Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


気になる出来事

さて、3連休初日。

いつもながら休日初日は3人でのお出かけ。

と言いつつも、今日は私もなんだか眠くて11時頃までゴロゴロしていました・・・

が、これじゃぁいかん!と飛び起き、2人を連れていざ出発


出発が遅すぎて、ショッピングモールは混んでいるだろうと、考えたところがカラオケwか、ネットカフェww

カラオケは行ったばかりだし、平日でないとそんなにお徳感はないので、前々から調べておきながら、行ったことはなかったネットカフェに行ってみることにしました。

このネットカフェ、以前『子ども料金無料』の店舗があるというので、わざわざ電車に乗って遠くのそのお店まで行ったことがあるんですよね。

そこは子ども向けにおもちゃなども貸し出してくれるし、子ども向けのネットゲームなんかもできて、なかなかよかったんですよ。

ただ、駅からめっちゃくちゃ遠くて

最初何も分からず駅からただひたすら歩いて、たっぷり30分以上はかかってしまいました。

なので、ここにはおそらく二度と行かないとは思っていたんですけど。

で、実はこのネットカフェ、小学生未満ならもともとどこの店舗でも無料なんだそうで

というわけで、家からそう遠くないとある店舗に行ってみることにしました。(しかも駅の目の前)

ネットカフェに子連れと思われそうですが、このチェーンはファミリールームという、その名の通り

家族など複数人で入れて、周りに気兼ねのいらない個室が用意されているんですよね。


自宅最寄り駅から3駅のところなので、最初自転車で行こうかなと試みたのですが、線路沿いにずーっと行けばいい、という路線じゃないもんで、そのひと駅がえらい遠かったんですよ

なので、あとふた駅分自転車をこぐ気力がなくなり、隣駅に自転車を置いて、そこから電車

今回の店舗は駅の目の前なので、歩くことも迷うこともなく済むわぁと思っていたところ、駅前の一角に子どもの集まっている場所が。

そこはパチンコ屋さんの前だったのですが、なぜかサービスで無料でわたあめを作って配ってくれていたんですよね。

帰る頃にはやってないかもしれないし、せっかくなので2人に小さめのわたあめを作ってもらいました。

ゆーとりんは喜んで食べたんですが、なじみのないものには警戒心を強く抱くまなちょん。

一生懸命「甘いんだよ~、おいしいんだよ~」と言い聞かせて口元に持っていっても、完全拒否

結局まなちょんの分は私がいただくことに。

食べ終わったあとは、目の前のネットカフェへ。


ファミリールームにも無事に入ることができ、テレビを見ながらお昼ご飯。

ネットカフェのいいところは、これまたドリンクバーが無料なところ。

ただ、このお店は子ども向けのおもちゃなどは一切用意されていなく、ゲームも本体は貸してくれるけどソフトは自前で。

有料放送も見られるけれどもDVDの貸し出しもなし。

パソコンのゲームもあまりゆーとりんたちが出来そうなものはなく・・・

と2人にとっては少々退屈そうでした。

途中で子ども向けのサイトにいけばいいんだと気付いて、家でもできるんだけど、NHKの子ども番組のサイトをだしてあげたところ、2人で喜んでやっていました。

後でゆーとりんに「ごめんね、ゆーとりんたちはつまらなかったよね・・・」と言うと

「そんなことないよー。たのしかったよー

と、気を遣ってくれたのかもしれないけれども、一応楽しんではくれたみたいでした。


タイトルの『気になる出来事』なんですが・・・

私達が入ったファミリールームの隣にも人が入っていたのですが、それが子ども2人(男女)。

もちろんまじまじと中をのぞいたりはしないので、最初特には気にしていなかったのですが。

私も飲み物をくみにいったり、トイレに行ったりと何度も部屋の外に出ていると、その女の子がカップラーメンを買ってお湯をそそいでいるのに遭遇したり、

男の子がウロウロしているのを見かけたりしていたんです。

最初はこの2人は姉弟で、家族で来ているんだろうと思っていたのですが、そのうちネットカフェの責任者らしき人とその子達がカウンターの前で話し込んでいて。

またまたそのうちに今度はおまわりさんまでやってきて、ずっと話をしていたんですよね。

私は横を通り過ぎるだけで、話の内容はまったく聞こえず、状況もさっぱり分からなかったのですが・・・

どうも最終的に会計を支払えずにおまわりさんを呼ばれたような感じなのかな?と思ったのですが、

親とか大人はいなかったのそもそも子どもだけじゃ入店させないよねぇ?

姉弟じゃなくて確かに年も近いように見えるから、友達同士できてたのかしら?

と疑問だらけで。

そうこうしているうちにいつの間にか子どももおまわりさんもいなくなっていたのですが、今度はその女の子がお母さんらしき人と一緒にカウンターに来ていて。

でも、子どももなんかフツーにたたずんでいるし、その女性も恐縮する風でも謝る風でもなく・・・

勝手に子ども達だけで入り込んだのか、それとも親が連れてきておいて、「買い物でもするからここで待ってなさい」とか言って置いていったのか・・・?

それを子どもだけでウロウロしているのを不審に思った店長さんがおまわりさんを呼んだ、とそんなところなのかな?

結局いったい何事だったのか、真相はさーーーっぱり分からないまま。でもなんだったのか気になる出来事だったのでした。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。