Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ついにとんでもないことをーっ!

日々、ゆーとりんの時には考えられなかったことを次々にやらかしてくれるまなちょんですが・・・

昨日に引き続き、またもやとんでもないことをやらかしてくれましたっ(>_<)

まなちょんを1人部屋に残し、(この時点でかなり怪しいけれども、同じ部屋にいると家事もままならないので)

隣の部屋で洗濯物をたたんで片付けていた時のことです。


もちろん昨日の一件でさすがに懲りたので、ミルク缶は部屋の外に避難しておき、あとはそう心配いらないだろうとたかをくくっていたのですが・・・


ガシャーーーン


という音が聞こえ、慌てて部屋の中に入ると・・・


机の上に呆然と立ち尽くしているまなちょんの姿が・・・

これは、低いテーブルじゃないんですよ。

いわゆる勉強机のような、大人用のれっきとしたデスク、なんです。


そして、その机の上に置いてある調乳ポットが落とされ、無残にも割れて飛び散っているではありませんか

くだけちったガラスと、大量のお湯を目の前にして、これまたボー然としてしまった私ですが、なんとか我に返り、

まなちょんがガラスでケガをしないうちにと、慌てて後始末をしました。


どうやら、まなちょんの食事用の木のイスを足がかりにして上ったようなんですが、さすがに机の上に乗ることまでは想定していないので、

そこは最後の砦というか、机の上にはガラス棚があったりして、他にも色々と物が乗っていたんですよね。

それまで全部ひきずり落とされていたら、もっと大変なことになるところでした。

って、調乳ポットだけでも十分大変なことになっていたし、その砦も最近はちょくちょく破られてミルク缶が被害にあっていたんですけど・・・

この間の1歳半検診でも言われたことだし、元々2歳に向けてミルクと言うか哺乳瓶は卒業していかなければ・・・と考えているところなので、

今更また調乳ポットを買うのももったいないし、かと言ってまだ全くのミルクなしの生活は夜泣きがあるから、こっちの身が持たないし・・・

さて、どうしたものか・・・


っていうか、そもそもまなちょん、なんてことをしでかしてくれたんだーーーっ

あー、もーうっっ、ほんっとにほんっとに信じられなーーーいっ


スポンサーサイト

あわや!

今日も朝からなんとなくスッキリしないお天気・・・

仕事が忙しくて、帰りは遅いのに朝は早いJたんは、1週間分の疲れがたまって起き上がれず

そんなことはおかまいなしの子ども達は外に出たがってしょうがないんですけど、雨がぱらついたりしたこともありーの、私もなんとなくめんどくさいので、なだめすかしながら家でだらだらとしていました。

すると、1枚のチラシが目に入りまして

それは近くの和食ファミレスが、父の日の特別企画で、かなりお得な食べ放題+αメニューを日にち限定販売するという。

ダメ元でJたんに聞いてみると、あっさりと「行けばいいじゃん」と言ってくれたのですが、さすがにお昼からそんな贅沢でボリュームたっぷりの食事をするのは・・・

ということで、家で早いお昼ご飯を食べ、いったんお昼寝をさせてから夕方外で遊び、そのまま食事に行くというコースを勝手に設定。

我が家は入浴時間がものすごく早いので、夕方から出かけるなんて事は滅多にないんですけど、今は日も長いし、昼間の外遊びは暑いので、ちょうどいいかなと。

3時ぐらいまでみんなでお昼寝をして、(結局私も寝てしまった・・・)4時頃出発。

まだ明るいのに、暑さはなくなっていて外遊びには最適で、この作戦は大成功

2人がお気に入りの公園で遊んでいたのですが、パワフルな小学生軍団がやってきたので、別の公園に移動。

するとそこに偶然幼稚園のお友達のYちゃんが遊びに来ていたのですが、ゆーとりんはなんだか妙に照れちゃって、Yちゃんの弟とばっかり遊んでいました。

そうこうするうちに5時半になったので、Yちゃんたちと別れ、満を持してファミレスにGO!

