Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


懇談会

昨日から「自転車じゃないよー」と言い聞かせておいたせいか、今日のお迎えは非常にスムーズでした。

迎えに行っても、普通にニコニコしていてご機嫌。

先生のお話でも、昨日ほど泣かなかったし、私がいなくなるとすぐにケロッとしていたそうで

あー、ゆーとりんは元々はそういう子だもんな。

これでやっと一安心。


でも午後からの懇談会はどうしようか・・・

いったん帰ってきたのにもう一度幼稚園に行ってくれるかどうか?

ゆーとりんに 「もう一度幼稚園に行くんだけど、一緒に行く?どうする?」

と聞いてみると、最初は

「いやー、いかなーい」

と言っていたのですが、

「今度はおかーさんもいるから。おかーさんはゆーとりんの教室にいて、ゆーとりんはおにいさんおねえさんの部屋で遊んでるんだって」

と説明すると 「いくー」 とその気になってくれたので、早く慣れさせるためにもと連れて行ってみました。

普段着に着替えさせたのですが、

「えー、なんで ようちえんのかっこうじゃなくて いくのー?」

と、制服じゃなくて幼稚園に行くのが逆におもしろかったようで、ニヤニヤしながら朝とは大違いの軽い足取りで向かいました。

2階の預ける部屋に連れて行くと、すでに大勢のお友達(違うクラスや年中さんもいるので)が遊んでいる姿を見るなり、

私を振り向きもせずにとっとと部屋に入っていっちゃいました。

ついに本領発揮というか、これぞゆーとりんの本来の姿、って感じですね


預けた後は、ゆーとりんの教室で、いつもゆーとりんが座っているイスに腰掛けてのお話になったのですが、いやー、小さい小さい。

他のお母さんも「明日子どもが座ったら、壊れちゃっていないかしら?」なーんて言ってたり


そして、朝はほとんど泣いていなかったみんなですが、お母さんが幼稚園にいるのに離れていられない、といった感じで

最初っからお母さんの側にいたり、はたまた預け先の教室から泣いて連れて来られている子がたくさんいました。

多分私が見ていた登園時はみんな泣いていなくても、お母さんが帰っちゃうと泣いてたりしてたんでしょうね。

うちは登園時のギャン泣きに辟易していましたが、意外といない方がケロッとしちゃう、みんなと逆のタイプのようで。

結局ゆーとりんは最後まで泣いて連れてこられることはありませんでした。


懇談会では、まず自己紹介をして、先生から園生活について再確認のお話があり、

係り決めや明日から始まる個人面談の日程を決めたりしました。

最初の先生のお話で、実は初担任だということが判明。

随分しっかりした対応をされていたので、すっかりベテランさんだと思っていました。

でも、本当に初めてとは思えない感じなので、安心してお任せできそうです。


1クラス27人と、かなり大目だと思うのですが、係には全員なにかしらついてもらうという方針でした。

家でお知らせを読んだ時から、祭り好きの私は『子どもまつりの縁日のお手伝い』がいいなぁ~と漠然と考えていたのですが、

果たしてまなちょんがいる状態でできるものやら・・・?


まずは兄弟が在園しているお母さん方優先で決まっていき、悩んでいるうちに残りは『子どもまつり』と、『お父さんが運動会や発表会でやる係』と、比較的負担の少ない『作品展準備』だけになってしまいました。

まなちょんがいる以上、作品展準備が無難かな・・・と思ったものの、すでに枠が少なく、

決まっていない人はみんな赤ちゃん連れ

ぐずられると困ると思い、まなちょんは連れてこなかったので、(自己紹介で先に言っておけばよかったな、後から言い出したら変に思われるかな・・・)とくよくよしつつも

「実はうちも赤ん坊いるんです

なーんてアピールしたのですが、うちよりも小さい赤ちゃん抱えていらっしゃる方もいたので、

(そういう方が作品展やった方がいいんだろうなー。

元々は子どもまつりやりたかったし、でもそれもまなちょんがいて、他の人に迷惑掛けちゃったらどうしよう・・・)

