Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オムツ外れへの道

いくら腰の重い私といえども、さすがにそろそろまなちょんにトイレの‘いろは’ぐらいは教えた方がよかろうと、ひと月ほど前からおまるを取り出しておいたのですが。

すっかり部屋のインテリアの一部となって、ほこりをかぶっておりました

なにせまなちょん、この排尿に関してはかなり我が強くって(笑)

「パンツマンになろうよ~」 と言っても

「やーだー。おむちゅ~」

と、トイレで出来ないのではなく、明らかに自分の意思で拒否しちゃっていたんですよねぇ


まぁ、ゆーとりんの時にも、幼稚園入園前までに外れるのかどうかとやきもきしていたら、なんのことはない、

私がまなちょんを出産した後に、赤ちゃん返りをすることもなくアッサリとなんの苦労もなく外れちゃいましたからねぇ。

ということで、まなちょんもまぁいつかは外れるだろうし、幼稚園も最初はみんなお土産ぶら下げているから、まなちょんもお土産持参で帰ってきてればいいさ、と気楽に構えていました。


そして相変わらず家ではおまるに座る気配すらないまなちょんだったのですが、最近私の仕事の都合でちょこちょこ預けている一時保育先でその話をしたところ、

「預けている間はパンツにしてみましょー」

ということで、それは私もありがたいと、大量のパンツと着替えとともにまなちょんを預けることにしました。

最初はパンツをはくことすら嫌がっていたまなちょん。

=預けられてしまう、私と離れてしまうという図式もあってか大泣き。

ところが、お迎えにいったところ

「出ませんでしたけど、トイレには泣かないでお座りできましたよー」

とのご報告。

おぉそれだけでも大進歩

さすが保育園

しかも、5時間ほど預けていたというのに、パンツもまったくぬれていなかったんです

これは、もしかしたらもしかして・・・?

という淡い期待もつかの間、そのまま家に帰る途中、安心したのかパンツのままだだ漏れ

そして家では結局パンツもおまるも、トイレもすべて断固拒否

まぁ、地道に様子を見ていくことにします。

(あまり努力する気なし


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。