Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おしりフリフリ

2学期に入ってから、運動会でのお遊戯の練習や、発表会(歌)の練習に余念がないようでして。

お遊戯は“おしりフリフリ”という、『おかあさんといっしょ』の中の曲なのですが、その名の通りお尻をふりまくる振り付けのようです。

先生曰く、ゆーとりんはその歌と振り付けをいたく気に入ったらしく、初日の練習からめちゃくちゃテンション高くやっていたそうです。

確かに家に帰ってからも、しきりに私にやってみせてくれます。


そして昨日は、当日つかう小道具を作るというお願いをされました。

お尻にビニール紐で作ったいわゆる“ポンポン”をつけるようなのですが、ほとんど先生が作ってくれていて、

あとは切って裂くだけだったので、すぐに仕上げてしまいました。

出来上がりを見てゆーとりんも喜んで、早速お尻につけていました。

おしりフリフリ

こういうのが付いていると、また一段とかわいい踊りになるので、当日の発表が本当に楽しみです♪


スポンサーサイト

つっ、ついに・・・

もうすっかり、しっかりとした1人たっちができるようになったまなちょん。

物につかまらなくても、自ら地面を押すようにしてお尻を持ち上げ、ひょいひょいと立ち上がってしまいます。

うーん、早い、早いよ~


そして、ついに1歩踏み出しちゃいました~

でも、これは偶然と言うか、まだまだ1人たっちしていても、動きたい時は足が出るより、一度座り込んじゃてからハイハイしているので、ちゃんとした一歩とは言えそうにないのですが。

だけど、歩き出すのはもう時間の問題でしょうね。

絶対に1歳前には歩き出すことでしょう

2人目は早いというのは、本当だなぁ・・・


今にも割れそう・・・

某家電店に買い物に行ったところ、風船をもらいました。

まなちょんに渡すとそれはもう怖い遊び方

噛み付いたり、結び目を口にくわえて、ブンブン首と共に振り回したり・・・と、今にも割れちゃいそう

いや、その様子はかなりおもしろくもあるんですけどね。

そして、こんな怖い写真まで撮れちゃいました。

わっ、割れそう

あっ、あっ、割れる~ そんなに押し付けないで~

まなちょんは、まだ“風船が割れるもの”なんて概念はないですからね。

怖いもの知らずって・・・怖いわぁ。


親子遠足

今日は幼稚園の“親子遠足”でした。

心配していたお天気もよく、いや、むしろ暑いぐらいで・・・

そんな中、私は早起きして久々のお弁当作り。

今日は自分の分も必要ですからね。

中身はゆーとりんのリクエストで、ハンバーグ・卵焼き・タコさんウィンナーに野菜類とおにぎり、そしてデザートに果物でした。

うーん、超ありきたりですが、料理苦手な私にとっては、ありがたいリクエストでした


お弁当やら他にも色々と荷物を抱えて、いざ幼稚園へ。

ちなみにまなちょんをどうするかギリギリまで悩んでいたのですが、Jたんが家で面倒を見てくれるということで、お留守番。

遠足先では、親子でゲームなどもすると聞いていたし、ご飯を食べたり食べさせたりすることを考えれば、やっぱりまなちょんがいると大変ですからね。

今日はゆーとりんと2人きりで、思いっきり楽しむつもりです


幼稚園に集まり、すでに来ていた観光バスに乗り込んだのですが、子どもたちは子どもたちで先に座っていて、ゆーとりんのようなちびっ子は3人で2人用シートに座っていました。

てっきり子どもと一緒に並んで座っていくものだと思っていたので、別々だったことにまずビックリ。

そして、後から乗り込んだ私は席がなく、いきなりの補助席扱いで、しょっぱなから、ちょっと疎外感・・・

でも、行き先はほんの3,40分程の公園で、まぁ、そんなに長時間ではなかったので、よかったですけど。

バスの中では、子ども達が幼稚園で練習したという歌を何曲か披露してくれたり、出席ではみんな思い思いのキャラクターになりきって答えていたりしていました。


実は今日の行き先のこの公園、実家からほど近いところで、ゆーとりんとも何度か行っている場所。

なので勝手知ったると言うか、目新しさはなかったのですが・・・

それでもやっぱりお友達やお母さん方と来ると、それはそれでもちろん遊び方や楽しさも違うわけで。


公園に着くと、まずは親子ゲームの時間。

最初は言われたお題の動物に変身するジェスチャーゲームや、クラス男女別対抗の、ボールのリレーゲームなどをしました。

9時頃には公園に着いていたので、ゲームをやってもまだ10時そこそこ。

でも、お弁当作りで朝ご飯を食べ損なった私は、すでに空腹状態

朝ご飯を食べたはずのゆーとりんや、他の子たちもちらほら「おなかすいたー」なんて言い出すし、

私と同じように朝ご飯を食べられなかったお母さんたちも多かったようですが、さすがにまだお昼には早い。


空腹を抱えながらも、その後は公園に併設されているミニ動物園の見学。

動物園と言っても、ほんとーーーに“ミニ”なので、いるのは鳥類やヒツジやシカといった、小さめでおだやかーな動物ばかり。

これはモルモット


そんなラインナップなので、レッサーパンダが一番のメインになっていました(笑)