しゃぶしゃぶの食べ放題で、まなちょんが心配だったのですが、食欲旺盛なまなちょんは、意外とおとなしく座って、もくもくとかなりの量をたいらげてました。

まぁ、もちろん最後までおとなしくしていたわけではなく、テーブルの下にもぐったり、私とJたんの膝の上を行ったり来たりはしていましたが。

(それでも、店内に脱走することもしなくて、いい意味でビックリ)

まなちょんの意外なおとなしさに、私もしっかりと食事を堪能できたのでした~満足満足。


そして、その帰り道に事件は起きたのです!!

おいしい食事の余韻にひたりながら、Jたんの運転する車で家路をたどっていたのですが・・・

とある交差点で信号待ちをしていた時、その横にコンビニがあったんですね。

そして、まさにそこから出てこようとしている車が、あれよあれよという間に、うちの車の横にガスッとぶつかってきたんです!!

それはちょうど私とまなちょんが乗っている側だったので、私はよく見ていたのですが、その車がバックで出る準備をしているんだなーと思っていたら、

そのまんま、まるでうちの車なんて目に入らないかのように下がってきてぶつかったんですよね。

実際、運転手さん曰く、全くうちの車は見えていなかったらしいのですが、道の構造上、交差点なんだから、車がいないわけないでしょーという感じなんですけどね

幸いこっちは停まっていたし、向こうもバックでゆっくりだったので、もちろん外側にはかなりの傷がついてしまいましたが、

中にいたまなちょんには、なんの影響もない程度だったので本当によかったです。

まなちょんに何かあったら、ほんとこんな冷静にブログになんか書いてないで、運転手さんにも詰め寄っていたと思うんですけど、

ほんっとたいしたことなくてよかったです。

うっかり運転手さんもなんだか人のよさそうな感じの人で、真っ先に「お子さんは大丈夫ですか?」って言ってたし。


その後、警察を呼んで色々とすることになったのですが、時刻はすでに8時近くて、ゆーとりんとまなちょんをその事情聴取に付き合わせるわけにもいかないので、

私達はとりあえずタクシーで家まで帰ることになりました。


休日はいつもJたんが子ども達とお風呂に入るのですが、時間も時間なのでそうも言っていられず、いつも通り私が2人と一緒にお風呂に入りました。

ゆーとりんは、警察が来るということがものすごく気になっていたらしく、帰りの道すがらからお風呂に入っている最中もしきりに

「おとーさんと、あのおにーさんたちふたり(相手は2人いました)けいさつに つかまっちゃって、かえってこられないのかなぁ?」

と言っていました

「いやいや、あの程度じゃ警察にはつかまらないし、おとーさんのほうはなんにも悪くないから大丈夫だよ」

と話して聞かせたのですが、ゆーとりんの頭の中では

警察が来る=つかまって牢屋に入れられる

という図式ができあがっているようで、納得いかないらしく何度も何度も言ってました

これも最近覚えた遊び、どろけい(泥棒と刑事に扮する鬼ごっこ)の影響なのかしら?


まぁ、いずれにしても、Jたんも警察にはつかまらなかったし(捕まるわけがないんですけど)

