Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


9ヶ月検診(32週)

今日は検診です。

前に予約を取った日にちだと間が空いてしまうということで、日にちを変えたため午後になりました。

今日がたまたまなのか、いつもそうなのか、午後は驚くほど空いていました。

にも関わらず結局呼ばれるまでに1時間近くかかってしまいましたが

診察を受けると、またもや違う先生。

このには4人の先生がいるのですが、これで全員受けちゃいました。

いざ診察を受けると、子宮口は2センチ開大。
また少し進行してしまいました

安静にできてるか、と問われ
「この子(ゆーとりん)がいるとどうしてもある程度は…」
と答えると

「本当は赤ちゃんのためには入院してもらいたいぐらいの所見だよ。

でも上の子がいて…って言うんならしょうがない。

だけど今生まれるとしたら、帝王切開だからね。
まだ週数が足りなくて脳機能に影響があるから。

こっちも無駄な手術しなきゃいけなくなるし、あなたも無駄な傷を作ることになるんだよ」

と、かなりキツ~い脅し文句…

とりあえず「ご主人と相談してね」と診察終了。

でも、その後モニターというものが待ってるのです。


これは寝たままお腹に器械をつけて、赤ちゃんの心音や胎動の様子を見たり、お母さんのお腹の張りなどを見るものなんです。

1人2、30分かかり、赤ちゃんが寝ちゃって動かないと更に…と、かなり時間がかかるもの

果たしてゆーとりんはおとなしく待っててくれるのでしょうか…

前回の女医さんは
「面倒は見るから連れてきて」
とは言ってくれたものの、やはりお願いできるような雰囲気でもなく

それどころかモニター待ちの人だけで14人にもなってしまい、一体どれぐらい待つことになるのだろう…と。

結局順番が来るまでに1時間半かかってしまい、午後で眠気も手伝ってゆーとりんは不機嫌に

そりゃそうだ。
合計2時間半も待たされて、私だってぐったり…

それこそ安静もへったくれもないんじゃ…

そしてようやく順番が回ってくれば、赤ちゃんは天下泰平にお休み中

私が体を動かそうがなにしようがピクリともせず

結局これも4、50分かかってしまいました。

ゆーとりんはというと、持ち込んでおいたアンパンマンのおあそびブックにお絵かきをし、多少できないと癇癪を起こしてたものの、フラフラとブースの外に行くこともなく、ずっと傍にいてくれました。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。