Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


まなちょん、ビックリ3連発!

【ビックリその1】

今日、まなちょんを寝室に置いたまま隣の部屋を掃除していました。

すると、泣いてる、泣いてる・・・

(ごめんよ~、すぐに終わらせるから~

と思いつつ、そのまま掃除や片づけを続けていました。

ふと気付くと、今度はやけに声が近いというかハッキリと聞こえる・・・

 と思いながらも、まさかねとベランダを覗いてみると・・・

そこには隣の部屋の窓から抜け出し、泣きながらベランダを通ってこっちの部屋に来ようとしている

まなちょんの姿が!!


我が家のベランダには、隙間などはなくて落ちる心配はないのですが、

緑のニセ芝シートが敷いてあるので、そこをハイハイするのは相当痛いはずなんです。

もちろん、公園に行ってもレジャシートから本物の芝の上にだって一歩も進めなかった

ビビリーゆーとりんの時には考えられないこと


最近、窓も網戸も簡単に開け閉めしてしまので、本当に油断も隙もありません。


【ビックリその2】

兄弟をあまり比べてはいけない・・・と言いつつも、やはりついつい「ゆーとりんの時は・・・」なんて考えてしまうんですよね。

最近よく思うのが

「ゆーとりんの時って、ここまで目を離せなかったっけ?」

ということなんです。

まぁ、ゆーとりんの時には私と1対1だったし、部屋や窓も脱走防止のために締め切っていたし、それなりに対処していたのかもしれないんですけど。

とにかくまなちょんは気付けば部屋を脱走

寝室にはないタンスの数々につかまり立ちをしては、引き出しを開けたり閉めたり・・・

指や手を挟まないのが不思議なくらい

まぁ、これはゆーとりんの時にはなかったタンスが今はあることと、子どもタンスも取っ手がないものからあるものに変わった、という事情もあるのですが。

いずれにしても、開け閉めが面倒にはなりそうですが、タンスの開閉防止の対策をしなくてはいけませんね。

とまぁ、本当に目が離せない日々を送っているのですが、さすがに私がトイレに行きたい時には部屋に置いていかざるを得ないんです。

今日も急いでトイレに行き、座った途端に「ふぇあ~とひと泣き聞こえました。

でも、泣き続けているわけではないし、何よりも私は用を足すところ

すぐには駆けつけられなかったものの、トイレを済ませてから慌てて部屋に戻ろうとすると・・・

今まさにまなちょんが半開きだったドアをハイハイで押し開けながら、廊下に出て来ようとしているところでした。

ニコニコと笑いながら出てきたその顔を見てビックリ

片方の鼻から見事な鼻血をたらしているではありませんか

おそらく、あのひと泣きした時は、転んだかなにかして顔を打って泣いていたんですね・・・

それにしてもその顔で、大泣きもせずにすぐに泣き止み、ニコニコしているとは・・・

ビックリ、ビックリ。


【ビックリその3】

自然に起きるのを待ち続けなくても、ゆーとりんを幼稚園に送る時には否応なしに起こされてしまうまなちょん。

なので、遅くても8時には起床しています。

もちろん今日もそうです。


・・・なのに、なのに なんで 

3時過ぎまで ただの一度も昼寝をしないんだーーーーっ!!


ほんっとーーーに一睡もしていないんですよ

夜中も未だに3回は起きてますから、こっちはいつでも一緒に寝る準備OKだというのに。

今日はゆーとりんの英語教室なので、おんぶで行動すればさすがに寝てくれるだろうと思ったのですが、これがなかなか寝ない

ゆーとりんと別れてから、しばらく駅ビルをウロウロしてようやくまなちょんは眠りにつきました。

ところが、教室に戻ると他のお母さんが「起きてるよ」と・・・

えぇっ

結局、本日のお昼寝時間、ものの20分・・・

これで家に帰っても、夜になっても眠る気配もなく過ごしたんですよー

まだ1歳にもなっていないのに、この脅威の体力はなんなんだーっ


以上、伝説にもなりそうなまなちょんビックリ3連発でございました


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。