Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今年も終わりですね

なんだかあっという間に大晦日を迎えました。

正直、今年の後半は私の入院→出産→子育てとバタバタだったので、あまり“年末”というのを感じていないんですよねぇ・・・

大掃除をする余裕もないし。

まぁ、もう今年はしょうがないとあきらめました。

というか、元々掃除好きじゃないんで、いい言い訳ができたってなもんですが(笑)

あ、でも台所はJたんがめっちゃくちゃキレイにあちこち磨き上げてくれました。


改めて今年をしみじみ振り返って、重大ニュースを考えようとしても今年はもう

妊娠 → 入院 → まなちょんの誕生

に尽きちゃいますからね。

今年を迎えた時には陰も形もなかったまなちょんが、今はこうして存在しているというのが、本当に不思議でなりません。

来年の年末には、まなちょんは歩いていたりするんだろうなぁ・・・


なーんて、感傷に浸るのはこの辺にして、年越しそばを作ることにしま~す。

それでは、みなさんよいお年を~


スポンサーサイト

お散歩

今日は12月末とは思えないほどの暖かい、いいお天気。

せっかくなので、ゆーとりんを遊ばせてあげたいな、ということと、お買い物がてらでお散歩に出かけました。

台所用スポンジが欲しかったので、それを目的としてお買い物にでかけたはずだったのですが・・・

いざドラッグストアに入ったら、色々と大掃除関連の物で便利そうなものやらなにやら見つけて、

予定外のものをたくさん買い込んだら・・・

肝心のスポンジを買い忘れちゃいました

って、ただそれだけの話なんですけど


帰宅後は、ようやく普段どおりの掃除を再開して、がんばってみました。

産後一ヶ月ぐらいは、『掃除も手抜きでいい。ほこりでは死にません』なーんて育児書やらネットやらでも書いてあるので甘えていましたが、もう一ヶ月経ってしまいましたしね。

それでも相変わらず恥骨周辺は痛いままなので、ちょっとつらいのですが・・・

徐々に生活も戻していかないといけないし、体も治っていってくれるといいんだけどなぁ。


まなちょん、初実家

まなちょん、今日は初めて私の実家へお出かけです。

ゆーとりんの時も、今回も結局里帰りはしなかったので。

出産後の入院中以来の再会です。


妹まりりんが仕事を始めたため、はなちゃん・りゅうくんも来ることに。

それだけメンバーがそろっていれば、父親&はな・りゅうにゆーとりんを託し、

そしてまなちょんは母親に託せるだろうともくろみ、身軽になってお出かけすることにしました。

と言っても行き先はアカチャンホンポで結局私やまなちょんの必需品を買うだけなんですけど。


預けている間に、母親からメールが。

「ミルクを全部飲んでも泣き続けている」と。

これは、結構珍しい現象。

やっぱり赤ん坊なりに、いつもと環境が違うと思っているのかなぁ?、それとも私がいないから?なんて考えていたのですが。

帰宅して原因が判明。

今回置いていったミルクは最新のキューブ型ミルク

ゆーとりんの時には、まだ販売されていませんでした。

固形のミルクなんですが、溶けやすく、粉も散らばらずに便利という触れ込み。

もったいなくて家では使ったことがなかったのですが、預ける時などには持ち運びも便利だし、スプーンで量る必要もなくて、確かにこれはいい

と購入して預けていっていたのです。

よく言えば天然で、悪く言えばちょっと抜けている母親はイマイチ信用できなかったので(笑)、父親に分量の説明をしておきました。

キューブ1個が40cc分なので、3つで120cc作ってあげてくれと。

ところが、帰宅してミルクの袋を見てみると、まだかなり入っている

おかしいな?と思って中身を確認すると、なぜか1個のキューブが半分になって残されていたのです。

母親に聞いてみると

「だって3個って言ってたから・・・」と。


このキューブは溶けやすいように、真ん中に筋が入っているのですが、母親はその筋で割った分が1個だと勘違いしていたんです

簡単・便利がウリなのに、わざわざそんな包丁を使って割るようなことを、メーカーがさせるワケないでしょーーーー

要するに、まなちょんが飲まされたミルクはお湯こそ120ccだったのですが、ミルクの濃度は半分の60ccしかなかった訳で・・・

そんなうっすいミルクじゃぁ、お腹も満足できなかったのでしょう。

なので、おそらくそれが原因で泣き続けていたんでしょうね。


全く、うちの母親はやってくれますよ

でもまぁ、その昔、預けられた人になぜか2倍の濃度のミルクを飲まされ続けて危うく死にかけた私よりは、まだ薄いだけよかったのかも・・・


ゆーとりんの寝言

今日のゆーとりんの寝言はずいぶんはっきりしてました。

最初はむにゃむにゃと分からないことをつぶやいた後に、はっきり

「羞恥心のやつ・・・」 と。

羞恥心というのは、言わずと知れたクイズヘキサゴンから出たユニットのことです。

なんでこんな寝言が出たのかと言うと、まぁ元々ゆーとりんは羞恥心が好きなんですけど。

昨日の番組で、偶然ゆーとりんがハマっている『太鼓の達人』の達人、というのが紹介されていて。

それが弱冠6歳の男の子なんですよねぇ。

その子が、いっちばん難しいオニモードを難なくこなし、更にはゲーム会社にまで出向き、発売前の新しいバージョンのアーケードゲームに挑戦したのですが、

その曲が『羞恥心』だったんですよね。

全く初めてプレイする曲だというのに、やはりオニモードにして、しかもフルコンポ(1つも外さずに全部太鼓を打つこと)

