Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゆーとりん・年中お別れ会

今日は幼稚園で、クラス毎のお別れ会がありました。

役員さんが主催で、親子でゲームをやり、先生へお花のプレゼントをして代わりにメダルをかけてもらい、一緒に写真を撮る。というような流れでした。

今回のゲームは親 対 子の様式で、勝った方のチームが最後に金メダルをもらえる、という設定だったんですね。

そのゲームの最初は『親子当てゲーム』というもので、目隠しをしたまま何人かの子の手を触り、自分の子(親)を当てるというもの。

メガネも外してしっかりと目隠しをすると、意外と怖いものでして

子ども達がどこにいるかも分からない状態で、うながされるまま手を触っていきました。

ゆーとりんの手は冷たくて細いので、「これだ」という手に出会ったのですが、なぜか私、6人触るところを5人しか触れず、

果たしてゆーとりんが何番目にいたのかが分からなくなってしまいまして

そしてものの見事に(?)外してしまいました~

ゆーとりんは泣きはしなかったものの、あきらかな落ち込み様・・・

でも、逆に子ども達が親を当てる時、ゆーとりんも私の手を間違えていました~

いやー、これ。結構難しいものでしたよ。

なんというか、肉感で違う、違うと分かる子もいましたが、何人も触っていくと段々分からなくなっていくんですよね。

そして私の最大の敗因は、どこかで1人飛ばしてしまったことなんですがー

だけど、幸いなこと(?)に第一チームで当たったのは親子とも6組中2組だけでした。

私だけが子どもを当てられないんじゃなくて、よかった~(笑)

お互いに正解した親子もいましたが、子ども達は、自分が当てられなかったり、親に当ててもらえなかったりして

泣いちゃったり、どんよりとした空気に・・・

ゆーとりんも細かい縦線が背後に見えるぐらい、どんよりと落ち込んじゃってました。

ごめんよ~、ゆーとりん


中でもすごかったのは、1人のお母さんだけ上の子の学校の用事で遅れてくる事になっていて、代わりに先生とペアを組んでやったんですけど、そこでお互いが当てたこと

うちなんか親子でも当てられなかったのに、先生もその子もちゃーんと分かるなんて、ほんとビックリしちゃいました。

結果は24組中、子どもが当てたのが11人で、親が当てたのが12人と、ガチでやった割には本当にいい勝負でした。

当てられたのがちょうど半分ぐらいってことですね。(ここでもホッ)