ミニの割に、みんなでゆっくりゆっくり回ったせいか、1時間ぐらいは過ぎ、見学後はようやくお昼の時間になりました。

ゆーとりんが一番よく遊んでいるSOちゃんと、Yくんと一緒にレジャーシートを広げておべんとうを食べました。

ゆーとりんのリクエストで作ったというのに、ゆーとりんはなかなか食べ進めてくれず、なんだかガッカリ

みんながとうにおべんとうを食べ終わって、おやつ交換をしていても、ゆーとりんはいつまでもおべんとうにかかりっきり。

それでも最終的には、なんとか全部食べてくれてホッとしましたが。


そしてこのおやつ交換がなかなかすごかった

私は単純に一緒におべんとうを囲んだ何人かと分けっこすればいいかなーと、あまり個別包装のお菓子などは持ってきていなかったのですが、

みんなちゃーんと交換用に個別包装のアメやらハイチュウやらを用意してきていて、みんなに配って回っていました。

まぁ、なにせゆーとりんは食べるのが遅くて、なかなかみんなに配りに行くことはできずにいたのですが、

それでもみんなの方からお菓子を持って来てくれました。

一応はお返しにできるようなクッキーや、小包のスナックがあったので、なんとかしのげましたが、

正直そこまで頭が回っていませんでした。

これは来年の遠足の教訓にしようっと。


おべんとうの後は自由行動で、公園の遊具などで遊びました。

水遊びができる池があるので、する場合には着替え持参だったのですが、隣のクラスは早々に水遊びしていたものの、

ゆーとりんのクラスのお母さん達はみんな濡れたら大変、着替えが大変、といった感じで水遊びには消極的。

それでも、最後の方になってからちらほらと水で遊び出し、ゆーとりんも入りたいというので着替えさせたのですが・・・

入ってすぐに転倒

プールでもないのに、いきなり全身びしょぬれ

転んじゃったー

そして入ったばかりだというのに、先生からの 「着替えは時間かかるので、そろそろ帰り支度をしてくださーい」 との呼びかけ・・・

結局ゆーとりんは、ほとんど遊べなかったのに全身はびっしょり状態。

お陰で確かに着替えは大変でした~。

荷物置き場のブルーシートも泥だらけにしちゃうし・・・

やっぱりやめておくか、やるならもっと早くしておけばよかったー


まぁ、そんな感じで遠足に来てまでドタバタしちゃいましたが、あっという間に帰りの時間になりました。

帰りは背の順(ゆーとりんは前から3番目)でバスに向かって乗り込んだので、さすがに補助席は免れました

一応先生も「行きとは違う方にしてくださいねー」とフォローしてくださっていたのですが。


そして、SOちゃんママと座ったので、帰りはずっとおしゃべりをして楽しく帰ってきました。

SOちゃんママをはじめ、下のお子さん連れのお母さんも多かったのですが、うちはつくづくまなちょん抜きでよかったなぁと思っちゃいました。

絶対にまなちょんにかかりっきりになっちゃって、ゆーとりんにかわいそうなことになっちゃっていたでしょうからね。


まぁ、こんな感じであっという間の遠足でしたが、ゆーとりんはどう思ったのかなぁ?

幼稚園の頃の記憶って、私も断片的にしかありませんが、せっかくこうして2人で参加した行事なんだから、

大きくなってもゆーとりんの心に残っていたらいいなぁ・・・


幼稚園で初めての、お誕生日会

実際の誕生日が月初めなので、すっかり忘れていたのですが、今日お迎えに行くと

9月生まれのお誕生日会があったようで、プレゼントなどをもらっていました。

実はゆーとりんは実際の誕生日が終った後も、しょっちゅう「きょうは たんじょうび?」なんて聞いてくるもんだから、

「もうとっくに終ってるよ~。お誕生日は1年に1回なの

なんて冷たくあしらっていたのですが、本当はこの“お誕生日会”のことを言っていたのかも。

どういう内容だったかはよく分からないのですが、ゆーとりんの話だと男の子3人と女の子2人いて
(年少さん全体でやるから)

好きな食べ物を聞かれて、「チョコレート」と答えたとか・・・

基本的に未だにチョコレートは禁止しているのですが、それが逆にゆーとりんの憧れを増してしまっているらしく、

やたらとチョコレートにこだわってしまっているんですよねぇ・・・

まぁ、パン給食の時にはチョコレートパンなども出ているようなので、さすがに全面禁止はもう難しいので、仕方ありませんね。

しかも、こうやってずっと甘いもの制限や、仕上げ磨きをがんばっていても、結局虫歯が出来ちゃいましたしね


おっと、話がそれちゃった

まぁ、とにかくお祝いしてもらったゆーとりんはとても嬉しかったようです。

とても素敵なものももらったので、写真を撮ってみました。


4歳・お誕生日会
最近ポーズと言えば、こんなファイティングポーズばっかり・・・

このメダル型のお祝いカードの他には、『自分で作る6歳までのアルバム』というのも頂いてきていました。

写真は幼稚園で撮って貼ってくれていて、その他に成長ぶりなどを家庭で記入するというもの。

こうやってブログを書いているから、なんとか育児記録はつけているようなものですが、実はちゃんとしたアルバム整理って、ゆーとりんの赤ちゃんの頃からしていないんですよねぇ

プリントして、ポケット式のアルバムに順番に入れてはありますが、こうなんていうか色んな形に切ったり、飾りやコメントをつけて・・・というアルバムを本当は作りたいと思っているのですが・・・

とりあえずこの幼稚園3年分の思い出アルバムぐらいは、ちゃんと記入しておかねばっ


シルバーウィークのお出かけ

前記事で、大型連休の渋滞について反省しちゃいましたが・・・

やはり子どもたちがいると、どこかに連れて行ってあげたいなーなんて思い、ちょうどこの間テレビでちらっとやっていたのを見たからか、

Jたんが行き先を 群馬サファリパーク に決定

ふむふむ。確かにこういうところなら、行き先も道路もそんなに混んでいるイメージはないよねぇ。

ゆーとりんも動物好きだし、ナイスアイディア

なーんてのんきに考えてのこのこ出かけてきたわけです。

で、まぁ前述の通り渋滞には巻き込まれてしまったのですが・・・

実は、現地の混雑も相当なものでした

目的地の手前の道路からすでに渋滞。

駐車場もパークから離れたところで、バスによるピストン輸送。

そして、着いたのが13時過ぎと遅かったのもあり、エサやりバスやガイドツアーなどは既に完売。

ゆーとりんの2歳の誕生日旅行で行った那須サファリパークのイメージでのんきに行っていたのですが、規模もシステム(?)も全く違っていてビックリ。

エサやりができなきゃぁ、あんまり意味ないよなぁ・・・

ゆーとりんも「エサ あげたかったのにぃ」と不満げ。

でも、これは実際にエサをやれることになっても、おそらくビビッて出来なかったと思われ


そして結局ただの園内周遊バスに乗ることにしたのですが、それがまた長蛇の列

1時間近く待って、やっと乗り込めたのは「まさかあれじゃないよね?」と思っていたフツーの観光バス!!

本来なら“シマウマバス”のはずなんですが・・・

おそらくあまりの混雑ぶりにさばききれず、急遽借りてきたのではないかと思われ・・・

待ち時間の間にJたんが、駐車場行きのバスの運転手さんと話をしていたところ、このシルバーウィークはとにかくすごい混雑で、普段の土日やゴールデンウィークよりもすごいとのこと

やはりこのお出かけは失敗だったのか・・・


気を取り直して観光バスに乗り込むと、これはこれでさすがに快適(笑)

そのまま園内を案内され、那須にはなかったウォーキングゾーンに到着。

ここは文字通りバスから降りて、歩いて見学ができる場所。

まぁ、ようするに動物園みたいなものですが。

エサじゃないよ~

でも、透明なプラスチック製のトンネルの上部にきれいなホワイトタイガーがねそべっていたりして、これはこれで見ごたえがありましたね。
(旭山動物園のマネ?)