そのシーンを食い入るように見ていたゆーとりん。

よっぽどインパクトがあったんでしょうね。

いやー、でも確かに私から見てもあれはかなりすごかったです。

それがたった6歳の男の子がやっているんですからね。

3年後、ゆーとりんがあんな風になれるとはとても思えない

ゆーとりんにも、太鼓とは言わないけど、何かしらひとつでも極めてほしいなぁと思うんですが、

ゆーとりん、すでにWiiに夢中で、太鼓には見向きもしていません・・・


まなちょん1ヶ月検診

クリスマスだというのに、病院での検診の日にちが限られているようで、今日がまなちょんの1ヶ月検診でございます。

受付開始時間は9時から。

でも、入院中も8時前後から順番取りに来ているパパさん達を何人も見ていたのと、激混みが予想されたので、Jたんに順番取りをお願いしました。

ところがJたん、仕事のトラブルで朝帰り

一度帰宅するには中途半端な時間だし、眠ってしまうとのことで、退社した足で一睡もしないまま病院へ。

8時前には着いてしまったのですが、それでも2番目だったそうで

受付は9時以降なのに、実際の検診開始時間は、なんと2時から

一応30分前には来るように言われたみたいですが、それにしたってずいぶん間が空いてますよねぇ


へろへろになって帰宅したJたんは、わずかな仮眠をとって、また私達を病院まで連れて行ってくれました。

1ヶ月検診
ちょっとおめかししておでかけ。
ゆーとりんも着ていた、ふぃんしゅんのお気に入り♪
まなちょんは大泣きですが



着いてみると、やはりすでに激混み

確かに同じ日に出産した人だけでも6人いたのですが、それでも同時期にこれだけの赤ちゃんが生まれていたのかと改めてビックリ。

そして結局受付の順番なんて全く関係なく、いる人からどんどん流れ作業で検診を受けていました。

朝の受付、必要ないじゃん。 このシステム、なんなんだ 


とりあえずまなちょんも、まずはすっぽんぽんになって身体測定。

体重は 3,410g → 4,865g (1,455gUP

身長は 52.5cm → 55.5cm (3cmUP

胸囲は 32.5cm → 38.5cm (6cmUP

頭囲は 33.5cm → 37.0cm (3.5cmUP


普段からなんかゆーとりんの時よりも大きいというか、重く感じていたんですけど、やっぱり結構な増加率でした。

ちょっとおでぶちゃんという感じですが、なんの指導も入らなかったので、問題ない範囲なのでしょう。

あとでゆーとりんの時と見比べてみると、ゆーとりんは1ヶ月検診で4,650gということだったので、意外と大差ありませんでした。

そんなものかぁ。 ずいぶん重く感じるんだけど


身体測定の後は、体のあちこちを触られたり、ひっくり返されたりしながらの検査。

あとは私の方の診察もありました。


幸い母子共々なんの問題もありませんでした

ただ、私はまだ骨盤の影響か、足の付け根や恥骨が痛いので、そのことを言うと

「あと1ケ月ぐらい様子を見て、それでも痛いようだったら整形外科を受診したほうがいい」

と言われちゃいました。


その後の栄養相談でも、他の看護師さんにも

「ぷくぷくしていて、順調に育っているみたいねぇ」

と口々に言われ、ようするにおでぶちゃんと言われてるんでしょうけど、まぁ出産前後のこと(母子共々の入院)を考えれば、順調でなによりでしたー


太っ腹サンタ

去年までは、あまり存在を理解していなかったので、ゆーとりんの元にはサンタさんはやってこなかったのですが・・・

今年はなんとなーく『サンタさんとかいうお父さんお母さん以外の人が、どうやらプレゼントをくれるらしい』ぐらいには分かってきたようなので、

我が家にもサンタさんがやってくるようになりました(笑)

しつこいようですが、今年はなにせ私の入院・出産があったもんで、家中のみんながなんだかバタバタしていて・・・

義両親ももうプレゼントのことまで気が回らなかったようで

そして、私達からのプレゼントも特には買いませんでした。

強いて言えば、最近のゆーとりんのハマりもの第二弾。

夏頃まではゴーオンジャーが好きだったのに、一度レッド役の人がミイラ化というか、カラカラ状態になってしまったシーンを見てから

すっかり怖がってしまい、それ以来一切見なくなってしまったんですね。

で、変わってハマりだしたのが、ゴーオンジャーよりも前に放送している

『バトルスピリッツ』 という、カードバトルのアニメなんです。

その前にやっていた『恐竜キング』が結構好きだったので、最初興味は持っていなかったのですが、ゴーオンジャーが怖くなってから、こっちの方が好きになったみたいです。

もちろんカードバトルのルールなんて理解できていないのですが、見よう見まねでカードの名前を覚えて

「○○を召還 とか 「○○の効果で破壊」

なーんて、ずっと口ずさんでいるぐらいで。

なので、ちゃんと遊べなくてもそれらしくできればいいか、とそのカードのセットを買ってあげました。
(1000円程度と安かったので)

まぁ、昔の野球カードや怪獣カードみたいなもんですね。

いろんな怪獣みたいなキャラクターが描かれたカードを持っているだけでも、うれしいものなんでしょう。

結構喜んで並べて眺めてました。


そして、肝心のサンタさんからのプレゼントは・・・なんと

任天堂 Wii !! (言わずとしれたゲーム機ですね)

3歳児へのクリスマスプレゼントとしては、どうなんだろうという話もありますが・・・

これは、まぁ今回色々とがんばった私とJたんも遊べるようにとのサンタさんの配慮なんです。
(ということにしておきます)

実際私も欲しかったので、どさくさまぎれというか、ゆーとりんをダシに使ったというか・・・(笑)


ゆーとりんは、コマーシャルを見て、ハンドルで遊べる『マリオカート』がやってみたいと言っていたので、サンタさんはそれもプレゼントしてくれました。

案の定、ゆーとりんは1人ではできないので、もっぱらJたんが一生懸命やってるんですけどね


クリスマスイブですが・・・

もう、今年はクリスマスイブも暮れも正月もへったくれもないという感じです。

ケーキも事情があって昨日食べちゃったし。

まなちょんは昼間ほとんど眠らなかったので、夜さぞかし寝てくれるだろうと思いきや、絶好調に起きてるし・・・

夕飯も特にクリスマス色のあるものでもなく、ツリーなどを飾るわけでもなく・・・

ちょびっと淋しく思いつつも、それよりもなによりもとにかく眠りたいという感情が一番かも

来年は、まなちょんも1歳になっていることだし、ゆーとりんもだいぶ色々クリスマスのこととかを理解してきているので、ちょっとがんばろうかなぁ。

とりあえずサンタさん、今年は睡眠を私にプレゼントしてください・・・


ゆーとりんのハマりもの

最近ゆーとりんがハマっているものがあります。

それは・・・

太鼓の達人!! (ゲームです)

ゲームセンターにあるアーケード用ではなくて、数年前にふぃんしゅんが購入したプレステ2用のものです。

姪・甥のはなりゅうを楽しませようと買ったはずなのが、ほとんど出番のないままお蔵入りしていたのですが、この度大復活

最初は、クリアできないだけで泣き、

「ひとりじゃ できない~」

と一緒にやらされていたのですが、今ではすっかり1人で叩き、しかもちゃーんとクリアできるようになりました。

得意曲は、『もりのくまさん』 『いぬのおまわりさん』 といった童謡系や

『アンパンマン』 『ドラえもん』 などのアニメソングや、はたまた昔のヒーロー物の『アバレンジャー』や『デカレンジャー』などです。

一番のお気に入りはちびまる子ちゃんのエンディングテーマ『アララの呪文』


でも、自分ではできない高度な曲がお気に入りで、ブルーハーツの『リンダリンダ』

ど~ぶね~ずみ、やって~」(歌い出しの歌詞)

と、しょっちゅうJたんにリクエストしてます。

ふぃんしゅんもJたんもリズム感はイマイチなのでへたっぴなのですが、ゲームとはいえ小さい頃からやっていれば、ゆーとりんはリズム感よくなるかしら?

