Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


助けてくれない・・・

夕べも相変わらずまなちょんは寝付かず、というより帰宅後からぐずりがひどくなり、

夜は、すわ夜泣きが始まったのか

というぐらいひどいギャン泣き状態

さすがにゆーとりんもつられて起きてしまい、眠いのもあってこちらもギャン泣き・・・

ギャン泣きの2人を目の前にして、もうくたびれきっている私を尻目にJたんときたら

全く起きる気配もなく、しらんぷり。

むしろ、わざわざ私達に背中を向け、布団をかぶったのには、もーうあったまにきてしまいました

これはもう一生忘れないと思いました。


ところが、朝になってその出来事をJたんに話すと・・・

「まったく気付かなかった」

って言うんです。

ゆーとりんの時と違って、夜中の授乳もやってくれなくなってしまったJたんですが、

実はまなちょんが泣いてると起きてはいる、といつも言っていたので、

昨日のあれで起きないってことはないだろうと思っていたんですけどね。

もちろん“気付かなかった”というのがウソだとも思えないので、夕べは本当にお疲れモードだったのでしょう。

あの夜泣きに気付かないほどというのは、よっぽど疲れていたんだなぁ・・・と、私の怒りもすっかりしぼんだのでした。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。