まなちょんにもゆーとりんにも、そして一応私にもなんの怪我もなくてほんっとーーーによかったです。

しかし、びっくりしたなぁ


感謝感謝

さて、お友達のおうちへ、初めてひとりで遊びに行ったゆーとりん。

3時頃には、まなちょんを連れて伺おうと思っていたのですが・・・

ちょうど3時前にまなちょんが起きたものの、超・不機嫌

そして、携帯をまなちょんのそばに置きっぱなしだったので、その時に気がついたのですが、Hくんママからメールが入っておりまして。

「ゆーとりんは、いい子で(ほんとか?)遊んでいて、私がいなくても平気と言っているので、雨も降っていることだし、

まなちょんを連れてくるのも大変だろうから、Hくんのお姉ちゃんの習い事に送りがてら、ゆーとりんもそのまま送ってあげるよ」

さすがにそこまで甘えては

しかも、おやつとかなんにも持たせていないから、私が持っていくつもりだったので、伺う旨を連絡すると、

やはり雨が結構激しいし、遊ぶのは今日限りじゃなくて、今後も長いお付き合いなんだから気にしないで~との、なんともやさしいお言葉。

そこまで言っていただけたし、おっしゃる通り確かに雨の中まなちょんを連れて行くのも大変なので、お言葉に甘えることにしました。

おかげで私の方もその間に夕飯を作ることもできたし、なんだかゆっくり過ごせました。感謝感謝。


送ってもらってきた時に、せめてお礼を渡そうとお土産のお菓子を用意して、慌てて出て行ったのですが・・・

なんだかんだと挨拶をしているうちに、その手に持っていることをすーーーっかり忘れて、結局渡しそびれてしまいました~

しかも、ゆーとりんはお土産のお菓子持たせてもらってるし。

私のバカバカーーーっ


帰ってきたゆーとりんに聞くと、ちゃんと「おじゃまします」も「おじゃましました」も言ったし、一応ずうずうしいことも言わなかったとのことなので、とりあえずは一安心。

Hくんには小学生のお姉ちゃんがいるから、もう子どもだけで遊びに行ったりするのも慣れているようなんですが、

私は期せずしてその機会がきて、ちょっとドキドキしちゃいました。

Hくんとは家も近いし、学区も一緒なので、確かに長いお付き合いになるし、子ども同士で行き来できる仲というのは貴重なので、本当にありがたかったです。


ちょっと不安な初体験

今、もうすでに幼稚園のお迎え時間が過ぎましたが、ゆーとりんは家にはいません。

預かり保育、というわけでもなく、急遽お友達のに遊びに行っているのです。

昨日、あるお友達がお散歩がてらうちに寄って、「今からおうちにこない?」と誘ってくれたのですが、その時、すでに5時ちょっと前。

スイミング帰りだったゆーとりんと私達は、すでにお風呂に入ってしまっていたんですね。

(なので、私は風呂上りのタオル巻き姿で出てしまいました。恥ずかしい

だからもちろん遊びに行くことはできず、お断りしたのですが・・・

それをうっかりゆーとりんにバカ正直に話してしまったもんだから、ゆーとりんは

「Hくんちにいってから おふろにはいればよかったのにー

とべそかき。

言った私がバカだった・・・

というか、来るとは思いもしなかったから、お風呂のタイミングなんかはかれないよ~ゆーとりん

まぁ、そのべそかきもそんなに長引かず、「しょうがないでしょ!」の私の一言で、ゆーとりんはあきらめてくれたんですけど。


で、今。

まなちょんは例のごとくお昼寝中なので、急いでお迎えに行くと、ちょうどHくんのママもお迎えに来ていて。

「昨日はせっかく来てくれたのに、ごめんね」

という話をしたら

「それじゃぁ、今から来る?」 と言われまして。

「まなちょんが寝てるから・・・」

と断ろうとしたら、

「ゆーとりんだけでもいいわよー。おねえちゃん達は(Hくんには2人のお姉ちゃんがいます)遊びに行っちゃうから、

Hの相手をして一緒に遊んでいてくれれば、私も家のことできるしさー」


という、なんともありがたい申し出。

本来なら、子どもだけで行かせるのは・・・というところなんですが、まなちょんが起きたらすぐに行くことにして、とりあえずお言葉に甘えることにしました。


まなちょんがいつ起きるかとヒヤヒヤで、しかもちょうど雨が降ってきてしまったので、そのまま慌ててゆーとりんをお願いしてしまい、

ゆーとりんになんにも言い含めていないもんだから、

(お邪魔しますはちゃんと言ったかしら? いきなり「のどかわいたー」なんてずうずうしく要求していないかしら? (暑いから絶対言ってそう))

と、かなーーーーり不安なんですが、とりあえずまなちょんが起きたらおやつを買って、すぐに行くつもりです。

でも、まなちょん、まだ起きそうにない・・・しかもかなりの雨・・・

ゆーとりん、そそうしていないことをおかーさんは信じてるからねっ


またやられた~

今日は木曜日で、ゆーとりんはスイミングの日。

ということで、ささやかながらお迎えの遅い、私のパラダイスの日なんですね~。

いつもはゆーとりんのお迎えとまなちょんのお昼寝が重なってしまうので、私は寝ていられないんですが、今日なら一緒にゆっくり眠れる~ともくろんでいたのですが・・・

どうも朝からまなちょん、今度はお腹の調子がおかしくなっているんですよね。

この間は喉の風邪、ということで他の症状はなかったのに、今度はお腹の風邪をもらってしまったのか、今その症状が出てきたのか・・・?

