性がふぃんしゅんにあればよかったんですけどねぇ

でも、冷静に考えれば、これだけの教材をゆーとりんと一緒になって使いこなす自信は・・・ふぃんしゅんの性格上確かにありません

とりあえずは、地道に市販の絵本やDVDで頑張って、2年後に始まるしまじろうのおやこ英語あたりからでもできればなぁ・・・と思っております。
(たぶんこっちの方が総額でも安い気もするし)

あ、あとせめてゆーとりんを夢中にさせた積み木でも、クリスマスあたりにプレゼントしてあげようかなぁなんて。


ハロウィンパーティー

今日は通っている英語教室でのハロウィンパーティーがありました

土曜日ということもあり、Jたんも初めて教室の様子を見に行くことに。

まぁ、元々一緒に行くつもりでしたが、今日は台風が近づいてるらしく、すごい風雨

車で送ってもらわなければ、とてもじゃないけど行けない状態でした


さて、ハロウィンということで、この日の為に、ふぃんしゅんは頑張って衣装を・・・

作ったのではなく

一生懸命オークションやネットで探してGETしました~

正直、この催しだけに使うには、かなーりお高い出費でしたが、
実はこの衣装、もう一度盛大に使う予定があるので、思い切って買ったのです。

という訳で、今日のゆーとりんの仮装はこちらっ

プーさん♪

プーさんでーすっ!!


しかーし、ゆーとりん、家で試着の段階から

「いんなーい、いんなーい」

と完全拒否

本番でも、半ば無理やり着させて、何度か脱ぎかけたのを、ごまかしごまかし・・・

でも、パーティーが始まったら、やっぱり自分が着ているもののことなど忘れて夢中になっていましたけどね。


今日は先生方も仮装していて、ダンボールで作ったフランケンの口からお菓子を取り出したり、

かぼちゃのくす玉のようなものをみんなで順番に叩き、それが壊れたらまた中からお菓子が降ってきたり・・・というようなゲームをしました。

ゲーム


その後は、ぬり絵をしたり、ハロウィンにまつわるアイテムの切抜きを貼ったりしながら、色や物の名前のお勉強。

お絵かき


でも、ゆーとりんにとって1時間半は結構長丁場でした

正直教室も狭いので、10人程度とはいえ、子ども達でぎゅうづめ。

ゆーとりんは、何度も何度も脱走していました


最後にみんなで記念撮影


記念写真


ゆーとりん、普段は日本人の先生に教わっていますが、外国人の先生に対しても、全く抵抗感はナシ。

結構小さい子は怖がっちゃったりする子も多いそうなのですが。

この時も、外国人の先生に抱っこされて、ふぃんしゅんやJたんとは違う高いお鼻をつかんでは大はしゃぎしていました

衣装を拒否したり、脱走してばかりのゆーとりんでしたが

「楽しかった?」と聞くと

「うん」

と一応うなづいておりました。

来年にはもう少し分かるようになってるかな?

(でも、それにしても会場が狭すぎ・・・


食べちゃった

ドラゴンフルーツなるものをいただきました。

サボテンの実らしいです。

見たことや聞いたことはあるけれども、ふぃんしゅんも初体験

見た目がかなりインパクトあるので、食わず嫌いのゆーとりんは欲しがらないだろうと、堂々と目の前で食べようとしてみました。

すると・・・「寄こせ、寄こせ」と催促し、奪うようにして自らスプーンですくい始めました。

ドラゴンフルーツ


食べたら「うぇーっ」て出しちゃうかなーと思いきや

おいしー


「おいしーねー、おいしーねー」を連発

そのままかぶりついたりと、ガツガツ食べ進め、結局ほとんどゆーとりんが食べちゃいました(>_<)

