Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


水泳講習会2日目

今日は昨日とうって変わって肌寒い1日でした。

なので、カリキュラムは変更され、ほとんどの時間がホールでの運動になり、後半のほんの15分ほどだけプールに入ることになりました。

運動の内容はおそらく普段幼稚園でやっている体操の時間と同じ感じだと思うので、期せずして授業参観のようなことができて、それはそれで楽しかったです。

本当に先生方は子どもを“のせる”のが上手で、ゆーとりんもとっても楽しそうに体を動かしていました。

プールは一応入りたい子、親が入ってもいいと言った子だけが入れることになっていたのですが、

ゆーとりんは一も二もなく入ることを選択。

ものすごーく楽しんではいたのですが、なんだか1人でガタガタ震えていました

確かに寒くはあったんですけどね。

私なんかは寒かったら入りたいとは思わないんですけど、とりあえずゆーとりんはとてもプールが好きなようで安心しました。


しかし、本当に今年は夏らしくない夏ですよね。

幼稚園からもらった夏休みカレンダー。

お天気シールなどを貼るのですが雨や曇りのシールは少ないので、足りなくなっちゃいそうです


スポンサーサイト

水泳講習会開始

いよいよ今日から幼稚園での水泳講習会が始まりました。

これは、普段幼稚園で体操を教えてくれている先生達が行ってくれるもので、先生曰く

「スイミングスクールなどの水泳教室とは違います」

とのこと。

スイミングスクールには行っていないので、その差はちょっと分からないのですが・・・

まぁ、ゆーとりんはまだ年少さんですし、今後の本格水泳教室に向けて、水に慣れてくれればいいな・・・ぐらいの感じで参加しました。

従姉弟’Sの影響で、実家から帰ってきてからこっち、毎日のようにお風呂でもぐる練習をしていたゆーとりん。

お陰で、今回の講習会にもノリノリ♪

中にはやっぱりしょっぱなから泣いちゃっている子達もちらほらいましたが、ゆーとりんはニコニコと座って先生の登場を待っていました。

時間通りに先生が現れ、初日なので親向けにも簡単にお話などをしてくれ、それから準備運動に入りました。

先生は3人いるのですが、準備運動ひとつとっても、ユーモアを交えて、子ども達を楽しませながら行っていました。


今日は絶好のプール日和で、暑いぐらい

準備運動を終えると、早速プールに向かいました。

プール、と言ってもまたまた“特設プール”

思いっきり外(園庭)で、巨大なコンテナのような感じで、金属板を組み立てて作られた即席プールでした。

それでも一応幼稚園の水遊び用の組み立てプールとは別物でしたが。


特設プールなので、私達親も思いっきり炎天下で見学

おまぬけな私は、水分補給のことなど考えていなかったので、(ゆーとりんの分も含めて)明日からは絶対に水筒を持って来ようと決意。

それでも一応日傘は持って来てたんですよー。

なにせまなちょんも一緒に来ているもんで、まなちょんが日射病とかになったら大変ですからね。

(ちなみにまなちょんの水分は持ってきてました)


ほとんど泳げない+到底水着になれる体じゃない私ですが、さすがに今日のこの天気では、水遊びをしている子どもたちがうらやましくってしょうがありませんでした。

今日は初日ということで、子ども達がどれくらい水に慣れているのか、怖がらないのかを見てグループ分けをしました。

お水が苦手な赤帽子さん、ちょっとはお水が大丈夫な青帽子さん、そしてお水がだーい好きな黄色帽子さんの3グループです。

一応この時間は、年少さん、年中さん用のクラスだったのですが、1,2人ぐらいは年長さんがいまして、さすがに年長さんは慣れた感じで黄色帽子さんになっていました。

年中さん達も躊躇なく水にもぐって青帽子さん。

年少さん達は、最初ほとんどが水に顔をつけられずに赤帽子さんになっていたのですが、さすがに人数の偏りが大きかったので、おまけで青帽子さんに回された子達もいました。

ゆーとりんはといえば、顔を水につけるかどうかぐらいでいいのに、いきなりお風呂でやっていたようにもぐれたので、すぐに青帽子さんになりました。

グループ分けの後は、水慣れのために水遊びだけだったのですが・・・

先生達がいろんなおもちゃなどを投げて拾わせたり、大げさによろけるふりをして水しぶきを子ども達にかけて水に慣れさせるようにしていました。

ところが、ゆーとりんは少ない数のおもちゃの取り合いになったりして・・・先が思いやられました。


おまけに先生が怪獣だかロボットに扮して子ども達を追いかけ始めると・・・今度は急に真顔になり、今にも泣きそうな雰囲気に。

みるみるうちに表情が変わったのがはたから見てもよーく分かっちゃって、「あれは泣くぞ、泣くぞ」と、かなりおかしかったです。


講習会は全体を通して1時間ほどなのですが、ゆーとりんにとってはあっという間だったらしく、

「もっとやりたい。またやりたい」

と、かなり楽しんでいました。

この分なら明日からも大丈夫でしょう。

この講習会でどれぐらいの成長を見せてくれるのか・・・とても楽しみですね


おばけメーター

何がきっかけだったか忘れてしまいましたが、ちょっと前から我が家には独自のルールのようなものができました。

その名も 『おばけメーター』!!(笑)

ゆーとりんが言う事を聞かなかったり、悪いことをすると

「あ、おばけメーターが1コ 増えちゃった」

と、言い方悪いですけど、脅すわけで

このおばけメーター、10コになったらおばけさんが迎えに来て、『おばけゆーとりん』となって、家から出て行ってもらうという設定でして、

ビビリん坊のゆーとりんには、結構な効き目なんです(笑)

とはいえ、その瞬間は「やだーっ、ごめんなさーい。もうしませーん」と泣いていても、

結局は、ころっと忘れてまた繰り返しちゃってたりもするんですけど・・・(ダメじゃん

でも、そのビビっている姿がまたちょっとかわいかったりして、いつまでこんな手が通用するのかなぁ?なんて思ってます。


もぐれちゃった!

