Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


検診外受診(8ヶ月・31週)

本来なら8ヶ月の妊婦は、2週間に一度の“検診”なのですが、私は先週切迫早産(気味?)の診断を受けてしまったので、1週間後の今日、再受診です。

Jたんが午後出社だったこともあり、ゆーとりんも連れて車で送ってもらいました。

検診は予約制なのですが、予約していても1~1時間半待つのはザラ。

その上、今回はあくまでも“診察”で予約はできないので、診療開始の9時前には着くようにしたのですが・・・

それでも名簿の記入はすでに20人程度

ゆーとりんもいつもと違ってJたんが一緒なので、はしゃぎ気味のため、早々に2人には外で遊んでいてもらうことにしました。

何度か2人で様子を見に来ましたが、一向に私の順番になる気配はなく・・・

ゆうに2時間は経ってからようやく順番になりました。

正直、この時点でもう疲れちゃっているんですけど・・・


肝心の診察結果ですが、とりあえず子宮口の開きも先週のまま止まっているので、このまま安静状態と服薬を続けて様子を見ようということになりました。

念のため家には入院道具を用意しておいたのですが、幸いにも即入院は避けられました


でも、お腹は張っているし、そのためか赤ちゃんも下がり気味ということで、もちろん油断大敵。

そしてタチが悪いことに、私が全くその“張り”の自覚がないんですよね。

「時々キューっとなるけど、普段はあまり気にはなりません」

と言ったら

「もう、この今の状態が張っているんですよ。固いでしょ」

と言われてしまいました

キューっというのが続いたら、それはもう陣痛になってしまから、とも・・・


今はなんとか現状維持できていますが、無理して開いていくようならやっぱり手術だと言われています。

そうでなくても、下がり気味の赤ちゃん。

これ以上大きくなっていけば、それだけ下方向に負担がいくわけで、開いていく可能性は高いんですよね。

そして現時点での体重が推定2000g弱。

正直、31週でこの体重はビックベイビー

どう考えても早く生まれてきちゃいそうですね・・・

でも、ある程度大きく生まれてくれれば、早くても少しは安心できますけど。


さて、一体どこまで持ちこたえられるのか・・・

これから毎週ドキドキしながら過ごしていくことになってしまいそうです。


話はそれますが、この病院、相変わらずの大混雑。

診察後の会計までにもかなり待たされるのですが、その間はもう座れないんです

というのも、前から何度も書いていますが、ほんと付き添いの人が多すぎる

体調の悪い妊婦さんもいるでしょうから、1人ぐらい隣に寄り添っているのはしょうがないとは思うのですが・・・

どうも1人の妊婦さん(もしくは産後のママ)に対して、だんなさん+両家の両親までついてきてたりしてるんですよね。

そうでなくても、2,3人の付き添いがいるのがザラ。

産後の検診で赤ちゃんを抱いて座っているというのならまだしも、

ただ両家のおばあちゃん(といってもまだそんなお年じゃないぐらいの人たち)が隣り合って座って、ずーーーっとおしゃべりしているだけとかなんですよね。

そばには肝心の妊婦さんもママもいなかったりして。

診察を受ける人たちは順番が来れば席を立つから、そこが空くんですけど、付き添いの人たちは座りっぱなしだから、一向に席が空かない

診察を受ける本人1人に対して、2,3人以上の付き添いがいるので、当然座っている半数以上が妊婦さんじゃない状態

いや、もちろん産婦人科なんですから、妊婦さん以外にも婦人科系の病気などで通院されていらっしゃる方もいるとは思いますが。

でも、2,3人で連れ立って談笑してるのって・・・やっぱり通院の人とは思えず・・・


そして見渡すと、私も含め大勢の妊婦さんが壁際に立って待っているんですよね

中には座れずにしゃがみこんじゃっている人までいて・・・

そりゃぁ、診察が終わるまでに3時間もかかってしまえば、普通の元気な人だってまいっちゃうぐらい疲れちゃいますよね。

それでもだーれも席を譲ろうともしないし、受付事務の人たちも混雑のせいか、その状況に気付きもしないし、なんの注意喚起もしてくれないんです。


電車や公共の場でも妊婦さんが座れないことが多い世の中。

妊婦だからと言って『座らせてもらって当然』とは思わないので、そういう場ではもう仕方ないこととは思っているのですが。

それでも、産婦人科で妊婦さんが座れない状況って一体なんなんだろう・・・と。

立っている妊婦さんの中には、つわりでしんどい人もいるだろうし、私のように立っていてお腹が張ったら危険な妊婦だっていたりするのに・・・


今日はあまりにもひどかったので、会計の時に受付の人に

「付き添いの方がみんな座っていて、妊婦さんがあんなに立ってますよ。

中には具合悪そうにしゃがまれていた方もいたのに、この状況はなんとかならないんですか?」


と言ってしまいました。

受付の人は 「ほんとですよねぇ。すみません」 とは言いましたが、おそらくこんな光景など日常茶飯事なんでしょうね。

「ハイハイ」とあしらわれてしまったような感じで、その後も対処してくれている気配はありませんでした・・・

ほんと、つらい人の立場など考えられない人が多くなっているのは嘆かわしいことですが、病院側ももう少し考えてくれてもいいのになぁと思ってしまいました。

あぁ、ゆーとりんを産んだ病院が懐かしい・・・

(そこは人気病院でしたが、完全予約制で、全く待たされることも混雑することもなかったので)


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。