そして、ここではライオンに生肉をエサとして与えられるコーナーがあって、ゆーとりんに「やる?」と聞いたのですが、やっぱりビビッてやろうとはしませんでした

それ以前にバスの中でさえも、泣きはしなかったものの、動物が近づいてくると

「もう みたからいい

と反対側の窓際に逃げていたりしていたんですけどね。

2歳の時とたいして変わらないじゃん


ウォーキングゾーンを見終わると、またバスに乗るための行列

なんだか疲れちゃって、正直バスに乗っている間の動物は、あまり記憶ないです


見学コースを終えた後は、併設されているちっちゃな遊園地にも行ってみました。

どれもこれも本当に昔ながら、といった感じの怖くもない乗り物ばかりだったのですが、

「いくいく」と張り切っていた割に、結局怖がってどれにも乗りたがらないゆーとりん

一応、汽車と(さすがにこれは怖くはない)、なだめすかして空飛ぶダンボにだけ乗ってみました。

乗ってみたら結構楽しんでいましたけどね。

さすがにコースター(でもちゃっちいの)は断固拒否されて、私1人で乗っちゃいましたが。


そんなに長時間遊んだわけではなかったのですが、だんだん薄暗くなり、閉園時間も迫ってきたので、遊園地を後にすることにしました。

帰りは先の記事に書いたように、5時間ほどかけてゆっくり帰りました。

疲れはしましたが、お出かけ自体は楽しかったし、ゆーとりんも楽しんでいたようなので、よかったのではないかと。

やはり親としては、自分たちがしんどくても、子どもの喜ぶ顔を見たいがためにがんばっちゃうものですよね

あ、でもお出かけはこれからもするでしょうが、こういう混雑時は避けようと心に誓いました

高速道路無料化なんてなっちゃったら、一体どうなるんだ

と最後になっていきなり政治の話が入ってきたり・・・

今以上に渋滞するのはカンベンしていただきたい、というのが本音です。


教訓・やはり連休は遠出はしない方がいい

ゴールデンウィークなどの連休は、基本的に混雑を避けて遠出などはしないようにしているのですが、

シルバーウィークなんて、目新しい単語にうかうかと乗せられてしまい、連休も終わりに近づいた今日辺りなら、

行き先を考えればそんなに混んでいないかなーなんて、甘く考えて出かけてきたのですが・・・


やっぱり間違いでした!!(>_<)


後でテレビなどで渋滞に巻き込まれた家族密着なんぞやっていたのを見て、そういうのよりは全然マシではあったんですけれど。

やはり行きもそれなりの渋滞。

そして帰りは、もうハナから高速はあきらめて5時間ぐらいかかって下道で帰ってきました。

それでも、ゆーとりんはもうグズったりワガママも言わず、急におしっこと言う事もなく(笑)揺れにまかせて結構眠ってくれていたし、

まなちょんも少しは泣くことはあっても、基本的におとなーしくチャイルドシートに乗ったままいてくれたからこそ出来た旅ではあったのでしょうが。

ゆーとりんもまなちょんも基本的に乗り物系は好きらしく、車でも電車でもおとなしくしていてくれるので助かります。

しかし、すっかり高速道路1,000円が定着したせいか、開始早々のゴールデンウィークよりも凄まじい渋滞になったみたいですね。

でも、私はテレビで見るほどの凄まじい渋滞には巻き込まれなかったせいか、多少の混雑や時間がかかるのも、ドライブの一環で楽しいんですよね。

一番大変なのは、もちろん終始運転しているJたんなんですけど

でも、疲れることは疲れたし、『飛んで火に入る夏の虫』じゃないですけど、やっぱりこういう連休中には、遠出しないのが一番だなぁとつくづく思っちゃいました。

まぁ、それでもどこにも行かないのも淋しいので、ついついまた少しは出かけちゃうんだろうなとは思いますけど。

肝心のお出かけのことは、また別記事にて。


まなちょん、人生初のレース!

この間、とあるショッピングセンターに行った時、ほんっとーーーにたまたま目にしたお知らせ。

“あかちゃん はいはいレース復活しました”

こういうのって改めて探そうとすると意外と見つからず、ゆーとりんの時には参加したことはなかったんですよね。
(特に探したわけでもありませんでしたが)


でも、今やちょうどまなちょんがハイハイの真っ最中。

しかもこの分だと、1歳前にはもう歩き始めそうな雰囲気なので、おそらくこれが最後のちょうどいいチャンスだと思って、参加申し込みをしておいたんです。

その本番のレースが、まさに今日、だったんですねぇ。

13時からの回はもう締め切っていたので、不安を残しつつも15時の回にエントリー。

でも、これが功を奏して、授乳もお昼寝も済んだ絶好のコンディション

・・・のはずが、寝起きでちょーーーっとご機嫌ナナメ。

事前にコースで練習もできたのですが、たくさんの赤ちゃんと人に落ち着かない様子で、コース無視で横切ったり、座っちゃったり・・・とかなり不安

そんな中、いよいよレースが開始。

参加する赤ちゃんは5人1組で5レース。

一覧表ももらったのですが、赤ちゃんは8ヶ月~1歳ちょうどぐらいの子で、一番多いのは10ヶ月、11ヶ月の子達。

中には1歳4ヶ月なんて子もいて、もう歩いちゃうんじゃないの?なんて思っちゃいましたが。

まなちょんはじめ、8、9ヶ月の赤ちゃんには不利な世界か

まなちょんは最後の5レースなので、なんとかそれまでに機嫌を持ち直してくれればというところでしょうか


ルールもちゃんとあり、制限時間は2分。コースアウトなどはOK。でも、立ってしまったら失格で競技終了、ということでした。

そして参加した赤ちゃんには、参加賞としてミニタオルにティッシュ、プラス赤ちゃん用品が買える商品券500円分。

更に優勝した赤ちゃんには、商品券を500円分プラス。あとは写真を撮ってジグソーパズルにするのを無料でしてくれるとのことでした。

賞品が出るとは思っていなかったので、俄然張り切る我が一家(笑)

ただし、当の本人まなちょんは我関せず・・・


レース前には、みんな一列に並んでインタビューを受け、お母さん達は赤ちゃんを呼び寄せる小道具などを用意してスタンバイ。

ゴールで待つのではなく、赤ちゃんと向かい合わせになって、その小道具を使って、ゴールまで導いてあげればいいのです。

中には、かぶりものまでして赤ちゃんを呼んでいるお母さんもいました。

それでも、コースを外れる赤ちゃん。逆走する赤ちゃん。泣いて座り込んだまま一歩も動かない赤ちゃん。

はたまた立っちゃって失格になってしまう赤ちゃん(やっぱり1歳4ヶ月の子でした)などなど、いろんな赤ちゃんがいて、通りすがりの人たちもほほえましく見守っていました。


そして、いよいよまなちょんの出番がやってきました

横にはビデオを構えたJたんが、ゴールにはゆーとりんがスタンバイ。

そして、私はまなちょんと向かい合わせでスタート地点にスタンバイ。

「よーい、スタート」

の掛け声と共に、私が取り出した小道具は哺乳瓶!

