Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


まだやっちゃうの?(涙)

今日は雨はあがったものの、風も強いし、くもりがち。

ゆーとりんは外に出たそうなんだけど、公園はきっとビショビショ。

ちょっと考えて、久しぶりに児童館に行ってみました。

公園と違い、おもちゃなどがたくさんあるため、ゆーとりんは争いになりやすいので、しばらく避けていたのですが・・・

春休みも終わったことだし、一応9時過ぎという早い時間に行けば、人も少ないかなと。

行ってみると、実際にはもう来ている人達がいましたが、まだふぃんしゅんがついていれば対処できるかな、という程度。

でも、やっぱり大きいソフト積み木を「自分が使っているんだから」と絶対に触らせてくれないお兄ちゃんがいたりして、ゆーとりんはしょっぱなからべそかきモード

「これはみんなで使うやつだからね。貸してねー。仲良く遊ぼう」

と言っても聞く耳を持ってくれず、ゆーとりんが持っていくとすぐさま取り返しにくる始末

仕方がないので、トランポリンが置いてある体育館に移動。

でも、ゆーとりんはソフト積み木や同じ部屋にあったすべり台で遊びたかったらしく

「すべりだい~、やるぅ~~

と大号泣。

それを歩きながら一生懸命なだめ、遠くからも見えたバランスボールを指し

「あ、ほら、おっきいボールがあるよー」

と気をそらすと、ようやく泣き止み走ってボールに向かいました。

ところが、今まで誰も体育館にはいなかったのに、今度はまた違うおにいちゃんがゆーとりんが目指しているボールに向かって、後ろから猛ダッシュで追い越していき・・・

まんまとそのボールを取られてしまいました

もちろんゆーとりんは大泣き

今、明らかにゆーとりんがそれを取りに行くのは分かってただろうに、というか追い抜きざまにふぃんしゅんの顔をちらっと見ていったので、分かっててやったんだろうな・・・

と思いつつも、バランスボールは全く同じものが2つあるので

「ほらー、大丈夫。もういっこあるから」

と促し、ゆーとりんがもうひとつのボールに向かって走っていくと、その子は自分の持っていたのを横に転がし、今度はそのもうひとつのボールに向かって猛ダッシュ

そしてゆーとりんがつかんだボールを、またも無理やり取ろうとして・・・

さすがにそりゃーないよ

とふぃんしゅんも思ったのですが、ゆーとりんもこの2つ目は譲れずに大泣きしながら取り合いに。

一応ゆーとりんの方をなんとか引き離そうとしたその時、

ガブッ

と・・・、ゆーとりんが相手の子の手を噛んでしまったのです

もちろん今度はその子が大泣き

その泣き声を聞きつけて、お母さんが飛んできたので

「すみません  取り合いになって、うちの子が噛んでしまって・・・」

と平謝りすると、そのお母さんは

「いえいえ。うちの子がきっと取っちゃったんでしょう?だから大丈夫です」

と逆に平身低頭。

「いや、どっちにしても噛んでしまった事はこっちが悪いのでっ」

と謝り合戦になってしまいました。

確かに取られたのは事実だけれども・・・もちろん噛んだゆーとりんが一番悪いので、こっぴどく叱って謝らせはしたのですが。


そのお母さん曰く

「うちの子は、全部独り占めしたがって・・・本当にジャイアンなんですよ・・・」と。

って、ゆーとりんと同じじゃん(笑)みたいな。


そして、体が大きいので1つぐらい上の子かと思っていたのですが、聞くと全く同じ月齢だということで、なおビックリ。

ほんと調子のいい考え方ですが、大きい子だったとしたら、物事も分かってるだろうから、ちょっとな・・・と思っちゃってたところなんですが、

同じ月齢となると、ゆーとりんだって取り合いしたり、その上噛んでしまったりしちゃうぐらいなので、相手の子の行動も仕方ないことだなって思えちゃいました。

何よりも、相手のお母さんがすごく腰の低い方で、最終的にはこっちが悪いにも関わらず、そうやって許して下さったのがありがたかったです。

それにしても、やっぱりうちだけじゃなくて、やんちゃな男の子に心を痛めている親御さんが他にもいたんだーと、不謹慎ですがホッとして嬉しくなってしまいました

とても感じのいいお母さんだったので、お互いの子どもについて語り合いたいみたいな(笑)

でも、その間きっと子ども同士はすごいバトルを繰り広げてしまいそうですが


でも、帰りがけにも一言謝ってから帰ったのですが、のちのちの痛みや傷の事を確認するためにも、連絡先などを知らせておいた方がよかったのではないかと、ちょっと考えてしまいました。

(一応その場では、血が出るような傷にはなっていなかったのですが)

お互い初対面だったので、後であちらのお子さんの傷がひどくなったとしたら、口では「大丈夫」と言ったものの、やっぱりいい気分じゃないと思うし・・・

しばらく足が遠のいていた児童館ですが、もう一度その後の確認を取るためにも、その親子に会えるまで児童館に顔を出してみようかなぁ・・・と思ってます。


しかし、すべり台の順番は守れるようになってるし、「貸して」とかも言えるようになってきたのに
(「貸して」と言いながら、奪ってる感はあるけれど・・・)

まだまだ取り合いになって興奮しちゃうと、最後の手段が『噛み付き』とは・・・

前に比べれば落ち着いてきて、手を出したり噛んだりが少なくなってきたと思っていたのに、ほんとため息です

つくづく人様に危害だけは加えない子であってほしいのになぁ・・・


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。