Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


そして怒涛の急展開

計測が済んだところで、次は赤ちゃんのエコー。

お腹が大きいと言われていても、それはただ単に私が太っただけかと思いきや…

胴回りも足も相当太いとのこと。

そして推定体重は…

なんとすでに3000オーバー

先生にも上の子は?と聞かれたのですが、
ゆーとりんも37週で3168gですからね。

どうも私の胎内は相当栄養状態がいいらしい

というか、もう逆にこれ以上お腹にいたら、産むのがたいへ~ん

それを受けてか、今やっている点滴が終わったら、次で1アンプルにしてよくて、それが終わる明日には、もう点滴も外していいとの事。

そして点滴が外れたら、シャワーもしていいとのお許しが出ました~

看護師さん達は、シャワーの途中で産まれても困るから、産むまで無理だろうね~なんて言ってたのであきらめていたんですけど。

でもやっぱりキレイな体で産んであげたいなと思ってたので。

ところが、更に驚きの展開が

その後、検診という事なので、内診もしてもらったのですが…

診察後のお話で

「…ぼく、今日の診察で初めてあなたの内診をしてみたんですけど…

赤ちゃん全然下がってませんね」




と苦笑いされながら言われました。

は、はいっ

なんじゃ、そりゃーーーっ

確かに、前のエコーで斜めにいると言われたし、胎動も激しすぎるから、骨盤に頭ははまってないのかなー?とは思ってたけど…

それじゃあ、毎朝のあの院長の内診は

あれだけ「パンパン」だの「もう出てきそう」と言ってたのは、なんだったのー

そして若先生は

「これは、(家に)帰せるかも…

というか、それでも持っちゃうかもしれません」

って、ますますなんじゃそりゃー

あれだけ先生も看護師さんも
「4センチも開いてたら、帰せる訳がない」って言ってたのにぃ

ま、もちろんその後に先生が言った

「それでも、点滴外したらすぐに陣痛がくるかもしれませんし…」
という可能性もあるんでしょうが…

これだけ張らない私。

それはないだろーと思っちゃうんですよね。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。