Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もう9割方平気です

今日で幼稚園生活も1週間が過ぎようとしています。

今朝も寝起きには

「きょうも ようちえん いくの? おかーさんいたほうが さみしくない・・・

などと言っていましたが、正気に戻って体操着に着替えると(月・金は体操着の日)

「はやく いこうよー」

と一転。

「いやいや、まだ早いから。先生来てないから(ウソも方便)」

と、逆になだめるハメに

入園式後の登園初日のあの騒ぎが、本当にもう遠い過去のようです。


ゆーとりんも落ち着いてきたことだしと、今日はお姑さんも一緒に登園してもらいました。

基本的に頼るつもりはあまりないのですが、万が一私に何かあったり(まなちょんの時の入院とかありましたしね)した時のために、

ゆーとりんの教室と先生を知っておいてもらった方がよかろうと思いまして。

まぁ、そうでなくてもたぶんお姑さんはかわいい孫の通う幼稚園を見ておきたいってのがあったんだと思うのですが。

一応、Jたんも通った幼稚園なので、お姑さんもその昔送迎はしていたのでしょうが、もちろんその頃とは全然建物も内部も違いますからね。


最初は朝早くじゃ申し訳ないから、お迎えの時にしようと話していたのですが、何日か送迎していて、お迎えの時は結構混んでみんな並んじゃうので、やっぱり行きの方がいいかなと。

今朝になって急にそう伝えたのですが、お姑さんも快く承知してくれたので、3人での登園となった次第で。

でも今朝行って思い出したのですが、そろそろ慣れてきたら、もう門のところで子どもを渡さなくてはいけないんですよね。

園長先生に、門のところで「今日はもう1人で行けそうだね」なんて言われて、慌てて

「あ、今日は先生に(お姑さんと)挨拶しておきたくって」

と言い、中まで入れさせてもらいました。

すっかりそういう事を忘れていたので、来週にしていたら、中まで入れなくなるところでした。

でも、これで中の様子も分かってもらえたので、何かあった時には安心です。

そして、もちろんゆーとりんもひと泣きもせずにとっとと中に入っていきました。


帰りに迎えに行った時にも、今までは私を待ちわびて窓にへばりついていたようなんですが、

今日は私には目もくれずに遊び続けていて、呼んでも呼んでもきやしない

先生に呼ばれて、やっと教室から出てきました。

今日は久々に寒い日だったのですが、体操着は半ズボンなので、出てきた顔はすっかり鼻たれ小僧になっちゃってました

朝起きた時まではなんともなかったのに・・・

長ズボンは希望制での購入らしく、面接時には購入項目に入っていなかったようなのですが、

こうやって急に寒くなることもあるんだから、最初っから買わせてほしい・・・


そしてお帰りの時には先生が一言今日の様子を教えてくれる・・・はずなのですが、どうもゆーとりんについては忘れられがちで

結構いっつも『さようなら』の儀式の後、そのまんま帰されそうになり、思い出したように

「あっ、ゆーちゃん、今日はあまり泣きませんでしたよー」

とか、その程度のことを言われるだけなんですが、今日はついになんにも言ってもらえませんでした

まぁ、なんにも言われなかったという事は、ゆーとりんが何もやらかしていないということなんでしょうから、憂える必要はないんでしょうけどね。

ゆーとりんに 「今日は何をしたの?」 と聞くと

「ねんどとブロックをやったー」 とのこと。

よっぽどねんど遊びが楽しいようで、毎日やっているみたいですね。

そういえば、面談の時にも

「ねんどをやる時には、ねんど板の上でしかやっちゃいけないってことを言ってあるんですけど、

ゆーちゃんは『ねんど やってもいいですかー?』とか、やりたい事をやっていいのか聞きにきてくれるんですよねー」


と言われました。

(ちゃんとそんな丁寧な言葉遣いで、しかも勝手に行動しないで先生に聞けているんだー)

とちょっと一安心。


ブロックでは、お友達と積み上げたんだけど倒れた、というようなことを話してくれたり、

物は分からなかったんですけど「かーしてー」と言ったらお友達がかしてくれたんだよー、などと嬉しそうに言ってきたりと、園生活も少しずつ垣間見えてきました。

「お友達のお名前覚えた?」 と聞くと 「うん と元気よく答えて、

「うさぎのお友達とー、とんぼのお友達」
 とのこと。

最初なんのことかと思い、

「うさぎのお友達は髪をこう(うさぎさんのように)しばっている女の子のこと?」

などと聞いていたのですが、途中で思い当たったのが、ひとりひとりに割り当てられた、目印シールのことかと。

ちなみにゆーとりんはぞうさんマークなんです。

だから、多分同じテーブルに座っている2人のことを言っていたのでしょう。

まずは席が近いお友達から覚えたみたいですね。


でも、1人全く私にも心当たりがないお友達の名前が出てきまして。

帰宅して名簿を見ても、ゆーとりんが言う名前の子はいないんです・・・

すわ、『見えないお友達』と遊んでるのか と思ったのですが、

すごーく似ている名前の子もいたので、おそらくその子ではないかと・・・


この調子で、お友達の名前も覚えて、ケンカもせずに仲良くしていってくれたらうれしいんですけどね。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。