Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


前途多難な初登園

いよいよ今日から本格的な幼稚園通園が始まります。

起こしてしまうと非常に寝起きの悪いゆーとりんですが、正気に戻った後は朝の仕度もスムーズにいきました。

問題は送った後なんですが・・・

入園式の後から「月曜日からは幼稚園だよ。毎日行くんだよ」と言い聞かせても

「おかーさんは?いっしょじゃないの? おとーさんは?」

と、どうも離れるのを嫌がるそぶり。

今朝も「おかーさんは いっしょじゃないの?」と言うので、

「一緒に行くよ。でも、おかーさんは 中(教室)までは入れないんだからね。

お友達もいっぱいいるし、先生もいるから大丈夫だよ」


と言い聞かせていたのですが、いまいちピンときていなかったようで・・・

教室の前まで連れて行き、帰ろうとすると途端に表情が変わり、

「おかーさんはっ

と言ったかと思うと、すぐに大号泣。

先生方は慣れたもので、逆に

「早く行ってくださいっ

と、ゆーとりんは上履きも片方履けていない状態で、引きずられるように教室に連れて行かれていました

普通の心優しいママさん達は、ここで初めての子どもとのお別れ、泣く我が子の姿に胸を詰まらせるのでしょうが、

私は逆に「あーぁ、やっぱり泣いちゃったかー。でも、もうしょうがないよねー」とアッサリしたもの

しかも、そこまで大泣きしてる子は他にいないぐらいだったので、うちだけだよーと、逆におかしくなっちゃいました。(鬼ハハ)

帰りに、ちょっと離れたところから様子を見守っていたななちゃんママに会い、

「どうだった?」 と聞かれ、泣き声がその離れたところまで聞こえていたので

「あの泣いてるの多分うちだよ と言うと、私からは見えなかったのですが

「あ、ほんとだ。(私を探して)走り回ってるよ。早く行っちゃったほうがいいよ」

と言われたので、見つからないうちに退散しました。

後から幼稚園にきたYちゃんのママからも

「ゆーとりん、『ママーッ』って言いながら泣き叫んでいて、先生にがっしと抱きとめられていたよ」

という目撃証言もありました。

最近のゆーとりんの様子からして、想定内の出来事ではありましたが、いやはや前途多難

明日から「いかない」なんて言わなきゃいいんだけど・・・

外出したついでにと、銀行に行き、帰宅すると、ゆーとりんのいない家の中というのが、なんとも不思議な空間に感じました。

でも、まなちょんはいるけど、これで家事もはかどるぞーと思ったのですが、

やっぱりほとんど何もできないまま、あっという間にお迎えの時間に

長くなったので、降園のお話はまた。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。