なんて単純明快(笑)

でも、まなちょんには効果覿面

まんまと哺乳瓶に釣られて、ハイハイを始めました。

途中ギャラリーに気を取られて、横を見ちゃったり、立ち止まっちゃったりしちゃいましたが、

「まなちょーーーんっ」

と呼んで、哺乳瓶を目の前にかざすと、また必死にハイハイ。

レース真っ最中!


しかも、お腹がすく時間でもないのに、哺乳瓶をもらえないもんだから、もう泣きながら

それでもそのままハイハイし続けてくれたので、1分もかからないダントツの速さで見事

1位でゴール!!


ゴールでは、応援してくれていたゆーとりんが、「やったーっ、やったーーーっ」と、飛び上がって喜んでいました。

ところがまなちょんときたら、結局ミルクをもらえなかったものだから、大号泣

(重ねて言いますが、まだ飲む時間にはほど遠かったんですよ)

1位の表彰台に乗っても、ずっと泣き続けちゃって、かわいそうだけど困っちゃいました。

見事優勝!
これはJたんが撮った写真。
まなちょんは大号泣。そして目をつぶっているゆーとりん・・・



これまた後で無料でもらえる記念撮影をしてもらったのですが、一体どんな顔で写っていることやら・・・?


初めてのこういう催し物で、一体どうなるのかなー?と思っていましたが、ふたを開けてみれば見事な優勝で、なんだか味をしめちゃいそうです(笑)

完走してくれれば・・・ぐらいだったのに、意外と勝負強いのか、運動神経がいいのか、将来楽しみです。(親バカ)

まぁ、探して遠くまでわざわざ出向こうとは思いませんし、もうハイハイは卒業しちゃうかもしれないので、これが最初で最後だとは思いますけどね。

あー、でも、まなちょん。 よくやったぞーーー エライッ


予行練習?

今日からシルバーウィークとやらが始まりましたね。

でも、我が家には全く関係ありません

どうせどこに行っても混んでいるだろうし、混んでいるところは新型インフルエンザが怖くて行けませーん。

だけど、ずっと家にこもっているのもつまらないので、妹に連絡をとって、はなちゃん・りゅうくんと遊んでもらおうかなーと思ったら・・・

なんと、今日が運動会とのこと。

それでいったんあきらめたのですが、ヒマなので、驚かせちゃおーっと、こっそり見に行くことにしました

Jたんは1人で出かけちゃっていたので、まなちょんを抱えて、ゆーとりんを連れて電車とバスで向かいました。

事前に運動会に行くと言っていた実父にだけはこっそり教えておいて、部外者が入っていいかも確認済み。

小学校に着くと、ちょうどお昼ご飯の時間で、お弁当はともかく、あわよくば父親と外食しちゃおうかなと思っていたのですが、

妹作のお弁当が結構残っていたので、ご相伴に預かっちゃいました。

あ、私も一応差し入れとしてタイヤキを買っていったのですが、はなちゃん達は喜んで食べてくれました。


プログラム自体は早く進んでいたようで、お昼休憩も早く終わり、午後の競技が始まりました。

と言っても、走ったりするような個人競争は全部午前中で終っていて、午後は大玉送りやPTA競技など。

あとは、りゅうくん参加のソーラン節や、はなちゃん参加の組体操などだけでした。

でも、ゆーとりんは初めて入る小学校の雰囲気に興味津々。

そして、大勢の大きいお兄ちゃんお姉ちゃん達が競技をしている運動会も、ゆーとりんにとってはとても物珍しいものに写ったようで。

今年初めてはなちゃんとりゅうくんが同じ赤組になったということで、大玉送りでは大声で赤組を応援。

少しでもはなちゃんやりゅうくんの姿を見ようと、大人の足の隙間から必死になって2人を探したりと、

親よりも熱心に応援していました(笑)


ゆーとりんの幼稚園の園庭は狭くて、毎年近くの小学校の校庭を借りて運動会を行うので、多分雰囲気的にはちょうど同じ感じだと思うんですよね。

なので、ゆーとりんにとっては『運動会ってこんな感じ』というのも分かってよかったのではないかと。


その後は、近くにトイザらスがあるので、まなちょんの授乳とゆーとりんのカードゲームをしに向かい、またバスと電車を乗り継いでえっちらおっちらと帰って行きました。

しばらく実家には行っていなかったので、妹達と会えたのも久しぶりで楽しかったですね。

特にまなちょんは1,2ヶ月会わないと、ぐんと成長してしまいますしね。

今月も来月もちょっと実家には泊まりに行けそうにないので、次にゆっくりみんなと遊べるのはいつになるのかなぁ?


ま、間違いなく食いしん坊だぁ(;^_^A

今日、ゆーとりんが幼稚園から帰ってきて、おやつを食べていた時のこと。

私はのんびりと寝転がってテレビを見ながらも、まなちょんがゆーとりんの方に近づくと引き離したりしていました。

(飲み物をひっくり返したり、おやつにも手を出しちゃうので)

それを何度も繰り返している内に、自分の思い通りに動けないもんだから、まなちょんはだんだん「う゛ーっ、う゛ーっ」とうなって怒り出しました。

でも、どうやら怒りの内容はそれだけではなかったようで・・・

その内、私の背後に行き、視界から消えていたのですが

『やっとまなちょんがおとなしくなったなー、でもこのガサゴソいっている音はなんだ?ビニール?』

なーんて、のんきに考えつつ、ふと「っっ!?」と振り返ってみると・・・


そこには、両手にロールパンをつかみ、思いっきりほおばっているまなちょんの姿がっ


パン、とったどーっ!


そうなんです。 ゆーとりんが食べていたロールパンの袋が放置されているのに気がついたまなちょんは、

自分も食べたいと袋をあさって、しっかりとくわえ込んでいたんですねぇ

なので、まなちょん怒りの抗議は、どうやら動きを止められただけでなく

「おれにも なんかくわせろー」

ということだったんですね。

離乳食ですら食べなかったゆーとりんには、もちろんこんな行動があるはずもなく・・・

いやはや、この姿にはヒジョーにびっくりしちゃいました。

かなり笑わせてもいただきましたが

しかし、もうこんなにちゃんと自分の意思で食べ物を取って上手に食べられるとは。

こりゃ、間違いなく食いしん坊ですな。


まなこちゃん登場!

ゆーとりんとまなちょんの洋服を整理しようとして、懐かしいお洋服を見つけちゃいました。


それは・・・白いワンピース!!


