Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新説?『お寺の和尚さん』

ゆーとりんが幼稚園で習い覚えた手遊び歌を、私にも一緒にやろうとせがんできました。

それは『お寺の和尚さん』

手遊びをして最後はじゃんけんをするものなのですが、これは私も子どもの頃やったので

「いいよ~♪」

と軽く請合って始めたのですが・・・

 お寺の和尚さんが かぼちゃの種をまきました

芽が出て ふくらんで 花が咲いたら

じゃんけんぽんっ


と私が歌ったら

「ちがうよー」

とゆーとりん。

へっ? 何が違うの? 

とゆーとりんに歌ってもらったところ、全く私の知らない歌詞が足されていました。

それがこちら。

お寺の和尚さんが かぼちゃの種をまきました

芽が出て ふくらんで 花が咲いて 枯れちゃって

忍法使って空飛んで 東京タワーにぶつかって

ぐるりと回って じゃんけんぽんっ



・・・なんだそうです

なんだかずいぶんとスケールのでかい歌になっちゃっていますね(笑)

しかも長いし。

いつ頃からこんな歌になったんだろう?

元々これが正しかったのか、それともこれはやはり現代版なのか・・・

こんなところにも、ジェネレーションギャップを感じてしまったのでした


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。