ほんと、果物好きだなぁ。

******************************

今日は以前参加したセミナーで知り合った方達と、キッズカフェに行ってきました

こうやってまた新たに一緒に遊べるお友だちができて、うれしいなぁ


今日は他にも団体さんがいて、ずっとおもちゃで遊んでいるので、ゆーとりんはそっちが気になって仕方ない様子。

いつにも増して、全くご飯は食べてくれませんでした

でも、ゆーとりんを野放しにするとすぐさまおもちゃの取り合いになったり、叩いちゃったりするので放すわけにはいきません。

お陰で不機嫌なゆーとりんをなだめすかしながら食事をするのは、かなり大変でした

食べ終わった後でも、ゆーとりんにつきっきりなので、結局お友だちとはろくにお話もできなかったし・・・

ほんと、安心して遊んでいるのを眺めていられるのがうらやましい

ママと子どもが安心して遊んで食事ができるはずのキッズカフェですが、ふぃんしゅんにとっては、結構大変なんです

でも、ちょっと遠いですが県内に保育士さんが見ていてくれるキッズカフェがあるらしいので、今度はそこに行こうという話になりました。

お友だちの1人が、つい最近妊娠が分かってちょっと体調が優れないらしいので、彼女が安定期になったら、車で連れて行ってくれるそうです

ちょっと期待大です。


今日行ったキッズカフェは、かわいい雑貨もたくさんあるのですが、今日はゆーとりんがひとつ目をつけてしまいました。

それは木でできた魚釣りのおもちゃなんですけど、すごくかわいい上に、木製の割には安かったので買ってあげることにしました

魚釣りおもちゃ


帰ってすぐに寝てしまったのですが、起きた今、一生懸命遊んでおります。


すっすごい!

今朝起きた時のゆーとりんの頭。

もんのすごいことになっておりました(笑)

どんな風かというと・・・

ボンバヘッド


こーんな感じ。

見事なボンバーヘッドですねー(笑)

鉄腕アトムサリーちゃんのパパか・・・

(って両方古すぎっ

髪伸びすぎなんですよね。

早く切ってあげないと


*****************************

今日はお掃除をして、テーブルも出さないままピクニック気分でおやつを食べてみました

寝ぐせも直しました

遠足気分で

『おいしーねー』

おやつはたい焼きです

*****************************

最近、「おいしーねー」「きれーねー」など、語尾に「ねー」がつくようになりました。

同意を求めるようになったのでしょうが、どうもオネエ言葉と思っちゃいます


他には、「まだー」「いーない(いらない)」など言うようになりましたが、ひとつ笑っちゃう言い方を覚えました。

それは、自分が何かをしようとしてもできない時などに、半泣き(または大泣き)で

「むりー、むりー」

と叫ぶんです。

本人は至って真剣なのですが、この言い方、結構笑っちゃうんですよね


子育て英語

今日は、キッズカフェで行われた『おやこ英語』の体験イベントに行ってきました。

日常生活で普段子どもに投げかける言葉を(簡単な)英語で話しかければ、子どもは自然と英語のシャワーを浴びることになる・・・

というコンセプトのようです。

今回はちょっとイベント仕様ということで、ハロウィンにまつわる単語でフォニックス法という発音を学んだり

折り紙でジャック・オ・ランタン(いつも見かけるあのカボチャです)を折ったり

ハロウィンの絵本の読み聞かせをしてもらいました。

他にもコンセプトに即した子育て英語も教えてもらいました。

「帽子をかぶってね」とか、「ありがとうは言ったの?」などなど・・・

確かにこれらを毎日話しかけていれば、自然と英語に触れる時間は増えるとは思うのですが・・・

やはり、英語苦手なふぃんしゅんとしては、英語でしゃべりかけるのに、どうも照れが生じてしまいますね

それに「おはよう」や「おやすみ」など日常の言葉をぜーんぶ英語に置き換えていくのにも、やや抵抗が・・・

だってゆーとりん、まだ日本語もろくに話せないんですからねぇ

英語教室でも英語教材の案内のQ&Aでもよく見かけましたが

『まだ子どもが日本語もしゃべれないうちから、英語を始めてもいいのでしょうか?』

という問いには、『耳が敏感で、外国語に抵抗のないうちに始めるのはいいことです』のように書かれてはいますが。


でも、講師の方は実際に1歳3ヶ月の息子さんに対して子育て英語を使ってるみたいなんですね。

まだまだおしゃべりはできないようですが、発音の練習している時など

「フッフッフ(F)」と、日本人には難しい発音もちゃーんとマネして自然に言っているんですよね

そして、カフェのオーナーさんの姉弟も参加していたのですが、促された単語はすぐに復唱していて、やっぱり子どもは全く抵抗感がないんだなぁと感心させられました。

早いだの遅いだの、心配だの、抵抗がある・・・なんていうのは、大人だけの思いなんですね。

とはいえ、やはり私ではゆーとりんに英語のシャワーを浴びせることは難しいです

CDとか絵本に頼ることにします。

(その方が正しい発音を耳にできるだろうし)


お名前は?