ゆーとりんが生まれる前から、「子どもは女の子がいいなぁ プリプリにかわいいお洋服を着せるんだ」という夢を持っていた私。

ところがどっこい、生まれてきたのはしっかりとついたゆーとりん(笑)

子ども写真スタジオに行っては、かわいらしいドレスの数々にため息をついてしまったり・・・

そのどうしようもない憧れを、たった一度だけ実現させてしまったんですよねぇ

やっすいお洋服ではありましたが、買ってしまった女の子用のワンピース。

ゆーとりんにも一度だけ着せて、撮影会をしたっけ。


この頃のゆーとりんは、髪の毛がくりんくりんしていて、女の子に見えなくもなかったので、それなりにかわいかったのですが・・・

そして横をふと見ると、まなちょんが・・・

でも、まなちょんはどっからどう見ても『THE 男顔』なんですよねぇ

それでも一応着せてみちゃいました~

かわいいかしらん?
『ボク、かわいい?』


うーーーん、どう頑張っても男の子、ですねぇ。

本人は満更でもない(というか分かっていない)みたいですが、将来この写真を見たら、やっぱり怒っちゃうのかな?


お友達集合!

今日は、ゆーとりんの幼稚園のお友達&ママさん達が遊びに来てくれました。

午前中はママさん達&下の子でおしゃべりをしたり、お昼ご飯を食べたり。

午後はみんなで子ども達をお迎えに行って、もう一度うちで遊ぶという2部構成。

この間遊びに来てもらった時には、お迎え後はそのまま解散しちゃっていたのですが、

よく考えればこうやって降園後にもうちに来てもらえば、ゆーとりんももっと遊べたんですよね


なので、今日は幼稚園で遊ぶだけでなく、みんながうちに来てくれるということで、ゆーとりんのテンションはMAX

先生にも 「きょうは みんなが ゆーとのうちに くるのー」 なんて、うれしそうに報告。

みんなで連れ立ってうちに向かう途中では、

「ここをまがってー、まっすぐいくとー、3かいだてなんだよー」

と道案内。

おまけに私が普段お友達が来る時に言っているのを覚えていたのか

「ゆーとのおへやは 3かいなんだけどー、あそぶのは2かいでー、3かいは むりなの

と、ご丁寧にも私よりも先に説明してくれてました

3階は居住区で、寝室などなのでやはりお見せするような部屋じゃないし、まぁそれだけでなく、『お見せできるような部屋じゃない』ってのが一番なのですが・・・

ゆーとりんも、自然とそのことを納得しているというか、お友達は3階にはあげないと分かっているようで・・・って、そんな状態にしている私が一番いけないんですけど


おうちがアパートなどのお友達にとっては、『家の中の階段』がとても魅力的なようで、しきりに3階にあがりたがっていましたが、そこは丁重にお断り(笑)

今日は女の子が多かったので、我が家のおもちゃじゃ物足りないかなー?と心配したのですが、

ゆーとりんと一緒になって戦隊物の武器を持って、1階と2階を行ったりきたりして楽しんでくれていました。


ゆーとりんもみんなが来てくれてとても楽しかったようで、帰った後もしきりに「あしたもくる?」 「○○くんちにもいける?」と言っていました。

みんなに来てもらうのは、いろんな意味でやはりお姑さんがいない時の方がいいので、滅多にない機会なのですが、

次の機会には、また遊びに来てもらえたらなぁと思っています。


ポッポー

ほんと、まなちょんはゆーとりんに比べておもちゃが豊富です。

ゆーとりんが1歳過ぎてから買ってもらって遊んでいたおもちゃも、すでに遊ばせています。

今日はクローゼットにしまいこんでいた、いわゆる乗用玩具を発見したので、引っ張り出しました。

よっ!
「よっ これはたのしいよ」


もちろん足は短いので、自分でこぐ事はまだできませんが、動かしてあげるとニコニコ。

そして、これはいろんなボタンがついていて、音楽が流れたり、動物が泣き声と共に飛び出してきたりするんですね。

まなちょんもすぐにボタンのことが分かったらしく、バシバシ叩いては鳴らしていました。

ゆーとりんは、ロデオのように全身を動かしていたっけ・・・懐かしい。

そして、なんだかんだとあまり熱心におもちゃで遊ぶタイプではなかったので、こうやってまなちょんが堪能してくれると、おもちゃも我が家にきた甲斐があったというものでしょう。

次男坊、お古ばかりでもこうやってたくさんおもちゃがあるから、逆に得していますね。


今年も梨狩りに行ってきました~

夕べJたんが、なにやらパソコンをいじっていたかと思うと

「よし明日は出かけるぞ

と張り切って言いました。

おや、珍しい。

最近では、こうやって事前に調べてお出かけしたりなんて、めっきりしなくなっていたのに。

でも、どこに行くのかと思いきや

「佐野(栃木)の方に梨狩りに行くぞ。おいしい佐野ラーメン屋も探しておいて」

ですって。

果物の中ではダントツに梨が好きなJたん。

そのお陰で、毎年のように梨狩りは欠かせません。

ここのところ2,3年は、ほんの近場で済ませていましたが、今年は久々の遠出です。

やっぱりETC休日1000円のお陰ですね

ところが、高速に乗ってしばらくすると事故渋滞

目的のインターチェンジまで、あと2つばかりだというのに、そのほんの数kmの間で2時間の渋滞との事。

そんな流れに乗ってしまえば、着くのは一体いつになるの状態なので、仕方なく高速を下りることに。

一般道は一般道で、結局高速を下りた人たちの影響で結構混雑しちゃっていましたが・・・

結局お昼近くになってようやく目的地の農園に到着。

レジャーと言っても、メインが梨狩りでは、ほんの2,30分しかかからないんですけどね・・・

それでも、ゆーとりんは自ら見つけてもいだでっかい梨にご満悦。

ナシ、とったどー!


ここの農園はHPも作っているぐらいなので、結構お客さんもたくさんいました。

おじさん達もとても優しく教えてくれたり、おまけの梨を2コもくれたり。

しかも1度くれば、無期限で割引になるパスカードまでくれるんです。

そして、ここでは食材さえ持ってくれば、バーベキューの道具や場所も一式貸してくれるとのことで(これは知らなかった)

友達や家族連れでワイワイ来れば、かなり楽しめそうなところでした。

バーベキューを堪能して、デザートは自分たちがもいだ梨、って結構いいですよねぇ。

今度はぜひぜひバーベキューもしてみたいと思いました。


あ、帰りにはちゃーんと調べておいたラーメン屋さんに行きました。

すっごい有名店は行列になっていたり、昼過ぎには売り切れになってしまうようなのですが、

私は全国的には無名でも、地元の人おすすめ、というお店を偶然見つけたのです。

(といっても、なんだかんだ有名人の色紙などもありましたが・・・)

そしてこれが大正解

お店はほどほどに混んでいましたが、待たずに席につけ、しかもほとんどが座敷席だったので、まなちょんがいる身にはかなりありがたかったです。

味も、ラーメンにうるさいJたんが「おいしかった。ここは正解だった」と言うほど、さすがにおいしかったです。


今日は梨もラーメンも堪能できた、大満足のレジャーでした


ねずみ男!