熱はあれっきり出てないし、吐いたりもしないのですが、明らかにゲリなので、またもや病院にかかっておくことに。

今回はロタとかではないので、下痢止めを処方されて帰ってきました。


そこから、のちのお昼寝タイムに備えて、お昼ご飯を用意したのですが・・・

その間にまなちょん疲れてしまったのか、すでに寝てしまっている

お昼も食べずに、こんな早くから寝てしまっては、お迎えの時には起きちゃう。

まぁ、起きても悪いわけじゃないんですけど、できれば寝ていてくれれば、その間にさっとゆーとりんを連れてこれるので、その方が楽なんですよね。

という訳で、お昼寝の時間を調節しようと、まなちょんのそばでご飯を食べ始めると、案の定私の気配を感じてまなちょんは起きだしました。

(ほんと、わずかな気配で起きちゃうんですよね)

そして一緒にお昼ご飯を食べて、お腹もいっぱいになったことだし、さぁ!共に寝ようじゃないか!と、寝る体勢に入ったところ・・・

まなちょんは全く寝る気なし!当たり前・・・

でも、ほんの5分、10分しか寝ていなかったのになぁ

そうこうしているうちに、私の方がすっかり眠くなってしまい、ウトウトと

ハッと目を覚ますと、まなちょんはいつもなら傍に転がって寝ている・・・はずが、絶好調に1人遊びの真っ最中。

そして、私の目の前に広がっていた光景といったら・・・

本は本棚からありったけ引っ張り出され、DVDもケースを開けられ指紋だらけ。

カラーボックスに入っているおもちゃも雑誌も散乱し、極めつけが床一面に落ちているティッシュ・・・



あぁぁ~、またやられてもうたーーーっ


やっぱりゆーとりんの方がやんちゃ度合いが低かったのか(それも疑問だけど)、私が油断しているのか・・・ティッシュを出されるのはこれでもう3度目、4度目ぐらいでしょうか・・・

ゆーとりんの時にはせいぜい1,2回だったのになぁ。

兄弟をあまり比べてはいけないと言いつつも、でもでもやっぱりまなちょんは、ゆーとりんの時には考えられないことをしでかしっぱなしなんですものーーーっ(>_<)

この惨状をどうするか、そしてゆーとりんを迎えに行ったらもう4時だからお風呂もご飯もしなきゃいけないし・・・

一瞬のうたた寝と引き換えの出来事に、すっかり頭を抱えてしまったふぃんしゅんなのでした


ついにやられました(>_<)

いつかやられるんじゃないかとは思っていましたが・・・ついにやられてしまいました

たった今、アイロンがけなどのために隣の部屋にいた私。

まなちょんが脱出してこっちの部屋に来ないように、2人がいる部屋にはつっかえ棒をしていたのですが

ゆーとりんがドンドンドンとドアを叩いて私を呼ぶんです。

「今は手が離せないからー。なーにー?」 と聞くと

「でもー、こっちがたいへんなことになってるんですけどー」 

と言うので、アイロンどころじゃなくなり、慌てて2人のいる部屋にいってみると・・・


そこには両手にべったりとミルクの粉をつけてなめまくっているまなちょんの姿が!! \(◎o◎)/!

そしてカーペットの上もミルクだらけ・・・

あまりの惨状にさすがにこの様子を撮影する気にはなれず、慌ててまなちょんを洗って、掃除機をかけたのでした。
(カメラも壊れてますしね)


ゆーとりんの時には、低い机の上に一式置いておいても、引きずり落とすなんてことは一切なかったのに・・・

まなちょんは机の上ではだめで、さらに高いカラーボックスの上に置いておいたのですが、ちょこちょこミルク用のスプーンなどに手を伸ばして下に落としてしまっていたんですね。

それでも、今まではなんとかミルク缶にまでは被害が及んでいなかったのですが・・・

急に背が伸びたのか、ドアを開けられるようになって、自分でも高いところに手が届くことに気づいてしまったのか・・・

こんなことをするなら、早くミルクもなくしたいんですけど、未だに夜泣きにはミルクが一番の特効薬なので、なかなか手放せずにいるんですよね・・・

しかし、ほんっとまなちょんは大変だ・・・


ついにこの日がやってきてしまった!

