Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ようやく安否確認!

宮城、福島に住んでいる友人や先輩たち。

現地は大変だろうからとこちらからの連絡はずっと控えていたのですが、こっちの仲間同士で連絡を取り合っても誰も消息を知らず、

グーグルの人探しやら、NHKのデータ放送の人探し、171とみんなでありとあらゆる方法で探していました。

控えていたほうがいいと言いつつも、さすがに何日か経って、みんなも私もさすがに心配になってしまったので、

思い切って先ほど電話してみたところ・・・

本人に通じることができました

ちょうど今日の今日、携帯も使えるようになったところだったそうです。

この友人はつい最近まで、県道沿い1800軒あまりが壊滅状態になってしまったという南相馬市に住んでいて、

今は家を建ててもう少し内陸のところに引っ越していたので、大丈夫だろうとは思いつつ、職場の場所は分からないので、もしや・・・とやきもきしていたんですね。

でも、確かに引っ越す前だったら結構危なかったみたいです。

今度はその辺りは原発の避難区域にもなってしまっているみたいですし。

でも、友人は実家のご両親も含め、ご家族もみんな無事だったそうです。

ただ、この友人、医療従事者ではないのですが、病院勤務で、近辺で機能している病院が新しいその病院だけで、

その機能を維持するために奔走しなくてはならず、大変な状態のようでした・・・

何はともあれ、無事で本当によかった・・・

須賀川や仙台の先輩たちも無事が確認されて、ホッとしました。


被災している石巻の伯父も、従妹共々なんとか元気で、水や食料も少しは調達できたとのこと。


テレビで見ていると、赤ちゃんや子ども達のオムツやミルクなどが足りない、全国のみなさん助けて!

というメッセージを目にして、同じ子を持つ母として、少しでもなんとかしてあげたい、送れるものなら送ってあげたいと思うのですが、

一般の私が東北地方に荷物を送れる状況にはまだなっていないし、(運送会社が受付停止してますからね)

阪神淡路大震災の時も、ボランティアのつもりで送ったものがゴミのようなものだったり、届くものが大量すぎて仕分けに苦労して、

ただでさえ疲れているのにありがた迷惑だった・・・なんて話も目にしたので、下手に動くこともできませんよね・・・

募金は億単位で集まってきているんだから、早く国が、政府がなんとか助けてあげてと切に願うのでした。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。