まなちょんに、ひとつ困ったクセが発覚

なんでも物を口に入れちゃう・・・というのはよくある話で、ゆーとりんも通った道でしたが・・・

まなちょんの場合、なんでもかじる!! \(◎o◎)/!

歯が結構生えてきてむずがゆいのかもしれませんが、机の脚、開けたドア、挙句の果てには私の足にまでかぶりつくんです

ねずみ年生まれだけに、まさにねずみ男

かぶりつき
これは掃除のために廊下に出した机の脚にかぶりついているところ。


ゆーとりんにも多少そのケはありましたが、すぐに治まったというか、まなちょんほどはしなかったんですよね。

まぁ、なんてったって我が家には同じねずみ年で、子どもの頃は柱にかじりついていたというお方(=Jたん)がいらっしゃるんでね。
(柱にはくっきりと歯型が残っていたそうな・・・)

血は争えないというか、改めて遺伝子の不思議を感じちゃいました。


奇跡の時間

今日はすでにゆっくりまったりしております~

スイミングがあったゆーとりんは、眠さと疲れもあってか、ずっとグズグズしていました。

そこでお風呂も早く済ませ、夕飯も早くしようと思っていたのですが・・・


炊飯器の予約時間を間違える(午前・午後)という痛恨のミス

急いで『早炊きモード』にしたのですが、ご飯が炊き上がるのを待たずして7時前にゆーとりんは力尽きてしまいました・・・


そして昨日の反動か、珍しくお昼頃から2時間近くお昼寝したまなちょんも、ご飯を食べて終わり、

ミルクを飲みながら寝てしまったのです

その後1度泣いて起きちゃいましたが、抱っこでなんとか寝かしつけ、私はお風呂と家事を済ませてゆっくりできているというわけで。

といってもなんだかんだその家事などで1時間は経っちゃったので、私がこうしているのも9時頃からなんですけどね。

そしてそろそろまたまなちょんが一度ぐらい起きそうな気配が・・・

せっかくだから、私も早めに寝ようかな?


まなちょん、ビックリ3連発!

【ビックリその1】

今日、まなちょんを寝室に置いたまま隣の部屋を掃除していました。

すると、泣いてる、泣いてる・・・

(ごめんよ~、すぐに終わらせるから~

と思いつつ、そのまま掃除や片づけを続けていました。

ふと気付くと、今度はやけに声が近いというかハッキリと聞こえる・・・

 と思いながらも、まさかねとベランダを覗いてみると・・・

そこには隣の部屋の窓から抜け出し、泣きながらベランダを通ってこっちの部屋に来ようとしている

まなちょんの姿が!!


我が家のベランダには、隙間などはなくて落ちる心配はないのですが、

緑のニセ芝シートが敷いてあるので、そこをハイハイするのは相当痛いはずなんです。

もちろん、公園に行ってもレジャシートから本物の芝の上にだって一歩も進めなかった

ビビリーゆーとりんの時には考えられないこと


最近、窓も網戸も簡単に開け閉めしてしまので、本当に油断も隙もありません。


【ビックリその2】

兄弟をあまり比べてはいけない・・・と言いつつも、やはりついつい「ゆーとりんの時は・・・」なんて考えてしまうんですよね。

最近よく思うのが

「ゆーとりんの時って、ここまで目を離せなかったっけ?」

ということなんです。

まぁ、ゆーとりんの時には私と1対1だったし、部屋や窓も脱走防止のために締め切っていたし、それなりに対処していたのかもしれないんですけど。

とにかくまなちょんは気付けば部屋を脱走

寝室にはないタンスの数々につかまり立ちをしては、引き出しを開けたり閉めたり・・・

指や手を挟まないのが不思議なくらい

まぁ、これはゆーとりんの時にはなかったタンスが今はあることと、子どもタンスも取っ手がないものからあるものに変わった、という事情もあるのですが。

いずれにしても、開け閉めが面倒にはなりそうですが、タンスの開閉防止の対策をしなくてはいけませんね。

とまぁ、本当に目が離せない日々を送っているのですが、さすがに私がトイレに行きたい時には部屋に置いていかざるを得ないんです。

今日も急いでトイレに行き、座った途端に「ふぇあ~とひと泣き聞こえました。

でも、泣き続けているわけではないし、何よりも私は用を足すところ

すぐには駆けつけられなかったものの、トイレを済ませてから慌てて部屋に戻ろうとすると・・・

今まさにまなちょんが半開きだったドアをハイハイで押し開けながら、廊下に出て来ようとしているところでした。

ニコニコと笑いながら出てきたその顔を見てビックリ

片方の鼻から見事な鼻血をたらしているではありませんか

おそらく、あのひと泣きした時は、転んだかなにかして顔を打って泣いていたんですね・・・

それにしてもその顔で、大泣きもせずにすぐに泣き止み、ニコニコしているとは・・・

ビックリ、ビックリ。


【ビックリその3】

自然に起きるのを待ち続けなくても、ゆーとりんを幼稚園に送る時には否応なしに起こされてしまうまなちょん。

なので、遅くても8時には起床しています。

もちろん今日もそうです。


・・・なのに、なのに なんで 

3時過ぎまで ただの一度も昼寝をしないんだーーーーっ!!


ほんっとーーーに一睡もしていないんですよ

夜中も未だに3回は起きてますから、こっちはいつでも一緒に寝る準備OKだというのに。

今日はゆーとりんの英語教室なので、おんぶで行動すればさすがに寝てくれるだろうと思ったのですが、これがなかなか寝ない

ゆーとりんと別れてから、しばらく駅ビルをウロウロしてようやくまなちょんは眠りにつきました。

ところが、教室に戻ると他のお母さんが「起きてるよ」と・・・

えぇっ

結局、本日のお昼寝時間、ものの20分・・・

これで家に帰っても、夜になっても眠る気配もなく過ごしたんですよー

まだ1歳にもなっていないのに、この脅威の体力はなんなんだーっ


以上、伝説にもなりそうなまなちょんビックリ3連発でございました


2歳女の子!