その後、ジェスチャーゲームをやり、ここでも親チームがリード。

最後に大逆転チャンスということで、みんなで一列になり、股の下から風船を渡していく、というゲームをやりました。

親達はヒソヒソと「ゆっくり・・・ね」と根回しをして、見事子ども達に花を持たせてあげました~


そして、先生から1人ずつ金メダルをかけてもらい、子ども達からはお花を1輪ずつ渡して、ツーショットの記念撮影

最後に先生がお話されたんですが、先生も途中で言っていたように、このクラスの子達は真面目な話をしていても茶化すようなところがあり、

先生が「もう、先生とはお別れなんだよー。ばいばーい」と言っても

「バイバーイ

とアッサリしたもの

お陰で先生も泣くに泣けず、でもあまり泣くところは見せたくないので、その茶化しが助かるとは言っていましたが、サバサバとした雰囲気でお別れ会は終わりました。


年中さんの保育日数はあとたったの15日。

幼稚園にも慣れたせいか、本当にあっという間の1年でしたね~。

担任の先生も代わって、親子ともとまどったり、叱られたりすることも多かった1年ではありましたが、先生にはお世話になりました


ゲームが非常に盛り上がったこともあって、うちのクラスだけ予定時間の1時間半をオーバー。

そのため、去年やったようなお友達それぞれとの写真は1枚も撮れずに終わってしまいました・・・

またJたんにチクチク言われようとも、スクラップブッキング風に加工して、みんなに渡せたらなぁと思っていたのですが、残念でした~


ここまで話題に出てこなかったまなちょん。

いるとゲームどころでもないし、しんみりとしたお別れの雰囲気にもならないだろうと、今日は一時保育に預けていたんです。

お陰で、その後は何人かのママさん達と、ゆーーーっくりとランチを楽しむことができました~

バタバタしない食事も久しぶりだったし、パスタとケーキという大好物のセットで、リフレッシュできました~


スポンサーサイト

最後のお別れ

今日は久々のいいお天気であったかーい

まなちょんをお外に連れて行ってあげたいところですが、どっちにしても夕方には出かけるので、まなちょんにはガマンしてもらい、家事三昧。

お布団干して、洗濯も3回して、2階と3階の部屋もぜーんぶお掃除しました。

こんなのを記事にしているあたり、いかに普段は何もしてないかってことがバレバレなんですが~

まぁ、とにかく今日は天気の良さに押されて、怠け者のふぃんしゅんもかなり頑張りました

まだまだ細かいところは怪しいんですが、とりあえず大局がなんとかなれば、後はまた地道にがんばれますからねっ。



さて、今日はゆーとりんのスイミングの日ということで、お迎えに行く前に用意をしておこうと思ったのですが・・・

水着も袋も何もかも見当たらないっ

片付けたばかりなので、まぎれているという事もなく・・・

1週間も前のことで、記憶は定かでなく、洗濯したかどうかもうろ覚え

まさかまさかなんですけど・・・

念のためスイミングに電話して聞いてみたところ、しっかりと忘れ物として処理されておりました~。

しかし、1週間も気がつかないとは

というか、普通当日洗濯物に出す時点で気づいてもよさそうなものなんですけど・・・

でも、スイミング側も、そんな一式なんだし、名前だって書いてあるんだから連絡ぐらいくれてもよさそうなものなのになぁ・・・

なんてちょっと思っちゃったり。

そこまではしてくれないものなんですね。


とりあえず、乾かしてはくれていたとのことなので、そのままゆーとりんは水着をつけて参加してきました。

ゆーとりんが泳いでいる間は、1時間もあるんですね。

ゆーとりんがやっている場所は見学席から一番奥なので、正直ほとんど見えないし、まなちょんを1時間おとなしくさせておくのは至難の業なので、最近では公園か児童館で過ごすようにしています。