元々シャワーを頭からぶっかけたり、うっかり足を滑らせて湯船にドボンチョしてもへっちゃら平気なゆーとりん。

ただし、自分から顔をつけたり、もぐったりはできませんでした。

ところが

今日のお風呂で突然

「ゆーと、もぐれるんだよ。はなちゃんたちと れんしゅうしたの」

と言ったかと思うと、

『またまたー、もぐれると言ったって、どうせ自分だけができているつもりで、実際はもぐれっこないじゃん』

とたかをくくっていた私の目の前でいきなり

とぷん

と、本当にもぐってしまったではありませんか

それはそれはもう驚きました\(◎o◎)/!

今までは、水は怖がらないから、もぐれるだろうにと、私が頭を押して水につけようとしても、えへへーと笑いながらも頑として拒んでいたというのに。

それがたった1日従姉弟のはなちゃん・りゅうくんと一緒にお風呂に入っただけで、自らもぐれるようになったとは

やらせようったってなかなか難しいのに、おそらく2人が楽しそうにもぐりっこをしているのを見て、真似したんでしょうね。

それでも多分私がやってみせたって、真似はしないでしょうから、やっぱりこれは子ども同士、

しかも大好きな2人と遊んでいたからこそ出来たのでしょう。

うーん、やっぱり子ども同士の力ってすごいわぁ。

ちょうどもうすぐ幼稚園での水泳講習会が始まるので、これは多分大きな助けになることでしょう。

いやー、これで講習会もビビらないで参加できるかなー。

しかし、本当に感心しちゃいました~。


せっかく会いに行ったのにぃ~

今日は実家に行く日なのですが、地元でゆーとりんのだーい好きな仮面ライダーディケイドショーがあるというので、それを観てから行くことに。

お昼を食べてからショーを観ようと思ったので、ちょっと早めに向かったのですが、ちょうど整理券を配っていて、ギリギリ最後の方でGET。

時間になり、スーパー前のちょっとした広場ぐらいのスペースに青シートが敷かれ、その上に順番に座らせられました。

が、今日はなんてったって炎天下

シートが敷かれているとはいえ、コンクリートの上に座っている上に、人が密集しているので、半端ではない暑さ

始まる前から、汗が噴出す始末。

まなちょんも、体中から玉のような汗が浮き出ていました。

座る順番が最後の方だったのが逆に幸いして、座って程なくしてショーが始まりました。

狭いところなので、ライダーも間近に見られてさぞかしゆーとりんも喜んでくれるだろうと思っていたのですが・・・

しょっぱな登場した悪役2人の姿に、いきなり怯え、すでに半べそ

それをなんとかなだめながら観ていると、次々とライダーが登場

ディケイド&キバ  電王
ディケイド&キバ                       電王

ディエンド
ディエンド

ディケイドだけのショーだと思っていたので、これには私が大興奮(笑)

でも、Jたんはまなちょんがこの暑さの中ではかわいそうだし、キケンだということで、早々に退席。

ゆーとりんも最初の怪人登場が尾を引いているのか、全くテンションはあがらず、

それでもライダーがピンチに陥った時には、司会のおねえさんの促しに従って、必死に

「がんばれーーーーっ」

と泣きそうになりながらも、応援していました。

子ども達の必死の応援のおかげか、ライダー達の勝利

・・・って、実は私も写真を撮るのに必死で、ストーリーはさーっぱり分からなかったんですけど

随分と短いけど、暑さのせいかなー? スーツアクターというか、中に入っている人達も大変だもんね。

と思っていると、実はまだ続きがあったようで・・・

でも、ゆーとりんはもう(恐怖の)限界だったようで、

「もう、いいー。かえるー」

と泣きそうになり、私も(暑さの)限界だったので、結局途中で抜けることにしました。

でも、今度は先に抜けたJたんとまなちょんの姿が見当たらないっ

あまりの暑さに、隣のスーパーで涼んでいるのかと思いきや、見つからず・・・

しばらく周りをぐるぐる回って、ようやく2人を発見。

ショーは途中で離脱してしまいましたが、せっかくなので、スーパー内にあるゆーとりんの大好きな仮面ライダーのゲームをすることにしました。

するとうって変わってテンション

ゆーとりんにとっては、実物のライダーよりもゲームの方が数倍楽しいようです

ゲームを終えて、スーパーを出ると、ちょうどショーも終わり、握手会をしていました。

せっかくだから握手をしているところを写真に撮りたいなぁと思ったのですが、何度ゆーとりんに聞いてもガンとして拒否(^_^;)

よーっぽど最初の怪人登場が響いてしまったのか、実物のライダーたちまで拒否してしまうとは・・・

これがきっかけで、誕生日プレゼントにと考えていた仮面ライダーショー(俳優さん達のトークショーあり)に行くのはやめることにしました

たっかいお金かけて、泣かれたり怖がられたらたまりませんからね。

しかし、つくづく本当にビビリん坊ですなぁ


スタンプラリー後の話(そして何気にまなちょん8ヶ月)

さっきは長くなってしまったので、スタンプラリー後のお話はこちらで・・・


最終駅は銀座だったので、優雅にランチでも楽しんで帰ろう♪なんて思っていたのですが・・・

これまた事前にリサーチしておいた授乳室のあるところ、ということで三越に入りました。

お湯もあるので、重い水筒を持ってくることもなくて助かりました。

ソファもベッドもあり、何よりも空いていたので無事にまなちょんの授乳とオムツがえも終了。

そこでいよいよ私とゆーとりんのお昼ご飯を食べようと思ったのですが・・・

三越にはいわゆるレストラン街というものがなく、何ヶ所かあるカフェのようなものしかなくて。

なんとかサンドイッチとパスタがあるところを見つけて入ったはいいのですが、ゆーとりんが食べられそうなものもなく・・・

ところが、ラッキーなことに日替わりランチのサンドイッチの種類が、急遽マカロニサラダサンドからハム&タマゴサンドに変更になったというのを聞きかじり

(私はマカロニサラダと言われたのですが、他のテーブルの人にタマゴサンドと言っているのが偶然聞こえた)