ゆーとりん「お名前は?」と聞くと答えられるようになりました

ちょっと前までは

「あっと」だったんですけどね

最近急に、ちゃーんと

「ゆうと」

と答えられるようになりました。

それ以来、自己主張する時など

「ゆうと、パン」

「ゆうと、こっち」

「ゆうと、ねんね」


と自分の名前をつけるようになりました。


ちなみにふぃんしゅんのことも、まだ「ママ」と呼ぶこともありますが、「かーちゃん」と言うことも増えてきました。


そしてひとつ訂正です。

「◎×ж▼なさーい」だったおやすみなさいが、「みーさい」になりました。

これは進歩したのか、衰退したのか・・・


朝から・・・

今日も朝っぱらからこーんなことして、ゆーとりんは頑張っておりました

うーんと

『うーんっと・・・』

プラレールの新幹線を積み重ねようとしているんです。

親バス・子バスをクリアした今、更なるチャレンジです。

でも、これは大きさもほとんど同じだし、車輪も動いちゃうし、結構難しそうなんですよね。

案の定・・・

だめだー

『だめだームキーッ


でも、投げ出さずに繰り返し頑張ってます。

うーんと


さて、今度はどうなることか・・・?

おっ

できたー!

『できたーっ!!』


似なくてよかった(^_^;)

やんちゃ坊主なので、いろんな物を散らかしがちと思われそうですが、ゆーとりんこれでなかなか几帳面なところもあったりするんです。

前にも書いたことがありますが、ふぃんしゅんが閉め切らないドアは必ず最後まできっちりと閉めないと気が済まなかったり

プラレールやおもちゃも、一度はぜーんぶ出して散らかしますが、散らかしすぎたり、眠る前などふぃんしゅんが

「はい、おかたづけー」

と言えば、「まだ遊ぶー」なんてことは言わずに、率先して片づけをしてくれます

最近は、乗り物のおもちゃ類は青いカゴ、おままごと関係はピンクのカゴに入れているのですが、それも自分で区別しながら入れています

脱がせた服も、教えていないのに洗濯カゴに入れてくれるようになってました。

その上、ふぃんしゅんがポイっとタンスの上に置いた服まで、引きずり落としてカゴに入れてくれます

床に落ちているゴミ、特に髪の毛は見逃さず拾って寄こします

ゴミ箱に向かって投げて、はずしたゴミも駆け寄って捨ててくれます

ちょっと小姑の匂いもしますが。

・ ・ ・ 。

というか、これはゆーとりんが几帳面というより、明らかにふぃんしゅんに問題がありすぎなだけでは・・・

まぁ、確かにふぃんしゅんはA型とは思えないぐらいのズボラ

片付けもとても苦手です

ゆーとりんは私に似ず、几帳面なキレイ好きのようでよかったです

きっといいおムコさんになることでしょう(笑)


親バス子バス

ゆーとりんが遊んでいる時、しきりに

「バスバスピーポー」

と訴えるので、そちらを見ると・・・

こーんなことしてました

親バス子バス


これを見て、まるで『あの歌』のようだなぁなんて思っちゃいました。

ご存知ですか?

親ガメの上に子ガメを乗せて~ 子ガメの上に孫ガメ乗せて~

ってやつです。

さしづめこれは『親バス 子バス 孫パトカー』ってとこでしょうか(笑)

