Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


たいやき屋さん

こうしてサークルも終えたのですが、目の前の公園を素通りできるわけもなく、また時間も今までより格段に早いので、まぁいいかとしばらく公園で遊んでいくことにしました。

もちろんお仲間はいっぱいいて、同じくサークル帰りのお友達がたくさん遊んでいました。

その中でも、このサークルで知り合って、ちょっとランチをしたりお話したりするようになった方たちがいらっしゃったのですが、

2人とも幼稚園のプレが木曜日ということで、同じサークルの水曜日に移ってしまうとのこと・・・

しかも1人は5月には同じ市内ですが、何駅か離れたところに引っ越してしまうとか・・・

せっかく数少ないまなちょんだけのお友達ができたと思ったのになぁ。
(たいていはゆーとりんがらみのお友達なので)

でも、サークルでは会えなくなっても、またランチはしようねとお約束しました。


小1時間ほど遊んだところで、結構寒いし、ゆーとりんのお迎えもあるから家に帰ってお昼ごはんでも食べようと思っていたのですが、まなちょんがなかなか帰りたがらない(>_<)

その公園は離れたものの、帰宅途中に児童館が目に入ってしまったら、『あそこに寄るんだ』と聞かず、まぁ、私もいったん家に帰ってからまたお迎えに出直すのも面倒かなーと思って、

児童館でお昼ご飯を食べて、そのままお迎えまで遊ぶことにしました。

児童館は基本的に飲食禁止なんですが、お昼の12時から1時間だけ体育館部分でお昼ご飯を食べてもいいことになっているんですね。

でも、お弁当などは用意していないので、当然食べるものを買っていくことになるのですが・・・

そこで思いついたのが、前から気になっていたとあるお店。

正直、しょっちゅう入れ替わるテナントで、以前はケーキ屋さんが入ってうれしいなぁと思っていたのですが、

小さいのに高くて、買う気になれないままなくなってしまい・・・

その後は、沖縄物産店のようになっていたのですが、これまた中を見ることもなくなくなっていて・・・

そして、最近はたいやきやたこ焼きを売るおやつ屋さんのようになっていたんですね。

正直、無性にたいやきやたこ焼きを食べたくなることがあるのですが、なかなかすぐに買えるところにはなくて、こういうお店が近くにあったらうれしいなぁなんて思っていたんですよね。

と言いつつも、なかなか今まで買いに行く機会はなかったのですが・・・

今日、満を持して(ってほど大げさでもありませんが)買ってみることにしました。

たこ焼きは揚げたこ焼きなんですが、11コ入りでも400円となかなかリーズナブル。

たいやきも、某有名チェーンのものなので、味は保証済み。


揚げ物を頼んだので、多少時間はかかってしまうので、その間に店内を見渡していると、沖縄の物産も扱っており、

他にもスクラップブッキングが何点か展示してあり、製作を請け負います、とありました。

そして、『お待ちの間にご覧ください』とスクラップブッキングの見本帳のようなミニアルバムがあったので、パラパラと見ていると・・・

思いっきりゆーとりんと同じジャージ姿の子達がうつっているではありませんか

しかも発表会や運動会の衣装などを見ると、最近のものどころか、ゆーとりんの1つ下の学年の子達でした。

店員さんに「この写真に写っているお子さんは・・・?」と聞いてみると

「私じゃなくて、今は(お店に)いないんですけど、店長のお子さんなんです」と。

なんと、どうやら店長さんは同じ幼稚園の父兄さんだということが判明

しかも、さっきサークルで一緒だったKくんのおねえちゃんと同じクラスのようだったので、思わず興奮してKくんママにメールしちゃいました。


児童館でそのたこ焼きなどを食べ、1時間ほど遊んでからようやくゆーとりんのお迎えに。

そのお迎えで、クラス前に並んでいるKくんママを見つけて声をかけたところ

「メールの返信できなくてごめんねー。そうなのよー、あのお店、こちらの○○ちゃんちのパパがやっているのよー」

と、Kくんママのちょうど前に並んでいたのが、その店長さんの奥さんだったのでした~。

「買ってくださってありがとうございますー」 なんて言われて、Kくんママにも「宣伝してあげてー」と。

ゆーとりんの学年というか、私の周りでもそのお店が気になっている人はたくさんいたのですが、実際にはみんな買っていないと言っていたので、

「同じ父兄さんなんだよ~」と教えてあげれば、みんな気安く買いに行けるようになるかもしれませんよね。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。