Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


初詣

Jたんの両親との食事会を済ませ、今年もまた懲りずに初詣に行くことに

Jたんは新年早々、大嫌いな人ごみに出かけるなんてまっぴらごめん、といったところなのですが、

テレビを見ていて、実はJたんが厄年であることが判明。

その話をしたところ、お姑さんが

「じゃぁ、あそこがいいんじゃない?厄除け大師」

ということで、家からもそう遠くない某神社に行ってみることにしました。

今回は毎年の経験から、車では行かないほうがよかろうと電車でのお出かけ。

すると・・・

駅前からすでに警察官が交通整理をしている有様。

というか、駅から参拝の列が続いている

なんじゃこりゃー、今年も新年早々失敗か?

と思ったのですが、いまさら引き返すわけにもいかず、流れに身を任せてみることにしました。

幸か不幸か初めてのところなので、参拝するところまでどれぐらいかかるのかさっぱり分からないまま

列に並んで歩いていくと、思ったより早く、そして簡単に参拝のところまでいくことができました。

ちゃんとお賽銭箱のまん前までいけたし、地元の神社よりよっぽど参拝しやすいなという印象でした。

Jたんは何を思ったのか、「だるまでも買おうかな?」と言い出したので、

「厄年なんだから、だるま買うぐらいなら厄除けのお守りを買いなよ」

と、お守りを勧めておきました。

私は特に厄年を感じなかったんですけど、Jたんはどうもガタイの割りに体が弱くて心配なので、これでなんとか今年1年無事に過ごしてくれればなぁという感じです。

でも、厄は厄でも前厄なもので、正確には丸3年間厄年ってこと?

と思うと、なんかキリがないですよねぇ・・・


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。