今までは寒さのせいか、どちらも空いていてよかったのですが、今日の児童館は大混雑。

でも、よく見れば結構知ってるママさん達がいて、更によく見るとあるお友達の顔が。


実はそのお友達、母親学級で知り合ったので、お互いお腹にいる時からの仲。

ところが、お父さんの転勤で、3月には引っ越してしまう、と聞いていたんです。

幼稚園はゆーとりんと違うところなので、すっかり疎遠になってはしまっていたのですが。

ちょうど明日には母親学級仲間でお別れランチをしようとお誘いを受けていたのですが、降園後すぐに行かなくては間に合わない習い事もあるし、

明後日には(ゆーとりんの)幼稚園でのお別れ会もあり、なんといっても暴れん坊のまなちょんを連れてではゆっくりお話もできない・・・

と断腸の思いでお断りしたんです。

もう引越しまで間もないし、改めて会いに行ったりするには荷造りなどで忙しく、時間もないだろうから、これっきりなのかな・・・

と淋しく思いながらも半ばあきらめていたのですが、こんな偶然に会えるとは

肝心のお母さんの姿を探していると、他のママさん達と部屋に入ってきました。


引越しは来週の土曜日なので、幼稚園は今月で退園してしまうということで、その幼稚園のみんなで集まったとのこと。

ほとんどが知らない方達なので、申し訳なかったのですが、ご本人が「いいよいいよ」と言ってくれたので、

しばらく名残を惜しんで最後のお別れをさせてもらいました。


そのお友達のおうちは持ち家で、ご主人の実家の隣なぐらいなので、いつかは戻ってこられるんだろうと思っていたのですが、

実は元々転勤族で、この地に5年以上もいたことが奇跡的だったみたいなんですね。

それにご主人が働いていた部署自体が異動してしまったので、もう戻ってこられるかどうかも分からないそうで・・・


最近疎遠になってしまっていたとはいえ、とても話しやすく、また話もあう方だったので、いざ遠くへ行ってしまうとなると、本当に本当に名残惜しいです

いつかまた会える日が来ることを願っているし、その日が来たらお互い成長した子ども達を交えて再会できたらな~と思っています。

お元気で・・・じゃぁ、また


ゆーとりん・年中マラソン大会

今日はいよいよマラソン大会の日

お天気が思わしくなく、どうなることかと思いましたが、何とか開催されたようです。


前に書いたように保護者が見に行くことはできないし、お天気も悪かったので家にいたのですが、

明日からは習い事が控えているし、少しではありますが晴れ間も見えてきたので、とりあえずまなちょんを連れてお買い物&公園遊びに出かけました。

出かける時に、ちょうどマラソン大会から戻ってきた幼稚園バスとすれ違い、ゆーとりんがどうだったのか、こっちがドキドキしちゃいました

私の予想では、おそらく3位には入れず、4位ぐらいになって、泣いちゃってるんじゃないだろうかと気が気じゃなかったので、

考えないためにも出かけた、って感じだったんですけどね


いつものようにお買い物をして、公園でお昼を食べてから、お迎えの時間まで外遊び。

時折晴れ間は出るものの、雲も多くて結構風が冷たく、付き合うこっちは寒くてたまりませんでした。

1ヶ所にいるのがつらかったので、結局3つも公園をはしごしちゃいました


そしていよいよお迎えの時間・・・

先生がゆーとりんを呼んで、出てきた時の顔は・・・

泣いてはいなかったものの、照れ笑いというか、苦笑いというか、微妙な表情。


そして結果は・・・





4 位 でした~ 予想通り。


去年は休んでしまったクラスの人気者、イケメンくんとずっと3位争いをした挙句、結局競り負けてしまったとのことでした。

そして、同じく去年足を怪我して休んだお友達が、見事1位になったそうです。

やっぱり、その去年お休みした2人が実は強かったんですね~。

でも、去年より距離も人数も増え(年中からは1クラス分増えています)、そして去年は休んだ強豪が参加した上でのこの順位。

十分すごいと私は思います


ゆーとりんは、マラソン大会でも泣かなかったとのことで、私の前でも泣いたり、激しく感情を出すようなことはありませんでした。

そして私が「4位でも十分すごいことなんだよ。がんばったね」などなどありとあらゆる言葉で褒め称えてあげたのですが、

やはり 「1いか2いか3いになりたかった・・・ おおきいぐみさんになったら1いになりたい

と、ゆーとりんは今年の出来に納得できなかったようで、今から密かに闘志を燃やしていました。

うんうん。その心意気が大事なんだよ。

ただ、やっぱり1位になるには相応、相当の努力をしなくちゃいけないんだよ。

根性無しのおかーさんの息子である君に、それができるかしら・・・?

とにかくがんばるなら、おかーさんは応援するからねっ。

来年もまたがんばろうね


これもレジャー?

今日はお出かけ、というほどでもありませんが、先週に引き続き、車屋さん巡りをしてきました。

トータルで3社回って、それぞれで試乗したり、見積もりや査定などをしてもらったりしたので、遠出をしたわけでもないのに、なんだかんだと半日仕事

子ども達は最後の方では飽きちゃってましたが、結構どこもキッズスペースは充実しているし、飲み物やおやつも出してもらったりして、それなりにこれだけでレジャーになったんじゃないかなーなんて

正直、私も最後には疲れちゃいましたが、色々と来場特典でふきんやら洗剤やらなどももらえたりして、お得だったかも


ゆーとりんは最初に行ったところでもらった風船を置いてきてしまったことを突然思い出し、かなり泣いたりわめいたりしていましたが、

最終的には「やっぱり ふうせん いらない・・・」と憑き物が落ちたかのように納得していました。

普段から、まなちょんのことでガマンさせることも多く、私もやっぱり話の通じるゆーとりんに甘えてしまうせいか、

最近、ゆーとりんはちょっとしたことでもわめいたり、泣いたりしてしまうようになって、遅れた反抗期がやってきてしまったかーという感じなのですが・・・

2人いっぺんにイヤイヤだと、ほんっとーーーにこちらが参ってしまうんですよね・・・

幸い、結局ゆーとりんは納得というかガマンしてくれるので助かるんですが・・・

早くまなちょんがもう少し聞き分けができるようになってくれると、ゆーとりんへのフォローもまたしやすくなっていけるんじゃないかと思うんですけどね。

どうもまなちょん、ゆーとりんの同時期と比べて、体は大きいけど、幼い感じがするんですよね。

秋には入園の面接があるというのに、そこまでで成長してくれるのかしら?


話を戻して、車屋巡りが思いのほか時間がかかってしまったので、夜ご飯を外で済ませることにしました。

行き先は回転寿司だったんですけど、1軒目はまだ5時になったばかりだというのに、駐車場も空いていないほどの大混雑。

そして2軒目で、なんとか車を停められたので、そこにしたのですが、やはり30分ほど待つことに。

5時じゃぁ、夕ご飯には早いものかと思っていましたが、みんな結構早く食べにくるもんなんですねぇ。


ここは食べたお皿の枚数によって、ゲームができるところ。

いつも一度の食事で4,5回ゲームに挑戦しても当たらないぐらいなんですが・・・

今日はなんと1度目で当たりました~

これでまずはゆーとりんも満足。


その後はさすがに当たることはなかったのですが・・・

帰る間際にふと見ると、なぜかまなちょんの手におもちゃが

しかも、500コに1つしかないレアアイテムのもの

「えーっ、なになにー?これどうしちゃったのーどっから出てきたのー?」

と驚いたんですけど、誰か大人だけで来た人が、いらなくて上の棚のところに置いていたりして、それをまなちょんが見つけたのかなー?

なんて思っていたら、近くにいた店員さんがこっそりと

「それ、なんというかサービスみたいなものなんで・・・」

と言ってくれたんです。


今回一番はしっこの通路側の席に座った私達。

しかもそこは店員さんたちが物を置いたり、作業をする場所だったんですけど、まなちょんは後ろを向いて格子の隙間から、そのお兄さん達にずっと愛想を振りまいていたんですよね。

