Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


公園でのできごと

今日はとってもいいお天気

せっかくだから、遠出をしたいところだったのですが、やはりJたんは日頃の疲れから、ずーっとおやすみ

そして、あまりにも天気がいいので、ふぃんしゅんも洗濯物や布団干しに精を出しちゃいました。


お昼近くになり、せめて近くの公園にでも行こうかということになったのですが、その前にJたんがあまりの目の痛さと鼻水に耐えかねて、へ行くことに。

そうなんです。Jたんは花粉症

3、4年ほど前から急に発症しちゃったんですよね。

ちなみにふぃんしゅんは全く大丈夫でーす


Jたんがに行っている間、近くの公園で遊んで待っていることに。

だだっぴろいスペースと、すべり台とブランコしかない公園なので、いつもは誰もいない穴場なのですが、さすがに今日は4,5歳ぐらいの子ども達がたくさん遊んでいました。

遊具が少ないだけに、もちろんそこにみんな殺到するわけで、ちょっとイヤな予感はしていたのですが・・・

でも、ゆーとりんはおにいちゃん・おねえちゃん達がいてうれしそうだし、1人の男の子はすぐに声をかけてくれて、結構構ってくれていたので、よかったよかったと眺めていました。

だけど、やっぱりゆーとりんはいっちょ前に仲間入りした気分で、おねえちゃん達の遊び方を真似たり、一緒に輪に入っていこうとしたり。

こういうパターンだと、経験上絶対にイヤな思いをするので、ふぃんしゅんは極力ゆーとりんを引き離していたのですが。

すると案の定4,5歳くらいの女の子が近づいていったゆーとりんに向かって

「じゃましないでよっと。

確かに子ども達は子ども達なりの世界を持って遊んでいるんでしょう。

小さな子に乱入されたくない、というのも分かります。


でも、なんというか身びいきでゆーとりんが言われたから怒ってる訳じゃありませんし、子どものささいな一言に大人気ないかもしれませんが・・・

やっぱり、年の違う子や小さな子と遊ぶことも楽しいんだよと知って欲しいし、小さな子と遊ぶことによって、自然と思いやりの心が芽生えていく・・・という風になってほしいなぁと思うんですよね。

まぁ、まったく知らないゆーとりんを仲間に入れて、遊んでくれとは言いませんが、少なくとも「じゃま」だの「あっちいって」だの言わなくても・・・という感じなんです。

正直、公園で遊んでいても今日に限らずそういう事を言う子って、ほんと多いんですよね

老婆心ながら、なげかわしいというか、なんというか・・・

やっぱりそういうのの延長が、もっと大きくなってからの“イジメ”やら“学級崩壊”やらにもつながっていってるんじゃないかと思っちゃうわけですよ。

ふぃんしゅん達が子どもの頃だって、年の違う子や小さい子と遊ぶのも普通だったし、小さい子が足手まといだと思っても、それなりに妥協して遊んだりとかってしてたような気がするし。

もちろん学級崩壊なんて言葉はなかったし・・・

やっぱり昔と今は違ってきてるんだなぁとつくづく思っちゃいます。


そう思うんなら、ふぃんしゅん自身がその女の子とかにもうまく声かけすればいいんでしょうけど。

でも、結構瞬間的にカチンときちゃうので

「はいはい、邪魔してすみませんでしたねぇ」

なーんて、かなり大人気なく返しちゃったりするので、まだまだ修行が足りません・・・


ゆーとりんも来年には幼稚園に入り(予定)、小さいながらも社会への一歩を踏み出すわけで。

ふぃんしゅんの目の届かない世界へと送り出すのは、やっぱり不安もあるんですよね。

その先に待っているのが、イジメだったり、学級崩壊だったりするかと思うと・・・本当に怖いです。

おまけに最近は物騒な事件も多いし。

どの親だって自分の子がそういうのに巻き込まれたくはないと思ってると思うんですよ。


ゆーとりんだって、まだまだお友達のものを欲しがっちゃったり、順番守れなかったりと、よそのお母さんから見たら「しつけの出来ていない子。意地悪な子」って見られちゃってて、

前出の女の子と変わらないと思われちゃうかもしれないんですけど。

でも、『まだ小さいから』では済ませずに、一生懸命言い聞かせて、後々には自然に思いやりの心を持てるような子になってほしいです。

ゆーとりんに限らず、みんながそうやって思いやりの心を持てるようになれば、イジメとか減っていくと思うんですけど・・・

ほんと、安心して子どもを送り出せる世の中になってもらいたいものですねぇ。


なんだかささいな出来事で、でっかい話を語ってしまいました・・・


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。