それならゆーとりんも食べられる♪と注文。

最初その一人前で十分かと思ったのですが、意外にゆーとりんがよく食べたので、私の分としてパスタを追加注文。

サンドイッチに思いっきりマスタードが塗られていて、ゆーとりんが辛がったというハプニングもありましたが、

マスタードをこそげ落としたら、結局一人前まるまるたいらげちゃいました。

これなら例え銀座価格であっても、頼んだ甲斐があったというもんです


順調に食べ進めていたゆーとりんですが、かたや私といえば・・・

三越で借りたベビーカーにまなちょんが乗ってくれず、(乗せると泣く)抱えたままの食事。

しかもまなちょん、まーーーーったくおとなしくしていてくれないので、汗だくだし、食べられないし・・・

挙句の果てには皿をつかんで地面に落とされそうになって焦ったりと

優雅なランチとは程遠いドタバタランチになってしまいました

なんだかんだと気がつけば三越に2時間もいてしまい、スタンプラリーにかかった時間よりも長くなっちゃいました。

帰るのにも時間はかかるので、慌てて三越を後にして、またもや電車に揺られて帰宅しました。


乗ったり降りたりで相当疲れるだろうと覚悟していたのですが、ずっと座れたせいか、思ったよりも疲れず、ゆーとりんも電車で眠ることもありませんでした。

こういった企画、ゆーとりんはともかく、赤ん坊連れでは厳しいかなと思っていたのですが、意外といけちゃうと自信を持っちゃいました。

結構楽しかったので、まなちょんが大きくなる頃には、全駅制覇を目指してもいいかなぁなんて。


あ、そうそう、タイトルにも書きましたが、何気にまなちょん今日で8ヶ月を迎えました。

立っているのが好きなので、いつが境目だったのか気付けなかったのですが、いつの間にかずりばいから完全なハイハイに進化を遂げておりました。

三越の授乳室に体重計があったので、服を着たままですが測ってみたところ8.3kgでした。

あんまり増えてませんね。

動きが活発になったせいでしょうか。

このままどんどん赤ちゃん体型を卒業して、幼児体型になっていっちゃうのかな。

ちょっと淋しく思ってしまう今日この頃なのでした


スタンプラリーに挑戦!

夕べゆーとりんの好きな仮面ライダーに関してネットサーフィンをしていたところ、

地下鉄路線でスタンプラリーをしているということを発見

何せ普段滅多に電車なんて乗らないもんで、全然知らなかったんですよね。

地下鉄の駅12箇所に設置されたスタンプのうち、5つ集めると仮面ライダーのカードがもらえるということで、

夏休みの思い出作りのイベントとして、ちょっとやってみてもよかろうと、急遽チャレンジしてきました。

本当は朝から雨が降っていたので、今日はやめようかと思っていたのですが、ゆーとりんはすっかりその気になっているし、雨もやんだので、勢いで外出。

えぇ、もちろんスタンプラリーとなんてハードな(?)企画ですが、私1人でゆーとりん&まなちょんを引き連れて、です。

事前に最低限の5箇所をいかに効率よく回るかの計画を立てておき、まなちょんには出かける前に授乳を済ませて出発。

我が家から一番近いスタート駅に着いて、まずは専用の一日乗車券を購入。

ところが、開始日から1週間も経っていないというのに、すでに小児用の乗車券は完売とのこと

凄まじい人気の程を見せ付けられたって感じですね。

大人用と小児用は柄が違うので、記念に2枚共買おうかと思っていたのになぁ。

前にいた親子連れは、子どもが小学生なので非常に困っていましたが、ゆーとりんは乗車券はいらない年齢なので、小児用はあきらめて、私の分だけを購入していざスタート

5箇所だけなら、そんなにいくつもの路線を乗り継がなくても回れるのですが、最終的にカードをもらえる駅が全体の内3箇所しかなく、

しかも、私達がいけるのはそのうちのたった1箇所なので、そこを最後にする順路がちょっと面倒でした。

全工程3時間程度を見越していたのですが、乗り継ぎやスタンプ台へ行くのも意外とスムーズにいき、

最終目的駅についたのは、自宅の最寄り駅を出てから、1時間半ほどでした。

スタンプを押し終え、景品交換場所に行き、記念品のカードと冷えたオロナミンCをもらいました。

20090724231823

記念にパチリ

正直、こんなにスムーズに済むとは思いませんでした。

時間も余力もあるので、もう少し回ろうかと思ったぐらいで(笑)

でも、あと回るなら12箇所回らないと意味がなく、そこまではできないので、もちろんやめましたが。

今回、まなちょんは私に抱っこされたままおとなしくしていてくれたし、ゆーとりんも乗り換えで歩く時に文句ひとつ言わずに2人ともいい子でいてくれたのが勝因ですね


あと今回驚いたのが、どの路線に乗っても、私が2人を連れて立っていると、必ず席を譲ろうと声をかけてくださる方がいたこと。

最初から席が空いていて座った時以外、100%声をかけていただきました。

その数、実に4人。


育児掲示板で、妊婦で明らかにお腹が目立つ程度であっても譲ってもらえないことが多い、なんて意見をよく目にするし、

「子連れや妊婦は席を譲ってもらって当たり前と思うな」とか「じゃま」なんてひどい意見を目にすることもあったりしますが、

私は意外と妊婦時代からも(電車などでは)親切にしていただくことが多く、今回もこんなに声をかけてもらっちゃって、

まだまだ都心部でも、こんな時代でも、捨てたもんじゃないなぁと、つくづく人の親切が身に染みました


訂正!

この間、またもやゆーとりんが私の知らない歌詞の歌を歌ったという記事を書きました。

(こちらを参照

そこで一部、変だなぁ?と思う歌詞があり、『意味不明。ゆーとりんが間違えている可能性アリ』と書いておいたのですが、やはり正しい歌詞がありました。

 アンパンマンがお出かけする時は~

マントとベルトでしたくして~

UFOもりもり出てきたら~


の、ここです

ふざけて未だにこう歌っている時もあるので、私の聞き間違いや書き間違いではありませんでしたが。

正しくは、勇気をモリモリつめたなら~ でした。

うん。確かにこれなら納得の歌詞ですね。

しかし、元々が替え歌だというのに、更にそれを替え歌にしてしまうとは。

幼稚園児のおふざけ、おそるべし(笑)


