Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


よいお母さんはマネをしてはいけません・・・

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


それはダメなのよ~(^_^;)

今日は統一地方選挙ということで、わが市でも選挙があったのでお出かけ前にまずは投票所へ。

正直私は結婚前までは選挙は行ったり行かなかったりしていたのですが、Jたんは選挙権を得てからほぼ欠かさずに行っているという事で、結婚後は毎回夫婦で投票しに行っています。

もちろん子ども達も連れて行くわけですが、それで今日はちょっとした事件(?)が・・・


投票用紙をもらい、まなちょんは私と一緒に、ゆーとりんはJたんにくっついていっていました。

投票前に家で選挙公報を読んで誰に入れるか決めて出かけていたのですが、投票所では何十人もの名前の羅列で顔写真もないので、Jたんはどの人に決めたのか一瞬分からなくなっちゃったんですね。

で、「誰だっけ?えーと、えーと・・・あ、思い出したと書き始めた時、それまで興味津々で眺めていたゆーとりんが、

「なにかくの? ○○?」

と、おっきな声でJたんが書いている名前を読み上げちゃったんです\(゜ロ\)(/ロ゜)/アワワワ


投票所の中の空気が一瞬緊張したのですが、私の隣にいたおばさんは目を見開いて、

「あー、びっくりしちゃったわ~、おかしいわね~」と笑ってくれ、立会の人達も、まぁおとがめなしというか苦笑い状態。

私とJたんも、「ゆーとりん、こういうのは言っちゃだめなのっ」とたしなめつつも、もう笑うしかない状態でした

あー、もうびっくりするやらおかしいやら・・・

候補者の人って一部をひらがなで表記する場合が結構あるじゃないですか。

たまたまJたんが書いた人もひらがなだったもんで、ゆーとりんにも読めちゃったんですねぇ。

でも大人なら誰が誰に投票したかなんて言わないのが暗黙の了解だけど、ゆーとりんにはそのあたりの事情なんて分かりませんからね、仕方ありません。

ほんと、子どもは何をしでかすか分からないのが怖いですね。

まぁ、これぐらいなら笑い話、かな?


でも、小さいうちから投票所に行く習慣があれば、大人になってからも政治に無関心じゃなくなってくれるんじゃないかなと思っています。


暴風雨

今日は予報通り、朝から大雨

風も強くて、窓ガラスにかなり雨が打ちつけられていました。

そんな状態なので、もちろん家から一歩も出ることはありませんでしたが、Jたんと共にまなちょんもひたすら眠っていたので、Jたんもゆっくり休ませてあげることができました。

起き出してきたまなちょんは窓を見て、開口一番

「あね?あね?かーるさん、かっぱ ある? いーい?」

注釈)「雨が降ってるの?カエルさんの長靴とカッパはちゃんとある?履いて出かけてもいい?」

と、この暴風雨の中でも出かける気マンマン


最近まなちょんはカエルさんの長靴を異常に気に入っていて、晴れていようがおかまいなしで、絶対に長靴を履いていくんだと駄々をこねるぐらいの長靴好きなんですよね。

(駄々をこねても、なんだかんだそのまま外に連れ出しちゃえば、あまり引きずらないので助かりますが)

でも、もちろん長靴は履かせずに

「カエルさんは雨の日に履くんだからね。今日は雨降ってないでしょ?だからカエルさんは履きません」

と説得します。

だけど、実際雨の日にはよっぽど外せない用事がない限り出かけないので、長靴の出番はほとんどないんですよね

なので、まなちょんにしたら

『雨が降っているんだから、今日こそはお気に入りの長靴履いて出かけてもいいんでしょ?』

ってことなんでしょうね。

まぁ、すこぶる正論なんですけど・・・


ただ、この長靴、サイズが14cmなので、すでにまなちょんには小さい気が・・・

本当はゆーとりん用に購入した時に、大きくなっても履けるようにと15cmの同じものも買ったはずなんですが、どこにしまい込んだのやら、未だに見つけられず・・・(^^ゞ

まなちょんのためにも早く見つけてあげたいところなのですが・・・

ちなみにゆーとりんの時には、あきらめて別の長靴を買ってしまいました


とまぁ、こんな感じで今日はさしたる話題もなく、家でみんなで過ごしておりました。

雨がやんだと思っても風が強いし、また雨も降り始めたりするしで、明日は晴れてくれるのかなぁ?

明日は近所の店舗でゴーカイジャーショーがあるので、2人に見せてあげようかと思っているんですよね。

でも、ゆーとりんは未だに「こわいから みにいかない・・・」なーんて言っていて、

私が「大丈夫だよー。明日はお父さんにも一緒に行ってもらうし、全然怖くないよ」と励まして(?)も

「だってー、(客席まで)つれにきちゃったら どうするのー?

