Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


赤ちゃん誕生後

無事に出産を終え、一安心。

しかも日付変わってすぐの出産だったので、入院時間も微妙に長めらしく。

同じ日に産んだ人でも、夜出産の人は、翌朝からハードな生活が待っているみたいですね。たぶん。

私は2時間程分娩ベッドで休んだ後、いよいよ部屋選び。

というところで、衝撃の事実が…

やはり普通の病室は満床とのこと

かろうじて空いているのは、ちょっと高めの特別室のみ。

そうでなければ、いったん陣痛室で一晩過ごし、翌日退院した人の部屋に入っていくとの事。

入院中は産んだら絶対に特別室に入ってやるー

と息込んではいましたが、設備は変わらず広いだけと聞いていたので、二番目に広い部屋でいいやー

なんて思ってたのですが、やはり人気病院。

一応出産順に部屋を選べて、私が本日第1号とはいえ、希望の部屋が空く保証はありません。

ちょっと高いけど、いい?いい?とでJたんに訴え

「ずっと陣痛室に入院してたから、もういやです~

と特別室に入る事にしました。

移動前にもうトイレまでの第一歩行。

トイレが近い私ですが、やはり麻痺してて出ませんでした。


そういえば、出産の時にトイレに行きたくなったらどうするんだろう?と思ってたら、いきむ前に導尿してました。

そういえばゆーとりんの時もそうしたっけな?と、ようやく思い出しました。

あの時は初めてだらけで無我夢中でしたからね。

ちなみにお下の方は快調だったので、浣腸もしないで済みました

トイレを済ませていよいよ部屋移動。

これはさすがに車イスでした。

入ってみると、確かに広い

そして半分ガラス張りなので、めちゃくちゃ日当たりもいい

ただ、広すぎてクローゼットやトイレが遠く、痛む体を抱えての移動は大変でした

でも、やはり見学に来る人はみんなこの部屋を気に入って入りたがるけど、なかなか空かないんですよ~なんて言われたので、やっぱりここに入れたのはラッキーでした

なんだかんだと落ち着いたのは、すでに朝の4時。

Jたんも私もさすがに疲れたので、Jたんはいったん帰宅して、午後にでもまたみんなで来てくれる事になりました。

私も一応休む事にしましたが、やっぱりあちこち痛くて大変でした

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。