なーんて、ちょっと期待


ムリムリまなちょん

※ きちゃない話なので、食事時の方、その手の話がお嫌いな方はご注意を




昨日はおしっこの話でしたが・・・今日もまなちょん、やってくれました

赤ちゃんだというのに、すでに便秘気味と言うか、毎日は出ないんですよねぇ・・・

ちょっと心配していたのですが、その分出す時がすごいんです

今日は、ちゃんと出た日だったのでオムツ替えをしていたのですが・・・

おしりを持ち上げて拭いていると、その拭いている先から

ムリムリッとお次が・・・

慌てておしりを拭いているコットンで受け止めて拭き取ると、またもやムリムリッと・・・

それを拭いていると、まだまだムリムリッと

結局4、5回も続けて出てきたんです。

その様子はかなり見ていておかしかったのですが、状況的には軽くパニック状態です

すでに汚れたオムツは横に外してしまっているので、新しいオムツや洋服を汚すまいと受け取るのに必死

そして、拭き取ったものもかなりの量なので、汚れたオムツの上もてんこもりで今にもあふれ落ちそうだしっ。


こういうのって、本当は誰かと分かち合いたいものなんですが、もちろんJたんはいないので、1人笑い&独り言になってしまうところですが・・・

そこに登場するのがゆーとりん

ものの見事に 「う○ちしたでしょー(笑) いっぱいでたー」 とつっこんでくれます。

相手がゆーとりんでも、そういうちょっとしたことをすぐに聞いてもらえたり、見てもらえたりするのはなんだか嬉しいもんです

まだまだ表情もあまりなく、言葉をしゃべるわけでもない赤ちゃんの相手を1人でしていると、孤独を感じがちですが、ゆーとりんのお陰で結構楽しくやっております。

あ、もちろんこういう小ネタを提供してくれるまなちょんもかわいいですがね


飛ばし屋まなちょん

2人目の男の子だからという慢心からか、結構やられちゃってるんです。

おしっこ飛ばし

もうすでに4回も。

ゆーとりんの時は、滅多にというか、ほとんどなかったんだけどなぁ。

あ、でもまりりんは最初で最後のう○ち飛ばしの犠牲者になってましたけど(笑)


特に、今日の沐浴後のおしっこ飛ばしはすごかった

まぁ、ちょっとヌードを撮っておこうと思った私もいけなかったんですけど。


それはそれは見事な弧を描いて、まるで噴水のように離れたところに着地してました。

あまりの見事さに、バスタオルなどでガードするのも忘れて、思わず見入ってしまったぐらいで

それを見ていたゆーとりんも大笑いで

「おしっことばしたでしょーっ」

と、思いっきりまなちょんにツッコミを入れてました。


よっぽどおもしろかったのか、その後もオムツ替えのたびに

「おしっことばさないでよねぇ~」

なんて笑いながら言っています。


私ももう少し手早くやらないとなぁ・・・

飛ばし記録をストップさせるべくがんばりまーす


おめめランラン

今日も今日とて、まなちょんは夜になると眠ってくれませーん(>_<)

昼間はいきなり4時間ぶっつづけで寝てたのに・・・

夜の10時近くの授乳から、全く眠る気配がありません

でも、夕べもほとんど眠っていない上に、昼寝もしていない私。

もう眠気が限界で、Jたんに託してウトウト。

それでもウトウトしかできませんでしたけど。

「今日は大丈夫。任せておけ」

と引き受けてくれたJたんもさすがに限界になったみたいなので、今は選手交代です。

とことんつきあってやろうじゃないの、とスリングにまなちょんを入れて、こうしてパソコンに向かっています。

スリングに入れると、とりあえず立ってなくてもおとなしくしてくれているし、何より両手があくのでラクチン

でも、普通の赤ちゃんはスリングに入れると気持ちよくて眠ってしまうもんなんですけどねぇ・・・

まなちょんは、おとなしくはしてくれているものの、おめめはランランと輝いていて、全く眠ってくれる気配がありません。

そして、眠ったとしてもベッドに置くと、また起きて泣いちゃうんでしょうけど・・・


でも、どっちにしてもまだ授乳間隔は3時間。

3時間といっても、飲み終わってから3時間じゃなくて、飲みはじめから3時間なんですよね。
(病院がそうだった)

前に比べれば、なんとか飲む時間も早くなってきてはくれたのですが、それでもなかなか出ないげっぷのために、がんばって立て抱きしていたりするので、

結局オムツ替えなども含め、なんだかんだ1時間ぐらいかかっちゃうんです。

そして、眠ってくれたとしても(授乳開始から)2時間から2時間半ぐらいで起きて泣き出すので、実質私が眠ったり、何かできる時間はほんの1時間足らず・・・

ほんと、なんで夜になると眠ってくれないのーーーー

Jたんなんかは、「昼間寝すぎなんじゃないの」というのですが、まだ0ヶ月の赤ん坊なんて、

飲んで眠るのが仕事だし、まさか昼間起こしておくようなことはまだしなくていい月齢だと思うし・・・


まぁ、開き直って通販で売り切れていた商品をネットやオークションで探してみることにします。

こうしてるうちに、もう次の授乳になっちゅんだろうなぁ・・・


ゆーとりんのおにいちゃんっぷり

前に、ゆーとりんがワガママになって困っているというようなことを書きましたが。

その反面、まなちょんの事に関しては、とっても助かっているというか、いいおにいちゃんっぷりを発揮してくれているんです

妊娠中から特にやきもちも焼かず、赤ちゃんがえりもせず。

でも、実際に産まれて赤ん坊が目の前に現れたらどうなるか分からないよなぁ。

おまけに、私の長期入院もあったから、私を独占したがったり、やきもち焼いたりするんじゃなかろうかと思っていたんですけれども・・・

どうして、どうして。

まなちょんが泣けば

「おきたー? おかおがみえない みせてっ」

とせがみ、顔をのぞきこむと

「おはよー。 ゆうとおにいちゃんだよ~。 おにいちゃん、ここにいるからね~」

と呼びかけて一生懸命にあやしたり、

「あかちゃんに ごほん よんでくれるー(“あげる”の間違い)」

と本を引っ張り出して、一緒に横たわって本を広げたり。


私がちょっと手が離せなくて泣かせたままにしておくと

「もーぅ、まなとがないてるでしょー ミルクあげなきゃだめでしょーがー」

とお説教

そして、ミルクをあげる哺乳瓶も自分が選んでふたをとってスタンバイしてくれています。

授乳中に手が離せない時には、「あれ取って、これ取って」という頼みごとにも即座に応じてくれて、ほんっとーーーに助かっています。

チューもしたがるので、「おでこの上の方だけならいいよ」と言うと、それを忠実に守り、度々おでこにチューしてます。

ちゅー♡

まぁ、とにかくすごい溺愛っぷりです

ほんと、これで妹だったりしたら、将来彼氏に対して父親よりも立ちはだかる存在になってたかもしれませんねぇ


もう愛情が暴走しちゃって、顔を見たいがためにベッドの柵によじ登っていたり(レンタルなので壊されると困るー)