それで情にほだされた(?)お兄さんが、おそらく自分が持っていたそのおもちゃをくれたようだったんですね。

1度の食事で1つも当たらないことの方が多い私達なので、今回は本当に思し召しというか、ラッキーでした


夕飯代はかかりましたが(といっても今回はJたんのおごり)、こういうお金のかからないレジャー(と言っていいのだろうか・・・)もなかなか楽しかったです。

実は1台試乗しそこない(出払っていた)、また出向く約束をしたので、来週もとりあえず試乗レジャーになりまーす


マラソン大会に向けて

ついこの間は雪が降り積もりましたが、今朝は夕べからの雨が降り続け

幼稚園に行く朝に、こんなに雨が降っているのは久しぶり。

一応天気予報では、午後からは晴れるという予報だったのですが、長靴とレインコートで送り出しました。

が、あっという間に雨はやみ、晴れ間まで

そこで悩んだのがク ツ

実は、来るマラソン大会に向けての練習が、今日が最後の日だったんですよね・・・

『努力』とか『根性』という言葉は辞書になんてないふぃんしゅんですが、その息子であるゆーとりんは、なかなかの頑張り屋さんのようでして、

先生に聞くと、毎日のように園庭で自主練習をしているとのこと。

せまーい園庭ではありますが、走った周回数でシールを貼っていく練習帳も5,6冊目だとか・・・

なので、本当は今日も普通のクツで行きたがっていたのですが、さすがにこの雨では練習はやらないだろうし、と長靴で行かせちゃったんですよね。

でも、これだけ晴れてきたら、もしかして外で練習するのかしら?長靴だったら走れなくて、後でゆーとりんが怒るだろうな~とか、

他のお母さん達はクツで行かせたり、持たせたりしてるのかしら???

かと言って、幼稚園に電話して聞いて届けるほどでもないだろうしなぁ・・・

なーんて、モヤモヤと思い悩んだりして

結局、お友達に電話して聞いてみたら長靴で行かせたとの事で、届ける事もしなさそうだったので、これで私も一安心。


雨はやんだものの、もんのすごーーーい強風が吹き荒れていたので、どっちにしても外ではやらなさそうでしたしね。

私とまなちょんも家の中で、しまじろうの本を読んだり、DVDを見たりして過ごしました。


そしてお迎えに行くと、やはり外での全体練習はしなかったとの事でしたが、ゆーとりんは走っていたそうで。

最初は「ながぐつじゃ、はしれない・・・」と言っていたようで、

先生が「だから無理には走らなくてもいいんだよ」と言ったようなんですが、結局は長靴で32周も走ったとか

この20周とか30周というのは、先生が数えている訳ではなく、あくまでもゆーとりんの自己申告なので、私としては怪しいんじゃないかと密かに思っているんですけどね

(ウソをついて増す事まではしなくても、飛ばして数えていたりとか)


まぁ、こんな感じで意外と頑張っているゆーとりんですが、志はそんなに高くなく、

「今年は何位になりたいの?」と聞くと、

「きょねんは3いだったからー、3いか2いになりたい」

とのこと。


1位は目指さないんかい!?


って感じですが、なんでも3位までに入るとみんなの前でお話ができるそうで、だから3位までには入りたいって事らしいです。

(ちなみにこのマラソン大会、幼稚園から離れた大きな公園でやるようなんですけど、親は見に行っちゃいけないんです)


確かに練習でも1位のお友達は、去年も1位だったので、まさに『不動の1位って感じで、超えられないたかーい壁なんですよね。

ゆーとりんは去年、練習でずっと3位で、同じくずっと練習では2位のお友達がいたんですけど、その子は当日足を怪我して不参加だったんですね。

そうしたら普通、ゆーとりんは繰り上がって2位になってもおかしくないんですが、本番ではいきなり違うお友達が2位に躍り出て、結局ゆーとりんは3位

今年もその2位のお友達は、練習では上位にはいないらしいので、おそらく本番に強いタイプなんじゃないかと。

そして、去年不参加だったお友達も今年は参加するだろうし、実はもう1人足の速いお友達が去年は欠席していたことが判明したので、

小柄なゆーとりんにとっては、なかなか本番は厳しいものになるんじゃないかなー?と思っています。

こんな細かい分析をしているあたり、結局私が一番気にしちゃっているんじゃないかって感じですね(^^ゞ

というか、多分3位に入れなかったら、ゆーとりんは泣いちゃうような気がするんですよね。

私はいい親じゃないので、『努力は必ず報われる』とは言ってあげることはできないし(努力だけじゃ、越えられない壁ってあると思うんですよねぇ)

そういう悔しい思いをすることだって、大切なことなんじゃないかなと思ったりもします。

もちろん、本番で何位であっても、ゆーとりんのがんばりは存分に称えてあげるつもりです。

だから、ゆーとりんの力を出し切って、がんばってもらいたいです。

見には行けないけど、おうちから応援しているからね~


まなちょん、サークルの日

今日はまなちょんのサークルの日。

空模様が怪しかったので、洗濯物は室内干しで、レインコートや傘などもバッチリ用意して出かけたのに、薄曇り。

やや晴れ間まで見えたりして、洗濯物もったいなかったなぁ・・・


今日のサークルでは、他の曜日や会場の人達が振り替えでたくさーん来ていて、いつもよりもかなりの大人数でした。

工作では傘を入れるビニール袋でロケットを作ったのですが、そのお絵かきをする場所もキュウキュウで、まなちょんは自分の洋服にマジックをつけちゃったりして、ちょっと私がショック

周りにいるお母さん達も本当にすぐ近くだったので、そのお母さん達の洋服にマジックをつけないように、床に描かないように、ということばかりに気を取られ、あまりまなちょんにお絵かきをさせてあげることができませんでした