幼稚園のお友達

この間、子ども達が幼稚園に行っている間に、ママさん達が遊びに来てくれましたが、

今日は夏休みという事で、初めてゆーとりんのお友達が家に遊びに来てくれました~。

「今日は誰と遊んだの?」 と聞くと

「みんなと」 と答えるゆーとりんですが、それでも特に大好きなお友達が何人かいまして。

今日はその大好きなSOちゃんが来てくれるということで、朝からテンションあがりっぱなし。

早朝からこっちは掃除をしたり、片づけをしたりしているというのに

「SOちゃん、もうくるー?」

と何回聞かれたことか・・・

それでも、約束の時間は午前中だったので、ゆーとりんのしつこさに私が爆発する前に、SOちゃんは来てくれました。

SOちゃんには年長のおねえちゃんと、まなちょんと同じ年の妹がいます。

我が家には女の子がいないので、女の子向けのおもちゃなんてないからちょっと不安と言うか、申し訳ないな・・・と思っていたのですが、

さすがにおねえちゃんは普段から弟のSOちゃんと遊んでいるせいか、慣れたもの。

家にあるだけのおもちゃで文句も言わずに楽しんで遊んでくれ、しかもゆーとりんともたくさん遊んでくれました。

SOちゃんママと色々とお話しているうちに、実は私と同じ年だということが判明。

団塊ジュニアということで、1、2番に数が多い学年の割には、懇親会でも同じ年の人が見当たらなかったので、ちょっと意外に思っていたのですが、ようやく1人お仲間を見つけられました♪

子どもも2人とも同じ年だし、話も盛り上がるし、随分と親近感を持ったのですが、残念ながら小学校の学区は違うんですよね・・・

もう1人ゆーとりんが好きなお友達も、どうやら学区が違うので、卒園後さぞかしゆーとりんはガッカリしちゃうんだろうなぁ・・・と、随分先の話なんですが、今からちょっと気をもんでおります。


SOちゃんは姉妹に囲まれているせいか、おっとりしたとても気の優しい子で、

ゆーとりんが半ば強引に遊びに誘ったり、おもちゃを「かして」と言いながら自分のものにしたがったりしても、「いいよ」と応じてくれちゃって、

(あぁ、幼稚園でもこうやって振り回しているんだろうな・・・) と容易に想像ができちゃって、ハラハラしてしまいました。

ゆーとりんに注意しながら、思わずSOちゃんに

「SOちゃん、なんでこんな自分勝手なゆーとりんと仲良くしてくれるの?」

と、本気で聞いちゃいました

でも、SOちゃんは特に嫌だと思っていないらしく、&質問の意味が難しかったのか、首をかしげちゃってましたが。


ママ曰く、やっぱり今まではおねえちゃんがらみでのお友達とばかり遊んでいて、

SOちゃんが幼稚園で自分で作ったお友達(=ゆーとりん)と遊びたいと言い出したのは、初めてのことなんだそうで。

ゆーとりんももちろんSOちゃんが大好きなんだけど、その想いが一方通行でなく、SOちゃんもゆーとりんのことを好きでいてくれる、ということが

私にとっては、とってもとってもありがたく、嬉しく思えました。

子ども同士も仲がいいし、ママとも同じ年トークで楽しめそうなので、これからもまた一緒に遊べたら嬉しいなぁと思っています。


まなちょん、海デビュー

今日は海の日

ということで、早くも まなちょん、海デビュー してきました~

朝早くから起こさなくても、こっちが起こされてしまったので、準備も出発もすこぶる順調。

まなちょんもグズることなく、おとなーしく車に揺られていました。

今日はアウトドアのお出かけ、暑さも予想されるので、まなちょん、マグマグもデビューしてみました。

よくよく考えたら、そろそろストロー飲みの練習もできそうなんですが、さすがに間に合わないので、今日は普通に乳首つき。

いつもは哺乳瓶を両手で抱えて飲んでいるのですが、とってつきはやはり楽なのか、余裕でこーんなポーズで飲んでおりました。

マグマグもデビュー


道中、ETC車は高速道路休日一律1000円の影響で渋滞を心配していましたが、スムーズに進み、予定通り早めに海に到着。

一昨年ぐらいに買ったまま、一度も出番のなかった簡易テントもようやく陽の目を見ることができました。

テント内にて
何気におそろいのお洋服なんですよ。


このテントは思ったよりもかなり快適で、安かった割に大活躍、大正解でした

さて、お次は水着にお着替え。

幼稚園では、もうパンツ型の水着にしているゆーとりんですが、せっかくなので(UV対策も兼ねて)ピングー水着。

まなちょんも、ゆーとりんのお下がりのくまさん水着を着てみました~。

海をバックに

やっぱりまだ小さいうちは、着ぐるみがかわいいなぁ

男の子だから、今の内だけですしね。


肝心の海は、意外と冷たく波も強くて、ほんのちょっと沖方面に向かっただけで(本当に数m)

凄まじい勢いで監視員さんが飛んでくる始末。

道理でここの海岸は空いていると思った・・・

少し離れた岩場付近だと、波にさらわれる心配もないらしくて、思う存分海に入れるためか、すっごく混んでいたんですよね。

まぁ、どっちにしてもビビリん坊のゆーとりんは、ほんの少し足に波が来ただけで逃げ惑ってたぐらいなので・・・

Jたんが膝の高さぐらいのところで海に入れたら、それはそれはもう大騒ぎ

全く海を堪能するどころじゃありませんでした。

来たばかりだと言うのに「もうきがえたい。かえりたい」なんて言う始末・・・

逆にまなちょんは、まだ怖いもの知らずなのか、海を目の前にしても全く動じることなく、足を波につけても、へっちゃら平気でした。

そのうち、周りの喧騒もなんのその、テントでぐっすりとお昼寝までしちゃいました。


まぁ、ゆーとりんもビビリながらも、帰る頃には「たのしかった・・・」とは言っていましたが。

とはいえ、一番の思い出は滅多に食べられないかき氷を食べたことだったようで、そのことをしきりに繰り返していました

そういえば、私達よりも後から来た親子連れ。

子どもはちょうどゆーとりん&まなちょんと同じぐらいだったのですが、上の子がとにかく怖がって泣き叫びまくり、

結局ちらっとも海に入れないまま、お母さんがブチ切れてしまい、そのまま帰っていってしまっていました

それに比べれば、ゆーとりんのビビリはまだかわいい方で、一応は波と追いかけっこしたり、カニをつかまえたり、砂遊びをしたり・・・

と、やっぱりそれなりには堪能できたのかもしれません。


海から上がった後は、市場にいって干物を買い、看板で見かけたレストランで遅い昼食をとりました。

『地魚の和食処』と書かれていましたが、中はとってもおしゃれな作りで、メニューも和食だけでなく、なぜかイタリアンまでありました。

Jたんはお刺身定食を頼み、私も海の幸を堪能したかったのですが、ゆーとりんが食べられるようにと、泣く泣く『エビとカニのクリームコロッケ』を頼んだところが

ただのエビフライとかにクリームコロッケかと思いきや、エビを芯として周りをクリームコロッケにした、全く想像もしていなかった代物が出てきました。

これは嬉しい誤算で、物珍しい上に、味もすっごくおいしかったです。

もちろんゆーとりんも大喜びでペロリとたいらげていました。(なぜかカニ身は避けていたけど)

