Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


入院生活・25日目(37週0日)

なんだかんだと、何事もなく正期産に突入しました

めでたい事ですが、さて、この先の展開が読めません…

夕べもここには書けないような事、いっぱいありました

両親・義両親には多大なる迷惑をかけて、ゆーとりんには淋しい思いをさせて(本人ケロッとしてるけど)Jたんとは意見・認識の違いでもめまくったりと、

正直、なんでこんな事になってしまったんだろう…

と赤ちゃんには悪いけど、悲しい気持ちでいっぱいです。

入院してしまった人は、最初の方がとまどいや淋しさで泣き暮らす人が多いようですが、

私はここに来て泣けてしょうがありません

もうすぐ(?)赤ちゃんにも会えるし、しかも早産でもなくなったんだから、
今頃こんな風に落ち込んでる場合でもないんですけどね


夕べの時点では、今日刺激を与えて様子を見て、産まれないなら夜か明日にでも退院したい、という話で進めていたのですが。

夕べかなり強い張りがあり、もしかしたらこのまま陣痛につながるのか

と、身の回りのものをまとめて準備してたら、また遠のいてしまいました



しかも、何度か起きた以外は熟睡

起きたらまた結構自覚のある張りはあるし、モニターでも相変わらず「これでどうして痛みがこないのか」と不思議がられる張りの連続。

そして今朝は診察室に出向いての診察。

ただし院長先生。

内診されると、昨日の運動が効いたのか、5センチ開大で、もう自然に(陣痛が)くるだろうと。

そして刺激を与えたら、そこからノンストップだろうからと言われちゃいました。

私達としては、刺激を与えても産まれず、赤ちゃんも下がらないままなら、一度退院するという意向で話をまとめていたのですが。

正直、刺激を与えても産まれないんじゃという気もしてましたし。

でも、5センチ開いていたら刺激でお産に進みそうな気もするし、

そうしたらせっかくだからJたんのいる明日以降がいいんじゃないかという話になって…

こうしてまたもや状況が変わってしまいました。

若先生も部屋に来てくれ、やはり今日は様子見をする事になりました。

これだけ開けば、本当に自然にお産になるかもしれないし。

つづく

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。