うっかり下の布団の上に寝かせたままちょっと部屋を出ようものなら、無理やり抱っこしようとしていたり・・・

と、ちょっと困ってしまうこともあるのですが。

でも、見えないところで意地悪するわけでもなく、純粋な愛情なんですけどね。

仲良し兄弟



私と遊びたい時でも授乳と重なると

「おっぱいおわったー? つぎはミルク?」

ミルクが終わりかけると

「もうすぐおわるー? おわったら つぎは げっぷ?」

と手順も分かった上で、ちゃーんといい子で最後まで待っていてくれるんです。


そんな風にゆーとりんがいい子でいてくれるというのに、逆に私の方が寝不足やいろんなやる事が重なってイラついてしまい、

そんな時にゆーとりんが大したことでもないのに、ちょっとやらかしたりすると、感情的に当たってしまったりしてしまうこともしばしば・・・

それは本当にかわいそうな事をしてしまっているというか、申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまいます


それでもゆーとりんは、そんな風に私に怒られながらも、泣きながら

「おかーさん すきだもん。 わらってるほうがいい」

なんて言うもんだから、ますます私は自己嫌悪に陥っちゃいます。

ゆーとりんに甘えちゃってるなぁと反省しきり。


なかなか外にも連れて行ってあげられず、かわいそうなんですが、それでも私との家遊びを楽しんでくれてるし。

暖かくなって外に気軽に出られる頃には、もう幼稚園入園が待っているので、せめて幼稚園でたくさん遊んで発散してくれればなぁ・・・と思います。


しかし、私はこの状態で入園準備やら、入園したらお弁当とか朝の用意とかちゃんとしてあげられるのだろうか・・・

周りや世間のママさん達がみんなこなしていることとはいえ、私は自信がありません

これだけゆーとりんが聞き分けよくしてくれているのに、それでもいっぱいいっぱいな私。

もっと年齢が近い兄弟の子育てをしている周りのママ達とかを、本当に尊敬してしまいます。


トイレのこと

えっと、前にようやくう○ち成功したゆーとりんですが。

案の定、次の日には見事に失敗

まぁ、そんなもんよね~とあきらめていたのですが、そのまた次の日からはもう完璧になりました~

ようやく臭いオムツやおしりとおさらばですっ

まぁ、今度は小さいながらかなりいいにおいをかましてくれるお坊ちゃんが控えているんですけどね


でも、おっきい方を教えてくれるようになったら、今度はおしっこの方をあまり教えてくれなくなりました(>_<)

ま、4月までにはまたなんとかなるでしょー。


追いつかない!

だいぶ間が空いてしまいました。

書きたい事はあったのですが、とにかくまなちょんが夜寝てくれないし、昼間はゆーとりんの相手をしたり、家事をしたりと本当に一日があっという間に過ぎていってしまってるんです(>_<)

ブログを書くヒマがあったら寝たいというのが本音です。

でも、その寝るヒマすらない状態で・・・

まなちょんの暖かめの洋服だとか、私の骨盤矯正の下着だとか買いたいものもたくさんあったのですが、

やっとこさっとこカタログをチェックし、今度はそれを他のサイトで安く売ってないかひとつひとつ調べたりなんだりして、

書いてしまうとただそれだけの事なんですが、なんだかまなちょんの世話に追われて、そんな事すらすぐにはできないんですねぇ。

今日はJたんがお休みで、やっといろんな注文を終える事ができました。

そして、なんとかこうしてブログに取りかかれた訳で。

でも、とりあえず遡って書いたとしても

「眠い~、寝てくれ~、寝かしてくれ~」

ばっかりになっちゃうと思うので

なので、今日色々とまとめて書けたら書こうと思っています。


今更ですが

ほんっとーーーに、今更でお恥ずかしながらって感じなんですが・・・(^^ゞ

ようやく、ゆーとりんが自己申告にてのう○ち成功しました~

今までのゆーとりんときたら、私が部屋を出たスキにだとか、一緒の部屋にいる時にはこっそり隣の部屋に行ったり、はたまたカーテンにくるまったりといった風に用を足していたんです。

それを見つけてトイレに行こうと説得しても、「いやだ~」と泣いてその場にふんばって動こうともしなかったのに。

抱えてトイレに連れて行って、出かかっていたのが便器に落ちた・・・という事は何度かあり、その度にほめちぎってその気にさせようと試みたのですが、うまくいかず・・・

私が入院中には、業を煮やしたお義母さんが泣きわめくゆーとりんをトイレに座らせっぱなしにしてたんだとか・・・

まぁ、私としては入園予定の幼稚園の理事長さんが「オムツはずれの事は気にしなくてもいいですよ~」とおっしゃってくれたので、

もうこれは入園後に周りのお友達の影響で外れてくれればいいや、ぐらいに思っていたんです。


それが突然、ほんとーーーに何を思ったのか突然

「う○ち!」

と言って、オオカミ少年かなぁ?と思いつつもトイレに連れて行ったら、見事に出たんです

この時もほめちぎると、今までとは違う達成感からか、本人もかなり満足げ。

「う○ちもおしえたしー、おしっこもおしえるしー、ようちえんいける?」

なんて、ちゃっかりと。


私の入院前には、30分も持たなかったおしっこの方もようやく貯めることができるようになったようで、ちゃんと教えてくれるし、お昼寝や夜寝ている間もオムツが濡れていないことが多くなりました。

まだ時折失敗もするし、なにせ大の方は今日初めての成功なので、未だにオムツマンなんですが・・・


結構ムラっけのある子なので、今日成功してもこれを機に・・・とはなかなかうまくいかないような気もしますが、とりあえずは大きな一歩です。

(かなり遅咲きですけど・・・)


寝かせて~(>_<)

眠れませ~ん

今まで割と規則正しく(?)飲んでは眠っていたまなちょんが、突然夜になってから目をランランと輝かせ眠ってくれません。

しかも、起きているだけならまだしも、ベッドに寝かせると泣くんですね~

いつもは授乳の途中で寝てしまうぐらいなのに、今日に限っては授乳しても眠りません。

Jたんは明日出勤なのに・・・

唯一、ゆーとりんだけが動じないで眠っております

おかーさんは眠いよ~。

どうしちゃったのさー

寝かせておくれ~。


明日からもこうなっちゃうのかなぁ?

勘弁して下さい


本来なら

本来なら今日が予定日だったんですねぇ。

しかし実際には、もう生後3週間近く経ってる訳で。

ここまでお腹にいたら、どうなってたのかなぁ?

