Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1日目つづき

ナースステーションに近くないと…
との言葉通り、初日はかなりバタバタと人の出入りが多いです。

赤ちゃんの肺機能が完成するのが、大体34~35週。

ほんの数日から1週間の違いですが、赤ちゃんにとっては1日1日の差がとても大きなもの。

今私の赤ちゃんが生まれたら、まだ自発呼吸ができない可能性が高いため、

万一生まれてしまった時のために、呼吸を助ける薬というのを注射しました。
(点滴に混ぜた)


院長先生は

「なんとか1日でも長く持たせたい。

できれば正規産まで。

…でも持たないだろうなぁ」

といった感じで、持たせたいのはやまやまだけど、下手したら今月中に生まれてしまうんじゃないか…と思ってるように見受けられました。


ここまでなっても、それでもなお、私はまだ今すぐには生まれないだろうという妙な自信があるんです。

正規産までは無理かもしれないけど…

なんの根拠もない、言うなれば母親の勘とでもいいましょうか…

だからか、不思議とそんなに不安感はありません。

でも1日でも長くお腹にいてもらうに越したことはないので、

安静にして、あとは流れに身を任せるのみです。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。