ちょうど週末でJたんがいる時に

「もうそろそろまなちょん、ドアノブに手が届いちゃいそうだなー」

なんて言っていたのですが・・・

今日、ついにまなちょん自分でドアを開けられることに気がついてしまいました~


元々一部屋に閉じこもっているのがいやな上に、後追いも結構激しいので、これで自由に出入りできるようになったとあっては、これから一体どうしよう・・・という感じです

食事作りはもちろん、隣の部屋にいることも、トイレに行くこともままならなくなりそう


まなちょんの代弁者

最近ゆーとりんは、まだろくにしゃべれないまなちょんの気持ちを代弁するようになりました。

小さいうちは、子ども同士でしか分からないコンタクトをとって、本当に赤ちゃんの言いたいことを伝えてくれる、というような話を聞いたことがありますが、

ゆーとりんの場合は、どう見てもあてずっぽう

『いやいや、まなちょんはそんなこと思ってもないだろー』というようなことでも、したり顔で解説してくれます。

それはそれで聞いていておもしろいんですけどね。


今日も、昼間お昼寝しなかったまなちょんは、夕方お風呂の後で眠ってしまったんですよ。

さて、夕飯はどうしようかな?と思っていたら、ゆーとりんに食べさせようとした時にちょうどまなちょんも起きたので、

準備をしてみんなで食卓を囲むことにしたんですよ。

寝起きの割にはまなちょんは食欲旺盛だったんですが、しばらく食べるとどうしてもイスを離れて遊び出しちゃうんですよね。

すると、その様子を見ていたゆーとりんが

「ぼくは まだねむいんだよー。だからもうごはんはいらないんだよー。あそびたいんだよーっていってるよ」

と代弁し始めました。

いやいや、遊びたいのはあってるかもしれないけど、起きてからしっかりご飯食べておいて、眠いって事はないでしょー。それにその『だから』はなんだい?

てな感じで、おそらく代弁にはなっていないのではないかと・・・

でも、私は「まなちょんそんなこと言ってる?」と聞くと

「まなちょんはー、まだしゃべれないから、こころのむね・・・ん?

(自分でも何かが変と思いつつもうまい表現が見つからなかったらしい)

んー、こころのむねでそういってるんだよ。そういうこと」

と、確かになんかとても素敵なことを表現しそうな感じではありましたが、ちょっと惜しい

まぁ、言わんとしようとすることはなんとなく分かりましたけどね。

でも、こんな言い回しまでするようになったのかーとちょっと驚きました。


ゆーとりんの成長記録(’10.6月)

前回からまだ1ヶ月経ってはいませんが、今月も身体測定がありました。

身 長 : 100.6cm (5月 99.9cm 0.7cm up

体 重 : 14.0kg (5月 13.2kg +0.8kg



おぉ ついに、やっと100cmの大台に乗りました~

そして、前回減った体重も一気にジャンプアップ。

と言っても、標準に比べればまだまだですかねぇ。


息抜き

今日は実家に子ども達を預けて、久々に高校時代の友人達と会ってきました。

1人は私の後輩と結婚して、家も近いのでたまーに会っていたのですが、あとの3人は本当に久しぶり。

2人なんて、私たちの結婚式以来

その4年ちょっとの間に、結構みんな波乱万丈の人生を歩んでいたようですが

まぁ、話は盛り上がり、楽しい時間を過ごすことができました。


出かける前にゆーとりんには

「おかーさんはお友達に会いに行って、夜も遅くなるから、はなちゃん達と2階でいい子で寝て待っていてくれる?」

と言うと

「ぼくは1かいで まなちょんといしょにねているよ(いつも私達は1階で寝る)」

と、なんとも頼もしい言葉。

内心『いっつも 「おかーさんといっしょにねる」って言って、私が隣の部屋にいても「ひとりじゃねむれない」って来るくせに、実家でなんて1人で眠れないでしょう』なーんて思っていたのですが、

