Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


好調・不調(下の話アリ)

朝一の気分はイマイチだったものの、しばらく経つとすっかり調子がよくなっていました。

朝のモニターでも全く張りもなく、私の肩や首の痛みもだいぶやわらぎ、副作用の動悸も頭痛も治まってきました

ようやく点滴にも環境にも慣れてきたのかな…?

この感じが続けば、私も余裕を持った気持ちで、ゆっくりと赤ちゃんを留めておいてあげられるのでは…と思っていたのですが。

唯一症状が改善されないのが膀胱炎

管がついているというのに、常にある残尿感。

まぁ、トイレには行く必要はないので、その感覚があっても頻繁に立たずに済むのでいいのですが。

どうしても血尿が治まりません。

午後になって院長先生の判断で、とりあえず尿管を外されることになりました。

もちろん動いてよくなったからではなく、膀胱炎治療のためにです。

とりあえず出血止めの点滴を打たれ、飲み薬も1種類増えました。

本来ならこうやって立ったり座ったりは、まだ避けたいところのようなんですが…


管を外したといっても、歩いてトイレに行っていいわけでもなく、かといってここはトイレもない陣痛室

ベッドの真横にポータブルトイレを置かれ、本当にベッドからトイレに移り座るだけの状態。

看護士さんのいる時に一度練習しましょうと、起き上がって立とうとするものの、フラフラで立つこともままならない

そもそもちびっこの私は、ベッドに座った時に足が下につかないので、なおさら立つのに一苦労

ようやくトイレに座れたものの、今度はおしっこが出せない

ウソのようですが、本当に出し方が分からなくなっているというか、力の入れどころの感覚がなくなっているんです

たったの4日寝てただけで、人間の体はこうまでなってしまうんですね…

でも多少なりとも動くことができるようになったし、管も外れたから寝返りも楽になったので、少しは快適になりました。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。