ほんと、おもしろい遊び方を自ら編み出すものですねぇ。

ご満悦

『うーん、我ながらうまく積んだなぁ』


ありがとう

つい最近のこと。

何気なく何かをゆーとりんに取ってあげて

「はい、どうぞ」

と言ったら、「あっと(ありがとう)」と返されて驚きました。


よその人とのやり取りで、何かもらったり、してもらったりした時でも

「ありがとうは?」

と促して言わせている感があったのですが、自主的に言われたのは初めてだったので。

偶然かたまたまかと思ったのですが、この間実家に行った時も母親に言ったらしいんですね。


なんというか「ありがとう」って、対人においてとっても大切な言葉だと思うんですよ。

それをいつの間にか、自然に言えるようになったということが、とってもうれしいなぁと思ったのでした

****************************

他にもだいぶ日常的な挨拶をゆーとりんなりに口にするようになりました。

でも、はっきり言ってなんと言っているのか微妙です

「○#ж%まーす」  「おはようございます」「いただきます」「いってきます」が全てこれです。

そして何故か「ごちそうさま」もこれなんですよね。

なんで語尾に「まーす」がつくのか疑問です。

「まー」  「ただいま」

「$×!◎なさーい」  「おやすみなさい」


まだふぃんしゅんが言うから復唱している部分も多いですが、こういった挨拶を自然に言えるようになってほしいものですね。

でも、挨拶をするのはいいことなのですが、ゆーとりんなかなかの頑固者。というかこだわりが強いみたいです。

電車やバスから降りた後は、絶対に手を振って「ばいばーい」と見送るまで、てこでも動きません。

それからお向かいがお店やさんなので、いつもどなたかがお店にいるのですが、お客さんがたくさんいて忙しくて気づいてもらえない時でも、一生懸命挨拶をして、気づいてもらうまで動こうとしないのもちょっと困りますね


とーたんは?

ゆーとりんなりにいろんなことを吸収してきて、ポツポツと言葉も覚えた今、結構唐突に脈絡もないことを話し始めることが多くなりました。

話している言葉や内容は確かに間違ってはいないんですけど、一体なんのスイッチでその事を話し出すのかが結構不思議なんですよね

前に書いた突然「はなー、りゅーちゃーん」と呼ぶのもそうなんですけど。

ここのところ毎日のように突然話し出すのが

「とーたん、かいちゃ、でんちゃ、がったんごっとんーって」

というセリフ。

1ヶ月ほど前に、1週間夜勤をしていたJたん。

昼間ゆーとりんが起きている時に、いつもいないおとーたんがいる。でも寝ている

ということで、その頃はいつでも「とーたん、ねんね」と言っていたんですけどね。

でも、その頃お散歩がてら駅まで見送りに行ってたんですよ。

そして「お父さんは電車に乗ってお仕事に行ったんだよ」と教えたのを、その時には何も言わなかったのに、最近急に話し出すようになったんです。

こういうのがまさに、『最初のうちは自分の中の引き出しに言葉をためて、それがある日突然あふれだす』ってことなんでしょうね。


Jたんは知らないでしょうが、こんな風に毎日ゆーとりんはおとーたんのことを話しているのですよ

******************************

おニュー


新しい冬用の帽子を買いました。

ふぃんしゅんもおそろいです

基本的に帽子が似合わないふぃんしゅんですが、かろうじてこのキャスケットだけは大丈夫なんです。

しかも、この帽子のキャッチフレーズが『伝説の小顔リブニット』

小顔に見えるんなら買うしかない~と衝動買いしちゃいました


ぐりのうちへ

今日はふぃんしゅんの学生時代のお友達、ぐりのへ遊びに行ってきました。

ぐりのところには、小学校1年生のことちゃんとゆーとりんの1歳上のりょうくんがいます。

ゆーとりんに2人の名前を教えると、すぐに覚えて一生懸命

「ことちゃーん、りょーくーん」

と呼んでいました。

でも、なぜか「ことちゃーん」の後に「ワンワンうーたん」がセットでついてくるんです。

最初、お部屋のどこかにワンワンやうーたんの本とか何かがあるのかと思っていたのですが・・・

そうです。ワンワンやうーたんが出てくる『いないいないばぁっ』の女の子の名前も『ことちゃん』

ゆーとりんは「ことちゃん」と呼ぶたびに、その『いないいないばぁっ』を思い出していたんですね


こっちのことちゃんは年齢的にも実際にもさすがにお姉ちゃん

ゆーとりんの面倒もよく見てくれました。

ところが、男同士で年齢も近いりょうくんとは、バトルの連続

りょうくんは立派なトーマス機関車セットを持っているのですが、それがゆーとりんの目に留まらない訳がありません

3人で


しかも、りょうくんは無類のトーマス好きで、ゆーとりんが

「シュッシュッ、ポッポー」

と言うと

「違うのっ、ゴードンなのっ

と「汽車」という言葉でひとくくりにされることすら許しません

でも、ゆーとりんとおもちゃの取り合いになって、ゆーとりんが何度も叩いたりしても、泣きそうになりながらも、一度として反撃はしませんでした。

やっぱり、おにいちゃんなんですねぇ

おしゃべりもかなり上手になっていたし、ゆーとりんも来年にはこんな風におにいちゃんになっててくれるのかしら?