って、これで将来の夢は“仮面ライダー”だって言うんだから、お笑いですよね

ほんとどこまで臆病なんだか・・・


あ・・・忘れてた

先週の金曜日の記事を書こうと思って、あることを忘れていたことを思い出しました
(ややこしい書き方ですが、ちょっとワザと

先週、0~2歳児向けの催しがあると勘違いして児童館に行ったわけですが、ということは本当は今日が“その日”だったんだ~

昨日まで結構毎日出歩いていたので、今日はもういいやとゆーとりんのお迎えまでずーっと家でのんべんだらりと過ごしていたのですが、

そうか、そういえば今日が催しだということをすっかり忘れてました~(>_<)

あーぁ、失敗


明日は土曜日で、普段ならJたんを寝かせてあげるために子ども達を連れ出すのが常で、ちょうど行きたいところもあったのですが、どうやら雨模様。

うーん、明日もおうちで引きこもりだなぁ。

2人ともごめんよ。


たいやき屋さん

こうしてサークルも終えたのですが、目の前の公園を素通りできるわけもなく、また時間も今までより格段に早いので、まぁいいかとしばらく公園で遊んでいくことにしました。

もちろんお仲間はいっぱいいて、同じくサークル帰りのお友達がたくさん遊んでいました。

その中でも、このサークルで知り合って、ちょっとランチをしたりお話したりするようになった方たちがいらっしゃったのですが、

2人とも幼稚園のプレが木曜日ということで、同じサークルの水曜日に移ってしまうとのこと・・・

しかも1人は5月には同じ市内ですが、何駅か離れたところに引っ越してしまうとか・・・

せっかく数少ないまなちょんだけのお友達ができたと思ったのになぁ。
(たいていはゆーとりんがらみのお友達なので)

でも、サークルでは会えなくなっても、またランチはしようねとお約束しました。


小1時間ほど遊んだところで、結構寒いし、ゆーとりんのお迎えもあるから家に帰ってお昼ごはんでも食べようと思っていたのですが、まなちょんがなかなか帰りたがらない(>_<)

その公園は離れたものの、帰宅途中に児童館が目に入ってしまったら、『あそこに寄るんだ』と聞かず、まぁ、私もいったん家に帰ってからまたお迎えに出直すのも面倒かなーと思って、

児童館でお昼ご飯を食べて、そのままお迎えまで遊ぶことにしました。

児童館は基本的に飲食禁止なんですが、お昼の12時から1時間だけ体育館部分でお昼ご飯を食べてもいいことになっているんですね。

でも、お弁当などは用意していないので、当然食べるものを買っていくことになるのですが・・・

そこで思いついたのが、前から気になっていたとあるお店。

正直、しょっちゅう入れ替わるテナントで、以前はケーキ屋さんが入ってうれしいなぁと思っていたのですが、

小さいのに高くて、買う気になれないままなくなってしまい・・・

その後は、沖縄物産店のようになっていたのですが、これまた中を見ることもなくなくなっていて・・・

そして、最近はたいやきやたこ焼きを売るおやつ屋さんのようになっていたんですね。

正直、無性にたいやきやたこ焼きを食べたくなることがあるのですが、なかなかすぐに買えるところにはなくて、こういうお店が近くにあったらうれしいなぁなんて思っていたんですよね。