ロケットが出来上がったら出来上がったで、まなちょんはそれを飛ばすのではなく、ブンブン振り回したりして、そんなつもりではなくても、周りにいるお友達を攻撃することに

今日は明らかにいつもの定員以上の人数がいたので、ちょっとのびのびはできなかったかな


サークルに参加する日は、終わるのがお昼頃なのでお買い物に行き、お昼ご飯なども買って公園で食べてから遊んで、そのままゆーとりんのお迎えに行く、というのが最近の定番。

ネックは会場の目の前が大きな公園なので、いつもすぐには自転車に乗ってくれないことなのですが・・・

今日はあらかじめお菓子を用意しておいて、ちょっと釣ったら割とすんなり自転車に乗ってくれ、なんとか最初に買い物を済ませることができました。

本当はお菓子などで釣るのはよくないと分かってはいるのですが、ゆーとりんと違って食いしん坊のまなちょんには、これが一番の特効薬なんですよね

そして、この間の(幼稚園での)ギャン泣きに懲り懲りしてしまっているので、(というよりもビクビクしている)いかにそこまでいかせずに済ませるか・・・というのが、私の最重要項目になっちゃっておりまして。

いつもは、買い物をするところの近くの公園に寄るのですが、今日はサークルの後に遊ばせてあげられなかったので、その公園まで戻ることにしました。

そしてこれまた定番の好物であるアメリカンドッグを買ってあげようと思っていたのに、公園の目の前のコンビにでは取り扱っておらず、わざわざ離れた別のコンビニでにまで行ったのに、そこでは売り切れ・・・

こんなことなら、帰る途中にあるいつものコンビニで買ってあげればよかった・・・冷めちゃうかなと思って、そこはやめておいたんですけどね。


幸いパンを持ってきていたので、それで我慢してもらうことにして、サークルをやっていた会場に逆戻り。

こういう時には、不思議とその目の前の公園で遊ばずに素直に建物の中に入ってくれるんですよね。

そこの休憩所では飲食ができるので、そこで2人でパンを食べてから、ようやく外に遊びに出してあげました。

と言っても、結局それまでの時間がかかりすぎちゃっていて、遊べたのはほんの30分ほど・・・

ゆーとりんのお迎えの時間があるので、無理やりにでも帰らないといけないのですが、その30分程度でも満足してくれたのか、ここでもダダをこねることもなく、素直に自転車に乗ってくれました。


こんな風に、手こずらずに済むことも意外と多いんですけど、たまーにくる抵抗がものすごいので、いつそのスイッチが入ってしまうのか、いつもハラハラしてしまっています

最近は、オウム返しで私が話す言葉をマネすることが多く、もっと自分の気持ちを言葉に出来るようになれば、そういうことも少なくなってくれるんじゃないかなー?と期待しています。


なんでなんだろう?

今日は英語教室の日。

まなちょんの先生と、ゆーとりんのクラスメイトに渡す写真をちょっとスクラップブッキング風に加工しておきました。

D先生と  Y先生と


そのまま渡せば早いのに、ちょっとそういうこと(飾りつけ)をして渡そうかなーなんて思って、でも時間がなくてなかなか出来ずに、結局渡すまでに時間がかかっちゃうんですよね

(そしてJたんに「相変わらずそういうことにだけは力を入れるよね」と言われちゃったり・・・(^^ゞ)

前のクラスメイトと先生との最後のレッスンで撮った写真(去年の3月)のを渡せたのも、ついこの間ですから


まなちょんは担任のD先生が大好きで

「Dしぇんしぇー、Dしぇんしぇー

といつもまとわりついて、めちゃくちゃ慕っております。

自分のレッスンの後に行われている、小学生のお兄ちゃん達のD先生のレッスン後の復習時間も、D先生は自分の先生だと言わんばかりに、ちゃっかり一緒に並んでいたりするんですよね。

まぁ、とにかく英語のレッスンが大好きなようで通わせている甲斐があるってもんです。


話は変わりますが、ゆーとりんと同じ時間に行われているレッスンで、1つ上の学年の子達がいるんですね。

去年は4、5歳児クラスとして一緒にやっていたクラスメイトでもあるんですけど。

その中の女の子に弟がいるんです。

まなちょんとは7ヶ月違いで、学年は1つ下。

4月からベビークラスに参加するようなんですが、今はお姉ちゃんの送り迎えに来ているだけなんですけどね。

なぜかその弟くんに対して、まなちょんやたらとからむんです


やんちゃで、きかん坊のイメージの強いまなちょんですが、意外と公園や児童館ではよその子にからむことはあまりないんですよね。

実際、一緒にレッスンしている子にも何もしませんし(ゆーとりんは、よくクラスメイトと争ってたっけなぁ・・・

ゆーとりんのレッスン中には一時保育施設でちょっと遊んできたのですが、そこにいた1歳になりたての赤ちゃんにも何もせずに、至って友好的に遊んでいたんですけど。

なぜかその弟くんに対しては、会うなり近づいて顔や頭につかみかかっていってしまうんです・・・

最初は、いきなり抱きついたりはするものの、攻撃という感じではなかったんですけど、今では明らかに攻撃しているとしか思えず・・・

その弟くんも、私から見ればおとなしい方ではあるのですが、やっぱり男の子だなぁという部分もあるので、まなちょんからしてみれば、ある意味シンパシーを感じているのかしら・・・?とも思えるのですが。

