Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おめでとう=ケーキ?

さてさて、昨日めでたく(?)30ウン歳の誕生日を迎えたJたん。

未だに「俺は29歳だと毎年のようにあがいております

夕べゆーとりんとJたんは会えずじまいだったので、朝起きた時に

「おとうさんお誕生日なんだよ。おめでとうは?」

と言うと

「けーき!!」

と一言

どうやらゆーとりんの頭の中には

おめでとう = おたんじょうび = ケーキが食べられる

という図式ができあがっちゃっているようです


そんなJたん、誕生日を迎えたという事で、運転免許証の更新に行かねばならず、今日はお休みを取っていました。

ふぃんしゅんなんかは、ペーパードライバー=優良運転者なんで5年に一度、近くの警察署で済むのですが、Jたんは毎回遠くの免許センターまでお呼ばれです(違反者)

家でずーっと待っているのもつまらないので、ドライブがてらついていくことにしました

途中でお昼ご飯を食べる事にしたのですが「さて、どこにするー?」と悩んでいると、ちょうど市場を通りがかりました。

「ここ、前食べ損なったとこだよ」

とJたんが言い、ふぃんしゅんの記憶もよみがえりました。

以前テレビですんごい巨大なエビフライなどを出すお店が紹介されていて、まんまとそれに乗っかり食べにきたんですね。

ところが、市場がお休みでもなさそうにも関わらず、食堂はやっていなくて、結局食べられずじまいだったんです。

Jたんは話題のひとつとして言っただけのようでしたが、ふぃんしゅんはとっさに

「今日はここで食べる

と言い、急遽この市場で食事をすることになりました。


看板メニューは巨大なエビフライや何10cmもある巨大アナゴフライの定食なんですが、さすがにそれだけを食べる気にもなれず・・・

結局ふぃんしゅんは“大漁丼”(これもかなりすごい海鮮丼)と小さいエビフライのセットにしました。

さすが市場内の食堂ということで、具材は新鮮だし、量もてんこもり。

エビフライ


エビフライ好きのゆーとりんですが、有頭が怖いのか珍しく食べたがりませんでした。

その代わりに、ご飯とコロッケをペロリとたいらげました。

そういえばこの時、止める間もなくいきなり、からしを指につけペロッとなめてしまいました

その時の顔といったら・・・(笑)

泣きはしなかったものの、「はぁ~、はぁ~」と舌を出し「からーい、からーいと言って水をがぶ飲みしていました。

そりゃそうだ

大人の味(?)の洗礼です。


ご飯の後は、いよいよ免許センターに到着。

といってもこれからJたんは約2時間のおつとめです

ふぃんしゅんとゆーとりんは、その時間をつぶさないといけません。

近くに陸上競技場があったので、公園でもないかな?とサッカーボールとラジコンカーを持参して偵察に。

競技場の周りがウォーキングコースになっていて、平日のまっぴるまだというのに、大勢の人が歩き回っていました。

とりあえず2人でそこを歩いてみたのですが、結局遊べそうなところはなく、周りの植え込みで枯葉とたわむれたり、かくれんぼしたりして遊んでみました。

その後、コンクリの広場でちょっとラジコンカーで遊んだのですが、いつも砂土の公園でやっているのと違って、もんのすごいスムーズにスピードが出ました。

1000円ショップで買ったものなので、こんな程度なんだろうな・・・といつも思っていたのですが、やっぱりコンクリだと全然違いました

そこでサッカーもやってみたのですが、ふと他の子ども連れに目を奪われた瞬間に、

ゴッ

と鈍い音がして、ゆーとりんが頭からコケていました

これは危険と思い、ここで遊ぶのは30分足らずで終了。

しかし、周りにはなんにもないのでバスに乗っていったん駅前に出てみることに。

駅前も特に何もなかったのですがとりあえず駅ビルというかショッピングモールのようなものがあったので、遊び場があったらいいなぁと入ってみました。

でも、まず目に入ったのはフードコート。

とりあえずアイスクリームを食べて休憩

子ども広場を探したのですが見当たらず、小さなゲーセンしかありませんでした。

その隣がおもちゃ屋さんだったのですが、そこに見事なプラレールが・・・

もちろんゆーとりんは夢中で、離れようとしません。

でも、ふぃんしゅん達が近づく前から二組ぐらいの親子がずっとそこにいたのですが、店のおばちゃんがわざとらしくずーっとその見本を拭いたりして明らかに迷惑そうにしてたんですね

なのですぐに離れようとしたのですが、そこでゆーとりんスイッチオン

「やーだー、ぷられーるぅ~。でんしゃ~」

と大泣きで抵抗。

お昼寝をしていなかったこともあって、泣き止まない泣き止まない

ちょうど子ども広場も発見したのですが、

「すべりだい、いんなーい

と完全拒否で遊ぶどころじゃないので、結局ゆーとりんを抱きかかえて退散

またもやバスに乗って免許センターまで戻る事にしました。

とはいえ、まだ時間はありそう・・・

と、手前の市役所前にSL機関車が置いてあるのを発見。

ゆーとりんも「きしゃ、ぽっぽー、みる」と言うので、途中下車。

「のーる、のーる」

と張り切るゆーとりんでしたが、この機関車は本当に置いてあるだけで、柵で囲まれ、全く中などは見られないものでした。残念。

汽車ぽっぽ

せっかくなので、記念撮影


ふと見ると、奥の方に小さな公園が見えたので、そこで時間をつぶすことに。

公園といっても、メインのアスレチックっぽい遊具がひとつあるだけでしたが、ゆーとりんは大喜び

よいしょっ


ご覧のように結構高さもあって、ちゃんとした階段がついているものでもなかったのですが、最初の段差から上のパイプ部分までぜーんぶ1人で上れちゃいました

イエーイ


つい最近まで急にすべり台を1人ですべるのを怖がるようになっちゃってたのですが、また平気で滑られるようになりました

高さがあっても、パイプ状になっていても、もうへっちゃらです。


そうこうしている内に、すっかり夕方の気配で肌寒くなってきちゃいました。

時間を見ると、2時間ちょっと経っていたので、そろそろ終わるかな?と思い、免許センターに向かいました。

ちょうどバラバラと人が出てきていたので、どうやらピッタリだったよう。

中に入り、ゆーとりんは階段の下で一生懸命Jたんを待っていました。

たくさん人が出て行く割には、なかなかJたんは降りてこず、ゆーとりんも

「こないねぇ、こないねぇ

と言いながら、ちょっと離れた所にいるふぃんしゅんと階段を往復したり、しまいには待ちきれず階段を1人で上っていっちゃいました。

降りてくるおじさん達に頭をなでられたりしながら、上っていくと、ようやく最後の方でJたんが降りてきました。

「きたーーーっ、とーさーん!!

とゆーとりんも、何年ぶりかいという勢いで再会を喜んでおりました。

夕方4時過ぎまでお昼寝もせず、ずーっと外で遊んで待っていたので、さすがに帰りの車では瞬時に眠りに落ちてました。

次回はぜひとも無事故はもちろん、無違反で、更新を短時間で済ませたいものですねぇ。Jたん

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。