Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新クラス開始

4月になり、ゆーとりんの通う英語教室のクラスが新しく変わりました。

これからは月曜日の3歳児親子クラスです。

3歳児コースは『外国人教師クラス』 『日本人教師クラス』 『親子クラス』 の3つから選べるのですが、

まだまだ暴れん坊のゆーとりん、親子分離だと授業にならないのではないかという不安があったのと、ふぃんしゅん自身も勉強になるので『親子クラス』を選択しました。

以前一緒だったMちゃんは、もうバッチリ『外国人教師クラス』にいってしまったので、今日からは新しい先生&お友達とのレッスンになります。

英語と言うと「Mちゃん?Mちゃん?」と、さながら『Mちゃんの日』というような認識だったので、前々から一生懸命

「今度からは新しい先生だよ。お友達もMちゃんじゃなくて新しいお友達だからね」

と言い聞かせていたのですが、その甲斐あって

「英語に行くよー」

と言うと

「あったらしいおともだちー? だーれー?」

と非常に楽しみにしている模様。

初回から生憎の雨模様でしたが、雨の合間をぬって自転車ダッシュで向かいました。


教室に着くと、早速新しい先生がお出迎え。

ゆーとりんは照れながらも、ちゃんと

「はろー」

と挨拶し、家で練習した

「ないす とぅー みーちゅー!(はじめまして)」

も言えました。

ただ声が小さかったので

「え」と聞き返されちゃいましたが・・・ 残念。


そうこうするうちに、新しいお友達も登場。

またもや女の子でAちゃんです。

第一印象は、かなりおとなしめなシャイな女の子でした。


相変わらず人見知りも警戒心もないゆーとりんはすぐに近づいていきましたが、Aちゃんはちょっと後ずさり。

でも、ゆーとりんが壁に貼ってあるポスターの絵を色々指差していると、Aちゃんも一緒に来て

「これは、はっぱ」

などとしゃべりだしました。

ところが、わが道を行くゆーとりんは

「ちがーう はっぱ なーい。ちがうっ

と、Aちゃんの意見を真っ向否定

そしてポスターの指差しあいで険悪なムードになった挙句、ゆーとりんがわざわざ狭いAちゃんとポスターの間を無理やり割って通ろうとして押し合いになり、Aちゃんにバチンと叩かれちゃいました。

そして止める間もなくゆーとりんも叩き返してしまい、Aちゃんは泣いてしまいました。

もちろんわざわざ(?)怒らせるようなことをしたゆーとりんが悪いのですが、しょっぱなから前途多難です・・・

やっぱり親子分離クラスじゃなくて正解だったかも


時間が来たのでなだめながら教室へ。

Aちゃんは、もうすぐ3歳になるらしいのですが、英語のレッスンはどうやら初めての模様。

ゆーとりんは一応半年先輩なので、全く臆することもなく、新しい先生にも違和感を持たずに単語を答えたり、かと思えばはしゃいで動き回ったり・・・

おそらくシャイなAちゃんはすっかり圧倒されてしまっていました。

Aちゃんのお母さんも、ゆーとりんのあまりの動きの激しさと、Aちゃんよりも先になんでも答えちゃうので

「・・・圧倒されてしまいました

と最後におっしゃっていました。

もちろん一応半年とはいえ英語に触れているので、初めてのAちゃんがすぐに同じようにできないのは当たり前だとは思うのですが・・・

それよりも、『ずいぶんやんちゃな子と一緒になっちゃったもんだわぁ』と思ってるんだろうなぁ・・・と思い、アセアセです

私としても、前のMちゃんのように、ゆーとりんよりも強いぐらいの子と一緒の方が気が楽だったなぁ・・・と


3歳児クラスは、レッスン時間も今までの30分から45分になったので、結構長く感じました。

まぁ30分は30分で、随分あっという間に感じていたんですけどね。


最後に、もうすぐ誕生日のAちゃんがバースデーカードをもらったのですが、ゆーとりんは何故自分がもらえないのか理解できずに、「自分も、自分も」と大泣きしてしまい、初回レッスンは終わりました。

とにかく誰と一緒だろうと、なんとか仲良くやってもらいたいものです・・・


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。