と言いつつも、なかなか今まで買いに行く機会はなかったのですが・・・

今日、満を持して(ってほど大げさでもありませんが)買ってみることにしました。

たこ焼きは揚げたこ焼きなんですが、11コ入りでも400円となかなかリーズナブル。

たいやきも、某有名チェーンのものなので、味は保証済み。


揚げ物を頼んだので、多少時間はかかってしまうので、その間に店内を見渡していると、沖縄の物産も扱っており、

他にもスクラップブッキングが何点か展示してあり、製作を請け負います、とありました。

そして、『お待ちの間にご覧ください』とスクラップブッキングの見本帳のようなミニアルバムがあったので、パラパラと見ていると・・・

思いっきりゆーとりんと同じジャージ姿の子達がうつっているではありませんか

しかも発表会や運動会の衣装などを見ると、最近のものどころか、ゆーとりんの1つ下の学年の子達でした。

店員さんに「この写真に写っているお子さんは・・・?」と聞いてみると

「私じゃなくて、今は(お店に)いないんですけど、店長のお子さんなんです」と。

なんと、どうやら店長さんは同じ幼稚園の父兄さんだということが判明

しかも、さっきサークルで一緒だったKくんのおねえちゃんと同じクラスのようだったので、思わず興奮してKくんママにメールしちゃいました。


児童館でそのたこ焼きなどを食べ、1時間ほど遊んでからようやくゆーとりんのお迎えに。

そのお迎えで、クラス前に並んでいるKくんママを見つけて声をかけたところ

「メールの返信できなくてごめんねー。そうなのよー、あのお店、こちらの○○ちゃんちのパパがやっているのよー」

と、Kくんママのちょうど前に並んでいたのが、その店長さんの奥さんだったのでした~。

「買ってくださってありがとうございますー」 なんて言われて、Kくんママにも「宣伝してあげてー」と。

ゆーとりんの学年というか、私の周りでもそのお店が気になっている人はたくさんいたのですが、実際にはみんな買っていないと言っていたので、

「同じ父兄さんなんだよ~」と教えてあげれば、みんな気安く買いに行けるようになるかもしれませんよね。


まなちょんサークル活動日(4月2回目)

今日はまなちょんのサークル活動の日。

この2歳児のクラスは、9月からは完全に親子分離になるのですが、まだ離れられない、慣れないうちは一緒に活動していてもいいことになっています。

まぁ、まなちょんは大丈夫のような気はするのですが、預けたとしても時間帯が9時半から10時半で、買い物すらできそうにない時間

なので、私自身も一緒に製作などをするのが楽しいので、しばらくは一緒にいようかなと思っていたんです。

でも、先に来ていたお友達がすでに預けてママは部屋の外で待っていて。

しかも、そのお友達はどちらかというとママと離れられないんじゃないかなー?というタイプの子で、実際私達が部屋に入ってからもずーっと泣き続けていました。

でも、先生方は「泣いていても後はお母さんの気持ちしだいよ、預けるのなら構わないのよ」とおっしゃるので、

私もそのまままなちょんを置いていってみることにしました。

私が離れようとするとそれを察知して不安そうな顔をしていたまなちょん。

「ばいばい」と部屋を出て行こうとすると、「ママーーーッ」とやっぱり大泣き。

まだ4月ということで、ほとんどのママがまだ一緒に中にいるので、自分だけ(母親の私が)いないのはかわいそうかなとも思ったのですが、

預けていっているお母さん達は上にも子どもがいる方が多いせいか、サバサバと割り切っていて

「もう来年には幼稚園なんだからねー。スパルタかもしれないけど、預けちゃったほうがいいよね」

などと話していて、確かに周りの幼稚園ではプレも始まっているぐらいなんだから、入園準備として最初っからお預けした方がいいのかなと。

まだまだ預けているお母さんは少なかったですが、これから少しずつ増えていくだろうし、みんな外にも行かないだろうから、

色々と情報交換という名のおしゃべりもできるんじゃないかなーと期待しています。


約1時間経ち、おやつの時間には私達も中に入ることになって部屋に入ったのですが、まなちょんは1人で水筒を準備して、おやつも目の前に置いてちょこんと座っておりました。

