Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


○○のおぼっちゃん

母親の口調をそっくり真似るのって、女の子に多いと思っていたのですが。

ゆーとりんも、気付けば私とおんなじ口調でおんなじ言葉をよく言っていたりします。

普段私は子ども達を名前で呼びますが、ゆーとりんのこと“上のおぼっちゃん”

まなちょんのこと“下のおぼっちゃん”とも呼んだりしてます。

最初は 「 “うえのおぼっちゃん”って、なーに? ゆーとのこと?」

なんて言っていたゆーとりんも、すっかり“おぼっちゃん”という響きが気に入ったようで。

まなちょんのことを

「したのおぼっちゃん ないてますよー」

てな感じで言っていたりします。


すると今日、ふと思い立ったようにゆーとりんがおもしろいことを言ったんですよね。

いつものように私が

「ほら、上のおぼっちゃん、下のおぼっちゃんが寝ている間にお風呂入るよ」

と言うと、

「じゃぁ、みぎのおぼっちゃんとひだりのおぼっちゃんは?」

って言ったんです(笑)


もちろん私が言っているのは“年齢が上か下か”なんですけど、

ゆーとりんにとっては、上下左右の“方向”で考えていたんでしょうかね。

やっぱり子どもって、こっちが思いもよらないような発想で話をするもんなんですね


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。