帰りには、今日の目的であるりょうくんのお古をたっくさーんもらってきました。

ほんと、重いぐらいで

お昼もごちそうになって、こんなにお洋服ももらって、ありがたやありがたやです


Jたん不在

相変わらず仕事が忙しく、ほぼ毎日午前様のJたん。

休日は起き上がることができません

今日も一度起きて朝ご飯を食べた後、速攻意識を失っていました

ゆーとりんがまとわりついても、踏んづけても起きる気配はナシ。

(後で聞いたところによると、全くわかっていなかったらしい・・・)

しょうがないので、またもやゆーとりんと2人でお出かけしてきました。

2人っきりというのもしんどいので、妹に連絡を取ったところ子どもたちは実父に預けて、新しくできたデパートに行くというので、便乗することに。

本当は、はなちゃんとりゅうくんがいてくれたらよかったんですけどね。

ゆーとりんは普段家にいても、突然

「はなー、りゅうちゃーん」

と何度も何度も呼びだすんですよね。

よくはなちゃん達と一緒に行くショッピングセンターに、ふぃんしゅんと行っても

「はなー、りゅうちゃーん」

と姿を探します。

ほんっと、それだけ2人のことが好きなんですよねぇ


でも、妹に会ったらちゃんと「まぃぃ~(まりりん)」と言ってました。

何気に一番認知してもらえていなかった妹でしたが、ようやく名前を呼んでもらえるようになって喜んでいました。


肝心のデパートは、ふぃんしゅん達が特に心惹かれるようなショップもなく、ひやかし半分にぐるーっと回っただけでした。

でも、洋服を見ているとしきりにゆーとりんが

「きゅーじゅうきゅーじゅう

と言うんですよね。

妹は「」という顔をしていましたが、実はこれ、ゆーとりんの服のサイズでふぃんしゅんが「90センチ」と言ってるのを覚えちゃったみたいなんですよね。

知ってか知らずか、着替える時も服を出すと

「きゅーじゅうきゅーじゅう

と言います。


歩き疲れたところで、ゆーとりんも眠ってしまったので、そのまますぐに実家に向かいました。

着いてしばらくすると、父とはな・りゅうが帰ってきました。

3人が部屋に入ってきた時のゆーとりんのテンションといったら・・・

本当に

ッキャーーーーッッ

と叫んでたぐらいで

みんなに思う存分遊んでもらえたので、Jたんの不在を埋めることができました。

今月は恒例の実家お泊りがないので、今日みんなに会えて遊んでもらえてよかったです

夕方になり、ようやく目覚めたJたんに迎えに来てもらい、実家を後にしました。

家に帰ってからもゆーとりんは余韻にひたるかのように、ずっと

「はなー、りゅーちゃーん」

と言い続けておりましたよ


おばさんかっ!!

ゆーとりん、またいつの間にか変な行動を覚えていました。

例えば「どっちにする?」というような質問を投げかけると

「えっとー」

と言いながら、頬に手を当てて小首をかしげるんですよ

おばさんかっ


その様は、まさに

おばさんかっ!!


