Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゆーとりんのひとりごと

お休み2日目。

お天気もよく、体も元気なのに外に行けないことをブーブー言い出してはいますが、それでも結局はそんなにダダをこねることもなく、家でおとなしく(?)過ごしてくれています。

まなちょんも、おにいちゃんといっぱい遊べて(?これも疑問)楽しそうですしね。

私も一緒になってダラダラ過ごしているもんで、昼過ぎには眠くなり、みんなでお昼寝しようと試みたのですが・・・

ゆーとりんは、今でも寝かせようと思えばあっさりとお昼寝してくれるのですが、問題なのがまなちょん

私達2人がおとなしくしていれば、眠るかなーと思いきや、一向に眠る気配はありません。

むしろ 絶好調!!(^_^;)

キャッキャとはしゃいで1人でも遊びまくり、挙句の果てには私やゆーとりんの上にドーンと乗っかってきたりするので、結局今日のお昼寝は断念しました。

「ゆーとりん、もう起きてていいよ。まなちょん寝そうにないし」

と私が言うと、ゆーとりんがまたおもしろいことをつらつらと言い出したんですよねぇ。

寝かそうと思えば寝ちゃうゆーとりんですが、基本的には起きて遊んでいたいんですよね。

だから『寝なくていい』というのは、本当は嬉しいはずなんですが、出てきたセリフが

「もー、ゆーと ねたかったのに、まなちょんがおきてるから ねむれなかったよー」

ですって。

嬉しいくせに、まなちょんのせいにしたりして

そして後はもう独り言のように続けて

「まなと もういちど おなかのなかにはいればいいのに。

そうすれば いたずらしないでしょー?

まなとー、おなかんなかに かえるかー?

でも もう1さいになったから はいれないかー。

おたんじょうび おめでとー」


って、もう私は聞いていておかしくって、おかしくって

これは忘れないうちにっ、と思って一生懸命メモしました(笑)

しかし、最後の方はもう話がそれちゃって、お祝いコメントになってるし。

でも、話としては結構論理的だし、筋が通っているというか。(通ってるのか

実際できる話じゃないけど、確かにお腹の中にいればいたずらはできないだろうし、でももう大きくなっているから、それは無理だという自己完結(笑)

いやーっ、私の中では久々のヒットな語録でした。

(メモせず忘れていった幻の語録も多数あるんですけどね)


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。