とまたもや悩んだ挙句、先生やすでに子どもまつりに決まっているお母さん方に聞いてみたら、快く受け入れてくださったので、

当初の第一希望どおり、『子どもまつり』の係をすることになりました。


自己紹介も早い順番で回ってきたので、言いたいことがまとまらないまま、まなちょんのことも言えなかったり、

係決めの時も自分の中でテンパっちゃって、先生が他の方と話していたのに、話しかけちゃったりと、空回りして

家に帰ってからも周りのお母さん達に変な風に思われなかっただろうかと反省しきりで、なんだかとっても疲れちゃいました

ゆーとりんも今は幼稚園に慣れることに精一杯なんでしょうが、私にとっても母親として初めての幼稚園生活という事で、かなり緊張しちゃっているみたいです

私をよく知る人から見ると意外に思われそうですけどね


面談の日も、最初は園生活がだいぶ経ってから、その様子を聞こうかと月末にしようとしたのですが、

何かやらかす前に、ゆーとりんの性格とかを伝えておいたほうがいいのかも、と明後日にすることにしました。(極端

すべて終わってゆーとりんを迎えに行くと、夢中で走り回って遊んでいました。

そして、ちらっと私を一瞥したにも関わらず、駆け寄っても来ないで遊び続ける始末

何度も何度も呼んで、教室の中に入ってようやく側に来ました。

この分ならもう心配いらなそうです。

(朝はまたどうなるか分からないけど・・・)


面倒を見てくれていた補助の先生曰く、ゆーとりんはいきなり

「かいだんは どこですかー。 かいだんが ありませーん」

と教室の中を探して走り回り、先生が

「こっちにあるよ」

と廊下に出て教えてあげると

「ふーん、そうなんだー」

と首を傾げていたとか・・・

一体何を思っての行動だったのか・・・ちょっと不思議ちゃん入っちゃってるのかしら


帰宅後は、私も疲れちゃったのでみんなで一緒にお昼寝

ぐっすりと寝てしまい、起きた時にはなんと7時

ゆーとりんは3時間ほど眠ってしまったので、こりゃー、また寝られないなーと思ったのですが、

お風呂とご飯を終えて、9時半頃には

「ようちえんいってつかれたから、もうねる」

と自分から言ってきて、布団に入るとすぐに眠ってしまいました。

いっつも「つかれてなーい。ねむくないから おひるねしなーい」と言っているゆーとりんが、

自ら「つかれた」と言うなんて、よっぽどなんだなぁ。

「あしたはー? ようちえんいくの? なんで まいにち?

なんてことを言っているゆーとりんですが、早く幼稚園を楽しみにするようになってくれたら嬉しいなぁ。


この記事に対するコメント

最初泣いた子の方が後から出てこないとお友達の保育士さんが言っていました。
実はうちも最初の3日間は笑顔でバスに乗って行ってくれていたんですが、今週辺りからバスに乗る直前になって淋しいといって泣き始めるようになりました・・・。
乗る直前に泣かれてしまうとこっちも切なくなっちゃって・・・。
というのは一日だけで、今日も泣きながらバスに乗っていったけど、私にも昨日で免疫が出来ていたのか、幼稚園に着けばそれなりに楽しんでいるようなので、あっさり割り切っちゃう事が出来ました☆
子供ながらに親の姿のない幼稚園の中で、いろんな気持ちと格闘しているんでしょうね。
帰ってきたらたくさん遊んであげなきゃって思っています。
お互い早く笑顔で登園できるようになるといいですね☆

【2009/04/16 09:36】URL | 花楓ママ #-[ 編集]

花楓ママさんへ

ご無沙汰してます。体調はいかがですか?i-179

花楓ちゃんはバス通園なんだね。
うちは歩きだけど、入園前から「バスのるの?」って楽しみにしてたんだよねぇi-229
遠足とかでは乗れるかな?

私は最初っから泣かれてもなんとも思わない鬼ハハなんだけど(笑)
心配といえば、よその子に何かしないかとそっちの方が心配だからね・・・

でも、花楓ちゃん始め、一緒に遊んだお友達がみんな幼稚園に通い始めたかと思うと、わが子よりも感慨深い思いがあるよ。

まぁ、今はとにかく幼稚園に楽しく通ってくれることが一番だねi-236
花楓ちゃんが幼稚園にいってる間には、体を休められるだろうから、無理せずゆったりと過ごしてねー。

【2009/04/17 06:33】URL | ふぃんしゅん #mOfJUoS.[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。