と突っ込みを入れたくなります

これも、どー考えてもふぃんしゅんはそんな風にしたことがないのに・・・

ほんと、どこから吸収しているのか不思議でたまりません


見立て遊び

ゆーとりんが、最近成長したなーと思うこと。

誕生日に買ってもらった文字積み木

この文字をぜーんぶ覚えちゃった

なーんてことでは全然ありません(^^ゞ


ふぃんしゅんも全然ちゃんと教えていないので、ゆーとりんはすっかり普通の積み木として遊んでおります

でも、その遊び方が前より進化したんですよね。

自分でドミノのように並べて倒して遊んだり、

横にながーく並べて「でんしゃっ、ガッタン ゴットンー」見立て遊びをするようになったんです。


今日も一生懸命、積み木(普通の)で色々作っておりました。

見立て遊び

作品を前にご満悦~

一番右は船で、真ん中のが電車だそうです。


いつの間にか、そういった物のイメージを覚えて、それを自分で再現しようとするようになってたんですね。

当たり前の成長なんでしょうが、あんまり「見立て」のことは意識していなかったので、ちょっと驚いちゃいました。


またもや口マネ

この間、『ゆーとりんがふぃんしゅんの口マネをするようになったので、下手なことは言えない』という記事を書いたのですが。

今度はふぃんしゅんが叱る時の口調をマネするようになっちゃいました

そういうのって、女の子に多いんだと思っていたんですけど・・・

ゆーとりんは何度注意してもコップに手をつっこんだり、よそ見をして飲み物を飲んだりしてこぼすことが多いんです。

そういう時、ふぃんしゅんは

「あーあっもーーーうっ

って感じで言うのですが、それをそっくりマネるようになっちゃいました。

ふぃんしゅんが叱っている時はもちろん、ふぃんしゅんの目が届かないところで何かやらかすと

「あーぁっ、あーぁっ」

と言いながら駆け寄ってきて、自己申告

「あ、何かやったんだな」と分かりやすくていいんですけどね。

でも、これって自分でも「ヤバイ、やっちゃったって分かってるってことですよね?

ヤバイと思うことなら、やらないでくれ~


カレーパンマン

昨日は長くなったので書きそびれましたが、ゆーとりんだいぶ歌遊びが上手になりました

ひとつは野菜の歌遊びで、もうひとつはアンパンマンです。

トントントントンひげじいさん~の替え歌で、アンパンマンのキャラクターをやっていくんですね。

アンパンマンのアニメは見たことがないので、なじみはないのですが・・・

物は知らないなりに、やっぱり歌に合わせて手遊びするのが楽しくって覚えたようです。

その中でもカレーパンマンがお気に入りなんです

トントントントン カレーパンマン むぎゅ~

と言いながら、ほっぺをつまんで引っ張る、というものなんですけどね。

ちなみに、この歌遊びの様子をビデオに撮ろうと思ったのですが、あえなく失敗しました

とりあえずカレーパンマンのお顔の写真だけ撮れました~。

カレーパンマン

『むぎゅー』

鼻水たれているのは、ご愛嬌


相変わらずです(;_;)

今日はクラブ(幼児教室)の日。

夏休み明けの2週はお休みしたので、復帰後3回目です。

先々週、先週ともゆーとりんにしてはおとなしく、もめ事も起こさず、先生が

「お母さんのお膝のうえー」

と言えば、ちゃーんとふぃんしゅんの膝の上に座って、配られるものを待ったり、歌遊びをやったり。

先生にも「ゆうちゃん、ちゃーんと座ってておりこうだねぇ」なーんて褒められたり。

おぉ、2歳になってやっぱり少しは成長したのかしらん

とホッとし、周りのお母さんも他の子の方が出歩いたり騒いだりしているのを見て

「あら、あの子(ゆーとりん)はおとなしくしてるじゃない?」

的な目で見てる感じだったのですが・・・


ところがどっこい!

やっぱり、そう簡単にゆーとりんが成長するわけはなかったのでした

今日のゆーとりんは、やっぱりいつものゆーとりんで、いきなりお友だちを押してみたり、
片づけで袋にしまうおもちゃを「自分がこれをしまうんだ」と、取り合う始末

一体何人のお友だちをなぎ倒してしまったことか・・・

ふぃんしゅんが気をつけていてもこれですからね・・・

やっぱりまだまだ野放しにはできそうにありません


こんな状況で、まだ後期が始まったばかりだというのに、もう来年度のお話をされました。

来年からは『親子分離』でのクラスになります。

でも、新規入会の方や、すぐに離れるのが難しい子たち向けに、まだ親子一緒のクラスも設けるとのこと。

今の状況では、とてもじゃないけどゆーとりんだけでクラスに置いておくのは心配

先生が「どっちにしようか、または他にも悩んでる方は声かけてくださいねー」とおっしゃってたので、帰りに早速相談してみました。

率直に「うちはこんなだし、1人にすると何をしでかすか分からないし、先生や他のお子さんに迷惑をかけるんじゃ・・・」と言ったのですが、先生は

「親子分離クラスではスタッフも増やしますし、もちろんそういったことには注意をしていきます。いけないことをしたら、ちゃんと叱りますし。迷惑ということは全くありませんよ」

