Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


そりゃそうだ

ふぅ

時期的にしょうがないのか、私が長期間いなかったせいなのか…

ゆーとりんのワガママぶりには、ほとほと困っております。

特に口が達者になったせいか、言い訳や口答えが多くなってます。

私が叱ればすぐに

「だってさ~、○○なんだもん」

と言い訳にもならない言い訳するし。

誰が教えたのか、言葉遣いも乱暴になっていて、まさに

「お母さんはそんな風に育てた覚えはありません状態

かと思えば

「○○やってもいいですか?」

など、妙に丁寧な言葉遣いもしてたりして。

基本的に男の子を育てていると言っても、私は割と『ですます調』を使うように心がけているというか、あまり乱暴な言葉遣いはしないようにしているんですけどね。


そして、ゆーとりんも段々知恵がついてきたのか天然なのか、おもしろい返しをするようになってきました。

「これは記事にしなくては」と思うのですが、書き留める余裕もなく、すぐさま忘れてしまってます

ひとつだけ覚えているのが、私がゆーとりんを叱っている時に

「もーう あなたはなんなの

と言ったら

「○○ ゆうとですっ」

と・・・

確かにそりゃそうなんだけど、そういうことを言っているのではなく・・・

そしてまんまと笑ってしまい、怒っているのも思わず忘れてしまいました。


そういえば今日病院に行った時にもひとつありました。

入院中のお祝い膳の時、みんなと話していて『関西弁のいい先生がいた』と言っていたママさんがいたのですが、私をはじめみんなかかった事がなくて、どの先生の事なのか分からなかったんです。

でも、今日受診してすぐに『あ、この先生だ』と分かりました。

ずいぶん人当たりもよくて、子どもの事もかわいがってくれる感じで、確かによさそうな先生でした。

もっと早くからその先生にかかりたかったなぁ(笑)


で、私が貧血の注射をしてもらっている間に、その先生がなにやらカサコソやっていたんですね。

仕事の何かなのかなぁ?と思っていたら「ハイ」と、ゆーとりんに紙ひこうきを差し出してくれたんです。

ゆーとりんが黙って受け取ったので

「あれ? なんて言うの?」 と言ったら、元気一杯に

「かみひこうき!!」 と

これには先生も 「そっかー、そうだよな」と、看護師さんと共に爆笑していました。

あ、もちろんその後にお礼は言いましたよ。

そしてさすがに先生は器用で、その紙ひこうきはとてもきれいに折れていて、よく飛びました


注射もようやく明日で最後です。

10本打つという事で、十日間通うのは長かったなぁ・・・

ほんと、お陰で全く休んでる感じがしませんよ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。