ゆーとりんはもちろん、まなちょんまでもが全く泣きもせず、私を思い出しもせずにいい子で眠りについたそうでした。

とにかくはなちゃんとりゅうくんが大活躍で、まぁもう6年生と4年生なので当たり前と言えば当たり前なのかもしれませんが、もう立派な戦力でとても助かりました。

後でゆーとりんに聞いたところ

「りゅうくんが ぼくといっしょにねてくれてー、はなちゃんが まなちょんをだっこして ゆらゆらしてたらねちゃったの」

とのことで、2人が子ども達の寝かしつけまでしてくれたようで、私の母親は出る幕がなかったそうです。


とにかくゆーとりんもまなちょんも手を焼かせることもなく、泣いて困らせることもなくて、すこぶる楽しく過ごしていたようです。

こうして夜預けても平気だなんて、とても助かりますが、2人ともあまりにも私がいないことが平気すぎるのも、なんだかちょっと淋しく思ってしまったりしまうのでした


水遊び

今日も朝からいいお天気な上に、まなちょんは早起きさん。

なので、ゆーとりんを送りがてらそのままお散歩に出ました。

最近のまなちょんは、外に出すと自ら車庫に入って、横に置いてあるおすなば道具を自分で取ってきます。

その割には、あんまり砂場遊びはしないんですけどね


今日は、うちの裏にある公園へ。

もしかしたら、まなちょんを遊ばせるのは初めてかな?

この公園の横にはスーパーというか、お弁当屋さんと冷凍食品などが売っているお店があるのですが、ここに越して5年間、一度も行った事がなかったんですよ。

それがつい最近初めて買い物をして飲み物が安かったので、また今日も買い物をしようと思い、開店までの間公園で遊んで待っていようと思ったわけで。

でも、このスーパー、開店は9時だったので、公園についたときには、もう開いていたんですけどね。


とりあえず公園に行き、すべり台などで遊んでいると、一組の親子が離れたところにある水遊び場で遊び始めたんですよ。

そこには確かにいわゆるじゃぶじゃぶ池のような、夏場だけ水を流して遊べるところがあるんですね。

まなちょんもそれに気がついて、とっととっとと近づいていきました。

噴水じゃないけど、ちょっと高いところから勢いよく水が出ていたりして、これがゆーとりんだったらビビッて近づかないところなんですが、まなちょんは全然おかまいなし

もう、服も靴も関係なく、平気で触ったり、水の中に入ろうとするんですよね。


確かに6月とはいえ、今日はかなり暑かったので、水遊びをしてもよさそうな天候ではありましたが、なにせなんの用意もしていなくて・・・

なので「今日はだめだよ」とひき離したのですが、

結局そのまますぐに買い物をして、いったん荷物を置きがてら家に帰り、着替えや水遊びパンツを用意して、再び公園に戻りました。

準備万端だし、さぁ好きなだけ行っておくれ、とまなちょんを離すと、なんのためらいもなくじゃぶじゃぶと水の中に入っていき、

水がドボドボと出てくるところにしがみついたり、自分でバッチャバチャと水面をたたいては自分の顔が濡れるのを声を立てて楽しんでいました。

外にある池なので、若干衛生面が気になるところではありましたが、一応約1週間ごとに掃除が入っているようだったし、

なにしろまなちょんがおかまいなしに遊び倒しているので、まぁ、もういいか・・・という感じで。

そういえば、この間もショッピングモールに行った時に、噴水広場があって、最初は水の勢いにビビッて抱っこをせがんでいたのですが、

小さい子達がみんなその中でびしょぬれになって遊んでいるのを見て、まなちょんもその中にとっこんでいこうとしていたんですよねぇ。

本当に全くの怖いもの知らずです。


今日のこの様子もカメラでたくさん撮って、一緒に載せようと思っていたのですが・・・

直前まで普通に撮っていたのに、次の瞬間 突然電源が入らなくなってしまったんです

もちろん落としたり濡らしたりしたわけでもなく、バッテリー切れでもない様子で・・・

結局デジカメはそれっきり壊れてしまったようです(>_<)