と言って下さいました。

まぁ、もちろん口が裂けても

「確かにそんなあばれん坊では・・・迷惑ですね」

なーんて言う訳がないのですが

それに「お母さんがいないと、お子さんなりにちゃんとしたりするものですよ」と言われて、なるほど、そうかもと納得。

そういえば、何度か一時保育を利用しているけれども、特に問題は起こしていないみたいだし、安心して預けちゃってましたしね。

幼児教室の先生もプロなんですし、幼稚園前にそういった場をどんどん経験して、社会性を学んでいく方がゆーとりんにとってはいいのかなぁ、と。

そうそう、クラブにはゆーとりんの他にも元気いっぱいの男の子がいるんです。(ゆーとりんよりも4ヶ月ほど早く生まれてます)

でも、ゆーとりんと違って元気よく出歩いたりはするけど、お友だちに手を出したりすることはないので、安心していられるからうらやましいんですけどね。

だけど、その子もちょっと前まではお友だちに手を出したりしていたし、今でも手を焼くことはあるそうで。

そのお母さん曰く「でも、いつまでもこのまんまじゃないって信じてるからと。

なるほどー。私もそうあって欲しいものですが・・・

今は正直ゆーとりんの行動に悩みはつきないし、この『今』がヒジョーに長く感じていますが・・・

きっと将来的には「あぁ、そんなこと思ってたっけー」と懐かしく思える時がくるんでしょうね。


英語教室の様子

英語教室に通い始めてから、1ヶ月が経ったゆーとりん。

慣れてきたのか、まだなのか微妙なところです

最初に先生が「手をつないで大きな輪を作ろう(もちろん英語)」と言っても拒否

でも、歌の時にそんなには暴れなくなりました・・・
(そういう基準かい)


