Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


入院生活・13日目(35週2日)

入院してから二度目の日曜を迎えました。
静かなもんです。

結局夕方以降目立った張りはないままで、夜も何事もなく過ぎました。

日曜でスタッフさんは少なそうなものの、分娩の方が落ち着いてるみたいで、

今日は順調に院長先生回診、モニター、若先生回診と終わりました。

院長は相変わらず
「出てきそうなんだけどなぁ。

35週だから、いいんだけどな」
と言いながら、マグセントの滴数を6に落としていきました。


モニターでも、赤ちゃんが逃げちゃって(心音がとれない)長引いたものの、張りはありませんでした。

そして若先生の回診。

一応昨日の張りと圧迫感の事を言ったのですが、特にそれがお産の兆候とも、心配いらないともなにも言わずに流されちゃいました

「まぁ、どんづまりなんでしょうね」
と後で言われましたが。

どうやら夕べというか、今朝方も一人早産出産があったようで。

しかも私と予定日が同じっぽい。

木曜に入院してきて、もう産まれてしまったんだそう…

他の早産妊婦さんも、私の後からきて、どんどん出産してしまっているらしいです。

その為またも
「毎日早産は困るから今日は乗り越えて下さい」と念押されました。




回診前に看護士さんが一度来たのですが、随分おしゃべり好きな人で色々聞く事ができました。

最近出産した切迫早産の人達は、尿管も入れて、点滴もMAXでの絶対安静状態でも、持たずにお産になってしまったようです。

そういうのを聞くと
「ほーら、やっぱり私は持つじゃーん。

というか、これだけ持ってる私ってすごい
みたいな感じになりつつあるのですが…

やっぱりそれは薬の力であって、安静にしてるのに張りが来る事から見ても、動いたり点滴外したら即産気づくわよって言われちゃいました。

赤ちゃんのエコーも、それを見るために、階下の外来診察室行っただけでも危ないからできないんじゃない?と。

そして何より4センチも開いてる経産婦なので、退院したら産気づいた時にまで間に合わないから、退院もないでしょうねぇと。

まぁ、とにかく産気づいたら産むまでは早いだろうという事でした。

そして気になる病室状況。

先月はとにかく凄まじく、1ヶ月で200人。
多い日は16人産まれたそうで

それこそ部屋がない状態だったそうです。

でも今月は今の所落ち着いてきたみたいで、多分私は病室に入れるかな?という感じです。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。