そうそう、頭には今日の製作で作ったこいのぼりの頭飾り(表現が難しいのですが、写真は撮れないので・・・)もしっかりとかぶっていました。

先生のお話だと、最初こそ確かに泣いていたけれども活動(製作など)の時にはすっかり泣き止んで普通に参加して、終わりの頃にははしゃいで走り回っていたそうで・・・

まぁ、今までの経験からしてそんなもんだろうと心配はしていませんでしたが。

これからもしばらくは離れた時、最初だけは泣くかもしれませんが、どうやら大丈夫そうなので、そのままおまかせしていこうかなーと思っています。


園外活動・イチゴ狩り

今日はゆーとりんが年長さんになって初めての行事、『イチゴ狩の日です。

と言っても、年少・年中の時とは違って、親子遠足というものではなく、あくまでも子ども達だけの園外活動になるんです。

なので、私は一緒に行くわけでもなく、全く様子は分からないのですが・・・


リュックも本当はちゃんとしたものを買ってあげた方がよかったのかもしれませんが、ゆーとりんは

「クマさんのでいいよ」

と言うので、入園の時にみんなでもらった黄色いマチもほとんどない薄いリュック。

本当に欲がない子で助かります


その薄いリュックに、(敷く)シートと水筒、そして久々に作ってあげたキャラ弁(ゴーカイレッド)を詰め込んで、ゆーとりんは出かけていきました。

ゆーとりんは寝起きはあまりよくなく、出かける時もいまいちテンションは低めだったのですが、お迎えに行くと先生からは

「ゆーちゃん、もーう大喜びで張り切っていましたよ♪ お弁当もゴーカイジャーのだって喜んで全部食べてましたよ。いっぱいお話聞いてあげてくださいね」

と報告されました。

そして、しっかりとお土産でパックに詰めたイチゴを持って帰ってきてくれました。

と言ってもほんの10数個で、私から見ると、『まだまだ詰められるのに、もったいな~い』なーんてセコくも考えちゃう程度のものでしたが、

ゆーとりんが一生懸命採ってきてくれたイチゴは、大きくてとーっても甘くておいしかったです


年長さんではこれからもお泊り保育や、最後のお別れ遠足など、もう行事に親が付いていかなくなるんですね。

しかも、今まで行っていた『親子教室』も今年からなくすとお知らせがあり、楽ではあるんでしょうけど、なんとも淋しい気分でもあります。


予防接種

一応、今日の外出の目的は2人の予防接種

これから2人に受けさせる予定の予防接種は、

ゆーとりんが日本脳炎(2回)、麻疹・風疹の2期。

まなちょんがヒブワクチンと肺炎球菌ワクチンです。


特にヒブワクチンと肺炎球菌はここ数年始まったばかりで、年齢が低いほど接種回数も多いし、金額もそのつどでかなり高額なので悩んでいました。
(0歳児だと1回1万円を4回とか)

しかも一時期、不幸にも接種後に亡くなる赤ちゃんがいて一時休止してしまっていましたしね。

でも、4月から接種が再開された上に、居住している市でも完全無料で受けられることになったので、ありがたく受けさせてもらうことにしました。

ゆーとりんはここまでインフルエンザにかかることもなく無事に過ごしてくれたので、ヒブワクチンはすでに必要ありません。(接種自体が5歳までだそうで)

肺炎球菌は9歳までは接種できるものの、5歳を過ぎると任意で有料になってしまうとのことで、まぁ、体も大きくなれば、かかる心配も減っていくだろうし、

気管支が弱い点はちょっと心配ですが、それもまなちょんに比べれば大丈夫そうなので、ゆーとりんは受けなくてもいいかなと。


まなちょんもインフルエンザにこそかかってはいませんが、どうもゆーとりんより気管支や肺まで弱いみたいなので、まずは肺炎球菌ワクチンを受けておくことにしました。

それこそヒブとの同時接種も可能らしいですが、さすがにちょっと怖くてやめました。


ゆーとりんは、望ましい接種時期がちょうど今頃ということと、1週間経てば次の予防接種が可能ということで、今日は日本脳炎を打つことにしました。


ゆーとりんには、前々から「雨じゃなかったら月曜日に注射するからね」と宣言しておき、

ゆーとりんは「えー、いやだなぁ・・・ないてもいい?」などとしぶしぶでしたが、いざその場になると、嫌がることもなく、泣くこともなく、あっさりとやり過ごしていました。

実は、ショッピングモールから病院に向かう道すがら寝てしまったまなちょん。

待合室でも、そしてゆーとりんが注射を打っている間も眠り続けていて、いっそのこと眠っていて何も分からない状態で終わらせてもらいたかったのですが、

さすがにそういうわけにはいかないらしく、「起こして」と先生に言われ、寝ぼけ眼で口を開け、そのままブスリと(笑)

一応、病院や先生を嫌がることもないまなちょんですが、さすがに注射を打たれるといつも泣いてしまうんですね。

今日はおまけに寝起きだったので、さぞかし「なにするんだー」って感じだったんだろうなぁ。

それでも、すぐに泣き止んで「おわった?おわった?」と聞いてきて、後はケロッとしていました。


2人とも1週間空ければまた次が控えています。

しばらくは注射三昧ですが・・・それまで健康でなんとか乗り越えてもらいたいものです。


我ながらよくやる・・・

今日の予定は、ゆーとりんを送り出した後、買い物をしてからまなちょんを遊ばせ、まだ午前保育のゆーとりんをお迎え。

それからお昼でも買って家で食べて、午後になってから2人の予防接種へ行こうと考えていたのですが・・・


まずは最近お気に入り(?)のディスカウントストアへ。

ゆうに2、30分はかかるのですが、ここのところ週1ペースで行っています。

ここでの目的は、水と食料、日用品もろもろ。

まずは水を見に行くと、まだ残っていて、他にも冷凍食品などを買うつもりだったので、後でも大丈夫だろうと、先に2階の日用品を買いに行きました。

2階で買い物を済ませて下に降り、一応真っ先に水を見に行くと・・・

さっきまであったはずの水がからっぽ

ほんの10分かそこらだったのに・・・

食料品の品薄状態は、ほぼ解消されたと言っていいぐらいだとは思うのですが、水の需要はまだまだ高いようです。

やっぱり『ある』と思ったら、その場でキープしないとダメなんですね。


放射線を恐れて関東からですら離れて行く人がいるらしいですが、私はそこまで気にはしていなかったんですね。

洗濯物も布団だって普通に外に干しちゃうし、まなちょんだって外の公園で遊ばせちゃうし。

なので水もあんまり気にはしていなかったのですが、どうも政府発表も信用できないと言うか、都内で乳児は水道水を飲まないようにと水を配っていて、

後でその(水を飲まないようにとの)勧告が出ていなかった浄水場でも放射性物質が検出されたとか、まさに後だしだし。

そんなんで、後になって水道水を飲んでいたがために健康被害が出てしまった、(特に子どもは影響を受けやすいらしいし)なんてことになったらイヤなので、自己防衛で、飲用・食事用の水はミネラルウォーターを使うことにしたんです。

