Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『1日入園』のはずが・・・

今日はまなちょんの幼稚園、『1日入園』の日だったのですが・・・

昨日書いたようにゆーとりんの体調不良のため、欠 席 になってしまいました~

まなちょんにはなんの問題もなかったのに・・・ごめんよ。

まぁ、内容としては一応私も2人目だから、大丈夫かなと思うのですが、まなちょんにも経験させてあげたかったなぁ・・・


スポンサーサイト

まだまだバレンタイン♪

ちなみに今日の英語教室でも、お友達2人からバレンタインのチョコレートをいただきました~

今年はずいぶんたくさんもらえて、よかったねぇ。ゆーとりん


どうした!?ゆーとりん

(一部 汚い表現がありますので、ご注意を)

今日は子どもたちの英語教室の日。

ちょっとまた次年度のことでごちゃごちゃしてしまっていて、他のお母さんたちと場所を移動して相談話をしていました。

そこは子どもたちが遊べるスペースだったので、その間ゆーとりんもまなちょんも他のおにいちゃんたちと元気いっぱいに遊んでいました。

ほんの3、40分ほどでみんなと別れて家に帰っていたのですが、その途中でゆーとりんの大好きなYちゃんたちと遭遇。

いつもは同じ時間帯に別の習い事をしていて、帰りに会ってちょっと遊んだりはしているんですけど、今日Yちゃんの習い事はお休みの日で、会わないと思っていたんですよね。

だもんで、もちろんゆーとりんは大はしゃぎで、ほんの10分ばかりですが、一緒に走り回って、もう時間も遅いので家に帰ったのですが・・・

お風呂も入って、さぁ夕飯!という時になってゆーとりんが

「なんかきもちわるい・・・」と。

散々遊び倒して、疲れてしまい、眠くてまたご飯が食べたくないのだろうと思って、最初は怒ってご飯を食べさせようとしていたのですが、

本当に食べられなさそうなので、横にならせておきました。

そして、念のため嘔吐用の洗面器を用意して、枕にもバスタオルを巻いておいたところ・・・



見事にバスタオルにちょっと吐いた後、洗面器に嘔吐

ご飯は食べておらず、英語教室の合間にちょっとおやつを食べていただけなので、大量ではありませんでしたが、

その後も思い出したように嘔吐。

ただ、あっという間に出すものもなくなってしまい、吐き気はあるのに吐けないといった感じ。


ただ、熱はまったくないもので、これはもしや・・・あのおそろしいウィルス性胃腸炎

とすると、近いうちに下痢も始まってしまうのか?

できる限りの準備はしたものの、隔離はできず(2人ともそれぞれ1人にはできないので・・)仕方なく顔の向きだけは変えて、みんなで一緒に眠りました。


Jたんに連絡して、経口補水液やスポーツドリンクを買ってきてもらっておいたのですが、吐いている途中で水分をとってももちろんまた吐いてしまうわけで・・・

幸い吐き気止めの座薬が残っていることを思い出して、それを投入。

ゆーとりんはそのまま眠り、思い出したように起きては喉がかわいたと経口補水液を口にしていましたが、そのまま朝まで吐くことはありませんでした。


さて、明日はまなちょんの幼稚園での一日入園の日なんですよね。

でも、まなちょんにもうつっているかもしれない可能性を考えると、ゆーとりんを預けてまで連れて行く必要性はあるのかな・・・と。

幸いまなちょんは2人目、私も一度入園を経験しているから、そんなに不安もないですしね。

というわけで、残念ながら明日は一日入園はお休みして、病院に行くことにします。

ゆーとりんも元々休園ということで欠席にはならないし。


あー、ウィルス性胃腸炎ではないことを願います


おばあちゃん

今は実家に久々に実家に来ています。

と言ってもお正月には一度来ているので、ほんの1ヶ月ぶりなんですけどね。

実は両親はいないのですが、Jたんが風邪をひいていることもあり、

子どもたちがいるとうるさいし、Jたんと遊びたがってしまうので。

プラス妹の子どもたちも、ゆー&まなと遊びたいと毎週のように言ってくれていたようなので、両親がいなくても実家で落ち合うことにしたのです。

もちろん子どもたちは大喜びなのですが、どうして両親がいないのかと考えるとちょっと複雑でして…


実は母方の祖母が急激に体調を悪化させ、入院してしまっているんですね。

なので、今や毎週のように両親は新潟まで通っているんです。

大好きだったおばあちゃん。

新潟から遠く離れた地に引っ越してからは、それこそ滅多に会えなかったけれども…

もってあとよくても3ヶ月程度と言われても、全く実感がわかないというか、

「いやいや、あのおばあちゃんなら大丈夫でしょ~」

なんてついつい楽観的に考えちゃって。

両親にしてみれば、毎週弱ってる姿を見て、色々と思うところがあるのでしょうが…

母曰く、うちや姪甥の入園・入学、進級などが落ち着くまではなんとか頑張ってもらいたい…と。

考えたくはないけど、確かに4月に万一のことになってしまったら、さすがに私もなかなか新潟までは行くのが難しいわけで…

正直長引くのもかわいそうなぐらい、おばあちゃん自身も痛みやつらさがひどいらしく…

それでもただ存在していてほしい、と同じような境遇の人が陥るエゴというかジレンマに悩みます…

せっかく生き長らえられるのなら、少しでも元気になってもらいたいです。


またもや~

Jたんが珍しく早く帰ってきたかと思いきや、

「はぁ~、はぁ~」

と荒い息、赤い顔。

おいおいおい~、またやってくれたね~

熱を測ると38度。

早く帰ってきたJたんを見て、キャーキャーとおおはしゃぎの子どもたちでしたが、

残念ながらソッコー隔離。

子どもたちにも高い予防接種打って、手洗いうがいも徹底して、持ち込まないようにしているといいのに…

またもやJたんですよ。

まぁ毎日頑張って仕事してくれていて、一番いろんな人と接触しているから、仕方ないんですけどね。

注射嫌いのJたんのことだから、てっきり予防接種受けなかったのかとも思ったのですが、本人は本当に打ったと言い張るし。

まぁ、確かに結果的に病院にかかったところ、インフルエンザではないと診断され、熱もひどくならずに下がっていったんですけどね。

インフルエンザでもなかったことだし、熱もそんなに高くないので、ゆっくり休ませてあげるためにも、

そして元気な子どもたちの発散のために土日はちょっと実家に行ってこようかと思っています。

(鬼嫁か!?)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。