Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ディナークルージング2008

今年もやってきました

毎年恒例のこの季節。

Jたんの勤め先の『納涼慰労会』 (こんな名前じゃないけど)

大きな船に乗ってのディナークルージングです

Jたんが気を利かせて予約を入れてくれたものの、今年は妊婦だし、ゆーとりんもいるし、金曜の夜なんて帰りの電車が激混みじゃなかろうか・・・とちょっと躊躇したのですが。

帰りはともかく、少なくとも行きは絶対に座っていけるであろうルートをJたんが考えてくれたので、思い切って行ってきました。

なによりもゆーとりんが 「ふねにのる~ と大はしゃぎしていましたしね。

途中駅で仕事帰り(というより半ば強引に退社してきてくれた)Jたんと合流し、船乗り場へ。

受付を済ますと、目の前にはもう大きな船が停まっていました。

去年も来たのに、やはりゆーとりんは覚えていない模様・・・

本人は「おぼえてる」と言い張っておりましたが

船
『これから このふねに のるんだよ~』


到着した時にはまだ明るかったものの、乗船時刻(7時)になる頃には、すっかり辺りは暗くなってしまいました。

もう日が短くなってきているのかと思うと、淋しい・・・

まぁ、そんな感傷は置いといて、ゆーとりんは意気揚々と乗船


社長さんやら、社員さんやらのお決まりのながーーーいお話が終わり、ようやくお食事ターイム

今まではバイキング形式だったので、競争も激しかったけど、いろんな種類のお料理が食べられてよかったんですけどねぇ。

でも、その競争の激しさにクレームがついたのか、はたまたバイキングテーブルのスペース分、参加者を増やそうと思ったのか・・・

今年からはコース料理になっていました。

ゆーとりんも一丁前に2000円払って幼児料理コースです。

サンドイッチとスープが出て、いつもは卵のしか食べないゆーとりんがハムのも野菜のもみんな食べてビックリ

ディナー
これまた珍しくスープも飲むゆーとりん


しかーし この後が全くなんにも出てこない

えーーーっ、まさかこの2品で2000円

と思いつつも、間にバルーンアートのショーなどがあって、半ば忘れてました。

ゆーとりんも小食なので、文句も言いませんし。

バルーンアート
しろくま作ってもらいました。


去年はなんだか怪しげなキャピキャピマジシャン(女性)のショーで、この人もバルーンを作ってくれたのですが、どうもレパートリーが少なくて・・・

ところが、今年の芸人さんはバルーン一筋らしく、かなりの腕前

木を作り、そこにバナナをくっつけたり、おさるさんをくっつけたり。(もちろんぜーんぶバルーンです)

隣のテーブルの男の子がそれをもらっていたのですが、それを見たゆーとりんは、自分も欲しい欲しいとかなりうらやましがっていました。

一応20以上あるテーブルを全部回って子ども達に色々と作ってはくれたのですが。

子どもにはお花や、ゆーとりんのようにくまさんやらを作っていたのに、なぜかその後若いおねえちゃん達が「つくってくださーい」と頼むと

腕につけられるアンパンマンや、3色のバルーンを使っての見事なプルートなんかを作ってあげていて。

むしろ子ども達にそういう凝ったのを作ってあげてよ~という感じでした

でも、ほんとアンパンマンはうらやましかったです。

実は妹まりりんもちょこっと作れるので、また何か作ってもらおうかなーと思っていたのですが、今日のを見て自分でもがんばってゆーとりんにアンパンマンを作ってあげたいなーなんて。


そうこうするうちに、大人たちの料理はどんどん進み、デザートが出た頃・・・

なんとそんな頃になってゆーとりんのメイン料理が運ばれてきたのです

ていうか、もう岸に着く頃なんですけど・・・

時間自体もかなり遅くなっていて、お昼寝をしていなかったゆーとりんは起きていられるのが不思議なほど。

そんな時になってメイン料理をがっつり食べろといっても、そりゃ無理な話で・・・

まぁ、結局はほとんどふぃんしゅんとJたんで食べることになってしまいました。


私の勤め先でもないのに文句を言う筋合いはないんですが、大人のコース料理もかなり控えめな感じだったし、この子ども料理の遅さも・・・正直不満たらたらでした

参加費は変わらないのに、これもやっぱり物価高騰が影響しているんですかねぇ???


ゆーとりんの眠気が限界を迎えた頃、ようやく船が着きました。

なんと時間は夜の10時。

9時過ぎには終わるのかなと思っていたのですが、はるかに遅かったです。


船を下りたゆーとりんは、それでも眠ることなく頑張っていました。

とはいえ、さすがに駅までのかなりの距離を歩く気力はなかったようで、抱っこをせがみ、Jたんが一生懸命抱いたまま駅に向かいました。

どの路線で帰るか散々悩んだ挙句、行きと同じ経路で帰ってみました。

金曜の夜でしたが、なんとか空席に座ることができ、ゆーとりんを抱っこして座ろうとしていたら、親切な隣の方が席を譲ってくださいました

座れたとはいえ、正直ゆーとりんを抱っこするとさすがにお腹が苦しいなと思っていたので、本当に助かりました。

この間の検診の記事の時には、「妊婦には席を譲らない」と言ってる人が多いようだ、なーんて書いてしまいましたが、まだまだ世の中捨てたもんじゃないなぁと思いました。

まぁ、譲ってくださったのは若者ではなくて、おじさまだったんですけどね。

それでも、金曜の仕事帰りで疲れているだろうに、すっと立ってくださって・・・本当にありがたかったです

お陰で横にゆーとりんを座らせることができたのですが、さすがにそれでゆーとりんも速攻眠りに落ちちゃいました。

乗り換えもあったのですが、そこでは3人で座われ、結局帰りも全部座ることができてよかったです。

金曜の夜だというのに、ほんとーにラッキーでした


結局そのままゆーとりんは眠り続けたんですけど、こういう時って朝疑問に思わないのかなぁ?

「あれ? ふねからおりてー、でんしゃにのってー・・・ なんでいえにいるの?」

なーんてね


来年はさすがに参加はムリな気がするので、また再来年になったら今度は4人で参加できるかなぁ・・・


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。