ABCの歌の時も、貼ってあるアルファベットを叩きにいくようになりました。

でも、終わった後もそのハンマーで遊びたがり、泣きます

かと思えば、先生のput it away(おっかたづけー)」の歌で、しぶしぶではあるものの、返したり片付けるようになりました。

家でも片付ける時には「プッター、プッターと口ずさんでおります。


そして英語教室は「ボールで遊ぶところ」だと思っているようで

いろいろな物の絵を貼ったボーリングのピンを、ボールで倒してその物の名前を復唱していく、ということをやっているのですが・・・

教室に入った途端に、ボールを取れと要求

先生やふぃんしゅんが「後で」と言っても聞かず、授業にならない

結局先生も根負けして、授業の順番を変更してくださる始末・・・

そして、ボール投げに夢中になって復唱もしたりしなかったり・・・


だけど、この単語を復唱するぐらいならともかく、他は結構高度な文章でペラペラと話しかけるんですよね。

「今日のお天気はなんでしょう?」

なーんて、ペラペラーっと言われると、ふぃんしゅんだってたじろいでしまいます

この2歳児クラスの最終目標のひとつは『先生が話している英文を理解する』なんですが、「本当にこんな高度な文章を理解させるのー」って感じです。

でも、そんな親の心配をよそに、いつの間にやら単語や歌は口をついて出てくるようになってるので、親が思っている以上に子どもは理解していってるのかもしれませんね。


久々の児童館へ

昨日、ゆうたろうくんママからお誘いを受け、ここのところで引きこもっていたので、久しぶりに児童館に行ってきました。

少しは興味を持つところが変わってるかと思いきや、やはり遊ぶおもちゃは車・怪獣・そしておままごとで、あんまり変化なし。

でも、今日は特におままごとセットに執着していて、今まで使わなかったイスとテーブルも使って遊んでました。

そしてどこで覚えたのか、おもちゃのポット(急須)で「ジャージャー」と言いながらお茶を入れるマネをしたりしていてビックリ

ふぃんしゅんはそんなことしたことないので。

まぁ、これはさすがに「いつどこで覚えたの」なんて驚くほどのことでもなく、恐らく階下の義両親のところで見たのでしょう。
(そうじゃなかったら、本当に驚きだけど


2歳になったということで、少しは周りのお友達と仲良く遊べるかと思いきや、ゆうたろうくんと車のおもちゃの取り合いになって、そのおもちゃで頭を叩いちゃいました

「貸して」の前に「ちょーだい」を覚えてしまったので、なんでも「ちょーだい」と言えば済むと思ってしまっているようです

しかも「どうぞ」も教えているのに、何かを人に渡したり、あげたりする時でも「ちょーだい」と言っちゃうんですよね

「どうぞ」「貸して」をちゃんと理解して、言葉でコミュニケーションを取れるようになれば、叩いたりすることは減っていく、と育児雑誌とかでは目にするんですけど・・・

うーん、本当にそんな風になっていくのか、現状では不安なままです


でも、ちょうど今月号のこどもちゃれんじで、そういった『社会性を学ぶ』というテーマが始まったんですね。

「かして」「どうぞ」のやり取りや、「ごめんなさい」を言えるようになる、思いやりの気持ちを持つ、などなど。

今月号ではドーナツの「はんぶんこ」を繰り返しながら「どうぞ」「ありがとう」を学ぶということで、そういう映像教材もあったんです。

すっかりしまじろうフリークのゆーとりんは、まんまとハマって、ふぃんしゅん相手に「どーぞ」と架空のドーナツを食べさせまくりです。

この調子でちゃんとお友達にも「どうぞ」ができるようになってくれるといいんですけど。


でも、難しいのが叱り方。

そうやって「かして」「どうぞ」がうまく言えない時は「親がまず子どもの気持ちを受け止めてあげてから、その場面に必要な言葉をその都度教えてあげましょう」なーんて書いてあるのですが・・・

お友だちのことを叩いちゃっているのに

「ゆーとりんもそのおもちゃが欲しかったんだねぇ」

なーんて言ってる余地はないような気がするんですよね。

実際、この時もとっさに

「こらーっ、なんで叩くのーっ」

と言いながら、瞬間的にゆーとりんの頭をペチンとやっちゃいました

その後に「叩いちゃだめでしょ」云々と言って聞かせても、ゆーとりんはもう大泣き

恐らく典型的なダメな叱り方なんでしょうねぇ

とはいっても、やっぱり育児書通りのうまい対処はなかなかできないものです。

難しい・・・


あ、話がそれまくったような・・・

児童館の話に戻して、と言っても他には大した話はないのですが。

実は幼児向けの映画上映があるということで、ゆうたろうくんママは誘ってくれていて、その映画もちょうど機関車トーマス

これなら、乗り物好きのゆーとりんは喜んで観ていられるかなぁ?と思ったのですが・・・

やはり真っ暗な場内と、ちょうど夜の雪道のシーンだったこともあって、

「こわー、こわー

を連呼。

結局、ものの2,3分で退散してしまいました。

お昼寝をしていなかったこともあり、「かえるー、かえるー」と言い出したので、結局そのまま帰ることに。

せっかく久しぶりにゆうたろうくんと、たかくんも来ていたのに、ほとんど一緒には遊べませんでした。

ほんっと、傍若無人なくせに小心者なんだよなぁ。

てへっ


下手なことは言えない・・・

よくしゃべるようになったとは言っても、まだまだ単語単位でつたないゆーとりん。

まぁ、はっきりしゃべれないのがまたかわいかったりもするんだけど(親バカ)


でも、ふと気づくと私の口調をそっくり真似ていたりして、マズッたなぁと思うこともしばしば。


ふぃんしゅんが部屋を出て行ったりすると、

「ママーッママーッ

と叫ぶのですが、それに対して

「はぁい

とかわいく応えてればよかったものの、ついつい

「あいよー」

なんて応えていたら、すっかりゆーとりんも

「いい子で待っててね」 「あいよ~

という感じで応えるようになっちゃいました。

おまけに

「○○しちゃダメでしょっ

なんてふぃんしゅんが真剣に叱ってる時でも

「あいよ~

なんて返すもんだから、ついつい笑っちゃうのですが、すぐにゆーとりんは

「『あいよ~』じゃないでしょーーーっ

と更に怒られることに


ゆーとりんが言い出すようになってから、ふぃんしゅんは一切「あいよー」と言わないようにしたのですが、もう手遅れでした・・・

本当にいろんな言葉や口調をマネするようになってるので、うっかりしたことは言えないなぁ・・・と改めて襟を正す思いなのでした。反省



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。