デザートも20種類ほどのうちから3種類を好きに選べる盛り合わせで、これも思わず声をあげちゃうほどおいしいものでした


帰り道は、高速の乗り口が分からなくなって、かなり時間がかかってしまったようですが、私をはじめ3人とも寝てしまったので、あまり感じずに家に帰ってこられました。

まなちょんは多少泣いたりしたものの、基本的にはそんなに困らされることもなく、順調でした。

久々のまなちょん連れの遠出でしたが、存分に楽しむことができてよかったです


早起きすぎっ

夏休みに入ったとはいえ、ゆーとりんの生活はいつもと変わらず。

いや、朝に関してはむしろ早く起きすぎでしょというぐらい、早起きになっちゃいました。

今日なんて5時半ですよ、5時半!!

まぁ、昨日も6時過ぎぐらいでしたけどね。

早起きすることは決して悪くはありません。

だけど・・・

こちとら、毎日まなちょんの夜泣き(?)で何度も何度も起きていて、もう寝たんだか寝てないんだか分からないぐらい朦朧としているんだーーーっ

それなのに、何故当の本人のまなちょんまでが、ゆーとりんにつられて起きちゃってるのー

しかも、うきゃうきゃとすこぶるご機嫌で・・・

ほんっとーーーにまなちょんはお昼寝もほとんどしないし、夜中も何度も起きているのに、なんでこんなにケロッと早起きできるんでしょう???

これが赤ん坊の底力なのか

でも、こんな大人並の睡眠しかとらない赤ん坊なんて、聞いたことないぞー。

早くぐっすり寝てくれーーーー

って、ゆーとりんの時にもずっと思ってたっけ・・・

そんなゆーとりんも今では寝たが最後、まなちょんの夜泣きにもびくともせずに朝まで眠るまでになりましたからね。

いずれまなちょんもそうなってくれるんでしょう。

あと2,3年はかかりそうだけど・・・


早くも夏休み突入!

周りの幼稚園よりもかなり早く、今日からゆーとりんは夏休みに突入いたしました~

ついこの間まで、一日中ずーーーっと一緒なのが当たり前だったのに、すっかりゆーとりんのいない生活に慣れきってしまった私。

梅雨も明けて暑くてたまらないのに加えて、体力を持て余しているゆーとりん&やんちゃ坊主一直線のまなちょんと

日がな一日過ごさなければいけないのかと思うと・・・


うぎゃーーーーっ


考えただけで叫びたくなっちゃいます

案の定、今朝は2人して5時半起き。

そして脅威の体力で、ほとんど昼寝もしやしない


おにいちゃん大好きで、やたらとくっつきたがり、そして本人はそういうつもりではなくても、遊びの邪魔をしてしまうまなちょん。

それに対して

「やめてーー」 「いたいよー」 「あーっ、まなちょんがーーーっ、ぼくのつくったの こわしたーーー

と泣き叫ぶゆーとりん・・・


はぁーーーーっ。 初日っからため息ですよ。

もう、疲れた


外に連れ出そうにも、暑さに弱いふぃんしゅん。

まなちょんを抱えて、プラスゆーとりんも連れて出かける気力がありませぬ。

初日からこれでは、この長い、ながーーーーーーい夏休み。

一体どうやって過ごしたらよいのやら・・・

先が思いやられます。



ちぢんだ!?

早いもので今日で1学期も終わり。

今日は終業式でした。

午前保育なので、あっという間に帰ってくるし


1学期のゆーとりんは、一度も欠席せず、元気に幼稚園に通いました。えらいえらい。

家では、幼稚園で覚えた歌を披露してくれたり、手遊び歌を私とやろうと誘ってきたりするようになりました。


幼稚園では、給食をなかなか食べないのに遊んでいて先生に怒られたり、外遊びの時間がなくなってしまうこともあったり、

お友達とおもちゃの取り合いでいざこざを起こしたり、先生のお話を聞かずにお友達とはしゃいでいてまたまた先生に怒られたり・・・

と、まだまだ社会性が身についていない面も多々ありますが・・・

それでも、最近ではそれぞれが使いたいブロックがあって「貸したくないなぁ」と思っても、

「それじゃぁ、つくったのを がったいして あそぼうよ」

という風に、子ども達なりに折り合いをつけて遊べるようになってきたようです。


先生からのお便りでも、家や親とだけではできないような、いろんなゲーム(いす取りゲームやハンカチ落とし)を楽しんでやっている様が書かれていました。

いつもテンションが高く、楽しいことは全身を使って表したり、ゲームで負けると悔しさをにじませるといった負けず嫌いの一面ものぞかせているようです。


さて、お便りといえば、毎月の身体測定の結果も書かれています。

今まで書くのを忘れていて、先月からこのブログにも書くようにしました。

先月から今回の測定まではそんなに日が開いていなくて、大した変化は望めないと思ってはいたのですが・・・


6月 身長:95.0cm  体重:12.6kg

そして今月はというと・・・

身長:94.5cm  体重:12.6kg


・・・って、ちぢんでるや ないか~い!!   (>_<) 

5mmも縮んでいるって、どういうことですかいっ

しかも4ヶ月連続 体重変化なしだし


まぁ、あとは夏休みでの成長に期待しておきます。


またもや新説? 新歌!?