もう今の姿を見てると、このままお腹の中にいられるとは思えないぐらい、大きい気がしちゃうんですけど。

未だにどうやって、この姿の赤ん坊がお腹に入ってたのか、つくづく不思議なんですよね。

さかのぼってしまえば、最初は目に見えないほどの細胞が、こうなってできあがってるのも不思議だなぁ、とまなちょんを眺めながら生命の神秘を感じたりもしてます。

もう胎動を感じなくなってるのを淋しく思ってたりもしますが。

まぁ結局は、かわいいなぁと、親バカでニヤニヤ眺めてるんですけどね

そういえば、ネットで知り合った同じ予定日の人は、まだ生まれる気配ないそうです

ほんと妊娠・出産は人それぞれなんだなぁ。


貧血検査

今日はかなりいいお天気だったので、ゆーとりんも外で遊ばせてあげないとかわいそうだよなぁ・・・

と、ゆーとりんはお義母さんに頼み、まなちょんを連れて行く事にしました。

最初ゆーとりんは、「おかーさんといっしょにびょういんにいくー」 と言っていたので、

まぁ、本来ならまなちょんもまだ外には出したくないので、やっぱりゆーとりんと病院に行くか、と思ったのですが、ギリギリになって

「こうえんにいく・・・」

と言うので、やっぱり今日はまなちょんとお出かけです。


でもタクシーの運転手さん(女性)にも、病院でもみんなに口をそろえて

「(赤ちゃんを)預けられなったの?」

と言われちゃったので、やっぱりマズかったみたいです・・・

うーん、やっぱりかわいそうな2人目・・・


さて、肝心の貧血検査ですが、採血した後に11本目の注射。

そしてまたしばらく結果待ち。


⇒つづきはこちらから・・・

ぬか喜び

今日でやっと注射も10本目。

もうこれで解放されるのかと思いきや、検査は明日との事で、また明日来なければいけません

ふえ~


しかも、もしこれでも改善されていなかったら、まだ通わなきゃいけないかもしれないし・・・

もうふらつきなどは自分では感じないので、大丈夫かなぁと思うんですけど。

ドキドキするなぁ。


笑った!

そういえば、単なる筋肉痙攣と言われてる新生児ちゃんの笑顔。

あんまりまなちょんはしません

でも、今4時の授乳の時に、寝ぼけながらなのか、何度も笑い、

しかもしまいには声をたてて笑ったんです

「カッカッカッ」
というか、引き笑いのような感じで。

声をたてたって事は、筋肉痙攣じゃぁないですよねぇ。

生後2週間ぐらいで、声たてて笑いますっけ?

でも、なんだかかわいいやら、おかしいやら

もう何か夢とか見てるのかしら?

私も寝ぼけ眼の授乳でしたが、おもしろくって、なんだかテンションあがっちゃいました


そりゃそうだ

ふぅ

時期的にしょうがないのか、私が長期間いなかったせいなのか…

ゆーとりんのワガママぶりには、ほとほと困っております。

特に口が達者になったせいか、言い訳や口答えが多くなってます。

私が叱ればすぐに

「だってさ~、○○なんだもん」

と言い訳にもならない言い訳するし。

誰が教えたのか、言葉遣いも乱暴になっていて、まさに

「お母さんはそんな風に育てた覚えはありません状態

かと思えば

「○○やってもいいですか?」

など、妙に丁寧な言葉遣いもしてたりして。

基本的に男の子を育てていると言っても、私は割と『ですます調』を使うように心がけているというか、あまり乱暴な言葉遣いはしないようにしているんですけどね。


そして、ゆーとりんも段々知恵がついてきたのか天然なのか、おもしろい返しをするようになってきました。

「これは記事にしなくては」と思うのですが、書き留める余裕もなく、すぐさま忘れてしまってます

ひとつだけ覚えているのが、私がゆーとりんを叱っている時に

「もーう あなたはなんなの

と言ったら

「○○ ゆうとですっ」

と・・・

確かにそりゃそうなんだけど、そういうことを言っているのではなく・・・

そしてまんまと笑ってしまい、怒っているのも思わず忘れてしまいました。


そういえば今日病院に行った時にもひとつありました。

入院中のお祝い膳の時、みんなと話していて『関西弁のいい先生がいた』と言っていたママさんがいたのですが、私をはじめみんなかかった事がなくて、どの先生の事なのか分からなかったんです。

でも、今日受診してすぐに『あ、この先生だ』と分かりました。

ずいぶん人当たりもよくて、子どもの事もかわいがってくれる感じで、確かによさそうな先生でした。

もっと早くからその先生にかかりたかったなぁ(笑)


で、私が貧血の注射をしてもらっている間に、その先生がなにやらカサコソやっていたんですね。

仕事の何かなのかなぁ?と思っていたら「ハイ」と、ゆーとりんに紙ひこうきを差し出してくれたんです。

ゆーとりんが黙って受け取ったので

「あれ? なんて言うの?」 と言ったら、元気一杯に

「かみひこうき!!」 と

これには先生も 「そっかー、そうだよな」と、看護師さんと共に爆笑していました。

あ、もちろんその後にお礼は言いましたよ。

そしてさすがに先生は器用で、その紙ひこうきはとてもきれいに折れていて、よく飛びました


注射もようやく明日で最後です。

10本打つという事で、十日間通うのは長かったなぁ・・・

ほんと、お陰で全く休んでる感じがしませんよ


まなちょん再検査

2人目だからというわけではなく、毎日の貧血注射で外出を余儀なくされている私。

なんだかんだ自宅でも普通に生活してしまっていて、ほんと横になっていることもありません。

相変わらず恥骨が痛くて歩行が困難な他は、至って元気になってきました。

油断してはいけないんだろうけど・・・

そしてこんなにまだ痛いのだから、骨盤のゆるみはきっと深刻

早く~、なんとかせねばーって、まだしてないんかいって感じですが。


さて、今日は私だけでなく、まなちょんもお出かけです。

生後2週間にして外に連れ出すなんて、ほんと神経質に過ごしていたゆーとりんの時には考えられませんが

でも、これも黄疸の再検査のためなので仕方ありません。


私の注射だけなら早く終わるところを、やはりまなちょんの再検査→結果待ちがあったので、かなり時間がかかってしまいました。

そして結果は・・・

退院してから5日間で、1日大体40gの体重増加とすばらしく順調だそうで、おかげで「黄疸はきれいに消えていますよ」とのこと

よかったー

これで次は1ヶ月検診だけ受ければいいそうです。


せっかく受診したのだからと、気がかりなことをいくつか相談。

ひとつは手の乾燥というか、皮むけ。

これは順調に満期(正期産のことかな?)に産まれたからであって、一度皮がむけ変わるんだそうで。

だから、なんにもつけたりしなくていいとのこと。


次は目やに。 昨日から突然目やにがすごくなってしまったんですよね。

本には心配要らないと書かれていましたが、言ってみたら目薬を処方されました。

これもそれで一安心。


最後は吐き戻し。

まなちょん、ずいぶんとミルクを飲むのに時間がかかるんです。

80~100ccを飲むのに3、40分近くかかります。

途中で力尽きて寝てしまうんですよね。

それをなんとかつついたりして飲ませているのですが。

そして飲み終わると今度はなかなかげっぷが出ない

どうしても出ない時は立て抱きしたり、ちょっと頭を高くしておいたりするのですが。

げっぷを出さない時はもちろん、出た時ですらしょっちゅう吐き戻してしまうんです。

なので、着替えもかなり頻繁です。

そして、これだけ吐いてしまっているのだからと体重の増えが正直心配だったんですよね。

でも、それは今日の結果で解消されましたけど。


で、げっぷをしても吐き戻すことを相談してみると

「母乳嫌いなんじゃないの? そういう赤ちゃんいるんです。 だから、たくさんおっぱい飲ませてね」

と言われました。

「はぁ、はぁ」

と聞いてはいましたが、正直なんだかよく分かりませんでした。

私はまだかすかにしか母乳が出ないままなので、ほとんどミルクに頼っている部分が大きいんです。

それで母乳嫌いだから吐いちゃうって、よく分からないんですけど・・・

うーん

とりあえず根気よくげっぷ出させて、あとは吐き戻し防止枕の購入を考えています。

それでもだめなら・・・

ミルク会社の栄養相談とかに聞いた方が分かりやすいかも


初めてかも・・・?

