Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


幼稚園のお友達

この間、子ども達が幼稚園に行っている間に、ママさん達が遊びに来てくれましたが、

今日は夏休みという事で、初めてゆーとりんのお友達が家に遊びに来てくれました~。

「今日は誰と遊んだの?」 と聞くと

「みんなと」 と答えるゆーとりんですが、それでも特に大好きなお友達が何人かいまして。

今日はその大好きなSOちゃんが来てくれるということで、朝からテンションあがりっぱなし。

早朝からこっちは掃除をしたり、片づけをしたりしているというのに

「SOちゃん、もうくるー?」

と何回聞かれたことか・・・

それでも、約束の時間は午前中だったので、ゆーとりんのしつこさに私が爆発する前に、SOちゃんは来てくれました。

SOちゃんには年長のおねえちゃんと、まなちょんと同じ年の妹がいます。

我が家には女の子がいないので、女の子向けのおもちゃなんてないからちょっと不安と言うか、申し訳ないな・・・と思っていたのですが、

さすがにおねえちゃんは普段から弟のSOちゃんと遊んでいるせいか、慣れたもの。

家にあるだけのおもちゃで文句も言わずに楽しんで遊んでくれ、しかもゆーとりんともたくさん遊んでくれました。

SOちゃんママと色々とお話しているうちに、実は私と同じ年だということが判明。

団塊ジュニアということで、1、2番に数が多い学年の割には、懇親会でも同じ年の人が見当たらなかったので、ちょっと意外に思っていたのですが、ようやく1人お仲間を見つけられました♪

子どもも2人とも同じ年だし、話も盛り上がるし、随分と親近感を持ったのですが、残念ながら小学校の学区は違うんですよね・・・

もう1人ゆーとりんが好きなお友達も、どうやら学区が違うので、卒園後さぞかしゆーとりんはガッカリしちゃうんだろうなぁ・・・と、随分先の話なんですが、今からちょっと気をもんでおります。


SOちゃんは姉妹に囲まれているせいか、おっとりしたとても気の優しい子で、

ゆーとりんが半ば強引に遊びに誘ったり、おもちゃを「かして」と言いながら自分のものにしたがったりしても、「いいよ」と応じてくれちゃって、

(あぁ、幼稚園でもこうやって振り回しているんだろうな・・・) と容易に想像ができちゃって、ハラハラしてしまいました。

ゆーとりんに注意しながら、思わずSOちゃんに

「SOちゃん、なんでこんな自分勝手なゆーとりんと仲良くしてくれるの?」

と、本気で聞いちゃいました

でも、SOちゃんは特に嫌だと思っていないらしく、&質問の意味が難しかったのか、首をかしげちゃってましたが。


ママ曰く、やっぱり今まではおねえちゃんがらみでのお友達とばかり遊んでいて、

SOちゃんが幼稚園で自分で作ったお友達(=ゆーとりん)と遊びたいと言い出したのは、初めてのことなんだそうで。

ゆーとりんももちろんSOちゃんが大好きなんだけど、その想いが一方通行でなく、SOちゃんもゆーとりんのことを好きでいてくれる、ということが

私にとっては、とってもとってもありがたく、嬉しく思えました。

子ども同士も仲がいいし、ママとも同じ年トークで楽しめそうなので、これからもまた一緒に遊べたら嬉しいなぁと思っています。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。