ただ、やはり買うにも大体2リットル2本の制限があるし、そうでなくても自転車移動の身ではなかなかそれ以上は買えないので、水の買出しは結構大変なんですよね。

それなのに、みすみす目の前の水を買いそびれてしまって、ヒジョーに悔しい思いをしてしまいました。


これですっかり私の中の予定は狂ってしまい、予定の建て直し。

まなちょんを遊ばせてあげる時間もなくなってしまい、とりあえず幼稚園に向かいがてら途中のスーパーにも寄ってみましたが、やはり水は売り切れ。

このスーパーでは他にも買い物をする予定はあったので、買い物をしてお迎えへ。

そして荷物は多いのでいったん帰宅した後に、着替えや予防接種の準備をして、今度はさっきのディスカウントストアとは全く逆方向のこれまたよく行くショッピングモールに向かいました。

正直そこまでしなくても・・・とは我ながら思ったのですが、半分意地になってしまったのと

どっちみち病院は午後の3時からなので、それまでにお昼ご飯を食べて時間つぶしをするには、そこに行くのもいいかなと思ったもので・・・


今度は真っ先に水を見に行くと、今日は6本入りのケース販売しかしていませんでした。

正直12リットルもの水を自転車で運ぶのは不安もあり、バラ売りも見に行ったのですが、やはり売り切れ。

そのちょっとの間にも次々と箱が消えていっていたので、さっきのような思いはもうゴメン、と1箱キープしちゃいました。

さすがにもう他に買い物をするものもないのですが、ぐるっと1周してみて戻ってみると、たったそれだけの間にすべて売り切れていました。

あー、よかったー。

ここまで来ておいて買えなかったら、悔しいなんてもんじゃなかったですよ。


ついこの間もこのショッピングモールに来て、その時にウォーターサーバーの契約説明みたいなのをしていて、ちょっと心を動かされたんですけど、やっぱり値段が高いんですよねぇ。