でも、ケガなんかさせてしまった日には大事なので、無論やめてもらいたいことには変わりないんですけど。


一体どうしてその子にだけは、そんなことをしてしまうのか、本当に不思議でならないんですよね・・・。


ゆーとりんの成長記録(’11.2月)

今月の成長記録です。

身 長 : 104.0cm (1月 103.4cm 0.6cm up

体 重 : 15.0kg (1月 14.8kg +0.2kg



身長も体重もわずかずつですが増え、なんだかどちらも区切りのいい数字になりました。

体重はようやく15kg台に。

とはいえ、まなちょんはすでに13kg後半なので、本当に大差ありませんが


でも、ゆーとりんが細い細いと言いつつも、私は小学校入学時が15kgだったので、ゆーとりんの方がまだマシなのかもしれません。


最近では、家での食事はもちろん、給食もがんばってたくさん食べるようになってきたので、ようやく体重も増加傾向になれたようです。


また目が覚めちゃいました

夜中の1時半にお腹が痛くて目が覚めちゃいました(>_<)

どうりで、ずっとお腹を壊している夢を見ていると思った

随分と長い間夢を見ていたような気がするんですけど、夢を見ている時間って一瞬なんだって聞いたことがあったような、なかったような・・・?


子どもだったらトイレに行く夢とかを見ちゃうと、そのままおねしょをしちゃったりすることもあるんでしょうけど、

幸いふぃんしゅんは大人なので、大丈夫でした(どうでもいい報告だな


直前には、いつも通りまなちょんの夜泣きにも起こされちゃったんですけどね。

今日は一瞬、叫ぶように泣いて、Jたんのお布団に入りにいって、そのまますぐに寝ちゃっていました。


ゆーとりんは未だに私と一緒に眠りたがりますが、まなちょんは寝付くときには、むしろ私がいない方がいいみたいなんですよねぇ

最近はお昼寝もほとんどしなくなってしまいましたが、たまに寝かせて私も一緒に眠っちゃおうかな~なんてもくろんでも、

私には「あっちにいけ」とばかりに泣きながらドアの方を指すんですよね・・・


公園で遊んでいたりして帰る時にも、なかなか帰りたがらず、

「じゃぁ、もうお母さん行っちゃうよ!バイバイ!」

と帰るフリをしてもまーーーったく動じないし、追いかけても来ないんです


ゆーとりんは私にべったりで、Jたんは「マザコンになっちゃうぞー」なんて言っていて、そうなったら困るなーとも思うんですが、

まなちょんはまなちょんで、私なんて必要なさそうというか、いまいちなついていない感じでそれはそれで淋しいものです・・・


お腹痛いところから、随分話がふくらんだ(?)なぁ

膨らんだというより、話が飛んだのか。


せっかくの場所が・・・

昨日、ゆーとりんは作品展で幼稚園に行ったので、今日はその振り替えでお休みでした。

お天気もいいし、ゆーとりんも「さんにんで どこにいく?」なんて言うので、買い物がてら、ちょっとお散歩に行ってきました。

ちょっと遠いディスカウントストアまで出かけて、買い物をして、お昼用にパンなどを買って近くの公園へ。

ここはこの間たまたま見つけて、新しいし広いし、その割には人がいなくて新たなお気に入り場所になっていたのですが・・・

今日目の前に広がっていたのは、すさまじい惨状


ペットボトルやら、ゴミが散乱していて、おまけに大量の生卵があちこちで割れているんです

『えーっ今、卵って高くなっているのにもったいない

(そういう問題じゃないんだけど)


夏だったら、すぐに腐ってすさまじい臭いになっちゃうよ(>_<)


私はすぐに無法者の若者達が夜中に騒いで散らかしたんだろうなーと思ったのですが、お子さんと遊びに来ていた人とちょっと話をしたら、

確かに若者もかなり夜中にたむろっているけど、カラスも多くてゴミを荒らすから、カラスかも・・・?なんて言っていたのですが。

でも、ペットボトルと食べ物のゴミの日は違う収集日のはずだから、カラスがしたとしても、こんな風に一緒に散らかることなんてないと思うんですけどね。

おまけに、おびただしい量の生卵

さすがにカラスが卵を1個1個投げて割ったりしないでしょう?

うーん、パックごと捨てられていて、食べるために上空から落として割ったとか・・・?