なにがなんだかさっぱり分かりませんが、まだ2年ぐらいしか経っていないのに、そんなにもろいものなの・・・

(おそらくやはり多少湿気が入り込んで、ショートしてしまったのではないかと・・・)


家でサポートページを見て修理の見積もりを出したところ、1万3,000円。

でも、調べてみると、今ではそれぐらい出せば最新モデルのコンパクトデジカメだって買えちゃうんですよね。

うーん、安くなったもんだなぁ。


一応、Jたんが「すぐ壊す」と怒りながらも、そんなに安いんならボーナスが出たら買ってくれるとのことなので、それまでとりあえずはデジカメなし状態です。


だっ、だれっ!?

朝の8時半頃から遊んでいたので、公園2ヶ所で遊んでもまだ10時前

ドラッグストアで買い物をしたかったのですが、まだ開いておらず。(あとちょっとだったけど)

さて、どうするかーと思った時、今朝、幼稚園で会ったお母さんが「明日は雨っぽいみたいよ・・・」と言っていたのを思い出し、

この週末や来週はまた用事が立て込んでいるので、またもや思いつきで・・・


まなちょんの赤ちゃん筆を作りに行くことにしました。(本当に相変わらず唐突だな

まなちょんのくりんくりんの天然パーマ姿はそれなりにかわいくって、なかなか気に入ってはいたんですけど、

だんだん暑くなってきて、さすがに目にかかりそうな前髪などがうっとうしい

目にもよくないし、あせもとかにもなっちゃうかもしれないので、そろそろ散髪しがてら筆を作りに行かないとな~とはずっと思っていたんですよね。

髪が長いうちにドレス姿も残したことだし(笑)

これで思い残すこともなく、髪の毛を切ってしまえるなと、思い切って(というか思いつきだけど)行ってきました。

いったん家に帰ってカメラとキッズカットのお店の割引券を持って、いざ某ショッピングモールへ

ところが・・・着いてみると平日だというのにお店は結構な混雑で、40分ほど待つとのこと。

しかも、提携している筆屋さんがゆーとりんの時とは違うところで、お高い商品しかないんですよ
(最低でも12,000円から)

ゆーとりんのは、赤ちゃん筆センターという専門のところで作ってもらったのですが、ちゃんと贈る言葉や名前、生年月日まで入れられるのに6,000円程度でできたんですよね。

あくまでも記念なんだから、それぐらいで十分だと私は思いまして。(というか、そんなにお金はかけてられない


そこで、思い付きとはいえ、この勢いのまま行ってしまいたい私は、すぐさままた家の方に戻って、ゆーとりんの時と同じ床屋さんに行きました。

ここはここで散髪代がちょっと高く、ゆーとりんも筆を作った時の1回しか行った事がないので、敷居が高かったんですけど・・・

でも、人のいいおじさんとおばさんは覚えていてくれて、変わらず歓迎してくれました。


ビフォー
まなちょん、最後のくりんくりん姿。
まだ何が行われるか分かっていない状態・・・



朝早くから起きた上に、あっちこっち振り回されて、いい加減お腹も空いてるだろうし、眠くもなっているだろうし、どうなるかな・・・?と心配でもあったのですが、意外や意外。

私に抱っこされておとなーしく座り、カバーも嫌がらずにかけられ、おじさん達も「筆を作る子で、こんな風にはなかなかいかないよ」と、びっくりするほどのいい子ぶりで、順調に切ってもらいました。

もちろん最後の方には飽きて動きたがったりしましたが、そこはおじさんおばさん2人がかりで絵本を見せてくれたり、いろんなおもちゃで気を引いてくれたりして、まなちょんは声をたてて笑うほど、大喜び

結局、一度も泣いたりぐずったりすることもなく、無事に切り終えることができました。

さて、気になるその姿は・・・?



ジャジャンッ!!