かなり注文も入っているようですが、さすがにそこまでは手が出せないので、うちはこれからも頑張って自転車で水の買出しですな

でも、これをいつまで続けるのか・・・うーん・・・


初めての自転車

今日はお天気もいいし、Jたんもなんとか起き出してきたので、大きな公園に行ってきました。

遊具に向かおうとする途中にレンタルサイクルがあったので、思いつきで試しにゆーとりんに乗らせてみることにしました。

最初は、「なんでぼくだけなのー?」 「はやくあそびたーい」 などと、ブツブツ言っていたゆーとりんですが、

偶然その場に同じ幼稚園の姉妹がいて、ゆーとりんと同じ年のおねえちゃんはすでに補助無しの結構大きな自転車を乗りこなしているのを見て気が変わった様子。

自転車の種類も結構たくさんあり、補助輪つきでもちょっとカッコよさげなものもあったので、その気になって選んで乗り込みました。

・・・が、三輪車ですら買い与えなかったもんで、なかなか『漕ぐ』ということができず、借りた早々

「もうやだー。こげなーい

と半泣きで、根性もなくて情けないことこの上なし

確かにかなり使い込まれている自転車で、補助輪も傾いているし、こぎづらいんだろうなぁとは思ったのですが、
そこはなだめすかしながら、後押ししていきました。

すると後ろから同じぐらいか年下ぐらいの子達が、続々とスイスイ補助無しの自転車で追い抜いていくんですよね。

補助輪がついている子でも、ものすごい足の回転数でぐいぐい漕いでいってるし。

その度に「ほらほらー、あんなちっちゃい子でもスイスイ乗ってるよ。あれぐらい早く漕がないと転んじゃうんだよ」などと叱咤激励すると

「だってー、ぼくは はじめてなんだから うまくこげないんだもん・・・」

と、すぐに言い訳がましくブツブツ言うし。

ほんと、ゆーとりんはどんな時でもすぐへりくつのような言い訳をして、ごまかすというか自分を正当化させようとするんですよね。

Jたんに言わせれば私にそっくりなんだそうですが

いやいや、いくら私でもそんな言い訳がましくはなかったし、確かに努力はしない人間だったけど、自転車ぐらいは文句も言わずに乗っていたぞ。

(と、思うんだけど、そこんとこいかがだったでしょうか?おかあさま


途中ちょっと遊具で遊んじゃったり、トイレに行ったりしていたのもあるけれども、公園を1周するだけで、レンタル時間の1時間は終わってしまいました

最初は歩いてついていけるぐらいの速度で、くだりの坂道では怖がって飛び降りようとするなど、かえって危ないことまでしでかしていましたが、

後半はなんとかスムーズに漕げるようにはなっていました。

でも、なんどもペダルから足を踏み外すし、とにかく漕ぐスピードが遅いというか、これでは到底補助なしには乗れそうにありません・・・

まぁ、まだ自分の自転車もないぐらいなので、仕方ないのですが。

それでも帰りには「またのりたい。こんどのどようかにちようにもきて、のろう?」 「じてんしゃ かってー」

とすっかり自転車に夢中になってしまったようでした。


確かに本来なら去年の誕生日にでも買おうかと思っていたのですが、本人が「まだいらない。6さいのたんじょうびでいい」と言っていて、

確かにまなちょんもまだ小さいうちは、2人一緒に私の自転車で移動している方が楽だったので、まぁいっかと買わずに過ごしてきたんですよね。

でも、まなちょんも自転車の後ろに座りたがるし、大きいので前に乗ると私の視界が悪いというのもあるので、そろそろゆーとりんには自分の自転車で移動してもらいところ。

ただ、私の自転車での行動範囲は広いので、ゆーとりんが自転車に乗るようになっても、それについてこられるかどうかという不安はありますが・・・

周りのお友達も自分の自転車どころか、補助無しで乗っている子も多いみたいだし、やっぱりそろそろ買い時ですね。


インターネットカフェへ

今日はなんでも25度以上と高い気温になるものの、午後からはにわか雨などが降るという予報。

そんな中、お天気に不安を残しつつも、お出かけをしてきました。

とはいえ、実家の両親は用事がたてこんでいて、妹は仕事と、あまり行き場はなく・・・

でも、姪甥の2人は特に用事もないというので、ゆーとりんたちと遊んでもらおうと合流することにしました。

この春めでたく中学生になったはなちゃんですが、中学校での部活動は家庭科部ということで、土日に練習があるわけでもなく(笑)

もうしばらくはこうして遊び相手になってくれそうです。

でも、まなちょんが幼稚園の間に受験生→高校生になってしまうわけで、さすがにその頃にはもう遊んでもらえなくなっちゃいますねぇ・・・


さてさて、はなちゃん達と合流して4人の子連れ状態で向かった先は、なんと(?)

インターネットカフェ!!

まったくもって私の趣味で、はなちゃんたちはともかく、まなちょんがいる状態でのネットカフェは不安でもありましたが、

事前に色々リサーチして、ファミリールームがあって、しかも中学生以下の子どもまでが無料、というところを見つけていたので、一度試しに行ってみようかと思っていたんですよね。

(広告でも小さい子ども連れも歓迎、のような感じで書かれていたので)


みんなで電車に揺られること30分程度で目的の駅に到着。

ところがそこからが長かった

地図は見て、大体頭に入れていたものの、私が思っていた感覚以上に歩けど歩けどつかない・・・

正直、駅からそう離れていないだろうと思っていたのに、結局どうやら駅から2km以上離れていたのでした~

それでも、まなちょんは多少だっこをせがんだり、ゆーとりんは「のどかわいたー」なんて言っていたものの、私でもうんざりするような距離を歩ききってくれました。

到着して手続きをして通された部屋は、「これがファミリー向けかい」と突っ込みを入れたくなるような狭さ

先に2人で入っているらしいお向かいの部屋は、結構広そうなのに・・・

その広そうな部屋も3室中1部屋は空いていそうな雰囲気だったので、変えてもらおうとしたら、ちょうど真向かいの部屋も空いていたので、無事に移動できました。(約1時間後でしたが・・・)

こちらはうってかわって広々とした、まるでアパートの1室のようなお部屋。

テレビもパソコンも標準装備で、PS2もついていました。

それに、人生ゲームやら黒ひげ危機一髪、トランプなどのゲームも無料で貸してもらえます。

絵本もあるし、アンパンマンのブロックまで貸してもらえたので、まなちょんも結構喜んで遊んでいました。

ゆーとりんはDVDを観たがったり、PS2でも遊びたいようでしたが、イマイチそれらのソフトの場所や借り方が分からず、(ゲームコントローラーもなかったので、DVD観賞用かな?とも)

お昼を食べたりしているだけで、結構な時間が経ってしまったので、今回は断念。

なので、ゆーとりんは不満そうではありましたが、まだまだ次に来た時の遊べる余地があるってことで。


ゆーとりんたちだけなら、小学生未満はどの店舗でも無料らしいので、今度はもっと家の近くの店舗にも行ってみようかと。


子連れでネットカフェなんて、到底無理だと思っていたし、ファミリールームとは言え、子ども達が騒いだりしたら迷惑だよなぁ?などと不安ではあったのですが、

ここのファミリールームはちゃんと一般のスペースとは扉で区切られていて、声などもあまりもれないようだったので、ほんと気兼ねもいらなくてよかったです。

子ども達はタダで飲み物は飲み放題、食事も結構安くて、パソコンでのゲームも使えるし、子連れにも結構配慮してくれているし、行き先に困った時には、ネットカフェって選択もアリだなと思いました。


