Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いくら子育て中だと言っても・・・

今日は薬が無くなってしまったので、まなちょんのみずぼうそうの経過を診てもらいに、朝から病院にいくことにしました。

なので、自転車の前にまなちょん、後ろにゆーとりんを乗せて幼稚園に向かったのですが・・・

もう幼稚園は目の前、というところでバサバサッだか、ヒューッというような音がして次の瞬間

何かに思いっきり後頭部を押されたんです。

「なっ、なにっ!?」

と思った時、目の前をバサバサッとカラスが飛んでいったんです。

そうです。

私、思いっきりカラスに後頭部を蹴られたんですね~

滅多にない(?)経験をしたのと、幼稚園のすぐ近くだったこともあり、万が一子ども達が襲われたりしたら・・・と思い、

お出迎えをしている理事長先生に興奮気味に報告すると

「あー、M先生(今のゆーとりんの担任の先生)も同じこと言ってましたねぇ。

(カラスは)今、子育て中だからみたいですね」
と。

ほほぅ。なるほど。

確かにカラスに限らず、鳥類やその他の動物類は子どもを守るために敵が巣の近くに来たら、自分が囮になって遠くにおびき寄せたり、はたまた攻撃したりするというのは聞いたことがあったけど・・・

それにしたって今回私はまっすぐ前を見て自転車をこいでいただけで、カラスと目を合わせてもいないし、ましてや巣がどこにあるのかだって知らなかったのに・・・

いくら子育て中で気が立っているからって、無差別攻撃はないでしょー


まぁ、今回はいくらちびっ子の私でも、さすがに子どもたちよりは頭がぬきんでていたので、被害にあったのが私でよかったものの。

正直、結構な衝撃を受けたので、びっくりしてハンドルさばきを間違えて転んだりする可能性だってあったわけで。

とにかくゆーとりん達はもちろん、他のお母さん方やお子さん達が襲われたりしなければいいんですけどね。

ゴミネットなどによって一時は減っていたカラスが、また最近ちょっと多いなとは思ってたのですが、

私は怖がりの妹とは違って(カラスがいると道も通れない)別段カラスを怖いとは思っていなかったんですけど。

こんなにあからさまに蹴り上げられると、さすがにちょっと怖かったですねぇ


ちなみにその後、無事に診察を受けたまなちょんは、完治にはもう少しかかりそうという診断でしたが、接触しなければ外出するぐらいはいいとのことでした。

今週末にはちょっと予定があるので、それまでになんとか感染しない程度になっていてくれればいいのですが・・・


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。