今日は退院してから初めて1日中家にいました。

産後間もないのに、毎日出かけているなんて・・・我ながら大丈夫なんか? 私。

まぁ、遊びで出歩いているんじゃなくて、通院があるからなんですけど。


で、今日は日曜日で病院もお休みだったし、Jたんも疲れていたので、出かけずじまいになりました。

と言っても私は朝から大量の洗濯物と格闘。

2回洗濯機を回し、全て干しました。

なんだかんだまなちょんの着替えが多いので、毎日洗濯はしていてもすぐにいっぱいになっちゃうんですよね。

そういえば洗濯もゆーとりんの時は、ゆーとりんのだけで洗剤も別にして回していたっけなぁ・・・

今回はみんなの分といっしょくただし、洗剤もそのまんま

あぁ、かわいそうな2人目・・・

でも、入浴時に洗面器のお湯にガーゼをひたすと、なんとなく細かい泡が浮かぶので、気泡ならいいんだけど、洗剤残りのような気がしちゃって心配になっちゃったので、洗剤だけはちょっと考えようかなと思っています。

赤ちゃん用の洗剤で大人の衣類を洗う分には問題ありませんからね。

汚れ落ちがちょっと心配だけど・・・


体を休めなきゃと言いつつも、結局はこうやって色々と動かざるをえないんだよなぁ・・・

とちょっとグチまじりで悲しく思っていたのですが、Jたんも仕事で忙しいんだからしょうがないと言い聞かせ。

それでもお昼近くになってJたんが目覚めてからは、布団も干して、二部屋をきれいに掃除しくれました。

すごく頑張ってくれるし、私にも「休んでな」とは言ってくれるのですが・・・

やっぱりなんだかんだ休んでもいられないのも事実。

うーん、なんでだろう?

ゆーとりんがいるから、という訳だけでもなさそうなんですが。

やっぱりまだまだ自分の体を過信している部分もあるんだろうなぁ。

ほんと10年後ぐらい(更年期)に後悔してなきゃいいんだけど


Jたんのお誕生日

私がいない間に義両親が教えたのかどうか、ゆーとりんがすっかり数を数えるのが上手になっていました。

前は10以上の数は、行きつ戻りつ、ごっちゃになっていたんですけど、普通に30以上まで数えてました。

そして「ゆーと3さい。 おとーさんは さんじゅーごさい

と、これまた正確に覚えていました(笑)

基本的に誕生日を迎えて年を取るのが昔から嫌なJたん。

「おとーさんは5歳だよ」

と一生懸命教えていましたが、

「ちがうよ さんじゅーごさい

と、あっさり一喝されていました

ちなみに「おかーさんは なんさい?」 と聞かれたので

「25歳だよ」 と答えておきました

ゆーとりんはあっさりと「そっかー、そうなんだー」(ゆーとりんの口癖)と納得していましたが、やはり10歳もサバをよむにはムリがありますな


さて、そんなあがきまくりのJたん。

今日は36歳の誕生日であります。

ひげづらのメタボなおじさんになっても、同居の義両親にとってはやはりいつまで経ってもかわいい息子なんでしょうね。

一応まなちょんの誕生祝いも兼ねて、ということでお寿司を取ってお祝いをしました。

毎年聞かされているJたんの小さい頃の話を、さも初めて聞いたように相槌を打ちながら(笑)

まぁ、私は結構容赦ないんで、時折は「あぁ、○○だったんですよね」と先回りして言っちゃったり、「前もそう言ってましたね」とか言っちゃったりもするんですけど

いや、でも私が元々短気だからだけでなく、本当にもう何度も同じ話を聞かされて、耳タコ状態ですから。

しかし、どうして親世代っておんなじ話を何度も何度もするんでしょうねぇ?

話したこと忘れちゃうのかしら?

時々出てくる新たな話を聞くのは楽しいんですけどね。


そうそう、先の年齢の話でJたんの子どもの頃の話を、珍しくJたんから聞きました。

小さい頃、義両親はそれこそ自分達の年齢を「4さいだよ」などと教えていたそうで。

5歳の誕生日を迎えたJたんは、幼稚園で先生に

「おとーさんとおかーさんは4さいだから、ぼくはおとーさんとおかーさんのとしをおいこしちゃった」

と一生懸命報告していたんだそうな(笑)

なんだかかわいい秘話でした。


今年はなんだかバタバタしてしまったので、まともにプレゼントも用意できなかったのですが、それでも昼間ちょっと外出したすきに、ささやかに用意しておきました。

中身は恥ずかしいので書きませんが(変なものじゃないですよ)Jたんは喜んでくれました。


そして義両親からは、まなちょんへのお祝い、Jたんへのお祝いをいただいた上に、私にまで

「今回ふぃんちゃんが一番大変な思いをしたんだから」 とお小遣いをくれました

いやいや、一番大変だったのは、やんちゃ坊主ゆーとりんをいきなり任されたお二人だと思うのですがっ

もちろん世話代と食費として、こちらからも包んでいたのですが、ほんとそれが意味ないぐらい返されてしまって。

Jたんもこんなにもらえないと、後で半分返すと言っていましたが。

多分、入院費用のことなども気遣ってくれてのことだったんでしょう。


でも、私へのお小遣いはJたんも「受け取りな」と言ってくれて、確かに骨盤サポーターなども欲しいので、ありがたくいただいちゃうことにしました。

ありがたや、ありがたや・・・

そうそう、今年はゆーとりんからも思わぬプレゼントが

というのも、いっつも出しているビールの懸賞があるんですけれども。

Tシャツはよく当たるものの、ぜひとも当てたい各地のグルメ賞品は一度も当たったことがなかったのです。

それが、今年初めて当たったのです

しかも、ゆーとりんの名前で出したものが。

中身は海産物セットで、期待のお肉ではありませんでしたが

というわけで、偶然ですがゆーとりんからもプレゼントが届いたのでしたー。


もう、この病院やだ!