帰りはさすがに同じ距離を歩かせるのは酷だし、自分もイヤ

でも、道すがら循環バスの停留所があったので、帰りはそれに乗ろうと、ネットで調べておきました。

ついでに、近くにトイザらスや大型スーパーがあるのも分かっていたので、そこに寄れる路線も確認。

循環バスとはいえ、1日に5本程度

しかも、ちょうど2時半が最終便だったので、それに合わせてネットカフェを後にしました。


循環バスというものには初めて乗ったのですが、1回の乗車でどれだけの距離を乗ってもたったの100円

1日乗車券でも200円

こんなに安いものなんですねぇ。

その代わり、大きな主要道路は通らないので、そこをまーっすぐに行けばすぐ目的地だろうに、かなりぐるぐると遠回りをして、ようやく目的地に到着。

まぁ、歩かずに済んで、たったの100円なんだからそこは不問です。


スーパーでゆーとりんはカードゲームをして、後はみんなでアイスでも食べて帰ろうかと思いきや、そういったフードコートはなさそうな感じで。

そのまま駅まで戻り、喫茶店でお茶をして帰る事に。


行く時ははなちゃんたちにうちの方まで来てもらって、私鉄に乗って一緒に行ったのですが、帰りはその駅からJRも出ていたので、そのまま駅でお別れしました。

すると、まなちょんが泣く、泣く

「バイバイ しないー、バイバイ しないー

と、2人を追いかけて改札口を突破しそうな勢いでした。

もうすでにかなり年長者になってしまっている2人ですが、それでもまなちょんははなちゃん達が大好きなようなんですね。

朝も最初は機嫌が悪くて、「おでかけするよ」と言っても「いかなーい」なんて言っていたのですが、

「はなちゃんたちと遊ぶんだよ」と言うと「い くと、コロッと変わっていたんですよね。

2人に会った時も、「この人だぁれ?」と聞くと、「はなちゃん」 「りゅうせい」と、ちゃーんと分かって言えてました。

ほんと、もうしばらくはこうして遊びに付き合ってくれるとありがたいんだけどなぁ・・・


2人と別れてギャン泣きで、周りの注目を浴びていたまなちょんですが、改札を通るためにカードを渡すとケロッと泣き止んでいました

電車では疲れて2人とも寝てしまうかと思いましたが、結局家に帰るまでなんとか持ちました。

帰りの雨に備えて、傘もカッパもリュックに詰め込んで完全装備していたのですが、その必要も全くありませんでした。

結局家に着いたのは5時近く。

なんだかんだと1日仕事になってしまいましたが、新たな遊び場所を見つけて、なかなか楽しかったです


ゆーとりんの成長記録(’11.04月)

年長さんになって初めての身体測定がありました。

身 長 : 104.9cm (3月 104.2cm 0.7cm up

体 重 : 15.8kg (3月 15.4kg +0.4kg



着々と、確実に成長していっていますねぇ。

そうそう、クラスでの背の順も前から5番目になりました。

といっても、ゆーとりんが急成長したわけではなく、どうやら小柄な子がクラスに集まったって感じのようでして。

なんにしても去年の2番目からのジャンプアップで、ゆーとりんは大喜びしております。

ただ、運動会の時などは前の方が写真などが撮りやすいんですけどねぇ


まなちょん残念!

今日は英語教室の日。

でも、2時からゆーとりんのクラスの懇談会があるので、4時からのゆーとりんはともかく、3時からのまなちょんは間に合うかどうか微妙だな・・・とは思っていたのですが。

それでも前日には、2人して予習をして、特にまなちょんは大張り切り。

ベビークラスのときとは違い、もう3歳児コースなので、テキストはしっかりしたものだし、ペンでテキストをタッチすると音声で発音が流れる機械なんてのも、まなちょん専用にあるもんで、なおさら喜んでやっております。