アフター



・・・だっ、だれっ!? (^_^;)


まぁ、きれーさっぱりとなっちゃいました。

今までは髪型のせいで、男の子っぽい服装や、やんちゃな行動をしているにもかかわらず「女の子?」と言われることが多かったのですが、

さすがにこれで間違われることはないでしょう。

しかし、これでやんちゃ坊主そのものになっちゃいましたね。

(ゆーとりんの時の記事(ちなみにこちら)を読み返してみたら、おんなじようなこと書いてました


不思議なもので、髪型が変わっただけで、まなちょんの行動は変わっていないはずなのに、帰宅してからの行動がよりやんちゃに見えてならないのでした


お片づけ上手

さて、先ほどの公園でのことですが、ひとしきり遊んだら、まなちょん自ら自転車に近寄り、ヘルメットを持ち出してきました。

どうやらもう満足したらしく、自転車に乗りたがっている様子

児童館や公園に行くようになった当初は、帰りたがらずに泣いたりして、ゆーとりんにはあまりそういうことがなかったので、

こりゃ、まなちょんと遊びに行く時は大変だわ・・・と思っていたのですが、ふと気づけはそういうのはほんの3、4回で今ではそんなこともなく、帰りもスムーズになっています。

むしろ、先ほどの公園2ヶ所でも私がお砂場道具を片付け始めると、まなちょんも近寄ってきて

「なーいない」

と言いながら、ちゃんと道具を袋に入れたりするんですよね。


そういえば、書こう書こうと思いつつ書けずにいたことなんですが、ブログをサボっていた4月頃からまなちょん、こうしてお片づけをしてくれるようになりました。

ブロックとかおもちゃを私やゆーとりんが片付け始めると、自分もマネしてやってくれるんですよね。

そして今では「なーいない」と言葉も言うようになってます。

サークルでも使ったおもちゃを片付ける時間になると、ものすごく張り切ってお片づけしています。

(これはゆーとりんもそうだったなぁ・・・)

それに、ご飯を食べ終わった後も教えたわけでもないのに、自ら食器をおぼんに乗せてくれたりもします

おー、すばらしい


これらは多分にゆーとりんの影響もあると思うのですが、ゆーとりんもなかなかのきれい好き。(母親と違って

夜、寝る前に一度おもちゃや本を全部片付けるのですが、片付けた後でもまなちょんがまた色々とひっぱり出しちゃったりするんですよね。

ゆーとりんはそれが許せないらしく

「もーう、だしちゃだめっ」

などとプリプリするのですが、私はもうめんどくさいので 「もうそれはいいよ・・・」とそのまま寝ちゃおうとするんですよ。

するとゆーとりんは、「じゃぁ、ボクがひとりでかたづけるよ」 と、自分が出したわけでもないのに、またキレーにしまってくれるんですよね

だらしない母親がうまいこと反面教師になっているようです(^^ゞ

(って、私もいい加減ちゃんとしなきゃいけませんね


移動しました

先ほどの公園、家からも近くて、砂場もすべり台もブランコもあって申し分ないのですが…

すべり台がすべらないんですよねぇ

なので、ちょっと足を伸ばして違う公園に来てみました。

ここのすべり台はよくすべって、まなちょんもご機嫌♪



『た~のし~い♪』

砂場もあってバッチリです

ここも結構穴場で好きな公園なのですが、もう少しすると…

毛虫さんがぼっとぼっと落ちてくるんですねぇ

なので、夏場には来られないんですが…

今日は今のところ大丈夫そうなので、楽しんでおきます。

あ、でも砂場にガラスの破片を発見(>_<) しかも、よく見ると結構な数。

結構たまりばになるような公園は、ごみやガラスがあって危ないったらありゃしない

(一応見つけられた限り、はじっこにまとめておきました。ほんとは持ち帰るのがベストか・・・)


公園にて

今日もいいお天気で気持ちいい~ヾ(^▽^)ノ

梅雨に入る前に、この晴天を満喫せねば。

ということで、今日もしっかり布団も干して掃除機かけて、

朝一から公園に来ていまーす(^-^)v

まなちょん、砂遊びデビューもしました♪

一番好きなのはすべり台ですが、どの公園に行っても必ずそこに釘付けになるのは…


水道なんですねぇ(^^;)




どうも銀色に光るものが気になるようです。
(ってカラスじゃないんだから…)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。