Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


入院生活・3日目(33週6日)

やはり夕べもほとんど眠れず…

思ってたよりはひどくなかったものの、やっぱり点滴の副作用がつらい…

そして何より行動が制限されていることのつらさ。

ベッドは狭いし、寝返り打つにも尿管が邪魔だったり、痛かったり。

たぶん重複して書いてるだろうけど、体が慣れないのは昨日と変わりないということで。

朝の院長先生の回診。

「明日でなんとか34週だね。

まだその先ももってもらいたいけど」と。

状況は少なくとも悪化はしてない様子。


でも、ひとつ気になることが…

実は初日から尿管を入れて、ふと昨日気づいたら血尿になっているんです

それに本来管をしていたら感じないはずの残尿感も常にあるし。

最初は管を入れた影響かと思ってたんです。

なんといっても赤ちゃんの動きが激しすぎて、めちゃくちゃ膀胱を押しやられるんですね



すると、もう尿管まで押されちゃって痛かったりして(>_<)


でも、何度聞かれても症状が改善しないので、膀胱炎になってしまったのでは、と飲み薬を出されました。

膀胱炎は抗生物質を飲めば、すぐに治るものなので、早く治まってほしいです。

そして夜の若先生回診。

とにかく赤ちゃんは元気とのこと。

確かに胎動がすごいので、そこは心配していなかったのですが。

先生曰く
「とにかく10月生まれは避けたい。

そこを乗り越えたら、なんとか35週。できれば36週まで…

まぁ、そこまでは持たせられないだろうけど」と。

思わず「持たないんですか」と言うと

「持つと思ってるの?」と。

私も正直37週までは無理だろうけど、せめて35週、なんとか36週まではいきたいと思ってはいるんですよね。

とりあえず自分の中では気合いで持たせる、いや持つはずと思ってます。

入院が長期になってしまうこととの葛藤ではありますが…

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。