それなのに、それなのに・・・

やはり懇談会が長引き、終わったのが3時。

結局まなちょんの時間には間に合いませんでしたが、ゆーとりんの時間はまだだったので、2人を連れて教室へ。

すると、まなちょんはやる気満々で、次のクラスの授業に向かう自らの担当でもあるD先生の後をちょこまかと付いていこうとするので・・・

「まなちょん、まなちょん、今日はもうまなちょんの時間は終わっちゃったの。間に合わなかったの。ごめんね

と慌てて止めたのですが、もちろんそんな事情はまなちょんに分かるはずもなく・・・

確かに一生懸命練習したのに、かわいそうなことをしちゃいました。

いやー、ほんとこの教室は基本的にはいいところなんですが、振り替えができないのがタマに傷なんですよねぇ・・・

来週は特に予定がないので、よっぽど突発的なことがない限り、ちゃーんとレッスンに行けるからねっ。

私もこのまなちょんの熱心さを後押しすべく、一生懸命予復習にお付き合いせねばー


じゃんけん弱し・・・

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


サークル新年度

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


英語教室新年度

春休み中ですが、一足早く英語教室の新年度が始まりました。

ことごとく先生が辞めて変わってしまったので、教室の雰囲気もなんとなーく違って見えます。

おまけに今日見たら、また掲示板に新たにお別れする先生のお手紙が貼ってありました

これで、今回だけで4人目です。

でも、幸いまなちょんはクラスメイトも先生も持ち上がり。
(この先生はいなくならないでほしーい)

ゆーとりんもクラスメイトは変わらず、先生が変わることにも抵抗はないので、大丈夫そうです。


そして、ゆーとりんのひとつ上のクラス(新小学1年生)は、元々習っている2人に加え、一気に3人も新しいお友達が増えていました。

それが、なんと3つ子くんなんです

先週、手続きか見学に来ていた時にも見かけて、顔はそっくりで、身長は3人バラバラなんだけど、年が違うほどの差には見えなかったので、もしかして?と思っていたのですが、やっぱり3つ子くんでした

近くのショッピングモールでも、赤ちゃんの3つ子ちゃんを2回ほど見かけていて、こんな近くに3つ子ちゃんが2組もいるなんて、珍しいなぁと思っちゃいました。


さて、肝心のレッスンですが、先週は元気のなかったまなちょんですが、今日は(絶まではいきませんが)好調でした。

もう1人の男の子は、お母さんが英語ができる方のようなんですが、もうすぐ3歳になるので、すでに反抗期というか、あまり先生の言うことも聞かず、

リピートもあまりしないし、アメをなめたいなめたいと、全くレッスンに集中できない感じでした。

まなちょんはまだまだ赤ちゃんに近いと言うか、単純なので、ノリノリでレッスンに参加していました。

日常生活や言語もこの1年でぐっと成長すると言うか、変わってくる1年だと思うので、この1年間がきっと勝負ですよね。

このまま素直に英語を受け入れていってくれればいいんですけど。

あと半年もすれば、まなちょんも(英語)イヤイヤ期がきちゃったりしちゃうのかなぁ?

でも、まなちょんはゆーとりんの時よりも、普段から英単語が口について出てくることが多いので、親ばかとしては、ちょっと期待しちゃいます。

それでも、親の私がその英語をふくらませてあげられないので、そこが残念ですよね・・・

(って、私も努力しろよって感じですが・・・)

もう1人のお母さんは、家でもたぶん英語とか使っているだろうし、いくらレッスンで反抗的でも、日常生活で使っていれば、すごく英語には慣れていけるんだろうなぁとうらやましく思います。


公園ランチ

春休みに入る前、お友達と

「お天気がいい日には、誘い合って公園ランチとかできたらいいね~」

なんて話していたのですが、震災や計画停電の影響で、すっかりそれどころじゃなくなっていました。

でも、ここのところの暖かさで計画停電も落ち着き、今日に至っては気温も20℃になるというし、なによりももうすぐ春休みも終わってしまうので、

『もう、今日しかない

と、またもや唐突にお友達に声をかけてみることにしました。

ところが、やはり急な話なので、なかなか空いている人もいないようで、本当にあっちこっち電話をかけまくっちゃいました

それでもなんだかんだと8人ものお友達が来てくれて、偶然公園に居合わせた同じクラスの子や、別のママが新たに声をかけてくれたお友達も合わせて、かなりの大所帯で遊ぶことができました。

とはいえ、お昼を食べてからお買い物や用事に行く人や、逆に食べてから来る人などみんなで入れ替わり立ち代わりという感じでしたし、

私もとにかくまなちょんを見ていないといけないので、ゆっくりみなさんとお話することもできなかったのですが

まぁ、ゆーとりんも久しぶりにたくさんのお友達と遊べて喜んでいましたし、まなちょんもお気に入りのすべり台をずっと滑っていて、楽しそうでよかったです。

そして、もちろん誘う時に伝えてはあったのですが、言いだしっぺの私達も、今日は英語教室の日なので、2時過ぎには先に帰ってしまうという・・・

なんとも申し訳ない感じになってしまったのですが

でも、また金曜日にみんなで集まるという話も出ているようで、この間のお花見には行けなかったので、それもまた楽しみです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。