大雨の中、病院に到着。

幸いゆーとりんのものも含めて、人数分の傘が車に入っていたので、私はそのまま病院へ、Jたんとゆーとりんは近くのスーパーに買い物にいきました。

もう5時近かったので、病院も空いていたのですが、やっぱりそれなりに時間はかかりました。

注射を終えて会計待ちをしていると、ゆーとりん達も戻ってきました。

そして会計も済ませ、さぁ家に帰ろう、と出入り口に行くとJたんが

「傘がないと。

「ビニ傘だったから、間違えて持っていかれたのかねぇ?」

「だって、ゆーとりんのと一緒に入れておいたんだよ」

なんて、会話をしつつ、私の傘を探すと・・・

な い ! んです。

私の傘まで(>_<)

何度も何度もしつこいぐらい探したのですが、やっぱりない

私のはビニ傘ではなく、一見ただの紺色の傘なのですが、開くと内側が水色で一面にプーさんが描かれているもの。

これは、ビニ傘と違って間違いようがないはずなので、明らかに盗られたってことで

結構お気に入りだったのに・・・

というか、かなり病院にいる人数は減っていて、忘れ物の傘もあるせいか、人数分以上の傘があったというのに、よりにもよって夫婦そろって傘を盗まれるなんて(>_<)

別行動をしていたので、傘立てにも全く別々に差していたのに。

ものすごい偶然というか、なんというか・・・


一応病院に「傘2人分盗られちゃったんですけど」と報告すると

「こちらで保管しているわけではないので・・・」との返事。

確かに傘の管理までしろとは言わないし、これは病院側が悪いわけではないんだけど・・・

でもかなり腹立たしいというか、納得いかない出来事です。

常日頃からマナーの悪い付き添いの人が多くて、かなり不快な思いをさせられていましたが、今度は泥棒ですよ

病院は悪くなくても、ほんとそこまで人のマナーというか常識は地に落ちているんでしょうかね


もーーー、はっきり言ってこの病院もうやだ (>_<)

早くとっとと縁を切りたいです。

元々3人目というのはあまり考えていなかったけれど、万に一つでも3人目を妊娠することがあっても、ぜーーーったいにもうここにはしたくなーーい


出生届提出してきました♪

夕べ夜勤だったJたん。

朝には帰ってこられるかな・・・と言いつつ、結局帰ってきたのはお昼近く。

昨日もあまり眠れないまま私を病院に連れて行ってくれたりして、そのまま会社に行っていたのに・・・

一体何時間労働していたんだろう お疲れ様です。

それでも2時間ほどしか仮眠を取らずに、出生届やその他もろもろの手続きをするために、出かけてくれました。

出生届の提出と言っても、紙を出して「ハイ、おしまい」じゃなく、他にも国民健康保険やら児童福祉手当てやら、乳児医療証明書やら・・・

なんだかんだ、ものすごーく時間がかかっちゃいました。

お陰でゆーとりんは飽き飽きしちゃった上に、お昼寝もしていなかったので、すこぶる不機嫌でした


でも、これでまなとも我が家の一員として、正式に認められました。

そうそう、まなとの愛称ですが。

『ゆーとりん』 に対して 『まーたん』 じゃ、あまりにもベタすぎるし・・・

かといって『まーとりん』 も 『まなとりん』 も変だし・・・と結構色々と考えていたんです。

まぁ、奇をてらうこともないんですが、やっぱりベタなものよりは、ちょいと変わっていた方がいいかなぁ・・・と思いまして(^^ゞ

というわけで、ひとつ思いつきました

『まーたん』 改め、 『まなちょん』 です(笑)

うーん、字にするとちょっと変かな?  呼ぶとかわいいと思ったんですけど。
(家で実際には呼びませんが)

変だよ~というご意見もあるでしょうが、とりあえず独自路線で突っ走ります


手続きが終わった後には、記念樹をもらいました。

実は、ゆーとりんの時にはもらっていないのですが(;^_^A ・・・

というのも、私達の婚姻届提出が10月で、その時にみかんの木をもらったんです。

その翌年の9月にゆーとりんが産まれ、出生届を出したら、やっぱりその時の記念樹もみかんだったもので「同じの2本はいらないよねぇ」ともらわなかったんですね。

今思うと『記念樹』なんだから、もらってあげればよかったかも


今回は12月の提出だから、また何か違う種類の木かなぁと思っていたら、やっぱりみかんでした

それでも、他にすだちもあったので、今回はすだちをもらうことにしました。

なんで柑橘系ばっかり?


全て終えてお次は病院に行こうとしたのですが、手続きをしている間に、ものすごい大雨になってしまってました

Jたんが一生懸命雨の中走って車を取ってきてくれ、病院へ向かいました。


やっぱり大変だけど

ようやくまーたんが退院して、初めての夜を迎えたわけですが。

やっぱり大変でしたー

それでも泣きっぱなしとかではないのでマシだとは思うのですが、きっちり3時間ごとに起きるんですねー。

で、3時間ごとに授乳と言っても、オムツ替えや授乳をしていると平気で1時間近く経っちゃうので、実質眠れるのは2時間あるかないか・・・

でも、大変だけど今はまーたんを抱っこして触れてお世話ができるのが嬉しくってしょうがないです。

入院から色々あった子なんで、その分かわいさ倍増。

まさに『愛おしい子』です

女の子希望だったけど、チ○チ○ついてたって、かまへん、かまへん(笑)

新生児パワーというか、まぁとにかく我が子だったら性別関係なくかわいいもんですからね。


でも、今日が夜勤のJたんは大変そうです。

夜も起こされ、午前中もあまり眠れずに私を病院に連れて行ってくれました。

1往復2500円かかってしまうタクシー代節約のためでもあるんですけどね


そうそう、昨日大学時代の友人あびさんから電話がきました。

その前に同じく友人のちゃことも電話で話をしていて、お祝いの話をしてくれたので、図々しくもすでに考えていたものをおねだりすることにしたんです。

友人は3人なので、3人で合わせてくれたらちょうどいいかなぁ・・・なんて。

それはソフトな素材で作られたイスなんですけど、ゆーとりんの時の食事イスはかなり失敗したので

でも、2人目なのに自分で改めて買うのも・・・と躊躇していたので、図々しくお願いしちゃいました。

実際に買い物に行ってくれるのがあびさんだということで、電話で色々と話していたのですが。

その話の中で、私がいつまでたっても股関節や恥骨が痛くて歩くのが辛い話をしたら、あびさんもそういう経験があったそうなんです。(彼女は3児の母)