新学期も始まりまして、初めての身体測定があったようです。

どれどれ、夏の間にどれぐらい成長したのかしら~?と見てみると・・・

身 長 : 95.9cm (7月 94.5cm 1.4cmup

体 重 : 12.2kg (7月 12.6kg 0.4kgマイナス



・・・って、痩せてるやないかーーーいっ

私が痩せたら、そりゃぁ嬉しいけど、ゆーとりんはただでさえ細っこいのに、これ以上痩せちゃダメでしょーーー

見ると、2歳の女の子の平均体重が12.5kg

2歳の、しかも女の子よりも軽いんですよー

それでも、丈夫だし、元気一杯わんぱくざかりだし・・・

ある意味ここまでくると、逆に感心しちゃいますよね

うーん、ゆーとりんの成長期は一体いつくるんだろう???


不思議な歯の生え方

下2本の歯が生えてから、しばーーーらくの間音沙汰がなかったまなちょんの歯。

最近ようやく上の歯が見えてきた、という記事をこの間書いたのですが。

結局、上の歯でしっかり見えてきたのは1本だけ。

隣はまだ頭も出てこないのですが・・・

そうこうするうちに、なぜか下の歯の3本目が先に生えてきました。

まぁ、歯の生え方は個人差があるし、順番も気にしなくていいとは言いますが、

なんとも不思議な生え方に驚くやら感心(?)するやらです。


今日で4歳です!

ゆーとりん、ついに今日で4歳の誕生日を迎えました~

でも、3歳までは浮かれて熱心に誕生日を祝っていたし、5歳は5歳で七五三があるから、またなんとなく盛り上がりもありそうですが、

なんだか中途半端な年齢ですよね、4歳って

それが証拠に(?)Jたん父母からも珍しく食事会の提案はありませんでした。

(趣味ごとが忙しそうというのもあったのですが)

まぁ、今はまなちょんと私達の食事ペースを合わせるのも大変なぐらいなので、正直ありがたかったのですが・・・

それにゆーとりんのリクエストが、オムライス・唐揚げ・サラダと、どう考えても義両親向けではありませんでしたし。

バースデーディナー(笑)
ちょっと淋しいですが、ここに唐揚も加わりましたよ。


でも、一応ケーキというかろうそくを吹き消す儀式だけは、みんなでやろうと一部屋に集まりました。

歌を歌って一生懸命ろうそくを吹き消すゆーとりん。

ケーキ
心霊写真じゃありません(笑)
Jたんと両親それぞれの手です。


無事に消えて、ケーキを切り分けたのですが、ゆーとりん以外は夕食の途中なので、おあずけ。

ゆーとりんも結構オムライスなどを食べてくれたので、お腹いっぱいだったらしく、今日のところはほとんど食べずに終りました

まぁ、あっさりしたものではありましたが、正直これぐらいの感じの方が私にとっては気楽です

どっちにしても、もうすぐまなちょんの1歳の誕生日もあるし、来年は七五三もあるんだし・・・

ゆーとりん本人は、ケーキさえ食べられれば満足なようでした。

めでたし、めでたし


なりきりヒーロー!

今日はいよいよ『仮面ライダーW』の第1回放送日。

ゆーとりんは昨日買ってもらったベルトを早速しめて、テレビの前でスタンバっておりました。

そして、一緒になって変身して戦っているつもりになってました。

1度見ただけで、まんまとハマったらしく、見終わった直後に「またみたい」と言う始末

これから1年間、たっぷりベルトで変身しながら、楽しんでくださいな。

ほんと、9月開始のヒーロー物は、9月生まれのゆーとりんにとってはありがたいことです。

(おもちゃを買っても、1年たっぷり遊べる(笑))


そして今日は『仮面ライダーWなりきりセット』なるものが付録についている、雑誌も買ってあげました。

お面にマフラー、ベルトまで紙で組み立てるようになっているんですねぇ。

このベルトがあるなら、おもちゃはいらなかったか なんてね(笑)

なりきってます!

今日も張り切って、ライダーになりきっておりましたよ~。


誕生日プレゼント

いよいよゆーとりん、4歳の誕生日まであと2日ということで、今日はJたん父母が誕生日プレゼントを買ってくれることになりました。

もう2年くらい前から三輪車やら自転車を買いたがっていたのですが(義父母がね)

私自身にあまり必要性を感じず、むしろ行動が大変(まなちょんもいるし)、そして置き場所もない、ということでのらりくらりとかわしておりました。

そして今年あたりは自転車でもいいかなぁ~?なんて思いだしていたのですが、いかんせんゆーとりんは小柄

今、自転車を買うなら小学生になっても乗れるかっこいいタイプのものがいいなぁと思っていたのですが、この体型では到底ムリ。

じゃぁ、小さいのにすればいいじゃんとお思いでしょうが、結局小学生になればマウンテンバイクっぽいのとかがいいと言い出すに決まっているので。

まなちょんにお古で回すという手ももちろんありますが、やっぱり2台も自転車を置く場所は、我が家にはないもので・・・

とまぁ、前置きが長くなりましたが、ようするに今年のプレゼントも自転車ではないという事で(笑)

この結論を書くためだけにこんなに長々と


それに義父母が試しにゆーとりんを自転車に乗せようとしたのですが、なぜか本人も断固拒否したので、義父母もあきらめたようです。

結局ゆーとりんは、ヒーロー物のおもちゃのところに一直線

1年ごとに変わってしまうヒーロー物のおもちゃには抵抗があった私ですが、今ではすっかり

「ゆーとりんが喜んでくれるなら、いいやぁ

という親バカ街道まっしぐらです(笑)

