Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


まなちょんサークル活動日(4月2回目)

今日はまなちょんのサークル活動の日。

この2歳児のクラスは、9月からは完全に親子分離になるのですが、まだ離れられない、慣れないうちは一緒に活動していてもいいことになっています。

まぁ、まなちょんは大丈夫のような気はするのですが、預けたとしても時間帯が9時半から10時半で、買い物すらできそうにない時間

なので、私自身も一緒に製作などをするのが楽しいので、しばらくは一緒にいようかなと思っていたんです。

でも、先に来ていたお友達がすでに預けてママは部屋の外で待っていて。

しかも、そのお友達はどちらかというとママと離れられないんじゃないかなー?というタイプの子で、実際私達が部屋に入ってからもずーっと泣き続けていました。

でも、先生方は「泣いていても後はお母さんの気持ちしだいよ、預けるのなら構わないのよ」とおっしゃるので、

私もそのまままなちょんを置いていってみることにしました。

私が離れようとするとそれを察知して不安そうな顔をしていたまなちょん。

「ばいばい」と部屋を出て行こうとすると、「ママーーーッ」とやっぱり大泣き。

まだ4月ということで、ほとんどのママがまだ一緒に中にいるので、自分だけ(母親の私が)いないのはかわいそうかなとも思ったのですが、

預けていっているお母さん達は上にも子どもがいる方が多いせいか、サバサバと割り切っていて

「もう来年には幼稚園なんだからねー。スパルタかもしれないけど、預けちゃったほうがいいよね」

などと話していて、確かに周りの幼稚園ではプレも始まっているぐらいなんだから、入園準備として最初っからお預けした方がいいのかなと。

まだまだ預けているお母さんは少なかったですが、これから少しずつ増えていくだろうし、みんな外にも行かないだろうから、

色々と情報交換という名のおしゃべりもできるんじゃないかなーと期待しています。


約1時間経ち、おやつの時間には私達も中に入ることになって部屋に入ったのですが、まなちょんは1人で水筒を準備して、おやつも目の前に置いてちょこんと座っておりました。

そうそう、頭には今日の製作で作ったこいのぼりの頭飾り(表現が難しいのですが、写真は撮れないので・・・)もしっかりとかぶっていました。

先生のお話だと、最初こそ確かに泣いていたけれども活動(製作など)の時にはすっかり泣き止んで普通に参加して、終わりの頃にははしゃいで走り回っていたそうで・・・

まぁ、今までの経験からしてそんなもんだろうと心配はしていませんでしたが。

これからもしばらくは離れた時、最初だけは泣くかもしれませんが、どうやら大丈夫そうなので、そのままおまかせしていこうかなーと思っています。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。