Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


久々の児童館へ

今日は雨もやんだことだし、6ヶ月になってすぐに行って以来、ご無沙汰していた児童館の“はいはいルーム”に行ってみることにしました。

ゆーとりんの時のお友達が「児童館に行くと何かしら病気をもらったり、具合が悪くなったりする・・・」

と言うのを聞いてから、ゆーとりんもあまり行かなくなっていた児童館。

しかも今は新型インフルエンザも怖いし、一応人混みなどは避けるつもりで行動しているのですが、

逆にこんなご時勢だからこそ、そんなに人も来ないだろうしと思って、思い切って行ってみることにしました。

まなちょんも、たまには同年代のお友達を遊ばせてあげたほうがいいでしょうしね。

行ってみると、やっぱり人数は少なめ。

よそのお母さん方も「今日は少ないねぇ。やっぱりみんなインフルエンザを怖がってるのかな?」なんて話し合っていたので、考えることは皆同じなんでしょうね。


さてさて、まなちょんですが久しぶりの場所にも全く物怖じせず、目の前にあるおもちゃでお遊び三昧。

おもちゃいっぱい♪


今日は人数が少ない上に、女の子率も高く、加えてどうやら月齢も小さめ、ということで全体的にみんなおとなしめ。

それに反して、数少ない男の子はやはり同じ血を感じるのか、積極的に遊んだり、じゃれあったりと本当に動きが活発

まなちょんがあるおもちゃで遊んでいれば、我も我もと参加して、逆にまなちょんはその子のおもちゃに手を伸ばす、といった感じ。

それより何より驚いたのは、やはりまなちょんのデカさ(笑)

並外れてデカい訳ではないはずなのですが、周りの子よりも確実に一回りは大きい

みんなと並んでいると、遠近感がくるっているような錯覚さえ覚えるほど

特にまなちょんとほんの1週間しか誕生日が違う男の子は、小柄なようで、2回りは違っていましたね~。

でも元気いっぱいで、まなちょんとじゃれあい、髪の毛をひっぱったりしてました。

お母さんはすごく気にしていましたが、子どもも2人目、しかも両方男の子とくれば私にとっては、そんなのなんでもないようなことなんですけどねぇ。

「気にしなくていいですよー」とは言ったものの、相手のお母さんは言葉通りには受け取れないのでしょうけど。

かつての私がそうだったようにね

でも、やっぱりまなちょんが他の子のおもちゃを取ろうとするのは必死になって止めちゃっていましたが。

“される”のは構わないんですけど、やっぱり“してしまう”ことには敏感になっちゃうんですよね。


そして、今日はまなちょんの思わぬ本性を見てしまいました

まなちょんときたら、全く場所見知りも人見知りもしないのはいいのだけれど、すぐにちょこまかと

よそのお母さんのところに行っては、図々しくも膝からつかまり立ち。

優しいお母さんが両手を持って支えてくれると、大喜びでスクワット。

横ではそのお母さんの赤ちゃんが「ボク(わたち)のママなのに・・・」と言わんばかりのうらめしそうなお顔で見ているし・・・

もちろん、すぐに謝ってまなちょんは引き離しましたが。

その間、まなちょんときたら、実の母である私のことは全く振り向きもせず

そして、手を離すとすぐさままた違うお母さんのところに・・・

しかも狙ったかのように、明らかに私よりも若くてキレイなママばっかり!!(^_^;)

“ように”じゃなくて、これはやっぱり狙っているのか

まったくもーーーぅっ(笑)


でも、まなちょんはあまりこういう同じぐらいの赤ちゃんがいる場には連れて行ってあげてなかったので、

たまにこういう所にくると、こんな思わぬ一面も見られて、まぁおもしろいはおもしろかったですけどね。

人懐っこいし、よく笑うので、みなさんにも優しく相手してもらえて、まなちょんにとってもよかったと思います。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。