Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大人になった!!

毎日毎日散らかすだけ散らかしては、まーーーったく自分では片付けようとしないまなちょん。

「片付けなさい と言うと

「マーマー と泣く。

そして「おかーさんもいっしょに~(かたづけて)」 と泣いて自分では片付けない

(ちなみにまなちょんもゆーとりんと同じく、『ママ』と『おかあさん』を混ぜて呼びます)

こっちにしてみれば 「おかーさんが出したわけでも遊んだわけでもないのに、なんでおかーさんが片付けなきゃけいないのっ

ってな感じなんですが

よその児童館や保育施設で遊ぶ時には、むしろ率先してお片付けするんですけどねぇ。

なぜか家では散らかし放題。なんでなんでしょう?


まぁ、そんな感じで今日もいつもと同じような私とまなちょんの攻防が行われていたのですが・・・

するとそこに

「まなちょんはやすんでいていいよ~。ぼくがかたづけてあげるからさ」

と、耳を疑うようなセリフがっ


私と同じく自分が散らかしたわけでもないゆーとりんが(もちろん私と違って少しは遊んでいますが)

自ら片づけを買って出てくれたのです

まぁ、普段から「ぼくがだしたんじゃありませーんなどと言いつつも、なんだかんだとまなちょんが散らかしたおもちゃを片付けてはくれているんですけどね。

それでも、やはりしぶしぶといった感じなんですが、今日はそれはもうにこやかに、自然と片づけを申し出てくれたんですよ

もうなんていうかね、後光が差して見えるかのようというか、天使のようでしたよ。(言いすぎ?


私は大感激しちゃって、「えーっほんとにー?なんて優しいお兄ちゃんなのっ本当に助かるよ~」と褒めちぎり、ゆーとりんもまんざらじゃないというか、得意げ。

毎日毎日散らかされては結局私が片付ける、という日々で本当にうんざりしていたのですが、このゆーとりんの大人な一言に心が洗われるようでした。(またもや大げさ)

いやぁ、ゆーとりんもこんなことを言ってくれるぐらい成長してくれたんですねぇ


それに引き換え、目下我が家の問題児であるまなちょん。

君はいつになったらトイレにも行ってくれて、自分が出したものもきちーんと片付けてくれるようになるんだい

はぁ、やれやれ。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。