この間、私が子どもの頃に習い覚えた手遊び歌と、今ゆーとりんが習った歌詞が全然違うという記事を書いたのですが。

(『お寺の和尚さん』 記事はこちらを参照)

今日歌っていたのは、またもや私のまーーーったく知らない衝撃的(?)な歌詞でした。

その歌は、元々『リパブリック賛歌』というアメリカの曲。

こんな曲名ではピンとこないかもしれませんが、日本では教科書に載っているような曲だと

 1人と1人が 腕組めば~ たちまち誰でも 仲良しさー (友だち賛歌)


または、私が一番覚えているものとしては、

 ごんべさんの 赤ちゃんが 風邪ひいた~ とか

 おはぎがおよめに 行く時は~ あんこときなこで 化粧して~

というやつですね。


でも、Jたんなんかはこのいずれも知らないというので、そういう人には

 まーるいみどりの 山手線 真ん中通るは 中央線 

(ヨドバシカメラ。ひょっとして有名なのは、関東圏だけ???)

と言えばお分かりでしょうか


まぁ、とにかくざっと書いただけでもこれだけの替え歌がある有名な曲なんですが、

ゆーとりんの習ってきた歌は、このどれでもない歌詞なのでした。

それがこちら。


 アンパンマンが おでかけ するときはー

マントとベルトで したくしてー

UFO もりもり でてきたらー
 (この辺の歌詞が意味不明。ゆーとりんが間違えている可能性あり)

バイキンマンを やっつけろー


うーーん。すごい

しかも、出だし部分もせいぜい3文字が4文字を乗せるようなリズムなのに、無理やり“アンパンマン”なんて6文字も入れてるもんだから、かなり微妙な歌い出し。

まぁ、でも“おはぎ”やら“ごんべさん”なんて、子どもになじみのない単語よりも、アンパンマンの方がウケがよくていいんでしょうね。

しかし、こういう替え歌は誰が考えているんでしょうか???


すっとばし?

相変わらず大して進まない離乳食を、しかも毎日でもなく適当に与えられてしまっているまなちょん

今日は私がおにぎりを食べていると、かなり物欲しそうに近づいてきました。

周りの人に話を聞いたところ、2人目以降は結構離乳食も適当で、というよりももういきなり普通食を与えてしまってるという人もちらほら・・・

まぁ、そうでなくてもおかゆが苦手な子は、意外と形のあるものの方が食べたりするとも聞くので、与えても悪くはなかろうと、

まなちょんにおにぎりを差し出してみたところ・・・

いきなりガブリとかぶりついちゃいました

もちろんかじりとったりはできないのですが、それでも何粒かはちゃんと口に入り、

しかもちゃんとモグモグと口を動かして、飲み込むことまでできちゃいました。

そして、お代わりをおねだり

その後も何度も自らかぶりついては、少しずつ食べられちゃいました。

うーん、すごい。


まなちょんは成長というか、行動も早いので、噛んだり飲み込んだりといった行動も、もしかしたら早めにできているのかもしれません。

ドロドロ状のものは確かにあまりくいつきがよくないので、少し段階を進めちゃってもいいのかも。

・・・しかし、あの食いつきっぷりには、驚いたなぁ。


幼稚園ママの集い

今日は、初めて幼稚園でのお友達ママが家に遊びに来てくれることに

1人お子さんが発熱してしまったとのことで来られなくなってしまいましたが、それでも4人のママさん達が来てくれました。

子ども達を幼稚園に送り届け、家事が一段落した頃に集合。

お昼ご飯は出前を頼み、子ども達はいないということで、存分にママトークを堪能

下の子がいるのは、うちともう1人だけだったので、みんなが代わる代わるまなちょんの相手をしてくれて、まなちょんもご機嫌♪

お陰で私もゆっくりお昼ご飯を食べることができました。

今日はみんなが来るという事で、張り切って久々に手作りデザートなんて作っちゃったり

雑誌に載っていたパイナップルのミルクシャーベットです。

作り方では缶詰を使っていましたが、生のパイナップルでも生ならではの酸味がおいしいと書かれていて、ちょうど旬で安かったこともあって、生ので作ったのですが・・・

そのまま食べると十分甘かったのに、加工してシャーベットにしたら、独特の苦味がすごく出ちゃって・・・(>_<)

私的には失敗したかな?と思ったのですが、みんなは「おいしいおいしい」と食べてくれてホッ。

まぁ、おいしくないなんて言えないだろうけど・・・

でも、うち以外で唯一来ていた2歳前の子が、とっても気に入ってくれたらしく、おかわりをおねだりしてくれたほどだったので、まんざらでもなかったのかも

今日はこの間の懇談会後のランチには来られなかった人や、テーブルが違ってお話できなかった人ばかりだったので、

改めていろんなお話ができて、とっても盛り上がりました。

とはいえ、お昼を食べてちょっと話していただけで、あっという間にお迎えの2時になってしまいました。

とってもとっても楽しくて、この間のランチ会のように、3時間なんてほんの一瞬みたいなもので、かなり名残惜しかったですが・・・

正直、同居しているとやっぱり気を遣っちゃって、なかなかお友達を呼ぶ機会もできないのですが、

(いるとできない話もあるし

またこうやって集まったりして、みなさんとお話したいですっ

それにしても、ここの幼稚園ママさん達はみんなとってもいい人達で、私は恵まれていてラッキーだなぁと、つくづく思ったのでした。


ふぃんしゅん3歳児になぐさめられる

ほんっと、くだらない話なんですけど

自他共に認めるお笑い好きな私。

いくつかの決まったお笑い番組を毎週録画しているのですが。

今日はそのうちのひとつ、『爆笑 レッドカーペット』 というのがありまして。

いつものように毎週録画のまま予約をしていました。

すると、今日は2時間のスペシャル番組になっていて、そのことに全然気がついていなかったんですね。

いつも録画しているのが7時からの約1時間。

そして、気付いたのが8時過ぎ。

見られなかったのは、ほんのちょっとの間だけだったのですが・・・

その間に、いっちばーーーーん見たかったスペシャルコラボ(コンビでも何でもない芸人さん同士が組んでネタをする)をやってしまったようなんですねぇ・・・

重ね重ね、ほんっとーーーにささいなくだらないことなんですけど、前から見てみたいなと思っていたコラボが実現していたとあって、非常に残念で

ずーっと、「あー、U字工事(芸人さん)のコラボが一番見たかったのにぃ~。なんで撮れてないのー」

ともだえながらグチグチ言ってましたら、ゆーとりんに言われちゃいました。

「もーう、あきらめなよー。 U字工事は またあした やるからね。ねっ」

もちろんこのコラボはよっぽどじゃない限り二度と見られないだろうし、ましてや明日やるわけでもないのですが。

ゆーとりんなりに私をなぐさめるというか、いさめるように言う様子がおかしくってたまりませんでした。

・・・しかし3歳児にたかがお笑い番組の事でいさめられる36歳母親って一体・・・


どこで寝る!?

