Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


みんながやってきた

午後になり、まずはJたん一家がやってきました。

やはり陣痛室と打って変わって広い部屋にみんなビックリ

でもこっちとしても、ゆったりと座ってもらえてよかったです。

ゆーとりんはと言えば、赤ちゃんや私には興味がないらしく、ひたすら窓から見える電車に大興奮。

電車が通る度にお舅さんに「あれはなにせんだ?」としつこく聞いていました

みんなが来てくれたとはいえ、今日は出産当日。

赤ちゃんは部屋に来ないし、新生児室から出してももらえません

そういえば産んだ時も、カンガルーケアもなく、きれいに洗われて服を着てから一瞬隣に来たっきり。

なんだかちょっと淋しい…

みんなも赤ちゃんには会えないし、ひたすらはしゃぐゆーとりんの相手をして、おやつなどを食べて時間をつぶし、義両親は先に帰っていきました。

そうそう、ちょっと期待してた食事は結局入院中と代わり映えしませんでしたが、おやつが出てきました。

プッチンプリンみたいなのだったので、ゆーとりんにあげちゃいましたが。


その後、私の家族はなかなかやってこず、Jたんは疲れてぐったりしてるし、昼寝もしてないゆーとりんも飽きてグズグズ。



もちろん私も休むに休めず…

ゆーとりんは、大好きないとこ達が来るまで帰らないと頑張って、
何度も何度も「むかえにいく」と部屋を脱走しようとしたり、
「はなちゃんたちまだ~?」
と言い続けていました。

Jたんも、私の家族に挨拶もせずには帰るに帰れず…

いい加減本当に待ちくたびれた頃。

元々別の予定があったのと、私がちょっとした買い物を頼んだとはいえ、かなり遅くなってから母親と妹達がやってきました。

やっと来たとはいえ、赤ちゃんがいない状況に変わりはなく…

それでも新生児室はのぞいて、はなちゃんは真っ先に見つけて、「かわい~
と言ってくれていたようです。

はなちゃんは女の子希望で、生まれた赤ちゃんははっきり言って大仏顔のガッツ状態なのですが、それでもかわいいと(笑)

しかし、またもやゆーとりん似=私似という感じです。

Jたんの超かわいい赤ちゃん姿にはほど遠い…

おそるべし私の強力遺伝子(笑)

ゆーとりんはようやく会えたはなりゅうに大はしゃぎ。

とはいえ、すでにかなり遅い時間で、お風呂もご飯もまだなので、ゆーとりんはすぐに帰らねばいけません。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。