でも、やっぱり人がやったというか、投げて遊んだんだろうなとしか思えないんですけど。


この公園自体も新しいんですけど、その周辺は完全にみんな新興住宅地って感じなんですよね。

せっかく環境のよさそうなところに家を買っても、すぐ近くでおバカな若者が騒いでこんなに散らかすんじゃ、気の毒に・・・って思っちゃいました。


前出の人に聞いたところによると、公園は新しいのに、遊具もすでに壊されたりしたらしいですし。

確かに、遊具のネットが補修されていて、なんとなく焼き切られたようになっていて、(新しいところなのに、なんでだろう?)とは思っていたんですけどね。

あーぁ、なんなんでしょうね一体。

どうしたらそんな人間になっちゃうんでしょう


せっかくいい公園を見つけたと思ったのに、なんだかガッカリな出来事でした

本当に、本当にゆーとりんとまなちょんにはそんな人間にはなって欲しくないなぁ・・・


ゆーとりん・年中 『作品展』

今日はゆーとりんの幼稚園での『作品展』でした。

去年の作品展の日は、うっかりスキー旅行を入れてしまい、欠席扱いになって精勤賞までも逃すという大失態を犯してしまったので、

今年はしっかりと日程確認をして、スキーなどの予定は入れずに万全を期しておきました。(ていうか、それが当たり前

年中作品展


ゆーとりんの幼稚園の作品展は、各クラス毎にテーマを子ども達自身が決めて、それに沿った製作をして飾ったり、あとは普段の時間などに描いた絵などが飾ってあったりします。

ゆーとりんのクラスのテーマは『雪の世界』

ゆーとりんのクラス

雪山を中心に、雪ダルマやら白くまやらペンギンやら、いろーんなものが飾られていて、なかなかの出来栄え

ゆーとりんも、これをつくったー、あれをつくったー、これはつくってないけどー、などなど嬉しそうに色々と説明してくれました。


でも、この製作期間中、お迎えに行くと先生から聞かされるのが

「お友達と作っているんですけど、使いたいものや道具を自分で取りにいかずに、友達に取ってこさせたりしていました」

「今日もちょっと(友達に取りに行かせることを)やってました」


というようなお叱りばかり・・・

一応、製作の最終日には自分の作るものが終わった後も、まだ終わっていないお友達に

「みんなでさいごまで がんばってつくろう!」 と励まし、

「なにをやればいい? どこまでやればいい?」

と自分からちゃんと聞いて手伝ったりしていて、えらかったんですよー、なんて言ってはもらえたのですが、

正直、いつも割と否定的なことばかり聞かされてきたので、なんとなくもろ手を挙げて褒めてあげる、ということができない気分だったんですけどね・・・

(あ、もちろんゆーとりんがいけないことをするのは、本人が悪いので、叱られるのは仕方ないと思っていますし、

先生に言われたことは、家でもまた話し合って気をつけるように言ったりしているんですけどね)


でも、作品の数々は確かにとても頑張った証というか、みんなとても上手にできていたので、そんな気分もふっとんで、いっぱいいっぱい褒めてあげましたよ。


去年はお友達に頼んで写真を撮っておいてもらったのですが、やはりこれは飾ってある実物を見てナンボだったな、と改めて去年観に来られなかったのを、後悔するやら、ゆーとりんにもかわいそうなことしちゃったなと

他のクラスも、『マクドナルド』や『上野動物園』など、思い思いのテーマで、なかなか見ごたえのある作品展でした。


この作品展が終わった何日か後に、今度はその作品を品物として、大々的にお店屋さんごっこをするんですね。

それで張り切って大物を購入されちゃうと、持って帰るのがとてつもなく大変な目にあうという・・・(親が)

去年もそれで悲鳴をあげているお母様方を何人か見かけていたので、ゆーとりんにも

「お願いだから、あんまり大物は買わないでね

と頼み込んでいるのですが、

「えー、えきのところのがほしいのに・・・」

と、どうやら隣のクラスのテーマ『駅』の作品を狙っている様子。

ここにあったのは、大きな電車やスカイツリーとかなんですけど・・・

多分当日はまた気が変わって(もしくは先に誰かに買われたりして)違うものを買ってくるような気もしますが、

気が変わったがために逆にまた、とてつもない大物(例えば動物園の動物達とか・・・)を買われちゃったらどうしよ~

と、今から戦々恐々です


インフルエンザの足音(&まなちょんの体重)

最近、全国的にインフルエンザ患者が毎週のように倍増しているとか(>_<)

と言いつつ、ゆーとりんの周りではそんなに爆発的に流行しているという感じはしていません。

そんな中、まなちょんが習っている英語の先生(外国人)がインフルエンザにかかってしまったとのことで、

今日のレッスンがお休みになってしまいました~


でも、ゆーとりんのレッスンは通常通りなので、結局は教室まで出向いたんですけどね。

まなちょんには、「今日は先生がお熱だから、まなちょんのレッスンはお休みだからね」とは言い聞かせていたのですが、

やはり理解しきれていないようで、本人はやる気まんまん

ロビーに入る時も、一番に「はおー(ハロー)」と堂々と入っていき、

ゆーとりんがレッスンに向かおうとすると、自分も行こうとして不満爆発でした


それはなんとかなだめて、ゆーとりんのレッスンが終わるまでの間、近くにある一時保育施設に遊びに行ってきました。

まぁ、ほんの2,30分程度だけなので、それで切り上げなきゃいけないのもかわいそうなんですけどね。


そこに体重計があるので、まなちょんの体重を量ってみると・・・

なんと 13.4kg!!