ゆーとりんの寝相の悪さは今に始まったこっちゃありませんが。

それにしてもここのところ、全く布団の上で寝ないんです。

しかも、最初っから布団の上ではなく、カラーボックスと布団の間の狭っ苦しい床の上で寝るんですよね。

「どうしてそこで寝るの? 痛くないの?」

と聞くと、

「だってー、そこ(布団の上)だと でんきがおちてきちゃうもん」

なんて答えるんです。

確かに私が寝ている真上には電気、しかも蛍光灯とかではなく、ごっつい飾り電気があるんですけどね。

しかし、電気なんて落ちてきたことないし、なんでそんなことを言い出すようになったのか、はなはだ疑問なんですけど。

テレビかなんかで、地震で電気が落ちるシーンを見たのか、はたまた夢でも見たのか・・・

そして今日も布団ではなく、床の上で窓枠に足を乗っけるという、すごい体勢で眠っております。

まぁ、時折している体勢ではありますが、それで体は痛くならないのか、いっつも不思議です。


そして、これまたすごいのがまなちょん

赤ん坊ってこんなに寝ている間に寝返りする こんなに寝相が悪いもんだっけ?

と驚愕するほどの寝相の悪さ

それこそ、ころっころ転がり回って、2人でぶつかりあったり、私やJたんにもぶつかったり。

しまいには、床に転がり落ち、机やらなんやらに頭をガンガンぶつけて泣くという・・・

お腹が空いても起きて泣くんだから、寝相でまで泣かないでください・・・

それでいて、この頃ゆーとりんもまなちょんも6時とか、今日なんて5時に起き出してくるので、

本当に私は一日何もする気力がないほど、ボーーーッとしちゃいます

3階のこの部屋は、すでにかなり寝苦しいのに、これから真夏になったら一体どうなってしまうのか・・・

2人とも汗っかきだからと、タオルなどを敷いていても、その上で寝やしないので、

いっつもシーツや布団がびしょびしょです。

それでいて、梅雨時だからなかなかお布団も干せないし・・・

まぁ、寝相に関しては、どうこう言えませんが、私の願いはただひとつ。

早く安眠したーーーい。


懇談会

もうすぐ1学期が終わるという事で、今日は幼稚園の懇談会がありました。

しかし15日が終業式って早すぎっ

もうすっかり昼間ゆーとりんがいない生活に慣れたというのに・・・

どんどん動き出して目が離せないまなちょんに、ゆーとりんまで加わったら・・・

わたしゃ一体どうなってしまうのかしら? と戦々恐々としております。


懇談会では担任のともみ先生がこれまでの子どもたちの生活ぶりを教えてくれました。

七夕ではまだ短冊は書けないので、先生がお願い事を聞いておいてくれたようです。

それを先生がざっと発表してくれたのですが、ゆーとりんは一番多かったお願い事で

「シンケンジャーにあいたい」

だったそうです。

もう、一度会いに行ったんですけどね。

今度は新キャラクターのシンケンゴールドが出演する新しいストーリーが始まるようで。

また連れて行ってあげようかな。


で、先生からは夏季保育のお話や、登園時間についてもお話がありました。

私は“夏季保育”がなんたるかよく分かっておらず、しかも先生のお話の時に、

まなちょんが声を出して暴れていたので、全然聞こえていなかったんですね。

後で、すでに上のお子さんが幼稚園に通っているママさんに聞いたところ、

8月に夏季保育期間があって、その間は自由登園(行っても行かなくてもいい)で、行かなくても欠席にはならないし、幼稚園バスも通常通り運行するとのこと。

知らずにいたら、全く行かないままだったかも


そして登園時間は、通常8時半から50分までなんですけど、大体うちは20分頃に家を出て、5分ほどでついちゃうんですね。

だから30分よりはちょっと前に着いちゃっていて、クラスではいつも1,2番ぐらいみたいなんですけど。

そしたら30分より前だと先生の受け入れ準備が出来てなくて、クラスにいない場合もあるから、30分以降に来て下さいと釘をさされちゃいました。
(もちろん名指しではないけど)

でも、クラスでは早いほうだけど、幼稚園全体で見るとうちより早く行っている子達も、かなりいるんですけどね。

うちが送っていく時には、すでに帰り道のママさんとすれ違うし。


10分も20分も前に行ってるわけではないし、ほんの2,3分の話なんだけどなぁ・・・

そんなに困るんだったら、30分になってから開門するようにすればいいのに・・・

なーんてちょっと思っちゃいましたが、こんなこと言ってるとモンペア扱いかしら


懇談会自体は40分で終わり、その後はみんなでランチ会に行きました。

希望者だけだったのですが、かなり出席率は高く、20人以上はいました。

まなちょん連れではありましたが、私ももちろん出席。

当初幼稚園近くのパスタ屋さんの予定だったので、まなちょんの授乳などは家でやって出直そうかと思っていたのですが、

近くにお座敷のあるハンバーグレストランが新しくできまして、予約は受けないお店だったので会場にはしていなかったんですけど、

お昼には早い時間だったお陰で、飛び込みでも入れるということで、急遽そこに会場変更になりました。

お陰でまなちょんの授乳もゆっくりできて、あわよくばそのまま寝てくれれば・・・

と思ったのですが、そううまくはいかず

しかし、朝の6時頃から起き出していて、懇談会中はもちろん、午前中いっぱい全くお昼寝もしなかったのに・・・

でも、周りのママさん達がずっとまなちょんの相手をしてくれたり、面倒を見てくれたお陰で、ゆっくりと食事を楽しむことができました。

前の懇談会はゲームが中心でしたが、今日はおしゃべりが中心で、あまりお話した事のないママさん達とお近づきになれたり、

いろんなお話が聞けて、とーーーっても楽しかったです♪


そうそう、年齢の話題が出て「一番若いママは誰だろう?」という話になりまして。

「多分あの人だよね」 とみんなが思ってる方がいたんですけど。

あるママさんが年齢を聞いたところ、なんと24歳

年女ってことで、私と同じ丑年・・・って一回り違うよ~(^_^;)