そして、それは骨盤のゆるみやゆがみからきているものなんだそうで。

いつまで経っても筋肉痛が治らないのかと思っていたので、その話を聞いてものすごく納得

そして病院でも聞いてみたら、やはり骨盤のゆるみと動きすぎだと言われちゃいました

私の行動を見ているわけもないのに・・・ズバリと。

もう少しちゃんと安静にしなさいと言われたのですが、それでいて毎日注射通いしているんだから、どうしたってある程度は動かざるをえませんよねぇ。

まぁ、自宅でもかなり普通に行動や家事もしちゃってはいるんですけど・・・

やっぱりゆーとりんがいると、そうそう安静にはしていられないもんです。

こんな状態になってまで、未だに自分の体を過信してしまっている部分があるのですが、

立ち上がったり歩いたりがかなり辛いのは事実なので、早急に骨盤矯正のグッズを買わねばと思ってます。


ようやく退院

今日も今日とて、私は病院へ。

お天気もいいので、ゆーとりんを連れて行こうかとも思ったのですが、

お義母さんがゆーとりんを公園に連れて行ってくれるというので、外で遊んだほうがよかろうとお任せしました。

とは言っても

「おかーさんといっしょにいく~ おかーさんとびょういんにいってから、ばぁばとこうえんへいく~」

と泣きわめいていましたが、どうせ私がいなくなったらいなくなったでケロっとするんだから、と振り切って出かけました。

すると、病院へ向かうタクシーの中で病院から電話が

「赤ちゃんの黄疸がよくなったので、早速今日連れて帰ってください」

って、そんな突然に

ていうか、もう病院に向かってるし、着替えの用意とかももちろん持ってないし

それに今日はJたんが仕事が忙しく、明日は夜勤のため昼間は家にいるので明日がいいな・・・という話をしていたので

これらのことを伝えて、退院は明日にしてもらえないかと聞くと、

「自己都合ということで、保険が効かなくなるんですけど・・・」

との返事

仕方なくJたんに連絡すると、仕事はもう放り投げて定時で帰ってきてくれるというので、夜に出直すことにしました。


忙しくて今日は遅くなる・・・と言っていたのに、6時半には帰宅してくれたJたん。

早速退院用のお洋服セットを持って、まーたんのお迎えに向かいました。

洋服はゆーとりんのお下がりなので、せめて肌着ぐらいは・・・と、それは新調しました。

ほんと一瞬着て帰るだけなんですけど、フリルのついたお洋服に帽子。

そして、ゆーとりんの時には出番はなかったサテンぽいゴージャスなおくるみにくるんでの帰宅となりました。

ようやくまーたんもおうちに帰ってくることができました

大変だろうけれども、いい加減淋しくなっていたので・・・

ゆーとりんも熱烈大歓迎

「いいこ いいこするー」

「だっこするー」

「ゆうとがみるくあげるー」


と、とにかくかわいがり、世話を焼きたがります

まぁ、赤ちゃん帰りしたり、やきもちを焼いていじめたりするよりは全然いいですけどね。

20081203230107


とにかくこれで、ようやく家族4人がそろいました

これからしばらくは色々と大変だろうけれども、この生活を楽しめたらいいなと思ってます。


またもや病院にて

貧血の注射は10本1セットとなっているようで、ようするに10日間通わなくてはいけません

というわけで、今日も病院に行ってきたのですが、またもやこの病院でのびっくりな出来事が。

妊娠中からここの病院は付き添いの人が多い上に、平気でソファを占拠するので、妊婦さんが座れないという話を何度か書いたことがありました。

今日、注射を終えて会計待ちのために一ヶ所だけ空いていた1人掛けのソファに座ろうとしたその時

隣の1人掛けに座っていた女性(おそらく妊婦さんの母親かお姑さんなんでしょう)が、

「あ、そこ来ますんで」

って言うんです。

確かに私はもう妊婦ではありません。

が、それを一瞬でその女性が見抜いたとも思えないし、そうでなくても未だに足を引きずるようにゆっくりとしか歩けないぐらいなので、十分座る資格(?)があると思うのですが・・・

まぁ、貧血だというのは分からないとしても、普通なら妊婦だと思わないのかな?

というか、妊婦かもしれない患者さんが座るのを阻止する前に、明らかに患者じゃないあなたが立つべきなんじゃないの

って思っちゃいました

まぁ、結局私は妊婦じゃないので、「じゃ、いいです」と言ってその場を立ち去り、受付から遠い場所の方に移動した訳ですが。

でも、本当の妊婦さんが座ろうとしても、多分その人はそう言ったんでしょうね。

自分の娘さんだかお嫁さんの事を気遣っての事だとは思うのですが、他の妊婦さんの事はどうでもいいのか

と、またもや身勝手な人と遭遇して、いやーな気分になっちゃいました


そんな気分を払拭しようと、会計後にまーたんの姿を見に新生児室に行ってみました。

いつも奥の方で布団かおでこしか見えない状態だったのですが、今日は姿自体が見えない。

一生懸命奥の方を探していたら、ちょうど授乳中だった看護補助の方が私を覚えていてくれて、

『ここ、ここ』

と、ジェスチャーで今まさに授乳していることを教えてくれました。

それもなぜか窓際にいたんです。

近くにいるのがすごく嬉しくって、一生懸命顔をのぞきこんだり、写真を撮ろうとしていたら

気を利かせてくれて、顔が見えるようにベッドを逆向きにしてくれました

久しぶりにまともに顔が見られて、しかも両目を開けていたので、一生懸命手を振り、口パクで

『おかーさんだよー

とテンションでアピールしまくりました。

周りから見たらちょっと変だったかも・・・

でも、顔が見られたのがすっごく嬉しかったんですよね。

と同時に、母親と離れて一人ぼっちで病院に取り残されているまーたんがまたかわいそうでならなかったんですけど・・・

昨日の話では、だいぶ数値はよくなってるということだったので、退院は近いかなとは思っているのですが。

最初はゆっくり眠れたり、準備もできて助かるって思っていましたが、さすがにだいぶ経ってしまっているので、淋しくってしょうがないです。

Jたんも早く連れて帰りたいって言ってます。

ゆーとりんも「あかちゃんはまだ?」って待ってます。

早く家族4人そろいたいです。


本人不在のお七夜

今日でごんべくんは生後7日。

いわゆる『お七夜』の日です。

ゆーとりんの時には張り切って色紙も買って、書道が得意なJたんが墨でちゃんと書いたのですが・・・

今回はなんといっても本人がまだいない

それに名前もなんとなくゆーとりんの時のように、ビシッとはなかなか決まらなかったもので・・・

でも、ようやく名前が決まり、ごんべくん脱出です

それでは発表いたします。

ごんべくん改め、名前は・・・

愛 斗 (まなと) です。

結局実はJたんが考えて、私がピンとこなかった名前になりました

愛称はベタですが、『まーたん』にします。

『まなとりん』というのも変なので


生まれた直後の顔を見た時には、ガッツ(石松)状態だったので

「絶対これは『○太』って、「太」がつく名前だね」なーんて言っていたのですが。

そして2人でなんとなく候補にしていた名前は、音の響きというか呼びやすさは気に入ったものの、

いまいちいい漢字がなかったもので。

結局、Jたんが丸一日仕事もしないで考え、「これしかない」と意気込んだこの名前を打破するだけの名前は思いつかなかったのです。

私は元々『ゆーとりん』の時のように、伸ばす音の名前がよかったので、ピンときていなかったのですが、

退院の日にごんべくんだけ連れて帰れないと言われた時に、その小さい体を抱っこしながら眺めていて

まだ産まれたてで、こんなに小さいのに一人で病院に置いていかれてしまうごんべくんが、不憫でかわいそうで申し訳なくって・・・

無性に『愛おしい』という感情が湧き出てきたんですよね。

その時に、『愛』の字がついたJたんが考えた名前でもいいな、と自然に思えたんです。


ゆーとりんは『優しい子』になるようにという願いを込めました。

そして、まーたんは『愛情豊かな子』になってくれればいいな、と思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。