服を着た状態ではありますが、すでに13kgオーバー

どうりで重いはず・・・

ていうか、ゆーとりん年中さんに上がった4月の体重が13.4kgだったんですけど・・・

(しかもその後1回痩せているし・・・)


ゆーとりんもなんとか地道に体重は増えているものの、この間の体重測定でもまだ15kgいっていないし、

こりゃ本当にもうじき追いつかれるぞー


疲れた~

まなちょんの夜泣きに起こされ、そのまま寝付けなくなってしまいました・・・

2歳の誕生日と同時にミルクをやめ、(すぐじゃなかったかもしれないけど)朝まで眠ってくれるようになったゆーとりんとは違い、

なかなかミルクもやめられず、最近になってようやく夜にはミルクを飲ませずに過ごすようになっているのですが

(これもただ単に寒さと眠気で台所までミルクを作りに行く気力がないだけ

この夜泣き、そして朝泣きは一向に収まりません

卒乳したら、ぐっすり眠るようになるんじゃないのーーーっ

最近ではお昼寝もしていないぐらいなのに・・・


まなちょんの夜泣きはギャーッと泣いて、なだめたり触ったりすると逆に怒りだす、というタイプ。

しかも、どうも自分に何かが触れているのも嫌らしく、一緒に寝ている私の体をドカドカと蹴り上げてくるもんだから、こっちも痛いし、眠れない・・・

それでいて、スーッと眠ったあとは高いびき。

起こされたこっちはもうたまらない、みたいな。


おまけに今日は、ゆーとりんともかなりやりあったので、夜にはぐった疲れきっていて、もううんざりしていたのに。

なので、もう暗澹たるうんざりとした気持ちで起き出し、このブログに気持ちを吐き出そう

だけど、なんだか書いているうちに泣いちゃうんじゃないかな・・・というぐらいに感情がたかぶっていたのですが。

その前に、育児系の掲示板をのぞいてみたんですよ。

で、『夜泣き』や『イヤイヤ期』に関するみんなの投稿を読んでいたら・・・

みーんなおんなじ!でした

みんな同じように振り回され、悩んだり落ち込んだり。

書いてある内容を見ると、むしろうちより大変そうな状況ばかりで。

もっともっと眠れない人もいくらでもいるし、その2歳の子の下に弟妹がいる人もたくさん。


どうも私の実際の周りには、子どもに手を焼く人が少ないというか、そんなにイヤイヤに困らされた人が少ない感じなので、

(今思うと実は楽だったゆーとりんですら、「大変だね」と周りには言われていたぐらいなので)

こんなに大変なのはうちだけ、まなちょんだけなのかも・・・

なんて思いがちだったんですけど、全国規模で見ると、そんな子はいっぱいいっぱいいるみたいで、掲示板見てるだけで、ちょっと元気になりました(単純)


あー、よかったー、大変なのは私だけじゃないんだーっ

夜泣きするのもすさまじいギャン泣きするのも、まなちょんだけじゃないんだーーーっ


“みそ”は“みそ”でも・・・?

ちょっとさっきのゆーとりんの発言が、あまりにもおもしろかったので、これは書いておかねば、ということで

今日はスイミングだったんですが、帰宅してからのゆーとりん、フローリングを歩きながら

「なんかおとがするー、なんかきこえるよ」

って言うんですよ。

でも、私にはなーんにも聞こえない。

ゆーとりんは「ほらほらー」って言いながら、飛び跳ねるように床で屈伸運動をする感じで。

どうもゆーとりんの頭の中だけで音がしている感じなので、何か異常があるのかしら・・・?とちょっと心配になりつつ、

(今思えば、多分スイミングで耳に水が入ったような状態だったのかな?)

いたずら心で

「ゆーとりん、脳みそが少なくって音がしちゃってるのかもよ

なーんて言ってみたんです。


すると 「のうみそってなに?」

って言うもんですから、

「頭の中には、色々と考えたり、体を動かしたりするための、“脳みそ”っていうみそが詰まっているんだよ。

その脳みそが少ないと、お勉強とかもできないんだよ。

だから、頭の中で音がするってことは、その脳みそが少ないから音がしちゃうんだよ~」


という、よくありがちに(?)からかってみたんですよ。


するとゆーとりん、真顔で

「・・・じゃぁ、きょう おみそしる のむー 

だって、のうみそすくないとこまるから」



ですって。(普段ゆーとりんは、お味噌汁を飲みません)

思わず大爆笑

いやいや、ゆーとりん。

お味噌汁飲んだぐらいじゃ、脳みそは増えませんよ~。


でも、本人いたって大真面目なんですよねぇ。

いやー、かわいいかわいい。


あ、ちゃーんと(?)

「脳みそ増やしたかったら(この表現自体間違ってますが)、お味噌汁じゃなくて、お魚いっぱい食べないとだめなんだよー」

と説明しておきました。

そして、今日のお夕飯は鮭のちゃんちゃん焼きにしました。チャンチャンッ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。