まぁ、うちは妹がちょうどそんな感じだったので、若いママさんということにはそんなに驚きはなかったんですけど、

やっぱり自分と一回り違うって考えちゃうと、ちょっとビックリですね。


今回は、席替えとかテーブル移動は特にしなかったので、同じテーブルのママさんとのおしゃべりでしたが、

今度はまたいろんなママさんともお話ができたら楽しそうだなぁと思いました。

しかし、この出席率の高さ。

そして、みんなとても仲良しさんのようで、このクラス、かなり結束力が固そうです。

行事の時などが、また楽しそうです。


七夕さま

今日は七夕。

私の記憶が正しければ、ここ数年のうち、七夕が晴れたことなんてほとんどなかったと思うんですけど。

というわけで、珍しく雨模様ではない七夕を迎えました。

前には家で、もらってきた笹に短冊や飾りを作ってつけたりしたこともありましたが、

ゆーとりんは幼稚園でやるんだろうし・・・と今年は何もしませんでした。(怠慢)

お願い事だけはたっぷりあるんですけどね

まぁ、前に書いたお願いも叶わなかったし・・・

ってお願いの内容がよこしますぎたんでしょうけど

明日は懇談会だから、七夕飾りとか見られるのかなぁ?


お月さま

窓の外を眺めていたゆーとりん。

「みてみてー。 おつきさまだよー」

と教えてくれました。

「ほんとだねー。きれいだねー」

なんて、一緒に眺めていると、私が何を言ったわけでもないのに、ゆーとりんが突然

「ゆーとのこと いいこかなー? わるいこかなー? ってみてるんじゃなぁい?」

と言い出したんです。

確かに悪いことをこっそりしても、お天道様が見ている、なーんてよく(?)言いますが、

お月様も見ているって、幼稚園で何かお話でも聞いたんでしょうかね?

本人は、幼稚園で聞いた話じゃないとは言っているのですが、自分でそう思いついたのなら、

やっぱり子どもの感性ってすごいんだなぁと思っちゃいました。


新説?『お寺の和尚さん』

ゆーとりんが幼稚園で習い覚えた手遊び歌を、私にも一緒にやろうとせがんできました。

それは『お寺の和尚さん』

手遊びをして最後はじゃんけんをするものなのですが、これは私も子どもの頃やったので

「いいよ~♪」

と軽く請合って始めたのですが・・・

 お寺の和尚さんが かぼちゃの種をまきました

芽が出て ふくらんで 花が咲いたら

じゃんけんぽんっ


と私が歌ったら

「ちがうよー」

とゆーとりん。

へっ? 何が違うの? 

とゆーとりんに歌ってもらったところ、全く私の知らない歌詞が足されていました。

それがこちら。

お寺の和尚さんが かぼちゃの種をまきました

芽が出て ふくらんで 花が咲いて 枯れちゃって

忍法使って空飛んで 東京タワーにぶつかって

ぐるりと回って じゃんけんぽんっ



・・・なんだそうです

なんだかずいぶんとスケールのでかい歌になっちゃっていますね(笑)

しかも長いし。

いつ頃からこんな歌になったんだろう?

元々これが正しかったのか、それともこれはやはり現代版なのか・・・

こんなところにも、ジェネレーションギャップを感じてしまったのでした


追いつかれないから

ゆーとりんと2人で会話していた時の事。

幼稚園でお誕生日会をするようになって、自分はいつ4歳になるのか、そしてお誕生日会はしてもらえるのかということに興味津々。

「いまは なんがつー?」

「6月だよ」

「6がつ おわったら?」

「7月だよ」

「7がつ おわったら?」

と延々と続いていくわけですが。


そのうち私が

「7月は、まりりん(妹)の誕生日だよ」

と、具体的に誰が誕生日かを言ってみたら、これまた大喜びで興味津々。

「8がつはー?」

「8月は はなちゃんと、○○(私の実家の地名)のじいじのお誕生日」

「9がつはー?」

「9月になったら、ゆーとりんがお誕生日でしょ。その次は○○のばぁばで、その次がここのじいじだよ」

と教え、

「10月はいなくってー、11月になったらまなちょんのお誕生日」

と言うと、

「まなちょん なんさい?」

と今度は年を聞いてきました。

「まなちょん、今度のお誕生日で1歳だよ」

と言うと

「えー、じゃぁつぎのおたんじょうびになったらー 2さいでー

そのつぎのおたんじょうびになったらー 3さいになって・・・・・・(間)

ゆーととおんなじになっちゃうじゃんっ


と、さも驚いた様子。

いやいやいや、ゆーとりん

まなちょんが大きくなったら、その分ゆーとりんもちゃーんと年が増えていくのよー。

決してまなちょんがゆーとりんに追いつくことはありませんからー(笑)

つくづく子どもの発想というのはおもしろいというか、笑えるなーと思った会話でした。


ゆーとりんの身体測定

幼稚園では、毎月身体測定をしてくれています。

今まで書くのを忘れていましたが、ゆーとりんの成長記録として書いておこうと思います。

4月 身長:92.6cm 体重:12.6kg

5月 身長:94.3cm 体重:12.6kg

6月 身長:95.0cm 体重:12.6kg

・・・ってお気づきでしょうか。

身長は着実に伸びているのですが、体重が全く変わっていない!!(◎o◎)

しかも、この体重、2歳男児の平均(12.9kg)よりも軽いし・・・

いやぁ、うらやましいじゃなくって、心配だ・・・


幼稚園にお迎えに行った時の先生のお話も給食の時の様子ばかりで、いかに家でも幼稚園でも小食かって感じなんですが・・・

それでも、病気らしい病気もせずに元気いっぱいなので大丈夫かな?

もう何度も書いていることですが、私自身も子どもの頃はガリッガリだったのに、今ではすっかりメタボまっしぐらですからね

ゆーとりんもそのうちというか将来はメタボなおっさんになっちゃうのかなぁ?

今はこんなにかわいいのになぁ・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。