Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


4ヶ月児検診

みんなが帰った後、まだ時間も早かったので、まなちょんの4ヶ月児検診に行くことにしました。

無理に今日じゃなくても・・・という感じですが、かかりつけの小児科は、木曜の3時からしか検診を受けていないんですよね。


みんながいる間は、ずーっとご機嫌でおとなしくしていてくれたまなちょんですが、案の定みんなが帰った途端にぐずりモード。

そして片づけをしている内に、ギャン泣き状態に

やっぱりネコかぶってたのか~

もーう必死になって、ドッタンバッタンと汗だくになって片付けと用意をして、おんぶをした瞬間的にまなちょんは眠りに落ちていました。

そういえば、ほとんど眠ってなかったもんなぁ。 よっぽど眠かったんだね。

でも、病院にはものの10分ほどで着いちゃうから、そんなに眠れなくてかわいそうだけど・・・


病院に着いて、おんぶひもを外したりしても全く起きないほどグッスリでした。

さすがに呼ばれて検診を受ける時には起きちゃいましたが、まなちょんは結構寝起きがいい方なので、短い睡眠にも関わらずご機嫌で、

裸にされても何をされても泣く事もなく、抱き上げた先生に向かってもニコニコと愛想を振りまいていました。


まなちょんがいい子でいてくれたのに比べて、またもやゆーとりんはわがままモード。

待合室の本をどうしても2冊持っていると言って聞かず、

本は1冊だけ。一度に2冊は読めないんだし、他のお友達が読みたい時に読めないよ(誰もいませんでしたが)

と言い聞かせても、

「おいておいたら だれかにもっていかれちゃうー」

と、ダダをこねまくり、診察室に連れて行っても大泣きしながら1人で待合室に戻っていって

「いっさつは いやだーーー」

と泣き叫んでいる始末・・・


お陰で私はゆーとりんに気を取られてしまい、まなちょんの検診風景もろくに見られず、

先生とゆっくりお話しすることもできませんでした。

1人目だったら、色々と聞きたいことや心配事もあったのでしょうが、やはり2人目の男の子なので、特に気になっていることもないので、まぁよかったんですけど。

一応、身長体重などのバランスはちょうどいいと言われ(数値は全然聞けなかったけど)もう離乳食を始めていいとのこと。

でも、今の風潮ではアレルギーを防ぐ観点からも、離乳食は6ヶ月以降と言われているみたいなんですけど・・・?

確かWHOの指針でもそうなっていたような?(違ったかな?これは自信なし)

そうそう。多分これは書いたことなかったと思うのですが、WHOと言えば、最近ミルクの調乳温度まで変わる指針が出されたんですよね。

最近と言っても去年だか一昨年ぐらいの話ですが。

ゆーとりんの時は50℃が推奨温度だったのに、今では70℃

なので、調乳ポットの温度設定も変わってるんですよね。

って、やっぱり実家用の調乳ポットを買った時に、この事書いたような気もしてきた・・・


まぁ、でも私としてはそういう大変なことは少しでも先延ばししたいってことで、6ヶ月以降が推奨月齢なんだからと、それにかこつけて、今離乳食を始める気はないのですが


さてさて、肝心のまなちょんの成長ぶりはと言うと・・・

     1ヶ月検診時 → 4ヶ月検診

身 長: 55.5cm  → 63.7cm

体 重: 4,865g  → 6,900g

胸 囲: 38.5cm  → 42.0cm

頭 囲: 37.0cm  → 41.5cm



成長曲線に書き込んでみたら、見事なまでのど真ん中でした。

2ヶ月頃には、『この勢いで成長し続けたら、どうなるんだろう・・・?』なんて心配もしていましたが、

体重もなんだか思っていたよりも全然増えていなくて、標準におさまったようです。

逆に増加率が低すぎて、ちょっと心配だったり・・・(この2ヶ月で約1kg増)

でも、新生児の頃のように、1日何十g単位で増えていく月齢でもなさそうだし、成長曲線もちょうど真ん中におさまっているんだから、問題ないんだと思いますが。


成長度合いもまずまずで、また夜も結構寝てくれるようになってきたし、昼間も抱っこし続けなければいけないほどでもないし。

やっぱりまなちょんは、ゆーとりんに比べれば、全然手のかからない親にとってはありがたい子なのかもしれません。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。