それにせっかくのお誕生日なので、本人が欲しいものが一番かなと。

去年まではまだあまり自分の意思では選べなかったので、親の私達がリクエストしていた感じでしたしね。


で、ゆーとりんが自らの意思で欲しがった物、それは・・・

明日から始まる新番組、『仮面ライダーW』のベルト

先週、なんとも中途半端に最終回を迎え、おまけに「つづきは12月公開の映画で

などというブーイングの嵐が起こるような終り方をした仮面ライダーディケイド。

ゆーとりんはそんなのも全く意に介さず、気持ちはすっかり新ライダーのWに向かっていたようです。

まだ番組は始まってもいないのですが、ちょうど今日が発売開始ということで、ゆーとりんの目にはもうそのベルトしか映っておらず、

結局それが4歳の誕生日プレゼントとなりました。


もちろん家に帰るやいなや装着し、Wになりきって遊んでおりました。

4歳のプレゼント


それでも本人大まじめ

普段から食事の時にも落ち着きがないゆーとりん。

「気をつけなさいよ」

と言った側から、お茶をひっくり返したり、ご飯やおかずを下にこぼしたり・・・

そして今日も、ひじがお皿に当たってご飯をひっくり返してしまいました。

「もーうっ、だから言ったでしょーっ。いつもいつもーっ

と怒る私に、すぐ泣きべそをかくゆーとりん。

そして言った言葉が

「ごめんなさーい。 ごめんなさーい。

わるい ゆーとでございます~


文章だと実際の言い方が伝わらないのが非常に残念ですが、これは決してふざけて言っているのではなく、

本人は泣きながらで、いたって大真面目。

それにしても・・・

もちろん私は思わず笑ってしまいました。やられた。


スイミング開始

新学期も始まり、今日から給食も始まりました。

そして課外授業のスイミングもいよいよ今日から開始です。

ゆーとりんは、幼稚園からバスに乗っていき、また幼稚園まで連れて帰ってきてもらう、というコースになっているので、前々から

「今度から木曜日はスイミングの日だからね。幼稚園からみんなとバスに乗ってプールに行って

また幼稚園に帰ってくるんだよ。おかーさんはプールにはいないからね」


などと心構えができるように話をしておきました。

すると、以前から幼稚園バスに憧れを抱いていたゆーとりんはもう“バスに乗る”ということしか頭にないようで・・・

火曜日の登園の時から

「きょうは バスにのっていく?」

と、幼稚園にもバスで行くもんだと勘違いしているし

その勘違いを毎日正しながら、なんとか今日、本番の日を迎えることが出来ました。って大げさですね


スイミングに行ってくれると、幼稚園へのお迎えは3時45分頃で、いつもよりも遅くなり、これは私にとってもありがたいこと。

でも、今日は初日という事もあり、一応こっそりプールまで見に行ってみました。


いきなりお風呂にもぐれるようになって驚かされたゆーとりんですが、その後幼稚園の水泳講習会を受けたにも関わらず、

もぐることに慣れすぎちゃって、鼻から息を吸ってしまうようになり、その痛みから逆にもぐったりできなくなって、後退しちゃっていたんですね。

おまけに25mプールのような広いところも初めてだし、足がつかないようなプールも怖がるので、

泣いちゃっているんじゃないかなーと心配していたのですが・・・


そこにはみんなと一緒になってニコニコと水慣れの授業をこなしているゆーとりんの姿が。

腕にヘルパー(浮くための道具)を付けて、仰向けになって先生に水の中を泳がせてもらっていたので、すぐにこっちに気が付いたようでした。
(見学は2階からなので)

その様子にすっかり安心して、お迎えの前に先回りして帰宅。


でも、お迎えに行って

「楽しかった? 上手にできていたねー。泣いているんじゃないかとおかーさん心配してたんだよ。楽しそうにやってたね」

と言うと

「でも、『おかーしゃーん』ってないちゃった。 だっておかーさん いなかったんだもん」

って、実はしっかり泣いていたんかーーーい(笑)

話を聞くと、バスでは年中か年長のおにいさんとおしゃべりしたりして楽しんでいたようなんですが、

スクールに着いてから私がいなくて泣いていたんだとか・・・

しかも、泣いていたのはゆーとりんだけだったそうで


私にとっては、ゆーとりんは私がいなくてもへっちゃらなイメージで、実際に離れている時の様子は見られないので、

そんなに私と離れて泣いているというのが、想像つかないんですよねぇ・・・

でも、幼稚園の1日入園の時に吐くほど泣いたと聞いて驚き、その辺りからどうも私がいないとダメみたいで。

とはいえ、今日は私が見に行った時にはすでにケロッとしてニコニコしていたので、心配はいらないと思いますが。

そして本人も

「こんどは もうなかないぞーーー」

なんて張り切っております。


私自身は小学2年生の時にスイミングに通ったのですが、泳ぐのが嫌で嫌でしょうがなく、いつも仮病を使って体を温める部屋にこもっていて、

8mしか泳げないまま、すぐにやめちゃった・・・という経緯の持ち主なので(^^ゞ

ゆーとりんは、とりあえず水を怖がらずに楽しんでくれればいいなぁと思っています。


立った&上の歯

ここ何日か、自ら立ちそうなそぶりを見せていたまなちょん。

今日、ついに1人立ちしました~

と言っても、本当にほんの一瞬ですけどね。

今までもテーブルのところで、お腹で支えて手を離したりはしていましたが、

今日のは完全に何もないところで立っちゃいました。

寝転がっている私の体で自分の体を起こしながら立ち、そのまま手を離す、というのを繰り返していました。

まだまだほんの一瞬だし、私が支えて立たせてから手を離すとすぐにぺたんと座っちゃうんですけどね。

これがすこーしずつ時間が長くなってきて、いつの間にか1人で普通に立っているようになっちゃっているんでしょうね。

つかまり立ちするまでは早かったのですが、そこからは意外と成長がゆっくりでしたね。

と言っても、多分十分早いのでしょうが。


あと、下の歯が2本生えてからそれっきりだったまなちょんの歯。

私は個人差があるからと特になんとも思っていなかったのですが、Jたんは

「下の歯が生えたのに、上の歯がなかなか生えてこない」

と結構心配していました。

それが、ようやくちょこっと頭を見せ出しました。

下の歯の時は、みるみるうちにという感じでしたが、今回は生えてくるペースもゆっくりめで、

1本しか見えないし、しかもまだまだ『生えてるー』というほどでもありません。

噛まれると今の2本だけでも痛いし、2本だけの顔もかわいいので、ゆっくりでもいいのですが、

歯が生えると、また物が食べやすくなるだろうから、まなちょんにとってはいいんでしょうけどね。


しかし、いつの間にやらそうやって成長しちゃってるし、どんどん大きくなっていくし・・・

しみじみ子どもの成長は早いなぁ。


新学期開始と新型インフルエンザへの恐怖

世のお母さん方はみんな胸をなでおろしているであろう、新学期開始。

まだ午前保育ではありますが、私もなんだかほっと一息つけました。

でも、世間では新型インフルエンザが蔓延しているそうで、さすがに病気知らずのゆーとりんや私も、この波には飲み込まれてしまうのでしょうか・・・

なんとかゆーとりんもガラガラうがいができるようになったので、毎日の手洗いうがいは欠かしていないのですが、問題はまなちょん

手洗いはともかく、うがいはできませんからねぇ・・・

新型インフルは夏でも感染が広がっていたぐらいなので、秋冬がちょっと怖いです。

かからないに越したことはないのですが、今回かからなくても、1年中猛威をふるっていますからね。

一生かからない、なんて事は出来ないのかもしれませんね。

それならいっそのこと、弱毒性のうちにかかって免疫が出来た方がいいなんて話も聞きますし。

こんな風に心配しつつも、マスクや食料を買いだめしているわけでもないので、私はまだまだ危機管理が甘い方かもしれません。

みんなはどうしているのかしら?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。