Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


果たしてどうなる?

こうして何日か過ごしていると、やはり話しやすい、頼みごとをしやすい看護士さんが分かってきました。

今日来てくれた看護士さんに病室のことなどを色々聞いてみました。

病室はいくつあるか数えたことはないぐらいたくさんあるらしいのですが、それでもやはり満室になることも多いようです。

私が入っているような陣痛室も、それだけで20室ぐらいあるようなんですね。

でも、私がいるあたりでそういう陣痛で頑張ってる声は聞こえないと言うと、本当の産婦さんはまた違う方にいくみたいで。

ようするに、この部屋は陣痛室と言いつつも、私のように、すぐ近くにいてほしい症状の妊婦さんたちの入院室扱いのようなんです。

そして、もちろん産後のお母さんも病室が空いてなければこの部屋に入ったりするそうで。

でも、これだけ部屋があるのだから、前にお友達に聞いた「エアロビスタジオで寝かされた」なんてことにはならないんじゃ…?

と思って聞いてみると、やはりそれは事実で、本当に部屋という部屋が全部埋まることもあるらしいんです(>_<)

軽症の妊婦さんには帰宅してもらうこともあるらしく。



とにかくこの病院は、毎日毎日かなりの赤ちゃんが生まれているようです。

「今日は静かですねぇ」なんて言ったら

「外来はないけど、お産がかなり入っているのよ」

と、もう4、5人は生まれてるみたいでした。

テレビもない殺風景な部屋で、長期間入院するのだから、産んだら絶対に病室に入りたい、できれば一番いい部屋にと思って、それを励みにしたかったのに…

この部屋にいる以上、最悪エアロビスタジオは避けられるとは思うのですが…

なんとか赤ちゃんが少ない日に産んで病室に入りたいなと思ったのですが、

とにかくここはいつでも多いよ…と言われちゃいました

頑張って頑張って部屋が空いてなかったら、本当に泣けてきちゃうかも…

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。